create every day - 福野泰介の一日一創

マイコンLPC1114でオリジナルワンキーゲーム機づくり / ゲーム第一弾「レンダ」

2014/12/21 23:55:00
#IchigoJam #KidsIT #maker 

落ち着ける週末、ゲーム機を創ってみました。64のドットを素早く連打して消すゲーム「レンダ」です。スコアは1秒あたり連打回数。ハドソン「シュウォッチ」と「迷宮組曲」で連打した少年時代。


遊ぶ様子の動画、大して速くないです。
ディスプレイは100円で買えるマトリクスLED(KEM1588ASR)120円マイコンLPC1114。空きピン2ピンを使って、ボタン入力と、圧電サウンダーで音再生に使っています。電池はボックス電池を分解して取り出した単6x2を接続。どう筐体としてまとめるかが課題です。


マトリクスLEDとLPC1114の直結、このようにマトリクスLEDの足を曲げるとより速く、簡単に作ることができます!

ちょうど1年前の今日、12/21にもゲーム機「LPC1114boy」を作っていました。CPUは一緒ですが、材料費300円程度と格段に安いのがポイントです。


今冬の電子工作マガジンに、IchigoJamが掲載されました!(右下に居ます)


いちごー(1,500円)と低予算で、難易度も低く、ハンダ付けの練習になり、プログラミングができて、ゲームの根本から学べるとご紹介いただいています!(Amazonで購入)

ゲーム機も自分で創る時代。
筐体含めてオープンソースハードウェアにする予定です!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image