福野泰介の一日一創 - create every day

まちの活力三要素を取り入れる仕組み 鯖江市地域活性化プランコンテスト

2014/09/15
#sabae #sabaepc 

よそもの・わかもの・ばかもの、まちの活力三要素。第7回目を迎えた鯖江市地域活性化プランコンテスト、今年も全国から24名の熱い市長がやってきました。2泊3日、お寺で合宿して練り上げたプランの決勝プレゼン。審査と交流、今回もたくさんのわくわくを受け取りました。


決勝プレゼン会、終了直後の24市長記念撮影。鯖江への熱いプレゼントをありがとう!


舞台となった真宗誠照寺派、本山、誠照寺の本堂。見事、最優秀賞とオーディエンス賞と獲得した「鯖江発◯◯向け眼鏡ブランド「ぐらすこ」」プレゼンの様子。全発表はUSTで中継され、録画もこちら(前半後半表彰式)から見られます。ハッシュタグ#sabaepcのツイートまとめも合わせてどうぞ!


このコンテストの運営の中心となるのはピンクのTシャツ、福井地元の学生団体withの学生達。2泊3日の市長を支え、励まし、一緒に笑った経験は永遠の思い出。代々受け継がれて7年目、安心して、楽しむことに集中できるパーフェクトな会場運営は、県外からの観覧者の方からも好評でしたよ!大会初となる高専生チームの参加もうれしかった!


眼鏡プランでの久々の優勝、やっぱりしっかり鯖江の眼鏡屋さん田中眼鏡、田中さんにヒアリングに行ってました。


最後に講評いただいた加藤さん(左)と馬場さん(右)。鯖江プラコンの優勝トロフィーは1等賞の証、鯖江の日本酒、梵の「夢は正夢」、加藤社長自ら手渡します。おいしいお酒による交流会ブースト、今年もしっかり効いてました。鯖江市役所JK課企画やデータシティ鯖江をバックアップしてくれているSAPジャパン、馬場さんによるグローバルな視点からの講評が、鯖江の地に染みました。ドイツから鯖江への直行、ありがとうございます!


プランニングはコンテストだけで終わらせず、実行に向けて動き出しちゃうのが鯖江の魅力。世界一柔軟な市長、牧野百男市長から全プランやります宣言を受け、ますます熱い鯖江です。

鯖江市長による最速のブログはこちら

- 「鯖江市地域活性化プランコンテスト|市長をやりませんか?

おもしろい論文が書けるまち、Labo!!さばえ 第6回鯖江市地域活性化プランコンテストレビュー チーム肉じゃが

2013/09/27
#sabaepc 

先日開催された第6回鯖江市地域活性化プランコンテスト、予選プレゼンを1つずレビュー。3つ目は、チーム肉じゃがによる大学生と鯖江人を結ぶ、卒論+鯖江人=鯖縁人、というプラン。(UST録画

鯖江の財産の中でも、一番として選んでくれたのが人、おもてなしの心、ホスピタリティあふれる鯖江に住む人を、鯖江人の定義。

大学生にとって、鯖江が持つ、IT、市民活動、眼鏡・漆器・繊維の地場産業、治水、雪害といった、人口7万人弱の小さいながらひと通りの機能が揃ったこの町は、論文の素材として魅力的らしいです。

そんな鯖江に興味を持った大学生や、卒論テーマに困った大学生が、鯖江に来て、古民家など、鯖江人の近くで滞在し、フィールドワークすることで、また鯖江に来たいと思う、鯖縁人(さばエンジン)になり、さらに鯖江が伝播していくことになる。

平成の大合併に際し、2回の住民投票とリコールに市長選、鯖江市民が選択したのは鯖江市単独という道でした。選ばれた牧野鯖江市長と市民による厚い信頼関係と、その現れである「市民主役条例」によって、年間何十もの事業が実際委託されるなど協働はスローガンではなく、現実のものとなっています。社長輩出率ナンバーワンの福井県、その中の更にトップの鯖江市、モノ言う人がたくさんいるというのも人が際立つポイントかもしれません。今年発刊された「福井人」にも多くの鯖江人が掲載されています。

「まち全体があなたの研究室」と、大学生目線で、卒論というテーマを持ってきたのはおもしろく、多数のメディアで活躍する社会学者西田亮介さんゼミの学生を連れて鯖江に来てくれたことを鑑みると、何か惹きつけるものがあるのでしょう。私は鯖江市を、すべてがプログラミング可能なまちを目指す、データシティ鯖江として、エンジニアに魅力を感じてもらおうと思っていましたが・・・、さすが感度の高いプラコン参加学生です!

鯖江人、鯖縁人という強い言葉が良かったのですが、昨年の優勝プラン、サバオとサバコと近いなぁと感じさせてしまったかもしれません。論文を書く大学生にフォーカスし、熱い鯖江への思いとは別に、客観的に鯖江で論文を書くと高評価につながる可能性が高いことを示してもらえるとうれしいところです。また効果に関して、論文を通じて鯖江が伝えられ、質の高い論文として他の論文などへ引用されることになれば非常に大きな価値となる点は見逃せませんね!(論文の町論文が書ける町、共に該当結果0!)

何か盛り上がっている鯖江、来てくれた人には何かが伝わる鯖江、人や空気というシンプルだけど伝わりにくい魅力だけでなく、客観的な数値として示せる魅力づくりの重要さを指摘してくれたように思います。ぜひ、大学生の皆さん、誰も論文に書いていない今がチャンスです!ぜひいろんなものさしで鯖江を測ってみてください!

チーム肉じゃがのみなさん、ありがとうございました!

