福野泰介の一日一創 - create every day

ものづくりのHana道場、Fabo x IchigoJamチャレンジ! Maker Faire Tokyoでの目印づくり

2018/08/03
#KidsIT #IchigoJam #FaBo 

ホーム、鯖江にてワークショップ with FaBo x IchigoJam!
2年前のMaker Faire Tokyoで発売された、FaBoはプラグをつなぐだけの簡単電子工作が特徴です!
はじめてのエルチカプログラミング、かわくだり、光センサーを使ったコントローラーへの改造などざっと体験することで、ものづくりのイメージを広げてもらう試みです。

「センサー・サーボをうごかそう」FaBo for IchigoJamとサーボモーターを使った1時間半のワークショップ資料 (PDFダウンロード )

Hana道場のシニアプログラマー、徳橋さんのサーボを使った温度計!
IchigoJamだけでコントロールできるサーボは最大4つ。
使い方、アイデア次第!楽しい作品につなげましょう。

FaBoもIchigoJamもサーボも、Hana道場に来てもらえれば遊び放題、学び放題!
越前がにロボコンへのチャレンジもオススメです。

いよいよ、今週末、Maker Faire Tokyo 2018!

Maker Faire Tokyo 2018の、A-05-05 PCNブースや、子どもプログラミング喫茶スタートアップウィークエンド東京などで、お会いしましょう。

といっても、多くの人で賑わうMFT、目印を作ります。
WS2812Bドライバ for IchigoJamで、七色に輝く輪っかづくり(DO側に電池が便利という発見!)

ニットでできたイチゴ帽、ケーブルを留める針金を刺してねじるだけ!

できあがり!

15thエディションIchigoJamペンダントで、赤緑の2色LEDとIchigoJamにぴったりのボタン電池ケースでドキドキ感を表現。

レッツ、ものづくり!

links
- Hana道場
- Maker Faire Tokyo 2018
- SWTokyo Maker@MakerFaireTokyo(東京ビッグサイト) - スタートアップウィークエンド東京 | Doorkeeper

「さくらIoT x FaBo x IchigoJam」Hana道場にIoT温度計&オープンデータ化実験開始!

2016/08/09
#KidsIT #IchigoJam #FaBo 

Maker Faire Tokyoで発売された、FaBoと、さくらのIoT Platformαを使って、 Hana道場の室内温度を1分おきにサーバーに送信、Code for Sabaeのサーバーにてリアルタイムのオープンデータとして公開する実験を開始!


Hana道場IoT温度計

鯖江駅近く、こどもからお年寄りまで誰でもウェルカムな、Hana道場
快適な温度かどうかをチェックしてどうぞお越しください!

【IoT温度計&オープンデータ化の作り方】
IchigoJamに、FaBo、さくらのIoT Platformαシールド for IchigoJam を重ねます。

IchigoJam BASICでプログラムをつくって、動かします。つくってしまったらテレビもキーボードも外してOK!

10 A=ANA(2) 20 POKE #700,#30,1,73,A,A>>8,0,0:?I2CW(#4F,#700,1,#701,6) 30 WAIT 60*60 40 GOTO 10

#700からメモリに書き込むのは、I2Cアドレス(=#30)、チャンネル番号(=1〜127)、値の型(=73:ASC("I") 符号なし32bit整数)、4byteの数として温度センサーから読み取った16bitの値を下位8bit、上位8bit。これをI2CWでデータを渡します。ひとまず1分おき(WAIT 60*60)に送信。

さくらのIoT Platformαのコントロールパネルで、Code for Sabae のサーバーのWebAPIにデータを転送するように設定して、受け取ったデータをJSONとしてリアルタイムオープンデータとして取得できるようにサーバーのプログラムを置き、JavaScriptでオープンデータを表示するプログラムを書いたらできあがり!

