福野泰介の一日一創 - create every day

オープンデータ伝道師就任! 福井県食品営業許可取得施設の業種と種目まとめ in R言語

2016/04/06
#opendata #R 

福井県オープンデータライブラリから、「食品営業許可施設(平成27年5月~平成28年3月に食品営業許可が出た施設)」を使った、簡単な解析をR言語でやってみました。


x <- read.table(file("http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/toukei-jouhou/opendata/list_10_d/fil/eigyoukyoka.csv", encoding="cp932"), header=T,sep=",")
table(x$業種)
pie(sort(table(x$業種),decreasing=T),cex=0.5)
pie(sort(table(x$種目),decreasing=T),cex=0.5)
※Macの文字化け回避は par(family = "HiraKakuProN-W3")

9%ほど、緯度経度の入っていない項目があり、内訳は「露天67」「移動店舗26」「移動販売2」「自動販売機2」「魚介類行商(種目は空欄)4」となっていました。
sort(table(subset(x$種目, is.na(x$経度))), decreasing=T) # 緯度が入っていない種目を調査
subset(x,x$種目=="" & is.na(x$緯度)) # 種目空欄の業種を見る

先日 2016.3.30、日本政府 内閣官房IT総合戦略室より「オープンデータ伝道師」を任命され、その公表がありました。(オープンデータをはじめよう

オープンデータのエバンジェリストとして、まずはTwitterのプロフィールを更新!

参考リンク
- オープンデータを日本に広める「オープンデータ伝道師」:8名が内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室により任命 | カレントアウェアネス・ポータル

図書館IoT「sabota」 WiFiシールド付きIchigoJamで全11席稼働開始

2016/03/28
#IchigoJam #sabota #toyohashi #R 

JK課考案、プリント基板化した図書館IoTの空席センサーの量産が完了。11座席に設置してきました。
座席上の電気スタンドボックス内に固定された100円均一の小型タッパーに電池込みでいれるだけと簡単!さすが無線!450円無線LAN ESP-WROOM-02 のおかげです!


見えている人気の1人がけ机、センサーが仕込まれていることはこの写真からはわからない


こちら11座席、センサーの状態をRでグラフ化
0-1023のアナログセンサーで光を状態を取得、925をしきい値として設置、青が電気スタンドを消して暗くなったタイミング=離席した時間。
5番と10番は、窓側に向いた座席となっていて明るく、設置した際、925のしきい値でうまくいかなかったため、暫定的に値の変化によって送信するモードにしてあるため、連続した送信になっている。
R: x$time >- as.POSIXlt(paste("2016/03/28 ",x$time))
R: plot(x$time,x$id,pch=20,col=ifelse(x$val >925,"blue","red"))


こちらが連続モードとしている5番のグラフ。
10時から12時半まで値が小さい=明るい=電気スタンドをつけている=たぶん机を使っている状態。
12時から13時まで使われていなくて、13時から再び利用されている。
明るさセンサーは結構ゆれることがわかる。
R: x2<-subset(x,x$id==5); plot(x2$time,x2$val)


理想的なグラフ1番、電気をON/OFFしたタイミングのみ無線LANモジュール(ESP-WROOM-02)の電源を入れ、送信するため単3電池2コで数ヶ月もつ・・・はず!
R: x2<-subset(x,x$id==1); plot(x2$time,x2$val)


4番、電気を消している時の値が、しきい値925付近のため無駄な通信が発生してしまっている。
R: x2<-subset(x,x$id==4); plot(x2$time,x2$val)

上昇時と下降時、それぞれにしきい値を設定する、しきい値をパターンに応じて自動設定するなど改造しておくのもいいかもしれない。 プログラムの変更、ハードウェアの調整、手軽にあれこれいじれるのがBASICのいいところ!(下記は前回との差分、T(=925)をしきい値に送信版)

150 OUT5,0:W=0:T=925 160 B=ANA(2)<T 170 FOR L=1 TO 1 180 CLT:A=ANA(2):?A 190 IF (A>T)<>B LED1:GOSUB @WIFISENDA:B=A>T:LED0 200 WAIT 3*60,0 210 L=0:NEXT


こちらが手量産したIchigoJamのWiFiシールドたち、プリント基板化したのではんだ付けは1つ10分ほどで済みました! 鯖江市図書館「文化の館」1人がけ机の空席を見るにはこちら「つくえなう / sabota


豊橋から、ご来鯖!オープンデータ、odp、IoT、IchigoJamHana道場をご案内しました。
地方に眠る宝の数々、どんどん発掘していきましょう!

8都道府県から集まった52作品!PCNこどもプロコン2015冬 表彰式&ワークショップ

2016/03/27
#KidsPC #IchigoJam #R 

こどもの早い成長に合わせて年2回開催しているPCNこどもプロコン、4回目の表彰式!


