福野泰介の一日一創 - create every day

お神輿はどこへ行った?を実現するアプリ、子どもお神輿を手軽にIoT化して「みこしなう」

2018/09/16
#KidsIT #IchigoJam #IoT #codefor 

どこまで来たかが気になる、町内を巡るお神輿。
福井国体のシャトルバスで活躍中のIchigoSoda製GPS発信機を設置したら良好でした!

通常は車輪移動、軒先で子供が担ぐ時に軽く揺れる程度なので、ワイヤーで軽く留めるくらいでOK!


ぐるぐると休憩や、雨宿りを挟んで約2時間、発信間隔を5秒にしたところちょうどいい感じ!(上記、地図を消したデモ画面))


IchigoSoda (IchigoJam x sakura.io) に、IchigoSensors(GPS)と電池2本で動くモバイルバッテリーをつなぎ、ジップロック。穴を空けて固定用のワイヤーをつなぐ簡易パッケージ。

幼稚園の頃見た七尾の「でか山」など、まつりの山車に載っける「祭IoT」、なかなか良さそう!

作り方
1. 位置情報発信機を作る
2. sakura.ioでWebSocketとして設定し地図表示する
3. おまつりに合わせてアイコンなどをカスタマイズ!
(サーバーにデータを保存すると、開いた直後表示や、履歴表示に対応可!)

Code for Matsuri!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像