福野泰介の一日一創 - create every day

jig.jp、創業から一緒、インキュベイトファンドの初パーティー!

VR、宇宙、食、教育など様々な分野でチャレンジするスタートアップ仲間との楽しく、刺激的な時間!


さりげなく着用していた「光るネクタイ」の改造方法を紹介。

宇宙ビジネスで熱い、水という資源が眠る月!
月色に光るネクタイを作ってみましょう。コアとなるマシン語プログラムはこちら。

R0=18 R1=[@DATA_GRB]L CALL @WS2812B @DATA_GRB DATA L #141000

RGB、3つのLEDの強さは、G、R、Bの順番に16進数で指定します。

月色に光りました!

asm15でアセンブルした後、BASICのデータ部分の末尾3byteを書き換えれば自在に色が変えられます。

40 POKE#7AD,20,0,0


緑に!


今回は昇圧回路とスイッチを使わず、単4電池ケース縦2本でつくる重いけどより安価版。
基本的な作り方は、「光るネクタイのつくりかた」と一緒です。


電池温存する場合は紙などを挟んでおくと便利。(やっぱりスイッチはほしかった)


4KBに拡張された、IchigoCake BASICを使うと、LPC810 Writerとプログラムが1ファイル化もできます。


LPC810への書き込みを実行、SAVE0しておけば、画面がなくてもボタン押しながら実行で書き込み簡単!

Armマシン語(asm15形式)、WS2812B単色表示プログラム全文

DATA L #10000400 ' stack DATA L #21 ' entry point DATA L 0, 0, 0, 0, 0 DATA L #EFFFFBDF ' VALID_CODE = 0x100000000-0x10000400-0x21 @ENTRY R0=[@SYSAHBCLKCTRL]L R1=#DF 'SWM, GPIO, I2C:off, FLASH, FLASHREG, RAM, ROM, SYS [R0]L=R1 R0=[@FLASHCFG]L R1=[R0]L R2=3 ' flash no wait: set 0b00 R2=~R2 R1&=R2 [R0]L=R1 R0=[@PINENABLE0]L R1=[@PINENABLE0_DATA]L [R0]L=R1 R0=[@GPIO_DIR0]L R1=`1100 ' PIO0_2 and PIO0_3 [R0]L=R1 @MAIN R0=18 R1=[@DATA_GRB]L CALL @WS2812B CALL @WAIT GOTO @MAIN 'WS2812B driver 'param ' R0 - data count (ex WS2812B 1 led = 1) ' R1 - G R B 'use ' R2 - OUT value ' R4 - GPIO address ' R5 - bit count @WS2812B R4=[@GPIO_NOT0]L R2=`100 ' PIO0_2 @LOOP_DATA R5=1 R5=R5<<23 @LOOP_BIT [R4]L=R2 R1&R5 IF 0 GOTO @ZERO NOP NOP NOP NOP NOP NOP NOP [R4]L=R2 GOTO @JOIN @ZERO NOP [R4]L=R2 NOP NOP NOP NOP NOP NOP @JOIN R5=R5>>1 IF !0 GOTO @LOOP_BIT R0-=1 IF !0 GOTO @LOOP_DATA RET 'WAIT 'use ' R7 - wait count @WAIT R7=[@WAIT_N]L R7-=1 'wait R7*3+1 clock IF !0 GOTO -1 RET ' init @SYSAHBCLKCTRL DATA L #40048080 @FLASHCFG DATA L #40040010 @PINENABLE0 DATA L #4000C1C0 @PINENABLE0_DATA DATA L #FFFFFFBF @GPIO_DIR0 DATA L #A0002000 @GPIO_NOT0 DATA L #A0002300 ' WS2812B @WAIT_N DATA L 400000 @DATA_GRB DATA L #141000

いろいろ改造してお楽しみください!
光るネクタイ、明和電機秋葉原店「ラジオスーパー」で入手可!

