福野泰介の一日一創 - create every day

IchigoJamとsakura.ioでつくるポケベル! BASICプログラム6行の実装でなんとカナが8文字表示できる

2018/12/03
#maker #IchigoJam #IoT 

ポケベル、おつかれさま! 記念に、IchigoJamでポケベル風を作りました。(通信料は月額64円/1万回受信
ポケベル、来年9月終了へ(共同通信) - Yahoo!ニュース

開始はなんと、50年前の1968年(無線呼び出し - Wikipedia)、1996年、高専内でも普及、公衆電話から数字で送るメッセージ、やりました! その後すぐにPHSへと移り変わりつつも、ポケベル入力(ベル打ち)は最強でした。


スマホや、パソコンから8文字メッセージを入れて、送信ボタン、ビープ音がなってディスプレイに表示。なかなかのポケベル感。

sakura.ioからの受信コマンドはこんな感じ!(正常受信でF=1となる)

LET[0],48,48:?I2CR(79,#800,3,#820,22):F=[16]!=5

こちらがポケベルプログラム for IchigoJam x sakura.io。
バイナリを受け取ったとして、受け取った最大8文字を画面に大きく表示(VIDEO 5)し、ビープ音を鳴らす

10 VIDEO 5 20 LET[0],48,48:?I2CR(79,#800,3,#820,22):F=[16]!=5:S=#824:POKE S+8,0 30 IF !F WAIT 10:GOTO 20 40 LC 0,2:?STR$(S) 50 PLAY"O5 A8R64A2R A8R64A2" 60 GOTO 20

送信は国野亘さんによる「Message IoT - sakura.io」を使ってみました! TokenやModuleの保存ができて便利です。とても丁寧な解説があるので、合わせてご覧ください!「ボクにもわかる IchigoJam用 IchigoSoda / sakura.io の接続方法

IoT時代のポケベルは応答もできます。
ボタンが押されていたら「了解」の意味で「1」を返してみましょう。(for βファーム)

25 IF BTN() IOT.OUT 1:WAIT 60:GOTO 20

用途に合わせていろいろ改造ください!

links
- ボクにもわかる IchigoJam用 IchigoSoda / sakura.io の接続方法
- IchigoJam x sakura.io でつくる格安IoTチャットデバイス
- Making of IoP = Internet of Pager(ポケベル@ja) / jig hackathon 2017

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像