福野泰介の一日一創 - create every day

オープンデータでもらえる検索、みんなで育てる鯖江AIスピーカーづくりスタート - 鯖江第4期コーポレートフェローシップ成果報告会

2018/01/30
#opendata #sabae #codefor 

「障がい者に寄り添うオープンデータの活用」をテーマにした、鯖江市第4期目となる「Code for Japan コーポレートフェローシップ」成果報告会。

3ヶ月間の本事業、昨年11月の市役所のヒアリングから始まり、11/20アイデアソン、1/14ハッカソンと開催され、本日成果発表を迎えました。

「やるなら名高い所で」うれしい話。福井国体、障スポは2018年今年開催、オリパラも2年後に控え、誰にとってもやさしいオープンデータ整備の先駆けとしていいタイミング!


フェローからの提案
- オープンデータによる広報
- 多様な障がいと個別に向き合い技術で解決を探る
- 心のバリアフリーまずは職員から!


ハッカソンの様子、地元ケーブルテレビ取材を受け、放送&ネット視聴が可能です。
鯖江市、牧田さんからのコメントも!


もらえる検索(鯖江編)
オープンデータによる広報の一環、障がい者への支援、給付金のオープンデータが公開され、その検索アプリ「もらえる検索(鯖江編)」ができました。 ベースとなった「もらえる検索」を鯖江特化にし、より一段細かいカテゴリーで絞りこめるようにしています。


富士通 デジタルフロント事業本部 デジタルイノベーター推進統括部長の半田さんにもお越しいただきました!
デジタルイノベーターは今年も500人増とのこと!スゴイ!


なんと西山公園道の駅にしゃべるレッサーパンダくんが居ました!
「ぼくにはなしかけて!まねっこするよ♪」トコトコ歩くのもかわいい!
アイデアソンで登場した「おたすけパンダPちゃん」の実現にぴったり!


早速、Hana道場で分解されるレッサーパンダくん


マイクからの録音しピッチを上げて再生、を繰り返すコンピューターと電子回路が出てきました。
スピーカー、マイク、トコトコモーター回路を活かす形で、改造すればできそうです!


鯖江市長とがっちり握手!


おつかれさまでした! at 鯖江市役所 情報統計課

links
- CodeForJapanコーポレートフェローシップ事業|『さばえ.jp』百さんのブログです
- 富士通 x 鯖江市 x Code for Japan! 障害者をテーマにスタート「第4期コーポレートフェローシップ in 鯖江」とPython3で市役所スクレイピング
- 障がいをテーマにアイデアソン! コーポレートフェローシップとアイデアソンお助けアプリ
- 音声認識AI窓口、AI移動支援のプロトタイピングと筋ジストロフィー - 障がい者に寄り添うハッカソン

音声認識AI窓口、AI移動支援のプロトタイピングと筋ジストロフィー - 障がい者に寄り添うハッカソン

2018/01/14
#sabae #codefor #opendata #maker #python #AI 

鯖江市の第4次障がい者計画「あるがままに 自分らしく いきいきと ともに暮らせる まちづくり」
障害の理解と、課題に対するアイデアソン、ハッカソンなど、継続的なものづくりがポイントです。

Code for Fuchu連携で、COTTONさくらんぼの岩間由里子さんからも情報提供。 筋ジストロフィーで手足に障害があり、2cm四方を範囲としたスライドと押し込み動作だけで使えるスマホを熱望。オープンデータ化と、使う人に合わせたアプリの横展開、必須ですね!