愛知、三重からも集まってくれた子供たちも一緒に表彰式後の記念撮影!


小2から中3まで、総作品数は52!応募最多は小6、小3のがんばりも目立ちます!
R: plot(table(pcn$学年),col=hsv(0,.7,1),lwd=20,lend=2)


環境別では、Scratchの26作品が最多、次いでIchigoJamのちょうど15作品、スマホアプリ(Xcode/Kidspod;)も5作品、他、Construct2UnityViscuitLEGO MINDSTORMSと多彩な環境! でも、夏休みを挟まなかったせいか、前回目立った電子工作系は寂しい1作品。次回、狙うといいですよ!
R: pie(table(pcn$環境))

PCNこどもプロコン2015冬 ノミネート作品の展示、試遊、全52作品の動画紹介を経て、表彰式!
表彰式、タミヤの滝博士の基調講演の様子は、動画配信アプリふわっちの福野アカウントを配信履歴からどうぞ!
最優秀賞はユニークで楽しい「凧上ゲーム」MASAHARUで4連覇!
LEGO MINDSTORMSが副賞のアフレル賞に、小学3年生のScratch作品「50.未来の運命」他、低学年の活躍、今後が楽しみです!


PCNから4月発売予定のpaprikaと赤外線距離測センサーを使ったワークショップ!


ロボットプログラミングしたら、キーボード、テレビを外して、自律走行!早速使いこなしてます


滝博士と子供たちでおやつ会!どんどんつくって、どんどんアピール!


滝博士、ありがとうございました!ものづくり好き、プログラミング好き、ますます増えそうです!

青森県のオープンデータ表彰とデータ活用アドバイザ認定制度を横展開しよう / ICT利活用による徳島の活性化を考えるセミナー3 / R入門2

2016/03/25
#opendata #aomori #tokushima #R 

早くから映像コンテンツのオープン化を行っている青森県のオープンデータへの取り組みがステキ!

オープンデータ顕彰

オープンデータの推進に貢献した団体等を青森県として華々しく表彰!
受賞者:データ開放貢献部門 三沢市商工会、データ利活用貢献部門 株式会社トヨタレンタリース青森、普及啓発貢献部門 青森大学
知事からの表彰がステキ!(表彰式時の写真・コメント

データ活用アドバイザ認定制度

・対象
地域SIer、Webエンジニア、Webデザイナー、教育機関に従事する方など
・役割
自社顧客へのHP掲載情報等の二次利用許諾(CC BY等)への協力提案
自社顧客へのオープンデータ等の地域データを活用した付加価値提案
再利用可能なデータ形式に変換した場合、そのデータのあおもりデータポータルへの登録
International Open Data Day等オープンデータ普及啓発への協力


地元の旅行会社との観光オープンデータを連携させた、アプリ「Myルートガイド」やスマホ向けクーポンサイトで、すでに観光ナンバーワンメディアに!?

この母体となるのが青森県が事務局となって組織された「あおもり地域データ活用コンソーシアム」。
米田さんが代表務めるNPO法人地域情報化モデル研究会や、青森大学地方独立行政法人青森県産業技術センターで構成される、産官学融合組織。

この取り組み、全国に広まるととても強力!
まずは福井での横展開を提案します!


ICT利活用による徳島の活性化を考えるセミナー3」で講演、NPO法人地域情報化モデル研究会 代表理事の米田剛さんによる 「観光分野における官民連携・地域連携によるオープンデータ活用促進に向けて」より

徳島で始めたR言語、2日目、青森県の工芸オープンデータを使ったデータ活用実験
青い森オープンデータカタログ」の新着で「青森県伝統工芸品製造者一覧」を見つける
Rのコンソールで、ファイル1を取りこみ、どんどん見える化していきます。

data <- read.table(file("http://www6.pref.aomori.lg.jp/opendata/index.php?action=multidatabase_action_main_filedownload&download_flag=1&upload_id=662&metadata_id=5", encoding = "cp932"), sep = ",", header = TRUE)

fix(data)


plot(data$経度,data$緯度)


plot(table(data$市町村名),cex.axis="0.5")

Macでの文字化け防止には、
par(family = "HiraKakuProN-W3")

手軽でいいですね!
R言語を学ぶ「Rマガ - Facebook公開グループ

徳島でR言語はじめ データが変える社会 / ICT利活用による徳島の活性化を考えるセミナー3

2016/03/24
#opendata #tokushima #R 


京都の宿泊予約をデータで推定!(曽根原 登さん講演資料より)
勘と経験より、データとコンピューターですね!

