福野泰介の一日一創 - create every day

15秒でセットアップ完了! 学校やWSに便利なIchigoJamスピードパック - 福井県坂井市立木部小学校

2018/11/05
#IchigoJam #fukui #KidsIT 

福井県内、小学校でのプログラミング必修化に向けて、研修依頼が増えてます。
多人数でプログラミング体験する際、削減したいのは準備時間。
起動まで15秒、電源取り回し不要の、準備簡単スピードパックを開発しました!


「IchigoJamスピードパック」


パックを開けて、取り出し、白いUSB分岐アダプターをモバイルバッテリーに接続すると、


即、起動!


LEDコマンドでLEDの制御がすぐできる!

LED1 OK LED0 OK

15秒でセットアップ、15秒で楽しい、こどもパソコンIchigoJam!
* IchigoJam BASIC リファレンス mini (PDF) / 完全版


今回は、坂井市の小中学校の先生18名に、ペアになって体験いただきました。
子供向けに授業で使う際も、隣同士での教えあいを促す、ペアでの実施が良さそうです。
プロ開発現場でも行われる、ペアプログラミングスタイル!


こちら拡張パック(現在の内容物、ジャンパー線2本、LED、温度センサー、スピーカー)
音楽や、理科の授業開発もやってみたい!


LEDの長い足をOUT1、短い足をGNDに差し込む。
スピーカーはどちらかの足をSOUND、もう一方をGNDに差し込む。


拡張したLEDをつける時は

OUT1

拡張LEDを使って、音を鳴らしながらのエルチカゲーム

1 OUT1:BEEP:WAIT6 2 OUT0:BEEP:WAIT6 3 GOTO 1 RUN

教室が歓喜に包まれること間違いないし!
* IchigoJamプリントの「でんしこうさくコース」を参考にどうぞ!


ダンボールに積める際は、向きを交互にすると安定します。
20セット、40人分ならダンボール1箱!
学校でおいておく場合は、縦に並べておくとこどもたちが取りやすくて便利です。


お片付けも簡単。電源は切らず、モバイルバッテリーを抜き、


まずはディスプレイを左奥に足が手前を向くように入れ、


次に、IchigoJam本体やモバイルバッテリーを右隅にいれ、


最後にキーボードを入れて、チャックをしめる。


こちら今回貴重な機会いただいた、木部小学校の校長先生の大嶋さん、ありがとうございました!

links
- 福井県こどもプログラミング協議会
- 越前がにロボコン
- こどもパソコンIchigoJam

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像