福野泰介の一日一創 - create every day

NASAからの贈り物! 宇宙ステーションで動いた Raspberry Pi を3Dプリンターで再現

2016/02/15
#KidsIT #print3d #rasppi 

現在運用されている唯一の有人宇宙ステーションISS
特殊なケースをまとわれ宇宙での実験に使われた Raspberry Pi ケースの3Dプリンター版のデータを印刷してみました。
ISSの宇宙実験で使われたRaspberry Pi「Astro Pi」ケースの3Dデータを公開 | fabcross
宇宙ステーションでのパソコンといえばミールで動いていたMSX2伝説も有名!?


Astro Pi - Raspberry Pi 2 B+ 用3Dプリンターケース」

3Dプリント用のSTLデータは、こちらのGitHubに4ファイルあります。ダヴィンチ1.0の標準での印刷時間は下記の通り。
SECTION_1 3時間47分 放熱用(?)のイボイボが時間がかかる
SECTION_2 2時間45分 底面、サポートが必要だった
SECTION_3 1時間49分 こちらもサポート必要だった
SECTION_4 1時間45分 上面、トラブルなくできあがり
合計10時間6分!


時間はかかりますが、データ転送したらほっとくだけ。NASAからの贈り物が空間を超えて手元に届く感動。
※端のぐるぐるしたところがサポートを付けなかったことで浮いてしまった印刷失敗の跡

パーツ分割手法や、かみ合わせなど、3Dデータに込められたノウハウを手にとって、生データと共に見られるのは嬉しい!
もう少し小さければまとめて4つ印刷できるので、IchigoJam用ケースならまとめていけるかも!?


Hana道場でも、小中学生に人気な3Dプリンター!(Hana道場の投稿
テクノロジー、広まるほどに楽しくなります!


PCN三重発のIchigoJam信号機も印刷してつくってみました。(Vine動画
教材をデータで気軽に送り合える、便利な世の中です。

広島、原爆ドームの記憶を風化させないためのAR/VR用オープンデータ

2016/02/08
#hiroshima #print3d 

原爆ドーム14万人もの命を奪った原爆の傷跡。


1945.8.6 08:15:17(JST)から60年経ち、補修工事が進んでいる。


三叉路になった橋故に、上空から目印とされた、相生橋(あいおいばし)


異なる角度。


右側の建物は崩れてしまっていてない。


建物内部。


破壊される前の姿が掲示されている。


原爆ドームとなる元の姿「広島県物産陳列館」の3Dモデルのオープンデータを、当時の資料や、さまざまな写真からの復元モデルを、みんなでつくっていくことで、一人でも多くの人が過去を知かことにつながるもしれない。

超荒削りの作りかけだが、5分程度ここまでいける(Rhinoceros/stl)。
こどもでも、現地に行くことができなくても、貢献できる平和がきっとある。

Raspberry Pi A+ のケースを印刷して、IchigoJam化!

2015/12/07
#print3d #rasppi #IchigoJam #opendata 

実験中のRaspberry Pi用IchigoJamの基本命令LED、初代Bでうまくいって、A+でうまくいかなかった原因はラズパイのModelによる仕様違いでした。


GPIO16(負論理) → GPIO47(正論理)でLEDコマンドで光った!


HDMIとUSBキーボードで動くコンパクトなIchigoJamのできあがりです!
40ピンを使って、ちょっと配置が変則的でわかりづらいですが、I/Oもサポートしておくといいかも?
(IchigoJam for Raspberry Pi は開発中、未公開)


かわいくてお気に入りのラズパイA+用のケースは、ThingverseのCC BY-SAのケースデータからカスタマイズして、3Dプリンターで出力したもの。 ケープで仕上がり良好です!
(データはこちら「simple case for Raspberry Pi A+ by taisukef - Thingiverse」)


敷居が高いように思われ勝ちな3Dプリンターのためのモデリング、基本はブロックの足し算と引き算。そんな難しくありません。こちらが今回のケースのモデリング途中の様子です。


穴の開けたい部分にブロックをおき、引き算することでこのように穴が開きます。もうちょっと小さくても大丈夫でしたね。LED点灯部分には穴を開けておけばよかったとか、角は少し丸めておくと痛くないとか、実際つくってみて気がつくことも多数。

3Dプリンターのリアルなものができる感動、ぜひ一度ご体験ください!
(ぜひ子供に体験させてあげてください!)
鯖江近辺の方は、Hana道場へどうぞ!

