福野泰介の一日一創 - create every day

台湾のカタカナ?ボポモフォ対応IchigoJam

2018/08/19
#IchigoJam #taiwan 

台湾での中国語学習には、ピンインではなく、ボポモフォというカタカナのようなかわいい記号「注音記号(ボポモフォ)」が使われているとのことを知りました。

文字は全部で37文字、カタカナより少ない!

8x8のドットを打って、IchigoJamのキャラセットに入れてみました。(ピンイン付き)

Maker Faire Tokyo 2018で出会った、プログラミング学習のために14歳で立ち上がった、WiFiBoyが生まれた台湾。 モンゴル語、ベトナム語、PAL版、フランス語版キーボードに続く、IchigoJam国際対応です。


iPhone用、ボポモフォ発音付き学習アプリ「‎快樂學注音 - 注音小遊戲
台湾では中国語の漢字の右側にふりがなのようにボポモフォが使われています。
ピンインに加えて、ボポモフォで発音を覚えるのも新しい勉強方法としておもしろいですね!


かな打ちのような感覚で打てる、日本語キーボード版もβ公開しています。
IchigoJam 1.2b61
ぜひ一度お試しくださいっ。

links
- ㄅㄆㄇBoPoMo發音練習-財團法人國語日報社(ボポモフォ発音表)
- 台湾の若者で「注音符号」が愛されているわけ | nippon.com
- 中国語のピンイン・ボポモフォの覚え方。私はこの方法で習得しました | いいなの先に

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像