福野泰介の一日一創

15分でハンダ付け、ワンキーゲーム機IchigoDotプリント基板バージョンの作り方

2015/01/11 22:15:00
#IchigoDot #KidsIT #maker 

年末発注したプリント基板が到着しました!お正月挟んでわずか2週間足らず、自分で設計したものとはいえ、初めて作ったプリント基板、実物を見て感動です!

組み立ててみたところ、細々と直したいところがありながらも動作はOK!10枚発注し、13枚と3枚おまけしてくれたみたいです。プリント基板、作成時間は今回はあまり変わらないながらも、組み立てが簡単になり、コンパクトに配線できて、仕上がりがきれいな点、良い感じです!

IchigoDot プリント基板バージョン、つくりかた(製作時間、約15分)


部品はこれだけ。
マトリクスLED、プリント基板、LPC1114、10ピンソケット、プルアップ抵抗(10kΩ程度)x2、3V電源、タクトスイッチ、圧電サウンダー。


基本は、背の低い部品からハンダ付け。
今回発注したプリント基板、最大のミスはタクトスイッチの穴で余計なところがつながってしまうこと。回避するために、スイッチの片側を切り取り、左側だけハンダ付けします。


120円マイコンLPC1114は、足を机に押し当ててまっすぐ挿さるようにします。
ピンそろったを使うとちょっと楽です。


楽しい、ハンダ付け。


圧電サウンダーは線を適度の長さに切ってハンダ付け。
挿して実装するタイプのものに対応するともっと楽に組み立てできそうです。
あとは裏からマトリクスLEDをハンダ付けして、ハードウェアは完成。
ピンソケットから、IchigoDotのプログラムを書き込めば、ワンキーゲーム機 IchigoDot の完成です!


ボタン電池で電源を用意するともっとコンパクトになります(動作動画

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — 表示 4.0 国際 — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / 高解像度プロフィール画像(和服)