温度センサーからの値を温度に変換する数式は、古籏さんの実測値データを元に、Excelで1次関数の定数をSLOPE/INTERCEPT関数を使って求めています。Hana道場での実際の温度計と合わせてチェックはしていません。

FaBo Starter Kit for IchigoJam に入っている、3軸加速度センサー、LED、ブザー、ボタンを使った実験の図。回路がケーブルを挿すだけでできるのでとっても気軽に電子工作できます!(使い方は、古籏さんの解説「FaBo Starter Kit + IchigoJam」がわかりやすいです!)

動画 on Vine

FaBo発売! 創って話して2度おいしい Maker Faire Tokyo 2016

2016/08/06
#maker #KidsIT #IchigoJam #FaBo 

2度目の参加、Maker Faire Tokyo 2016!

祝、FaBoの販売開始! FaBo Starter kit for IchigoJam のシリアル番号1000001 GET!

IchigoJam に重ねることで、LED、サウンド、スイッチ、温度計、明るさセンサー、三軸加速度計(I2C)、ボリュームをとっても簡単につなげます! (サンプルプログラム FaBo Starter Kit + IchigoJam by @openspc 古籏一浩さん)

佐々木さんとはガラケーアプリからの付き合い!

FaBoブースには、「なぜコンピューターは速いのか」で夢見たおもちゃ、AND、OR、NOTを物理的なモジュールの展示がありました。

PCNブース(A-03-05)に登場、巨大IchigoJam!(制作ナチュラルスタイル)
抵抗やコンデンサなどは取り外せて、組み立ての説明にも使えます!

裏面の配線。ちゃんとそれぞれのパーツに電気通ってます。

LED光ります!ボタン押せます!電源スイッチ効きます!(動画はこちら
4歳児でもできる、コンピューターにコマンド伝える「LED1、エンター」

今日も、たくさんの子供がプログラミングを体験してくれました。
コンピューターへの道へ誘ってくれたファミコン&マリオも展示。
すっごく食いつく子供が、ゲームの楽しさにスペックは関係ないことを証明してくれました。
ゲームが好き→つくってみたい!
このきっかけを逃すのはもったいない!

エデュケーション&キッズゾーンには、楽しそうなワークショップがたくさん!
レジンよりもっと手軽な「おゆまる」を使ったオリジナルLEDづくりワークショップ! by 乙女電芸部さん
電芸っていいですね!

kohacraftさんの大好きなマイコン、LPC1114を使ったマイコンと紙のワークショップが楽しそうでした!

同じくLPC1114FN28で、なんと電子ペーパーを独自に制御!これはやってみたい!

AgICさんの導電性接着剤ノーソルダー、はんだごていらずの接着を実現!IchigoJamの組み立てにも使える!?

Armさんのブースにはモバイル業界でトップシェアを誇るArmが設計したスマホ以外のコンピューターの応用例展示。IchigoJamも合わせて並べてもらえました!iPhoneもAndroidも、Armです。(→Armマシン語入門 on IchigoJam

IchigoJamプレゼンの次は、東京高専学生を含む、国際ロボコン挑戦者による発表「ロボコンを再び国技に!」、熱い!

海を超え、世界を舞台に戦ってきた一輪車のタイヤを使った大きなロボット。こどもロボコンなど、挑戦の場、広げましょう!

懇親会では、楽しいモノ語り!仲間がいるってステキです。

なんと、Arduino創始者の一人、David Cuatiellesさんにも会えました!
IchigoJam meets Arduino

ニットのイチゴ帽子に抵抗でIchigoJamをくっつけ、お花LEDシールドがぐるぐる回るプログラムを作成!
つくったものウェアラブルにするの、オススメです!(動画はこちら

Maker Faire Tokyo 2016は、8/7 17:00まで!
PCNブースは、エデュケーション&キッズゾーン(A-03-05、入り口入って右側)です

Maker Faire Tokyo 2016 | PCN プログラミング クラブ ネットワーク
8/7は「おもしろフェスタ in サンドーム福井2016」にて、イチゴ帽子います!

ふくいソフトウェアコンペティションでPCN賞提供! 来年に向けてFaBo圧力センサーイライラ洞窟ハンズオン!