鯖江を戦場に!? SABAEでSABAGE 第6回鯖江市地域活性化プランコンテストレビュー チームはんぺん

2013/09/24
#sabaepc 

先日開催された第6回鯖江市地域活性化プランコンテスト、予選プレゼンを1つずレビュー。2つ目は、チームはんぺんによる電脳メガネを使ったプラン。(UST録画

毎日めがねを掛け替える、めがね大好きな発表者、めがね愛、伝わりました!
電脳メガネで最も有名な、Google Glass、電脳メガネ時代の到来、待ち遠しいですね。

大学生を対象にした体験型ゲーム「電脳サバゲー」
サバゲー(サバイバルゲーム)とAR(拡張現実)を使った新感覚アウトドアレクレーションを鯖江で実施し、若者あふれるまちにするというプラン。

鯖江商店街にある北陸唯一のサバゲーグッズ店舗「M☆CAT」さん、鯖江をサバゲーのまちにしたいとのこと。サバイバルゲームのおもしろさは"スリル"。BB弾でなくてもARでこのスリルを実現できるとサバゲーへの関心は高まるはず。

なぜ鯖江か?サバエだけにサバゲー、専門店まですでにある!また、ARといえば、電脳メガネ、メガネといえばサバエ。来て分かる、おもてなしのサバエ。質疑応答で他にありませんか?との質問がありましたが、追加で挙げるとすれば、スポーツのまちサバエ。M☆CATのマスターに、サバイバルゲームは、要素テクニックのひとつの射撃がオリンピックの競技へと通じる、スポーツだと聞いたことがあります。サバゲーが持つ戦争っぽさが平和な日本の空気に若干なじまないところがあるのかも。サバゲーも、雪合戦も、騎馬戦も、剣道も似たようなものです。

示された、実現へのロードマップ。まずは現実的なiPhoneを使ったAR鯖ゲーからスタートし、継続的に開催、2024年には電脳メガネを使った鯖ゲーの聖地に!とのこと。継続的な開催は大事ですね。パソコン上の戦争ゲームをeスポーツと呼びますが、電脳メガネやスマホなどのARを使った新しい時代のスポーツ、ARスポーツの聖地を目指し、ARスポーツ競技を募集して、実際やってみるのはおもしろそうです。先日開催された、県外学生による提案の実現である、鯖江で遊ぼ!という若者向けスポーツイベントや、昨年の電脳メガネサミットの優勝プランで、鯖江市地域活性化プランコンテスト運営の学生団体withによる提案の電脳おにごっこともつながりますね。

会場の反応が分かりませんが「鯖江を戦場にする」は刺激が強かったかもしれません。スポーツという切り口と、ARスポーツの競合調査があれば、より世界展開への実現性がより伝わったかもしれません。サバゲーが日本発祥のスポーツだったとは知りませんでしたし、オリンピック決定を予言していれば、優勝も狙えたかも!?

チームはんぺんのみなさん、ステキな発表ありがとう!

創ろう楽しい高齢化社会! 第6回鯖江市地域活性化プランコンテストレビュー チームいくら

2013/09/19
#sabaepc 

先日開催された第6回鯖江市地域活性化プランコンテスト、決勝プレゼンの3つは審査員として間近で見せていただきましたが、他5つのプランは見られなかった予選も含め、USTの録画で、ひとつずつレビューしていきます。

チームいくら「楽しくお出かけ!このゆびとまれ」
高齢者、ボランティアの方、家族がシンプルに使えるスマホアプリによってつながり、便利で快適な生活が送ることができるというプラン。
動画はこちらこちら(質疑応答)


高齢者でも簡単に使えるシンプルさが特徴。中央には、家族に生活充実度を伝える、Live!(生きてるよ)ボタン。

日本には100歳を超える高齢者5万人以上、65歳以上ではなんと3000万人以上、更に少子化と健康医療技術の発達によって高齢化とそれに伴う医療費負担増はますます進む一方であり、日本が、そして近い将来世界が抱える重大な問題となっています。

鯖江市の元気な高齢者と、ボランティア活動が活発なところに着目した点、ITにも積極的な鯖江市においてモデルを作ることができれば、その解決策への大きな一手にもなりえるので、非常にいいです。

また、一口に高齢者といっても現役でもバリバリ活躍できる60代70代から80代〜100代までその年齢差は50歳近くあるという指摘は最もです。0歳から50歳までを一括りにしているとは言いすぎですが、そのくらいの世代差があるわけで、きちんと一人ひとりのニーズを把握、分析することが大事ですね。

60歳以上による鯖江市の生涯学習施設「高年大学」と協力して行っているシニアIT講座でも、60歳〜78歳の方に参加していただいていますが、熱心でどんどん使いこなしてくれています。高齢者の世代間でのボランティアや、友達関係、場合によっては仕事としての関わりなどが生まれることには確かに活路を感じます。

質問にあった、データの更新方法に関しては、まさしくオープンデータがうまく運用されるようになると活きますね!回答にあったように今でも紙ベースで情報発信している人はいるので、十分使いやすいアプリがあるといいですね。

もうひとつの質問、だれが作るか?チームいくらの回答はキャリアがスポンサーになるというのもひとつ手ですが、世界的なビジネスとしての可能性も高く、近い将来、がっつり取り組む民間企業で現れるでしょう。市役所、ボランティア、実際使う高齢者の方も含めて、協力体制が作ることができれば、鯖江市がいち早く取り組める場所となるかもしれません。

惜しい点を挙げるとすれば、紹介してくれたスマホアプリを実際使うイメージがつきにくかったところです。アプリのプロトタイプをもって、実際使ってくれるかどうか更にヒアリングして、ブラシュアップすることで、ぐっと良くなったかも。


チームいくらのみなさん、ありがとうございました!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像