実際に、指一本でスマホ操作にチャレンジしましたが、指を画面から離せないという条件は厳しく、通常操作が無理でした。 調べるとiPhoneの3Dタッチなど、タッチパネルの力のかけ具合は、mouseforce系のAPIをブラウザ上で取得もできるので、いろいろ実験してみたいと思います。
iOS9で追加されたForceTouch(3DTouch)をJavaScriptで操作してみる | WebDesign Dackel
また、日本筋ジストロフィー協会でも「ワンキーマウス試作報告」の事例が掲載されていました。


主催、Code for Japan コーポレートフェローシップ、鯖江市臨時職員三ツ山さん(富士通)

アイマスクをつけてアイデアソン。
目に優しく、耳が研ぎ澄まされ、隣のテーブルの会話もよく聞こえちゃいます。
声でジャンケンして、ファシリテーターを決め、アイデアのディスカッションスタート。 まとめるための紙が使えない点が心配でしたが、みんな条件が同じなので、ひとつひとつ整理して進める意識を共有できて意外といい感じです。

つづいて、障害体験。高齢者シミュレーショングッズを借りて、重りをつけたり、膝の動きを制限する器具を付けて歩き回ってみます。 普段の何でもない生活の難易度がアップするので、刺激が欲しい人にもオススメです!

制限された視野をシミュレートするメガネ。

アイマスクをして、杖をもって点字ブロックを辿るチャレンジ。
センサーやGPSをつけた、IoT白杖をお互いつくって、難易度高いコースで対戦などできると楽しそう。

「Webアプリはじめのいっぽ」でHTMLの基本を覚えて、ハッカソンタイム!

WebRTCを使って、世界中どこからでもサポートできる!(featuring SkyWay
スカイボイス

アイマスクとスマホを装備をして自販機での買い物チャレンジ!

先のアイデアソンで登場した「おたすけパンダ」と「Pくん」の実現、AIチャットによる市役所窓口デモ。
おたすけパンダPくん

鯖江市も公開した、給付金オープンデータによる質問応答機能のデモに加え、音声認識と音声合成を使った窓口も実験。

Google Cloud Speech APIを使うと、高精度な音声認識が簡単に実現できます。
1回(15秒)$0.006(=約0.6円)の有料APIですが、1ヶ月60分、最大240回まで無料で使えます。
APIKEYを取得してみましょう。

とりあえず、音声認識とそれに対する回答するシンプルなデモスクリプト aichat.sh for Mac を作成。
(参考、GoogleのSpeech APIを使ってみた - Qiita

read -p "hit to start" rec --encoding signed-integer --bits 16 --channels 1 --rate 16000 test.wav ffmpeg -y -i test.wav -ar 16000 test.flac echo -e "{\n 'config':{\n 'encoding':'FLAC',\n 'sampleRate':16000,\n 'languageCode':'ja-JP' \n }, \n 'audio': { \n 'content': '`base64 test.flac `' \n } \n }\n" > sync-request.json curl -X POST -H "Accept: application/json" -H "Content-type: application/json" --data @sync-request.json https://speech.googleapis.com/v1beta1/speech:syncrecognize?key=【APIKEY】 > response.json python3 talkresponse.py ./aichat.sh

* rec は、音声操作ツール sox に含まれます

音声認識結果 response.json から、認識した文字列を読み取り、会話するプログラム talkresponse.py for Python3 がこちら。(Open JTalkをimportしてます)

# coding: utf-8 import jtalk import sys import time import json import urllib.request cnv = { "おはよう" : "おはようございます", "今日の天気は" : "たぶん晴れです", "こんにちは" : "こんにちは", "がんばって" : "がんばる!", "かわいい" : "ありがとう", "ありがとう" : "どういたしまして", "免許返納について教えて" : "つつじバスとか確かお得に乗れるよ。詳しくは鯖江市のサイトを見てね", "読み書きが苦手です" : "読み書きの苦手なお子さんの相談講座が、3月11日にありますよ", "プログラミングを勉強したい" : "イチゴジャムがオススメ!ハナ道場へどうぞ", "うまいもの" : "サバエドッグ", "甘いもの" : "冬のかんみといえば、みずようかん!", "鯖江のうまいもの" : "サバエドッグ", "鯖江の美味しいもの" : "サバエドッグ", # "鯖江商店街、ミート・アンド・デリカささきの、サバエドッグ", "鯖江と言えば" : "メガネ!鯖江駅から徒歩10分、めがね会館へどうぞ!", "鯖江市長の名前は何ですか" : "まきのひゃくおです", # 写真でるといい } def a(): with open('response.json', 'r') as f: data = json.load(f) s = data['results'][0]['alternatives'][0]['transcript'] print(s) # 認識できた文をとりあえず表示 for t in cnv: if t == s: jtalk.jtalk(cnv[t]) # 対応する回答があった! return if s.endswith("て"): jtalk.jtalk("わかった!") # todo ちゃんとやってあげるプログラムを書く return jtalk.jtalk("ごめんなさい!よくわからないから勉強しておくね。") # todo わからなかった質問を記録しておき、しかるべき人に通知するプログラムを書く a()

とりあえず、いい加減なAIができました!

