create every day - 福野泰介の一日一創

家庭ゴミの44%を占める厨芥類とは? わずかなアクションがまちを変える!鎌倉禅ハックのテーマより

2014/10/15 23:55:00
#opendata #kamacon 

先週末、鎌倉で開催された「ZenHack(禅ハック) 2014 Fall ハッカソン本会 | Peatix」のテーマは「ごみ」。Code for Kanazawa5374.jp越前市ゴミチェッカーなど、誰にとっても関わりある取り組みやすい課題。参加なんと12チーム(!)、今後のアプリ公開への期待も大きいとのこと。今回、残念ながら参加できなかったので、一人ミニハッカソンで遠隔支援。


鎌倉市/家庭の燃やすごみ割合表示アプリ

今回のハッカソンに合わせて用意されたという鎌倉市、ごみ関連のオープンデータ。家庭系と事業系の焼却量の推移を見ると、家庭系のごみの増加が気になる。家庭系ごみ質(燃やすごみ)組成調査概要という、エクセルのデータをCSVに加工(CSV/CSV表示アプリ)。このデータを使って分類毎に集計したのが上記アプリ。


鎌倉市ごみ関連データ、家庭系・事業系別ごみ焼却量の推移(エクセル:48KB)より)

厨芥類(ちゅうかいるい)、初めて目にする単語ながら、44.3%を占めるトップ。生ごみなど、厨房からでるごみのこと。続いて紙類、プラスチック類のトップ3で87%を占める。

生ごみが重いのは水分。家庭で乾燥させて出すことができればいくら焼却費用が浮くだろう?水分を含み、燃えにくいはずなので、重量以上に効果があるかもしれません。鯖江市北中山地区のダンボールコンポストの普及推進や、名古屋市のひとしぼり運動など、一人ひとりのちょっとした工夫で減る市の負担を可視化したり、浮いた分のインセンティブや罰金があると一気に広めるのも手ですね。

今月末、鯖江市役所JK課xGCなどの呼びかけによって仮装してゴミ拾いイベントがあります。まずは多くの人にきっかけを!
福井県鯖江市>JK課お掃除企画第3弾~ピカピカプランⅢ~のご案内

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image