福野泰介の一日一創 - create every day

LPC810で光るカセットテープ! 富山高専射水キャンパスにてメンタリングとプログラミングの本質体験のススメ

2017/12/18
#IchigoJam #maker #lpc810 #asm #toyama #kosen 

起業家甲子園出場権を手にしたアントレプレナー研究会のある、富山高専射水キャンパスにてメンタリング。
富山高専本郷キャンパスでjigインターンのOB、すがっちとなぽりたんもジョイン!
高専生ならではの感性と創造力で北陸から一石、投じよう!

北陸、福井、鯖江の銘菓、めがね堅パンのハートエディション!

昨日のLPC810 x WS2812Bにバグが見つかり、無事光るカセットテープのLPC810エディションが点灯!

12MHz版だとちょっと信号はいい加減ですが、ちゃんと光りました!
(原因:asm15の DATA B 0,0,0 が、2byteアラインされてしまうため)

マシン語で作る、簡易キラキラプログラムがこちら!
末尾、16byteを変更すると、アニメーションするLEDの色が変わり、その前4byteでウェイトを調整できます。

10 POKE#700,0,4,0,16,33,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,223,251,255,239,33,72,223,33,1,96,33,72 20 POKE#728,1,104,3,34,210,67,17,64,1,96,31,72,31,73,1,96,31,72,12,33,1,96,31,76,4,34,15,32,32,161,30,75,14,120,30,112,1,49,1,51 30 POKE#750,1,56,249,209,15,32,26,73,128,37,11,120,34,96,43,66,8,208,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,34,96,7,224,0,0,34,96 40 POKE#778,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,109,8,233,209,1,49,1,56,228,209,13,79,1,63,253,209,10,73,14,120,14,32,79,120,15,112,1,49 50 POKE#7A0,1,56,250,209,14,112,213,231,128,128,4,64,16,0,4,64,192,193,0,64,191,255,255,255,0,32,0,160,0,35,0,160,0,0,0,16,128,26,6,0 60 POKE#7C8,20,0,0,20,20,0,20,0,20,20,20,0,0,20,0,0 70 A=#700:L=216:LRUN1 'FILE1 100 'LPC810 Writer 256byte from ADR:A 110 UART3,2:OUT2,0:OUT1,0:WAIT9:OUT1,1 120 CLS:?"?";:GSB@R 130 ?"Synchronized":GSB@R 140 ?12000:?:GSB@R:GSB@R 150 ?"A 0":GSB@R:GSB@R 160 ?"U 23130":GSB@R 170 ?"W 268436096 ";256:GSB@R:UART1,2:LC0,-1:FORI=0TO255:?CHR$(PEEK(A+I));:NEXT:UART3,2:LC0,6 180 ?"P 0 0":GSB@R 190 ?"E 0 0":GSB@R 200 ?"P 0 0":GSB@R 210 ?"C 0 268436096 256":GSB@R 215 '?"G 268436128 T":GSB@R:END 220 OUT2,1:OUT1,0:OUT1,1:END 500 @R:K=INKEY():IF K=13 K=INKEY():WAIT9:RTN ELSE CONT

マシン語のプログラムはこちら。
データを一旦RAM(#10000000)へ転送し、1ループごとにローテートさせています。

DATA L #10000400 ' stack DATA L #21 ' entry point DATA L 0, 0, 0, 0, 0 DATA L #EFFFFBDF ' VALID_CODE = 0x100000000-0x10000400-0x21 @ENTRY R0=[@SYSAHBCLKCTRL]L R1=#DF 'SWT, GPIO, I2C:off, FLASH, FLASHREG, RAM, ROM, SYS [R0]L=R1 R0=[@FLASHCFG]L R1=[R0]L R2=3 ' flash no wait: set 0b00 R2=~R2 R1&=R2 [R0]L=R1 R0=[@PINENABLE0]L R1=[@PINENABLE0_DATA]L [R0]L=R1 R0=[@GPIO_DIR0]L R1=`1100 ' PIO0_2 and PIO0_3 [R0]L=R1 R4=[@GPIO_NOT0]L R2=`100 ' PIO0_2 @COPYTORAM R0=15 R1=@DATA_LED R3=[@RAM]L @COPYTORAM_LOOP R6=[R1] [R3]=R6 R1+=1 R3+=1 R0-=1 IF !0 GOTO @COPYTORAM_LOOP ' WS2812B driver ' R0 - data count ' R1 - data address (G1,R1,B1,G2,R2,B2 ....) ' R2 - OUT value ' R3 - data value ' R4 - GPIO address ' R5 - bit count ' R7 - wait count @WS2812B R0=15 ' R1=@DATA_LED R1=[@RAM]L @LOOP_DATA R5=#80 R3=[R1] @LOOP_BIT [R4]L=R2 R3&R5 IF 0 GOTO @ZERO NOP NOP NOP NOP NOP NOP NOP [R4]L=R2 GOTO @JOIN @ZERO NOP [R4]L=R2 NOP NOP NOP NOP NOP NOP @JOIN R5=R5>>1 IF !0 GOTO @LOOP_BIT R1+=1 '+6clock R0-=1 IF !0 GOTO @LOOP_DATA @WAIT R7=[@WAIT_N]L R7-=1 'wait R7*3+1 clock IF !0 GOTO -1 R1=[@RAM]L R6=[R1] R0=14 @SLIDE R7=[R1+1] [R1]=R7 R1+=1 R0-=1 IF !0 GOTO @SLIDE [R1]=R6 GOTO @WS2812B ' init @SYSAHBCLKCTRL DATA L #40048080 @FLASHCFG DATA L #40040010 @PINENABLE0 DATA L #4000C1C0 @PINENABLE0_DATA DATA L #FFFFFFBF @GPIO_DIR0 DATA L #A0002000 @GPIO_NOT0 DATA L #A0002300 ' WS2812B @RAM DATA L #10000000 @WAIT_N DATA L 400000 @DATA_LED DATA B 20, 0, 0, 20, 20, 0, 20, 0, 20, 20, 20, 0, 0, 20, 0

asm15 assembler」でアセンブルできます!
WS2812Bの信号は、800kHz(秒間80万回、1.2マイクロ秒に1回)の波の形で、0と1とを区別するので、とても人の手では制御できませんが、マシン語ならたった30円のコンピューターにさせれば余裕です。

切っても切れない、社会とコンピューター。誰にでもオススメしたいプログラミング体験。
IchigoJam BASIC で、プログラミングの基本を、マシン語を使ってコンピューターの真の実力を、それぞれかんたんに体験できます!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image