総務省|四国総合通信局|「ICT利活用による徳島の活性化を考えるセミナーPART3」を開催 ≪ICT利活用によるイノベーションを目指して≫」の講演のため徳島にいます。 コンピューターが安く速く小さくなる程に増え続けるデータ。楽しく活かすためのツール「プログラミング」

懇親会での話より、データ解析に便利と噂の「R言語」を使ってみることにしました。


R言語で描いたオープンデータ都市の201都市の緯度経度でプロットすると、日本地図っぽい形がでます。

これ実現する手順がこちら。
1. R言語をダウンロードし、インストール
2. コンソール(コマンドプロンプト)で、「r」で起動
3. Excelでオープンデータ都市のCSVファイルを開く
4. 緯度経度の2列を選択してコピー
5. コンソールで、「ll <- read.table(pipe("pbpaste"), header=TRUE)」と入力
※ Windowsの場合は「ll <- read.table("clipboard", header=TRUE)」
6. コンソールで「plot(ll)」とタイプするとグラフが表示される!

7. 「plot(rev(ll), col=rgb(0.4,0.4,1), pch=20)」でXYが入れ替わり、色が付き、アイコンが変わる
8. 「png("image1.png", width=610, height=400) 」と「dev.off()」で囲むと画像ファイルができる

Excelでいろいろと数をいじる必要がなくなりそうです。配列をまとめて素直に計算してくれ、さっとグラフにできるのが氣持ちいい! オープンデータとも相性も高そうなので、Facebookの公開グループを立ち上げてみました。
Rマガ - Facebook公開グループ


(1)基調講演
  演題:「情報社会」から「融合社会」へ
  -ソーシャル・ビッグデータ基盤とデータ駆動の意思決定支援システム-
  講師:国立情報学研究所 情報社会相関研究系 研究主幹・教授
      曽根原 登(そねはら のぼる)氏

(2) 総務省ICT利活用施策説明
  説明者:総務省情報流通行政局地域通信振興課
       地域情報通信振興支援官 片桐 広逸(かたぎり こういち)

(3)講演<利活用事例1>
  演題:えひめ結婚支援センターにおけるビッグデータの活用
  講師:一般社団法人愛媛県法人会連合会 事務局長
      岩丸 裕建(いわまる ひろたけ)氏

(4)講演<利活用事例2>
  演題:観光分野における官民連携・地域連携によるオープンデータ活用促進に向けて
  講師:NPO法人地域情報化モデル研究会 代表理事
      米田 剛(まいた つよし)氏

(5)講演<利活用事例3>
  演題:次世代インフラ、オープンデータ活用でデザインする地域活性化プラン
  講師:株式会社jig.jp 代表取締役社長
      福野 泰介(ふくの たいすけ)


2度目の徳島、前回に続き、今回も阿波尾鶏!


コインランドリーではなく、空港の自動に持つ預け機、攻殻機動隊などのアニメっぽい音声ガイドと、赤いレーザーで走査しているところを魅せる演出がポイント


会場は徳島大学、通称徳大(とくだい)でした


Rマガ - Facebook公開グループへどうぞ!
featuring 前回徳島の時の一日一創「LED BOARD」

- お知らせ
3.24はミニ四駆の日!
福井で開催、週末のPCNプロコン表彰式には、RCカーの生みの親、タミヤの滝博士が基調講演!

&#x30bf;&#x30df;&#x30e4;&#x306e;&#x5de5;&#x4f5c;Lab&#x77f3;&#x5d0e;&#x3067;&#x3059;&#x3002;&#x5148;&#x65e5;&#x3001;&#x9759;&#x5ca1;&#x3067;&#x3082;&#x958b;&#x50ac;&#x3055;&#x308c;&#x305f;&#x300c;&#x697d;&#x3057;&#x3044;&#x5de5;&#x4f5c;&#xd7;IchigoJam&#x30ef;&#x30fc;&#x30af;&#x30b7;&#x30e7;&#x30c3;&#x30d7;&#x300d;&#x306e;&#x30d7;&#x30ed;&#x30b0;&#x30e9;&#x30df;&#x30f3;&#x30b0;&#x30af;&#x30e9;&#x30d6;&#x30cd;&#x30c3;&#x30c8;&#x30ef;&#x30fc;&#x30af;&#x3055;&#x3093;&#x306b;&#x3088;&#x308b;&#x30a4;&#x30d9;&#x30f3;&#x30c8;&#x304c;&#x3001;&#x9031;&#x672b;27&#x65e5;&#x306b;&#x5730;&#x5143;&#x30fb;&#x798f;&#x4e95;&#x3067;&#x884c;&#x308f;&#x308c;&#x307e;&#x3059;&#x3002;&#x305d;&#x3053;&#x306b;&#x5de5;&#x4f5c;Lab&#x30e1;&#x30f3;&#x30d0;&#x30fc;&#x306e;&#x6edd;&#x304c;&#x8b1b;&#x6f14;&#x3092;&#x3057;&#x307e;&#x3059;&#x3002;...

タミヤの工作Labさんの投稿 2016年3月24日

タミヤの工作Lab

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像