自分でつくる!こどもパソコンIchigoJam、好評発売中!(Xmasスペシャルも!)

クリスマス限定!IchigoJamサンタセット | PCN プログラミング クラブ ネットワーク

2Dプリンタと3Dプリンタでつくるチェスセット

2015/11/03
#print3d #game 

木更津高専近くにある組み込みの里 電子工作オープンラボの西山さんから、XYZprinting社の3Dプリンタ ダヴィンチ(da Vinci)のプレートへの接着には、ケープがいいと情報を得て、早速トライ!


Thingverseにチェス駒を発見、サイズを50%にして出力、見事できあがり!
質は落とした高速設定(レイヤー高さ0.4mm、3D密度5%)で2時間弱で出力。


フィラメントの色を変えて、もう2時間、チェスコマが揃いました!
せっかくなので、チェスボードをExcelで作成し、2Dプリンタ(普通のプリンタ)で出力!
chess-board.xlsx / PUBLIC DOMAIN)


キープレベル最大の「ケープ 3Dエクストラキープ 無香料」をプリント前にプレートに吹き付けるだけ、なかなか手軽です。 今までの接着には、シワなしPITを使っていましたが、塗りムラが気になるところだったので、しばらくこのケープで試してみます。


せっかくなので1回くらいはやってみようと、チェスのルールを初めて読みましたが、ポーン(将棋の歩的存在)は最初は2コマ動けたり、敵陣最奥までいくと変化したりと思った以上に複雑。 ちょうど手元にあったバームクーヘンの箱が6x6盤のミニチェス、世界初のコンピューターチェス「ロスアラモス チェス」にぴったりだったので、お試し2局で1勝1負。

コンピューターが強くなりすぎて生まれたアリアマというチェス駒を使った別ゲームなど、コンピューターと人との共創を感じます。 もっとシンプルにしたボードゲームで、3DSのプチコン3号とIchigoJamの通信を使ったこどもコンピューター対局もおもしろそう。

YES/NOテンプレート、4円で作るスマートな出欠回答ツール

2015/10/04
#print3d #maker 

出席または欠席に◯をつけてください。設問通りが正解じゃないのが一般社会。

きれいな丸を書き、二重打ち消し線もスマートに引きたいので、Rhinocerosで3分モデリング

ダヴィンチで印刷、待つこと12分

きれいに出席マークを描くことができました。

命名「YES/NOテンプレート」

- 制作メモ
ボールペン用には幅1.5mmの隙間がちょうどいい
3Dプリンターの積層ピッチ0.4mmに合わせて板厚は0.8mmがおすすめ、しっかりしたものにするには1.2mmとか?
測ってつくると楽、行き当たりばったりでも小型なものはなんとかなる
ストラップホールはじゃまになりそうなので、最終版からは削除(紐分浮かせればありだったかも)
制作物の重さは0.8g(3Dプリンタのフィラメント代が5円/gなので4円)

モデルデータはこちら「YES/NO-Template by taisukef - Thingiverse

福井県のオープンデータイベント「ふくいオープンデータフォーラム」に参加されますか?
日時:10月8日(木)13:00~15:00
場所:福井県産業会館 本館2階 大ホール アクセスはこちら
主催:福井県
共催:福井県IT産業団体連合会
北陸技術交流テクノフェアで同時開催されるふくいITフォーラム2015の1つのセッションとして開催

禁断の100V電子工作はじめ、ミサイルスイッチでLED電球を灯す!