オープンデータを学習させて、文脈に応じた回答を考えるなど、おもしろそうです。
音声認識&音声合成部分を切り出したデバイスにするために必要なメモリ量は、16kHz、16bit、15秒で約469KB。 ちょっとメモリ大きめのマイコンがあれば、いけそうですね!

ハッカソンの様子が公開されました!

鯖江市もらえる検索、障がい者向けの給付金オープンデータをCSV/RDFで公開 - Code for Japan / コーポレートフェローシップ

2018/01/12
#opendata #sabae #codefor 

Zaim連携された、室蘭市、日南市、浜松市の給付金オープンデータと同フォーマットのCSVを、鯖江市でのCode for Japanコーポレートフェローシップ協力で鯖江市版も公開!

次世代オープンデータ形式、5つ星オープンデータのLOD(Linked-RDF)としても公開されています。(CKAN on odp)

もらえる検索」 - 鯖江市データ追加、市を選択する機能追加

CSVでは地道にデータを追加していくしかありませんし、データフォーマットの柔軟性もありません。

柔軟性が高く、地域を越えて、データ種別を越えてつながる、Web標準(世界標準)の5つ星オープンデータ、LOD(Linked Open Data)によるオープンデータを推進しましょう!

links
- もらえる検索 - 自治体給付金オープンデータ活用アプリ、家計簿Zaim連携記念!

障がいをテーマにアイデアソン! コーポレートフェローシップとアイデアソンお助けアプリ

2017/11/20
#opendata #sabae #codefor 

障がい者に寄り添うオープンデータ」がテーマの鯖江市、第4期コーポレートフェローシップ。
関係各協会からのヒアリングと、アイデアソンへの理解を経て、月曜日夜の開催となりました!
様々な障がい関係者や関心ある人が集まった30名余り、5グループから5アイデアの発表と、数々の課題、アイデアが誕生しました。


企画は富士通からのコーポレートフェローシップ、三ツ山さん!アイデアソンのはじまりです!


まずはインプット、鯖江市役所の担当課から共有された、各協会からの声。


必要な情報を入手できていない人が増えている!(障がい者計画に関するアンケートより)


IT技術を使ってどう課題に立ち向かうか!?


アイデアソンに用意するのは、3色の付箋紙と模造紙。お菓子や飲み物もあるといいですね!


それぞれ書いた課題を、テーブルに並べながらグループ分け。


点字ブロックを辿るなどに使う白杖(はくじょう)、先端はすり減るために交換式になってます!


課題をどんなアイデアで解決するか!?黄色付箋の課題に、赤色付箋のアイデア、次々とアイデアが登場!
ここからどのアイデアがおもしろいか、話し合って、モック(アプリのイメージ)を模造紙に描いて、発表へ!


5つの個性的なモックが登場!どのアイデアもみんなほしいと多数の支持を得ていました。
- 何でも回答するAI、Pくん
- 困ったときにお手伝い、おたすけパンダ
- VRで障がい者を体験、仮想ハンディキャップ体験アプリ
- 手話や文字にリアルタイム変換、コミュ広アプリ
- 白杖を知ってもらおう、子供向けゲーム
課題一覧、アイデア一覧は、後日オープンデータとして公開します!

今回のアイデアそんに使用したスライドに、タイマーを付けたwebアプリを作りました。
これで気軽にアイデアソンでお楽しみください!


