福野泰介の一日一創 - create every day

こども中心のオープンイノベーションで実現する世界平和 - Innovaction Cafe Vol.2

2015/07/15
#opendata #KidsIT 

行政、NPO、時としてライバル企業をも含めてディスカッションするフューチャーセッションがおもしろい。 鍵となるのは共感を呼ぶ「問い」。自社製品の売上を上げるには?から、一段大きな視点に立ったテーマを設定することで、さまざまな人が集まり、自分事としてディスカッションすることで生まれる、新たなアイデア。 誰もやっていない、実現可能、それぞれにとってやりたいこと、この3つが重なるものこそ、今やるべきこと。

秋葉原で開催された「(参加費無料)Innovation Cafe Vol.2 “イマドキ技術開発“企業イノベーター | Peatix」に、登壇、はじめてのワークショップ、フューチャーセッションにも参加。 広がったアイデアがこちら「こどもグローバルイノベーションで実現する世界平和」

こどもに未来を創るテーマと道具を提供し、グローバルにつながるこどもネットワークと純粋な気持ちで、さまざまなミッションへの取り組むチームを支援する組織。
私の役割は、永遠のこどもとして世界中のこどもにワクワクする道具を届けること!


フューチャーセッション前、会場から集まったたくさんの「問い」(FutureSessions 野村 恭彦氏)


2000年から低下し続ける日本と、上昇し続ける中国の研究力、アメリカの底力。
「イノベーション人材基盤の強化、日本発オープンイノベーション」国立研究開発法人産業技術総合研究所 理事 安永裕幸氏より


アスタリフト開発秘話 -”富士フィルム”ブランドで出す責任と自信。
富士フイルム株式会社 R&D統括本部 技術戦略部 統括マネージャー 中村 善貞 氏


私の講演「一日一創、あえて鯖江をデータシティに、そして世界へ」
しーのんさんにステキなグラレコにしていただいてました!


「地域を醸成させる発酵の力」
味の素株式会社 高橋 裕典 氏、初代シシリアンプリンス!(佐賀市はシシリアライスdeどっとこむ


富士通研究所があえて「認知症」に取り組む理由 - グランドチャレンジ、技術では解決できないイノベーションの糸口
富士通研究所 R&D戦略本部 シニアマネージャー(技術経営MOT担当)岡田 誠氏

さまざまな事例、パネルを経て、いろんなバックグラウンドを持つ人が「問い」で集ったフューチャーセッションというツール、使えそうです!
Amazon.co.jp: イノベーション・ファシリテーター ― 3カ月で社会を変えるための思想と実践: 野村恭彦: 本

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image