create every day - 福野泰介の一日一創

簡単に色調が整えられる TinyHSV の提案

2013/03/25 22:50:00
#ced 

プログラマーがとりあえず色を付けるときには、16進数で色を適当につけるので、#f00という赤成分マックスの赤とか、#0f0どぎつい緑、#00f原色ブルーなど、RGB成分を使った原色ばかりの見苦しいものになってしまいます。

そこで提案するのが、TinyHSV、HSVという色相、彩度、明度で色を指定する方法を、プログラマーやWebサイト作成している人にはお馴染みの16進数、それぞれ16段階、3桁で指定します。例えば、桜のようなピンクは 06f、色相は赤から始まるので 0、彩度は控えめ6、明度はマックスのf(=15)と指定します。

例えば、明度は明るくf、彩度は8と抑えめ上品にして、色相を0からfまで適当に使っても、なかなか悪くない感じになります。同じ色で暗めにしたければ、明度を下げたりするのも簡単です。3桁とシンプルな指定ですが、16の3乗で合計4096色(実際は重複があってちょっと少ないです)も表現できるので、とりあえずの色指定には困らないはず。

TinyHSVで、美しくプログラミングしましょう!

tinyhsv」CC BY taisukef

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image