2015/09/22
#maker #print3d 

豆電球を100Vコンセントにつっこむとどうなるでしょう?

3.3V、5V、12Vと電子工作に慣れるに従って扱う電圧を上げてきましたが、いよいよ憧れの100Vに初挑戦!

きっかけは、秋月電子で見つけたミサイルスイッチ
「ものづくり」を魅せるには派手さが大事!

ひとまず採寸して適当なサイズで筐体を3Dプリンターで作成(STLの3Dモデルデータ - Thingverse

板厚が2mmと贅沢なつくりにしてしまったため、1時間半ほどかかって完成。組み立てます。

スイッチ部分にLEDもついているので、3芯ケーブルで配線。

100Vを定電圧で制御するSSR(ソリッド ステート リレー)キット(250円)、お手軽ですが、慎重に!
100Vケーブルは100均で買ったものをニッパーで切って使います。

失敗に備えて、非常用電源を使って実験です。
(黄色の電源、野外のデモに便利です!新型(12,748円)持っているのは旧型)

動かしている様子をVineで撮影。
100Vをミサイルスイッチにそのままつなぐと、耐圧12Vのこのスイッチが耐えられません。
そもそも、触ると感電する電線をそう気軽に引き回したくないですよね。

IchigoJamにつないで、100Vの自動制御しても楽しそうです!
使えるいいスキルとツールを獲得しました!

小学校、理科の実験の後、電圧が高いと明るい豆電球、100Vコンセントだとどうなるか?
勝手に実験した結果、ボンと一瞬にしてガラス球部分が砕け散りました。
当時メガネをしていませんでしたが、顔を近づけてなかったことと運が幸いして、無事でした。

本当は怖い100V、小電圧でON/OFFできるマルチタップ、需要でてくるはず!

家庭用3Dプリンター ダヴィンチ Jr.1.0 を小学生が使ってみた

2015/06/15
#KidsIT #print3d 

IchigoJamのケースや、オリジナルゲーム用ボタンづくりオートマ・テの型づくりなど活躍する3Dプリンター「ダヴィンチ1.0」に、より安くちょっと小型になった「ダヴィンチJr.1.0」登場!お値段なんと、49,800円!!


かつてのiMacのような鮮やかなクリアオレンジのボディー、動き始める様子はじっくり観たくなります。
3Dモデリングソフト「Rhinoceros」で、小6、MASAHARU、その場でサクッとテスト印刷用モデルの作成、早速印刷してみます。


約1時間で完成!
フィラメントが、ダヴィンチのABSと違って、ダヴィンチJr.はPLA。硬く、床面に定着用の糊がいらないのが便利。
きっと3Dプリンターでのものづくり共通のサポートをいれるいれないの差、印刷クオリティーでの差などは、何度もトライアンドエラーが大事!
貴重な第一歩を踏み出しました!


中国、深圳のMakeblock社のロボ、mBot-Blue(Bluetooth Version)


小5のコでもさくさくと組み立て、まずはリモコン制御。キビキビしたいい動き!モジュラージャックがあれば、IchigoJamに載せ替えても使えそう。 3Dプリンターがあれば、ほしい部品は自分で印刷もできますね!(参考、IchigoJam Tankに目を付ける

こどもハッカソンでも活躍した、自由な発想で自由に創造するこども達。
IchigoJamプログラミングスクールから、どんどん誕生してくれることでしょう!

3DプリンターでこどもパソコンIchigoJamのケースづくり

2015/05/04
#print3d #aker #IchigoJam 

こども達にも大人気の3Dプリンター、そういえばIchigoJamケースを作らずじまいでした。3Dプリンター用のデータ共有サイト Thingverse でも、IchigoJam用のケースが2つほどありました!!