はじめてパソコンに触れた8才、カセットテープに保存できると知り、自宅のダブルラジカセに接続するも、一度も読み込み(CLOAD)に成功できなかったあの頃。33年後、Macから自作CMTケーブルで接続して、初成功!

なんちゃってカンサスシティエンコードでWebAudioを復習しつつ、仕様書片手に本格実装!
2章 カセット・インターフェイス - テクハンwiki、2400bpsのヘッダ構成は4800Hzの誤記)


KansasEncoder for MSX
BASIC中間コード、BSAVE形式のバイナリ、ASCIIコードと3種類ある内、ASCIIを実装。
テキストエリア内に書いたプログラムをカンザス生まれのカンサスシティエンコードMSX版で再生!
"PLAY"ボタンを押すと、ピーーーー、ギョロギョロギョロっと懐かしの音がします。

CMTケーブルをつないだMSX上で、RUN"CAS:" と動かし、"PLAY"、Found: TEST と表示され、Ok が出れば、読み込み成功!2400ボーにする場合は、SCREEN,,,2 と設定しましょう。


自作のCMTケーブル(CMT変換器)
* CMT = Cassette Magnetic Tape、カセットマグネティックテープ、カセット磁気テープ、いわゆるテープやカセット、MSXにはスロットに刺すカセットもあるのでテープとカートリッジと呼び分ける

端子は8ピンのDINですが、使っている信号線は下3ピンのみなので、MIDI用の5ピンのDINソケットや、MIDIケーブルがそのまま使えます! (プラグ80円ソケット70円基板取付用ソケット60円DIP化ソケットキット180円ステレオミニジャック50円ステレオミニジャックDIP化キット150円 - 秋月電子)

ソケット側を裏から見て、一番下がGND、右下がMacのスピーカー端子へ接続するMSXの入力側端子(左下が出力端子)。ステレオミニジャックと直結でOK!便利なので、IchigoJamでも対応したい。


CMTとシリアル、2系統でつながるMacとMSX。今回作ったCMTケーブルで、ジョイスティックポートを使ったシリアル通信用ドライバを書き込み、より高速で柔軟なクロス開発環境が完成!

福井高専入学時には、ポケコン用アプリのクロス開発環境のホストとして活躍したMSX、今度はターゲットに!(最終機種、MSXturboRがカセットインターフェイスを廃止なのは惜しい)

かつてはたどり着けなかったパソコンの深い世界。ネットがある今なら、サクサク!
思い出のMSX1パソコン、CANON V-10のジョイスティックポートを経由して、IchigoJamからプログラムを送り込むことに成功!


左はIchigoJamの画面、右はMSXの画面(COLOR15,1,1で色変更)
IchigoJam側で打ち込んだ文字をOUT1とOUT2を使って、SPI非同期通信。MSX BASICで書いた受信プログラムで受け取ったデータを表示しつつ、マシン語用に確保したメモリに書き込めた。


どこかで100円で購入したD-Sub9ピンのオスケーブルを、ブレッドボードで使えるように準備。
テスターで導通チェックしながら、1から9番ピンまで並べます。(シールドも9番のGNDにはんだづけしましたが、どうだろう)


ピンはどちらでも使えるように、長ピンソケットをはんだづけしてできあがり!


ジョイスティックポート、MSX BASICのSTRIG命令を使ってボタンの押し下げを取得できます。 8番ピンを6番や7番へショートすれば、押したなることを確認できます。確認用のMSX BASICプログラムはこれだけ!

10 ?STRIG(1),STRIG(3):GOTO 10

続いて、IchigoJamとの接続です。


IchigoJamのOUT1とOUT2を、6番、7番ピンへ接続。9番ピンのGNDの接続ついでに、5番ピンの5VをIchigoJam用に拝借!

