福野泰介の一日一創 - create every day

家庭用3Dプリンター ダヴィンチ Jr.1.0 を小学生が使ってみた

2015/06/15
#KidsIT #print3d 

IchigoJamのケースや、オリジナルゲーム用ボタンづくりオートマ・テの型づくりなど活躍する3Dプリンター「ダヴィンチ1.0」に、より安くちょっと小型になった「ダヴィンチJr.1.0」登場!お値段なんと、49,800円!!


かつてのiMacのような鮮やかなクリアオレンジのボディー、動き始める様子はじっくり観たくなります。
3Dモデリングソフト「Rhinoceros」で、小6、MASAHARU、その場でサクッとテスト印刷用モデルの作成、早速印刷してみます。


約1時間で完成!
フィラメントが、ダヴィンチのABSと違って、ダヴィンチJr.はPLA。硬く、床面に定着用の糊がいらないのが便利。
きっと3Dプリンターでのものづくり共通のサポートをいれるいれないの差、印刷クオリティーでの差などは、何度もトライアンドエラーが大事!
貴重な第一歩を踏み出しました!


中国、深圳のMakeblock社のロボ、mBot-Blue(Bluetooth Version)


小5のコでもさくさくと組み立て、まずはリモコン制御。キビキビしたいい動き!モジュラージャックがあれば、IchigoJamに載せ替えても使えそう。 3Dプリンターがあれば、ほしい部品は自分で印刷もできますね!(参考、IchigoJam Tankに目を付ける

こどもハッカソンでも活躍した、自由な発想で自由に創造するこども達。
IchigoJamプログラミングスクールから、どんどん誕生してくれることでしょう!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image