福野泰介の一日一創 - create every day

プログラミングは手芸! IchigoJamはんだづけ&プログラミング体験でクリエイターズランド出展

2018/06/30
#IchigoJam #sabae #event 

ハンドメイドクラフトの祭典「クリエイターズランド@サンドーム福井

手芸屋さんと電子パーツ屋さんは、たくさんのテンション上がるパーツがあるワクワク感がそっくり。 初心者用のキットもあって、道具もいろいろ。少しずつ技をゲットし、自分なりの作品を作ったらマーケットへ!という流れは一緒。 ものづくりの楽しさ、融合すると、きっともっと楽しい!

「プログラミングも電子工作も、手芸のひとつ」を知ってもらうべく出展。

ちょっとはんだづけ体験してみる・・・の予定が、結局全部一人ではんだづけした小学1年生!
子供にはまだ早いかも?と思う親心に反して、夢中になる子供たち。


キーボード(500円)も合わせて、自分だけのパソコンを買ってもらえることになりました!
良かったね!


初めてのキーボードでも大丈夫、ガシガシ打っても壊れません!壊れても500円〜1000円!
LEDを光らせてくれた!ロボットを動かせた!自分の意のままになる静かな感動体験が醍醐味です。


6足歩行ロボット「FOLO」をプログラミングして動かす体験


子供によってハマるポイントはちょっとずつ違っておもしろい


AquesTalk pico を使った、しゃべるIchigoJamで、呼び込みの自動化中

10 S="konnnitiwa":GSB@T:WAIT300 20 S="bokuwa itigoja'mu dayo":GSB@T:WAIT300 30 S="puroguraminngu site asobou":GSB@T:WAIT600 40 GOTO 10 300 @T:U=I2CW(46,S,LEN(S))+I2CW(46,13):RTN

ゆっくり実況だーっと小学生から声が上がるのがおもしろい!


怪しく光るボタン電池、食べたらお腹を切らなきゃいけない危険物。

LEDの点滅具合を自在に操りたくなったら、プログラミングして自作しよう!という流れ。
時々、キラッと光る目。暗くなったらゆっくりホタルのように点滅。サーボを使って動かすことも!

ゲジゲジっぽくて、積み木のように遊んでくれた、コンピューター LPC1114。
かわいくても計算能力は秒間5000万回。
このコンピューターが、2013年、わずか110円で登場してくれたことが、IchigoJam誕生のヒミツ!
110円で買えるコンピュータ


多くのクリエイター、クリエイター好きで賑わうサンドーム福井。
かわいく光るデジタル作品と融合できれば、もっと楽しくなっちゃうかも!?


共著で製作初のIchigoJam本「IchigoJamでプログラミング」のメイン著書、あっしーこと元福井高専の蘆田さんも立ち寄ってくれました。


鯖江市長も立ち寄ってくれました!


1500円パソコン、IchigoJamプログラミングxテクノ手芸
サンドーム福井にて、7/1 16時まで、サンドーム内2FのワークショップゾーンW27にて出展!


スイーツ


ミーゴレンなど、おいしいものもいろいろ!

links
- クリエイターズ ランド〜今、ワクワクが始まる〜
- 木製ペントミノパズルとプログラミング! はんだづけ人気だったクリエイターズランド出展2日目

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image