IchigoJamから確認してみましょう

OUT1,1 OUT1,0 OUT2,1 OUT2,0


無事、IchigoJamからMSXへ伝わりました!
(IchigoJam同士でOUT1からIN1へ接続しても遊べます)

あとは、この2本を使って送受信プログラムをつくるだけ。最初のMSX BASIC上のプログラムは手で打ち込まないといけないので、できるだけ短く実装できる、通信方式に同期式通信であるSPIを採用。

IchigoJam用送信プログラム

10 OUT1,1:OUT2,1:W=2 20 K=INKEY():IF!KCONT 30 FORI=7TO0STEP-1:OUT2,~K>>I&1:OUT1,0:WAITW:OUT1,1:WAITW:NEXT 40 GOTO 20

MSX BASIC用受信プログラム

10 CLEAR200,&HCFFF:DEFINTA-Z:A=&HD000 20 N=0:B=128 30 IF NOT STRIG(1) THEN 30 40 N=N+(STRIG(3)AND1)*B 50 IF STRIG(1) THEN 50 60 B=B/2:IF B THEN 30 70 ?CHR$(N); 80 POKE A,N:A=A+1:GOTO 20

BASICのプログラムも、中間コードをバイナリ#D000以降に受け取ったデータを、#8000や#C000などのBASICプログラム領域にコピーすればOK!

Z80用のCコンパイラ&アセンブラなどのツールキット「Z88DK」もいい感じに動いたので、いろいろ捗りそうです。

STICKコマンドを含めて、BASICでも最大6つの信号を受け取れるので、MSXをIchigoJamから音源としてとして使う、PanCake的にグラフィックボード的に使うなどもありですね! 身近なコンピューター、いろいろつないで遊んでみましょう!

前回、PCにつないだオムロン社製高級画像認識センサー「HVC-P2」を今度はIchigoJamに接続!
センサーに顔を向けて、F5でRUN!
さて、AIはあなたは何歳だと判定するでしょう!?


6サイ!
・・・おしいっ


ヒューマンビジョンコンポ、HVC-P2との接続はUSBまたは、基板側のコネクタ。
日本圧着端子製造株式会社製、SM06B-SRSS-G-TBに対応するケーブルを、千石電商オンラインショップで発見! (PRT-10361 JST SHコネクタ付ケーブル 6P (基板用ポスト付属)、200円)


センサー側の端子、CN5に接続し、基板側1と振られた端子から順番に、ブレッドボードを経由してIchigoJamに接続。 1から順に、IchigoJamの5V、TXD、RXD、GNDと4本接続すれば、OK!(5番目はRESET)
簡単に接続できる基板を作ってもいいですね!
素直なUART(速度可変のシリアル通信)なので、IchigoJamに限らず、ラズパイなど、得意なマイコンでOK!

早速実験!

BPS9600 ?CHR$(#FE,0,0,0,0);

ちゃんと型番が返ってきました!

年齢を当ててもらいましょう(プロトコルは、HVC-Pと変わっていない様子)

10 BPS9600 20 UART1,2:?CHR$(#FE,4,3,0,16,0,0);:UART0,2 30 GSB@K:IF K!=#FE GOTO10 40 GSB@K:E=K 50 GSB@K:N=K:FORI=0TO2:GSB@K:NEXT 60 IF E!=0 ?"ERR:";E:WAIT60:GOTO10 70 FORI=0TON:GSB@K:[I]=K:NEXT 80 IF[2]?"AGE:";[4] 90 GOTO20 100 @K:K=INKEY():IF!KCONT ELSE K=K&#FF:RTN

LC0,-1 を使うことで、画面に見せずに通信もできます!
[2]に人数が入っているので、複数人対応も可
起動時2秒のWAITが必要なので、自動起動する場合、10行に WAIT120 など、いれておきましょう。


IchigoJamの前に座って、どきどきしながら「F5」で判定!もりあがりました
IchigoJam5才の誕生日!【IchigoJam生誕祭】: Hana道場
こどもはやっぱり発想の天才、Hana道場の無人販売を司る、魔人ブーをかざして「15才」と判定。
いろんなキャラクターの年齢推定と設定年齢の相関というのも、確かにおもしろいテーマかも。

画像認識センサー「HVC-P2」を使えば、35人分の顔の位置、大きさ、方向、年齢、性別、表情、目つむり、視線向きなどいろいろ簡単に使えて便利です!