アイデアソン グループでモックをつくろう 1.5時間コース - rikiten

福井高専の卒検発表の時に作った思い出のスライド発表用アプリ「rikiten」19年ぶりに復活です!

links
- コーポレートフェローシップによる人材育成 | Code for Japan

もらえる検索 - 自治体給付金オープンデータ活用アプリ、家計簿Zaim連携記念!

2017/11/08
#opendata #codefor 

オンライン家計簿を提供するZaimと自治体オープンデータ連携がリリース!
室蘭市、日南市、浜松市の給付金データが、共通の三ツ星オープンデータ、CSVにて公開されています。
家計簿 Zaim 「わたしの給付金」と地方自治体の公式情報が連携 - 株式会社 Zaim

この給付金オープンデータを使ったアプリ「もらえる検索」を作ってみました。
こども霞が関見学デー検索アプリのセルフカバーアプリ。


もらえる検索 - 自治体給付金オープンデータ活用アプリ

ヘッダはこのようになっていて、各自治体ほぼ同じです(日南市CSVには後ろに空データあり)
室蘭市日南市浜松市

0: 自治体コード
1: 給付金名称
2: カテゴリ
3: 支給単位
4: 支給回数
5: 所得制限 有無
6: 生活保護者の 申請可否
7: 支給対象者 開始年齢
8: 支給対象者 終了年齢
9: 最低 支給額
10: 最高 支給額
11: 受給に関する制限事項(100文字まで)
12: 詳細ページurl
13: 説明
14: 支給受付時期

検索方法はいろいろと工夫しがいがありそうです。

鯖江市で実施中のCode for Japan、コーポレートフェローシップ「障がい者に寄り添うオープンデータ」にも関連する給付金オープンデータ。 5つ星オープンデータ化にもトライしたいところです!
富士通 x 鯖江市 x Code for Japan! 障害者をテーマにスタート「第4期コーポレートフェローシップ in 鯖江」とPython3で市役所スクレイピング

富士通 x 鯖江市 x Code for Japan! 障害者をテーマにスタート「第4期コーポレートフェローシップ in 鯖江」とPython3で市役所スクレイピング

2017/11/01
#python #opendata #sabae #codefor 

Code for JapanコーポレートフェローシップSAPジャパン奥野さんNECソリューションイノベータ石崎さんYahoo!Japanより廣瀬さんと葛城さんに続く、鯖江、第4シーズン!


コーポレートフェローとして臨時鯖江市職員となった、三ツ山さん(富士通) Hana道場


鯖江市長へ自己紹介&記者会見


早速、地元の購読率ナンバー新聞紙、福井新聞にて掲載&鯖江市長のシェア!


鯖江市役所の担当課の人たちとミーティング、ヒアリングとアイデアソンの予定が決まりました!


いかに一元的、かつ、わかりやすく情報提供ができるか!?
障害者、障がい者、障礙者、障碍者、表記がまずはややこしい・・・。
情報整理など、いろいろ使うため、まずは鯖江市役所のwebサイトをスクレイピング!

使用言語は、Python3、充実のライブラリが楽ちんですね。
scrape sabae / src on GitHub
1615ファイル取得した後に、Stack Over Flow で停止、まだ実用には耐えませんが、参考にどうぞ!

衆院選アプリづくりの注意点!人気投票の公表の禁止(公職選挙法)と政党オープンデータとプログラミング

2017/10/13
#opendata #senkyo #codefor 

来週10/22(日)と迫った第48回目となる衆院選。
Code for JapanのCode for 選挙プロジェクトが進むなど、オープンデータ、オープンソースな活動にも注目です!

衆院選を考えるに当たっていろんなサービスを作りたくなりますが気をつけたいのは「公職選挙法」、特に第138条の3「人気投票の公表の禁止」。

(人気投票の公表の禁止)
第百三十八条の三
 何人も、選挙に関し、公職に就くべき者(衆議院比例代表選出議員の選挙にあつては政党その他の政治団体に係る公職に就くべき者又はその数、参議院比例代表選出議員の選挙にあつては政党その他の政治団体に係る公職に就くべき者又はその数若しくは公職に就くべき順位)を予想する人気投票の経過又は結果を公表してはならない。

「何人も」とあるので、候補者・候補者陣営含め、誰であっても禁止です。句読点がなくて何を意味するのか不明瞭ですが、候補書のみだけではなく、政党の予測も含めて禁止とも読めます。

考えていたサービス
- 政党に成り代わって議論しながら、その勢力数がリアルタイムに変わるサービス
(各選挙区では政党の代わりに、候補者に成り代わって議論することでローカルな議論にも対応!)

