福野泰介の一日一創 - create every day

IchigoSoda IoT命令を加えた、IchigoJam ver1.2.4β59リリース候補

2018/07/10
#IchigoJam #KidsIT #IoT 

1行でできるIoT。さくらインターネットのsakura.io対応IchigoJam、IchigoSoda用の新コマンドに対応したファームウェアもオプションで加わる、IchigoJam ver1.2.4のリリース候補をβ公開。
IchigoJam ver 1.2.4リリース候補 - IchigoJam-FAN

ネットにデータを送る方法はとっても簡単!

IoT.OUT 1

これだけでクラウドにデータが送信され、スマホに通知したり、サーバーで集計したりできます。
ネットからの受信も1行

10 IF IoT.IN()=0 CONT ELSE BEEP

ネットから何かを受信したら、ピッと音を鳴らします。

IchigoJamのアナログ入力を使って、明かりの様子を定期的にサーバーに送信してみましょう。
フォトトランジスタ(50円)抵抗10kΩ(1本あたり1円)を使って、簡単な電子回路を組みます。

- フォトトランジスタ接続方法
IchigoJam VCC - フォトトランジスタの長い足
IchigoJam IN2 - フォトトランジスタの短い足 - 10kΩ - IchigoJam GND

まずは簡単なプログラムで実験

10 ?ANA(2):WAIT5:CONT

値がだだーっと出ます。
手で覆ったり、スマホのライトを照らしたりして値が変わる様子を観察します。

1分おきに明るさデータをネットに送るプログラム

10 A=ANA(2):?A 20 IoT.OUT A 30 WAIT 60*60 40 GOTO 10

簡単ですね!sakura.ioは、月に1万回通信で64円、1分だとオーバーしてしまうので、ずっと動かすには5分(WAIT 5*60*60)に一度にしたり、変化がないときにはデータを送らないように工夫しましょう。


ブレッドボードでの実験に成功したら、ちょっとはんだづけしてみると・・・


コンパクトになりました。

Let's IoT プログラミング!

- 福井在住のこどもプログラミングに興味ある、大人の方へ
今年も開催、越前がにロボコンに向けて、地元のこどもたちにプログラミングのきっかけ提供してみませんか?
2018.7.22、講師育成講座、Hana道場にて、開催決定!
越前がにロボコン講師育成講座 - Hana道場

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image