create every day - 福野泰介の一日一創

LPC810でIoTのススメ、ミニマムハードウェア開発環境を整える

2014/01/02 22:40:00
#maker 

84円マイコンLPC810で去年創った自転車探しツールは無事東京帰りの深夜の駐輪場で光っていて、便利さを確認しました。1ヶ月半経った今でも元気に光り続けているので、省電力も含めて成功です!

IoT=Internet of Things、モノのインターネットとはあらゆるモノがWebにつながる未来を表すキーワードです。100円未満で買える、使いやすい小さいコンピューターが気軽に使える時代になっています。赤外線LEDと赤外線受光器を使えば、100円程度で無線での送受信環境が整い、RaspberryPi、konashi+iPad/iPod touch、PCなどを経由してWebへのつながるので、格安IoTの出来上がり!

今回、お気に入りの32bit ARM マイコン、LPC810のコンパクトな開発環境を創ってみました。


コンパクトなUSB-UART変換に、8ピンソケット、外部IO、書き込みモード(ISP)とリセットスイッチを付けたものです。PCとつなぎ、外部IOにLEDやスピーカーなど、いろいろ差し替えながらコンパクトに開発できます。


裏面はこんな感じではんだづけで配線しています。


小さくても、1コで最大動作周波数30MHz、毎秒3,000万コもの命令を実行できます。このように100コ使えば、30億命令/秒!

モノのインターネットとは、すべてのモノが恐るべきスピードで動作するコンピューターとなってコントロール可能になるという、ワクワクする世界です。ちょうど、来月、入門にぴったりな本が出ます。
Amazon.co.jp: トランジスタ技術 2014年 02月号 [雑誌]: 本」 - 1/10発売、予約受付中

マイコンやUSBシリアルはマルツなどの通販でどうぞ。
LPC810 - マルツ
USBシリアルモジュール - マルツ

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image