赤のフィラメントがなかなか良い感じ。


使うときはフタを開けて、電源ON!
ボタンの配線を外に伸ばしておくと、SLEEPコマンドで休止し、ボタンで復帰するのでフタしたまま使い続けることもできます。ネジ止め穴は、ちょうどはまって簡単には抜けないのでナシ。フタはお弁当箱スタイルで押しこむ感じとしたので、プリントするだけでOKです。(3Dプリンターの精度によってきつかったり、ゆるかったりするので調整ください)


3Dモデリングツール、Rhinocerosで、ベースの箱からメニュー「ソリッド、オフセット」で外形をつくり(今回は底は厚さ1mm、フタは厚さ0.8mm)、端子部分用の円柱やボックスを減算すればできあがり。


3Dプリンター用の標準、STLファイルとして Export して、印刷すればできあがり!
(今回の印刷に使ったのは、お手軽3Dプリンター ダヴィンチ1.0

データはこちらにあります!
Case for IchigoJam by taisukef - Thingiverse

参考リンク
- こどもパソコンIchigoJam

こどもに武器を! 活況さばえプログラミングクラブ、3Dプリンター入門

2015/04/30
#sabae #maker #print3d #senior #KidsIT #IchigoJam 

自分の想像したものを創ることができればうれしいものです。毎週木曜日開催のSAPスポンサー、NPO法人エルコミュニティー開催のさばえプログラミングクラブ、初めての子、成長する子などで活況です。江戸時代、こどもが寺子屋でそろばんを学んだように、未来を戦うツール/武器、パソコンを着々と学んでいます。


IchigoJamでプログラミングに慣れた子達はMacBookを買ってもらって、JavaScriptやSwiftに挑戦しています。せっかくなので、3Dプリンターの使い方を伝授してみました。こちら3Dプリンターでつくったゲーム用ボタンケース!


3Dプリンター用の3Dデータをつくる基本は、足し算と引き算。箱や円柱を作って(左のアイコン)、足したり引いたり(右のアイコン、ブール演算:和、ブール演算:差)するだけです。(今回使ったツールはライノセラスですが、他も同様の機能があります)


ボタンケースは、ほしい大きさをノギスで測って、箱をつくって、1mm小さい箱を作ってひきざん。円柱を作って引き算。ケーブルを通す穴の大きさの箱をつくって引き算。慣れれば3分足らずで完成です。(3Dモデリングデータ - Thingverse)


3Dプリンターで印刷して、待つこと1時間。


できました!ぴったりはめこめました。失敗しても、また印刷するだけなのでお手軽です。


ボタンのテストついでに、連打ゲームを作ってみます。
CLT で、時間カウントを0にして、TICK() でカウントを表示します。
100連打、タイムを競おう!

ゲーム、100RENDA!


賑わう、さばえプログラミングクラブ。


シニア向けプログラミングおしえかた教室に参加してくれたおじいちゃん、初講師!

ワンキーゲーム機「IchigoDot」オープンソースハードウェアとして公開!

2014/12/23
#maker #lpc1114 #print3d #IchigoDot 

120円のコンピューターを使ったオリジナルゲーム機づくり、3Dプリンターを使って筐体を創って、ひとまず完成しました。IchigoJamとの連携も視野にいれつつ、命名「IchigoDot」。電池交換に難ありなので、引き続き改良は必要ですが、ひとまずオープンソースハードウェアとして公開しました。(taisukef/IchigoDot / github)


3Dモデリングツールで、部品をまず造って、それが収まるように筐体を創る。失敗しても、印刷しなおせばOKという手軽さがステキ!フタの形状に課題あり。


印刷完了!


前回創った中身を入れます。電池は、単6電池2本。上記回路、RESTと電源を抵抗でつなぐ、プルアップを忘れてます。


動きました!


手への収まりもいい感じ!

電源スイッチはありません。タイトル画面で20秒放置で省電力モード(deep power-down mode)になります。ストラップホールをつけてネックレスにしておくとも良いかもです。どうぞ、いろいろと改造してお楽しみください!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像