この勢力図の変化が見られ、どう投票するか考えを深められるので良さそうかと思いましたが、「人気投票の公表」に該当しそうなため企画倒れ。 新聞社による「衆院選情勢調査」と同様、何か公表する手があるのかもしれません。

衆院選48の情報は、Wikipediaによくまとまっています。
こちらを元に前回の衆院選アプリを元に、アプリとオープンデータを第48回対応しました。政党数、多いです!


第48回 衆院選 政党一覧アプリ政党一覧オープンデータCSV/HTML」(前回、第47回

オープンデータに関する解説もしてくれた、TOKYO MX「VRフレンズ2」でのパックンとの対談コーナー

プログラミングできれば、誰でも自由に使えるオープンデータは楽しい素材になりますよ!
来週、再来週の金曜日夜20時にも登場します!

Let's write a code for the election of Japan!

links
- 記名率38% オープンデータで見る参院選 福井県での比例候補者得票数ランキングと当選結果
- 鯖江の自民比率57.4%、地方間で大きく異なる参院選結果
- 国を担う48名、164名の参議院比例代表候補者一覧オープンデータ&アプリ「SDH48」
- 政党「支持政党なし」? 第47回 衆院選 政党割合表示アプリ

コミケC92、世界最大のマルシェ、作り手と会える幸せ、早速便利なB-ART x IchigoJam

2017/08/11
#maker #IchigoJam #codefor 

出展数3万、来場者50万人が参加する世界最大のマルシェ、コミケ
初回はなんと42年前の1975年と生まれる前!92回目を数える、C92に行ってきました(初!)。
東京ビッグサイトの東1〜8まで全部使った広大な会場!


中学生MSX時代からの憧れのTPM.COさん!
MSX-FAN掲載の名作「ネイティガの悪魔」のFIRST VERSIONと共に!
ゲームのおもしろさはスペックにあらず、MSX1に詰め込む技術解説本も熱かった。
作り手と直接話せるのが魅力のマルシェですが、コミケはその規模と幅がすごい!


10時に着くと長蛇の列・・・と思いきや、このくらいだと40分くらいで入れますよスタッフの人。
幸い天気も曇りと過ごしやすく、電話帳のような厚さのカタログを見ていたらあっという間。


2,000円で販売されている紙カタログ!1.5kgありました
(有料のWebカタログ、連携しているアプリが便利です)


Code for 同人誌、シビックテックなオープンイノベーションはコミケにも!
ぎばさちゃんの髪は秋田県で「ギバサ」と呼ばれるメカブっぽい海藻アカモク、復興支援にも活躍!


ラズパイをファミコン化、スーファミ化するプロジェクト!
ウェアラブルのモニターは、IchigoJamのワークショップでお馴染みオンダッシュモニター!
と思ったら、冊子本文にも IchigoJam-FAN の文字。意図せず広がりがオープンものづくりの楽しさですね。
購入したスーファミコントローラーをラズパイに接続できるキット、IchigoJamにもつなげてみる予定。(8/17 つなげました!


膨大な数のはんだづけを楽しめるキット!マゾ時計3 15,000円!


CPUの創りかた」のTD4のキット!


教育用4bitCPU、ZCU4


TD4を実用的に改良する新4bitCPU、ブレッドボードでの実装がきれい!
あんたCPUなんか創ってどうするのよ?!」 IchigoJamで学研のGMC-4はエミュレートしてましたが、TD4はまだでした。
自分でつくるCPU、楽しいですねっ


スマホで制御できる光るアクセサリー販売していた、香港からの出展「プロジェクト・ルン」(動画)
マクロスΔ内で登場するアクセサリーの再現!