たくさんの人に囲まれがちなロボットが、ひとりひとりの顔をみながら、年齢に合わせてしゃべりわけるときっと賢く・かわいく見えるはず。

ポスターのどの部分を読まれているか判定したり、テレビの前において見ているかどうか、見て楽しんでいるかどうかを判定したりと、いろいろおもしろい実験に使えそう。

高専プロコンなど、コンテストや、研究にもどうぞ!

HVC-P2はどこで購入できますか?|FAQ|オムロン人画像センシングサイト:+SENSING
お値段、35,000円ほど、在庫あり!

links
- 画像認識ハードウェア「HVC-P2 by オムロン」で顔マウス!? 年齢性別顔向き視線目つむりなど多彩な認識最大35名分!
- オムロン顔認識チップ x IchigoJam でつくる年齢当てマシン!

はじめて買ってもらったパソコン「MSX CANON V-10」で、IchigoJamが動いた!?

見慣れた、黒背景白文字、LED1で、CAPSLOCKのLEDがつく!

LED1

IchigoJamが誕生した2014年からの伝統、はじめのいっぽは、LED1!
出荷はなんと、5万台!国内外、多くのこどもたちにお届けていただき感謝です!

こちらが、MSXでIchigoJam風のプログラム。
IchigoJam BASIC がわかる人にはなんとなく読めるはず。

10 COLOR 15,0,0 15 CLEAR 200,&HCFFF 20 KEY OFF:CLS 30 PRINT"IchigoJam BASIC 1.3 for MSX?":PRINT"OK" 45 C$="" 50 IF T MOD 30=0 THEN LOCATE,,T/10MOD2 60 T=T+1:K$=INKEY$:IF K$="" GOTO 50 75 PRINTK$;:IF ASC(K$)<>13 THEN C$=C$+K$:GOTO 60ELSEPRINT 85 IF C$="LED1" THEN N=0:GOSUB100 86 IF C$="LED0" THEN N=1:GOSUB100 89 PRINT"OK":GOTO45 100 A$="3E01CD3201C9":FORI=0TO5:POKE&HD000+I,VAL("&H"+MID$(A$,I*2+1,2)):NEXT 110 POKE&HD001,N:DEFUSR=&HD000:A=USR(0):RETURN

CAPSLOCKを光らせるためにZ80マシン語を使用!
完全移植してしまうのもおもしろいかもしれません。


MSXフォントではこちら。

実装のポイント
- IchigoJam ver 1.3 で実装したカーソルスイッチ(LOCATE,,1)を使ってIchigoJam風
- LED1でつけるCAPSLOCKのLED、BIOSのCHGCAP(0132H)を使用(Aの説明逆?)
- LD A,1 / CALL 0132H / RET をZ80マシン語に変換(不思議とほぼ覚えてる)
- マシン語用にCLEARでメモリ確保(RAM16KBのBASICはC000スタートと判明
- MID$でマシン語書き込みテクニック(POKEの連続書き込みができるIchigoJamは便利!)
- マシン語の呼び出しは、DEFUSRしてからUSR!(IchigoJamのマシン語では、直接USR!)


MSX CANON V-10 表面、カートリッジにつなぐ何かつくるのもおもしろいですね。
とりあえず、Macと接続してクロス開発できたら便利そう。


MSX CANON V-10 裏面、カセットのインターフェイス!
コンポジットのビデオ出力はいまでも生きてます。


MSX CANON V-10 前面、ジョイスッティックポート x2


MSX CANON V-10 左面、2つカートリッジがさせるとは今、気が付きました。


MSX CANON V-10 背面、スロットからとれる電流表記あり。今なら意味がわかります。


1984年製のMSX、33年前に買ってもらったパソコンと同型、まだ立派に動いてくれました!
定価54,800円! RAM16KB

MSX魂を込めた、IchigoJam、これからも多くのこどもたちにプログラミングのきっかけ届けます!