2015/12/12
#maker #KidsIT #IchigoJam #FaBo 

ふくいソフトウェアコンペティション2015の結果発表&表彰式がありました。
このコンテスト、福井高専学生時代に一度応募し受賞したこともある思い出深い福井のローカルコンテスト。
今回はプログラミングクラブネットワーク(PCN)から協賛賞をプレゼント!


選出したのはスマホの握り具合で個人認証するというナイス発想の「Authentic GRASP」をつくった、福井大学 小沼遼さん!
圧力センサーをArduinoでたばね、スマホと接続して実装。


PCN、鯖江クラブの小中学生チームも企業賞を2つも獲得!来年もがんばって!


受賞したみなさんおめでとうございました!大賞作品もなかなか見応えあっていい感じです!
今回参加した人もしなかった人も、ぜひ来年もぜひ挑戦してください!


プラットフォーム不問のふくいソフトウェアコンペティション、来年の応募増に向けたIchigoJamハンズオン講座!
PCN賞の圧力センサーつながりで、会津若松のFaBoからモニターさせてもらっているFaBo圧力センサーモジュールを使ったかんたんなゲームをつくってみましょう。


IchigoJamに、FaBo IchigoJam Shieldを装着!
圧力センサーモジュールをBTN部分接続します。向きが逆には刺さらないようになっていてわかりやすい!

10 ?ANA():WAIT 10:GOTO 10

フィルムを指で押すことで値が変わることを確認します。離すと1023、最大限押すと0になりますね。
キャラクターを圧力によって上下させてみます。

10 CLS 20 Y=23*ANA()/1023 30 LC 0,Y:?CHR$(5); 40 GOTO 10

20行で0-1023までの数値を0-23までに数値に変換し、位置を指定して人キャラクターを表示。
次に、洞窟を表示します。

15 H=10:W=22-H 40 FOR I=0 TO W:LC30,I:?CHR$(1);:NEXT 50 FOR I=W+H TO 23:LC30,I:?CHR$(1);:NEXT 60 WAIT 2:SCROLL LEFT 70 GOTO 20

Hは洞窟の広さ、Wは洞窟が始まる高さです。
とりあえずずっとまっすぐな洞窟ができますが、当たっても平気です。

65 IF SCR(0,Y) END

SCRコマンドで当たり判定をつくって、当たったらゲームオーバーができました。

35 W=W+RND(3)-1:IF W<0 W=0 ELSE IF W>22-H W=22-H

洞窟をランダムに動かします。はみでそうならはみださないようにはIFコマンドで!

16 S=0 65 IF SCR(0,Y) BEEP 20,20:?:?S:END 67 S=S+1

スコアをつければゲームになります! BEEPでゲームオーバー音もつけました、ブザーモジュールをSOUNDに接続してください。

68 IF S%40=0 BEEP:H=H-1

慣れちゃうとずっと続いてしまうので、40コ進む毎に洞窟を狭くしてみます。

10 CLS 15 H=10:W=22-H 16 S=0 20 Y=23*ANA()/1023 30 LC 0,Y:?CHR$(5); 35 W=W+RND(3)-1:IF W<0 W=0 ELSE IF W>22-H W=22-H 40 FOR I=0 TO W:LC30,I:?CHR$(1);:NEXT 50 FOR I=W+H TO 23:LC30,I:?CHR$(1);:NEXT 60 WAIT 2:SCROLL LEFT 65 IF SCR(0,Y) BEEP 20,20:?:?S:END 67 S=S+1 68 IF S%40=0 BEEP:H=H-1 70 GOTO 20

プログラムの全文です。いろいろ改造して楽しんでください!

(おまけ)IchigoJam1.1なら、LEDモジュールをOUT2に接続して、明るさを圧力連動で変えられます。

25 PWM2,23-Y,23

はんだづけや、ひとつずつ仕様書を見て使い方を調べなくても気軽に使えるFaBoモジュールで、電子工作とプログラミングの敷居がぐっと下がりそうです。 来年のふくいソフトウェアコンペティションでは小中学生から高校高専大学生まで、更にハイレベルな争いが楽しめそう!

FaBo、発売楽しみです!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像