カタカナをアルファベット風に使う感じが海外勢ならでは!
デジタルとファッションの融合、電子パーツの低価格化で広まりそうっ


ロボコン30周年を祝うと言えば!?やはり高専生だった
豊橋技科大コンピュータクラブ「とよぎぃそふと」
バーサライタ基板、500円、買いました!IchigoJamも回そう


スーファミの音源を使ったFF1〜3のリメイク!同人音楽コーナー、かなりの広さ!


ファミコンをまとったサカモトキョウジュ簡易コスプレ


MSX-FAN風テイスト!
プログラムの写経する文化、電子工作マガジンで復活してます。
「わかる!動かせる!プログラムが組める雑誌 マイコン BASICMagazine 10」電波新聞社から好評発売中!


日本語BASICで有名、タカラトミーのぴゅう太、愛あふれすぎて、カセットテープの新作まで!


FM音源を蘇らせる、G.I.M.I.C
こだわりのDVD、買いました。


Arduinoで鳴らすFM音源の曲集、Circle S&G
FM音源の世界、入門にも良さそうな新FM音源モジュール「YMF825Board」で広がりそう!


UARTを無線化するモジュール B-ART (src on GitHub)


早速つないでみました!
B-ARTを使って、PCからIchigoJamを簡単に無線コントロール!
ロボットや展示、野外設置時のメンテナンスにも便利そう


上から3.3V、GND、RXをIchigoJamのTXDに、TXをIchigoJamのRXDに、ちょうどつながる!


名作パネポン、3DSのどうぶつの森に隠されていることをパネポンコーナーで知る
自分の「好き」を堂々と展示できるコミケ、いいですねっ


そこでばったり会った、高専インターンOB


見せてもらった、瀬戸際 お蔵入り、オクライリー、ナイスで硬派な技術書。


残念、売り切れだった米作りボードゲーム、Rice is Money
手作り品、良いものはすぐ売り切れてしまうので、目当てのものには早く行く、大事。
逆に、混雑避けるには12時過ぎが楽!
人はたくさんいますが、会場も広大なのでそこそこ快適に動けます(東7/8は新しいので冷房の効きもよい)

つながり、強まり続ける個のものづくり力。
何か創っている方、コミケ、おすすめです!

立ち向かう個人!立ちすくむ国家WSオープンデータとEBPM

2017/07/12
#opendata #codefor #doc 

驚くことに日本国家は今、立ちすくんでしまっているらしい。

アメリカをモデルとしたカタパルト的高度成長の惰性飛行は終了し、自由落下が始まった現代。様々なほころびが覆い隠せなくなってきている。 小出しな救難信号は、経産省からのメッセージ「不安な個人、立ちすくむ国家」によって、ティッピングポイント(閾値)を超えた。

Code for Japan 代表 関さんにより、スピード開催となった立ちすくむ国家ワークショップにはなんと350名の応募!
経産省若手の資料「立ちすくむ国家」が異例の100万DL 政策化へ民間との意見交換始まる

本日、第二回目と開催となった「立ちすくむ国家ワークショップ」を取材し、さまざまな話題のオープンデータを作成しました。(途中なのでぜひ編集、ご協力を!)
立ちすくむ国家WSオープンデータCC BY 立ちすくむ国家WS


発表後の記念撮影!撮影 by iPhone7 パノラマからのトリミング(意外といける)

第二回立ちすくむ国家ワークショップ、発表一覧(発表順)


大きい家族をつくるには? あいさつからの信頼関係


官と公と民が担う境界 財政破綻ボードゲーム


古い交通システムを置きかえる 都会と地方は別課題


キャリア教育 キャリア教育のクックパッド


意欲がある人が発信する手段 発信する顔がみえる秩序ある掲示板


個人が不幸にならない、メディア・コミュニケーション 全員国会議員


官と民の間に存在すべきロールモデル みんな小林さん


地元の若者が地域に興味を持つために必要なこと 村長選にでる!


生活の中で公を担う方法は 自治会の範囲を広げて、課題別の活動をする


限界集落の高齢者が他地域と一緒に会社を立ち上げる よい店仕舞


意欲をあるひとをひきつけ、継続するためには? コアな人が突き抜ける、新陳代謝


やる気のある人にお金が集まる仕組み 失敗の容認

それぞれじっくり掘り下げていきたい各テーマ、うまく継続的にディスカッションする場を創るベースとして、オープンデータ、ぜひ活用ください。

ワークショップの進行レポート

経産省、今村さんによる講演「意欲と能力のある人が公を担う」グラレコ
1. ソーシャルインパクトボンド
2. 地域通貨
3. ローカルマネジメント法人
4. フューチャーセンター
高齢者の生きがい x 若者の関わり、キーですね!


第一回ディスカッション、スタート


今日話したいことを中心に、それぞれポストイットを貼っていきます。


メンバーをシャッフルして第二回目ディスカッション


議論は、発表資料にもなるこのテンプレートにまとめます


関さんのアクションプラン「省庁横断若手WS実施したい!」


アクションプランができたひと、多数!


CODE for JAPAN SUMMIT 2017、神戸で9/23-24開催!
テーマ「BORDERLESS」相乗効果ある良い出会いがきっとある!

EBPMでやってみよう!
ホットなキーワード「EBPM = (Evidence-Based Policy Making)」
証拠に基いて、政策を立案していきましょう、ということ。
いままで何を基に政策を作っていたのかは置いておいて、様々なデータをオープンデータとすることが決定し、目を背けたく鳴るようなショッキングなデータも含め、どんどんとオープンになってくるはずです。 さまざまなプランを、データに基づき、具体的なアクションとその結果を数値で追える形が作れると、一層この輪が広がるのではと期待しています。


ステキ会場、SENQ霞が関のスケジュールに発見「8/23 FUKUI x IT セミナー2017」
今年も世界最強の地方、福井・鯖江の魅力をじゃんじゃん語ります!お楽しみに!(昨年レポート

もっと住みよくするには? 品川区と福井県坂井市連携あり 特別区全国連携プロジェクト賛同自治体一覧オープンデータ&マップ

2017/06/28
#opendata #codefor #js 

プログラミングの授業で訪問した荏原第六中学校がある品川区は、オープンデータの活用も盛ん。
オープンデータ | 品川区」 - 5つ星オープンデータあり

今月開催のオープンデータを活用する、地域課題解決ワークショップ「品川をもっと住みよくするには?」
Code for Tokyo の Facebookページに写真とグラレコレポートがありました!

ケーブルテレビとYouTubeで配信されている品川区の広報番組「わ!しながわニュース」によると、品川発、全国へのアプリ誕生を目指し、第2回10/21(土)、第3回11/4-5(土日)開催とのこと!

品川のことが動画で分かる「品川区公式チャンネル しながわネットTV」そのまま聞いていると、なんと福井県坂井市の話題。(先日、坂井市の東尋坊へ行ったばかり!)


坂井市立丸岡南中学校の修学旅行で品川区で坂井市PR活動!
特別区全国連携プロジェクトという、東京都23区と地方との連携。福井県坂井市は品川区との連携し、サミットの共同開催や、アンテナショップ出店など、積極的
- 福井県坂井市の文化・芸術を品川区で紹介|品川区
- 福井県坂井市アンテナショップ 戸越銀座にオープン|品川区
- 福井県坂井市/「全国シティプロモーションサミット2016」を開催!


特別区全国連携プロジェクト賛同自治体一覧マップ
特別区全国連携プロジェクト賛同自治体一覧JSON形式のオープンデータへと変換するプログラムと、簡単なマップをつくってみました。 坂井市-品川区など、自治体同士の連携線もどんどん加えていきたいところです!

特別区(=東京23区)を紫色で表示。

福井県坂井市は、東洋経済の「住みよさランキング」で、8位(鯖江市は7位)
品川区とのオープンデータによる比較、坂井市でのワークショップ開催も「品川をもっと住みよくするには?」の何かヒントになるかも!?

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像