本日、鯖江Hana道場にて、感謝の気持ちを込みた、ひみつのプレゼント!
IchigoJam生誕祭(5才の誕生日)
→ ひみつのこたえは「イチゴ焼!

links
- IchigoJam5才の誕生日!【IchigoJam生誕祭】: Hana道場
- IchigoJam 5th Annivarsary | PCN プログラミング クラブ ネットワーク
- IchigoCake BASIC | Programming Club Network
- 2014年 目指すはMSX! Raspberry Pi より安価な IchigoJam 発表!
- 2015年 創る人を創ろう! Pepper より安価な こどもロボットPaprika 発表!
- 2016年 MSXになりたい「こどもパソコンIchigoJam」あの起動ロゴを搭載!
- 2017年 IchigoJam Zero the World's Lightest PC 0g 150yen for IchigoJam Things!
- 2018年 盲聾のこどもたちにもプログラミングを! 体で感じる体表点字、IchigoBrailleでブラインドプログラミング、IchigoJam 4th Birthday!
- 2019年 IchigoJam for MSX!? はじめてパソコン CANON V-10 と IchigoJam 5th anniversary!

以前作ったSSRを使った100Vエルチカセットを海外の200V電源でうっかり使って壊してしまったので、今度は240V対応の秋月電子の大電流大型リレーモジュールキットを使って作り直し。 せっかくなので、超簡単IoT、IchigoSodaを使って遠隔操作対応に!


至近距離でオンオフしていますが、ネットが使えるところならどこからでも、OK!
家の無線LANを使っていない4G(LTE)回線を使った、sakura.io なので設定がシンプル!


きっかけとなったのは、IchigoJamも載ってる「ラズパイマガジン 2019年4月号」の特集
「ラズパイで100VのAC電源をコントロールしてみよう」
IchigoJamで100VのAC電源をコントロールしてみるついでに、スマホにつなげてホームIoTしよう!


こちら、リレーキット、500円
SSRは、100V20Aまででしたが、こちらは240Vで30Aまで!さすが物理。


キットの中身。リレー駆動用のトラジスタなどの回路はすでに実装済みなので簡単です。


延長コードと合体させます。
危険が伴う100V。ちょっと緊張しますね!


100Vの延長コード、プラグの片側をカット。(差し込み口の小さい、プラス側)


被覆を向いて、予備ハンダしておきます。


抵抗の切れ端などを挿してはんだづけすると安定しやすくていいです。


たっぷりはんだづけ!


100Vが流れる接点がうっかりどこかとショートしてしまわないようにホットボンドで固めておきます。


裏面もホットボンドで保護。


制御側、5Pピンソケットの2番目、4番目をペンチで引き抜くとちょうどよい!


VCC/GNDを5V/GNDにつなぎ、SIG(信号線)はIchigoJamのOUT1へ接続。
IchigoJamの電源をいれて、OUT1 だけで動作確認完了!
カチっと鳴ってリレーキット付属のLEDが光ればたぶん成功!100V、何かつないでみましょう。

OUT1

OUT0で消えます


続いて、IoT化するプログラム。たった3行!

1 N=IOT.IN() 2 IF N OUT N-1 3 GOTO 1

1 IoTコマンドでネットからのデータを受信
2 受信していたら1以上の値になるので、OUT N-1 で、リレー制御(2を送信でON、1を送信でOFF)
3 1へ戻る


SAVE0して、ボタン押しながら起動か、BTNとGNDをジャンパーでつないで、IoT電気のできあがり!
セキュアな回線でつながる,sakura.io 意図しないハッキングへの耐性も強いのが特徴です。

100Vのコントロールといえば、アートユニット、明和電機
秋葉原のラジオデパートに初のリアルショップ「明和電機 秋葉原店」
名前が名前だけに違和感なし!

ナンセンスな商品がぎっしり!?「明和電機」初の実店舗が秋葉原に本日オープン!同時に開店するラジオスーパーもチェック | 電撃ホビーウェブ
併設の「ラジオスーパー」には、Hana道場からの出展もありますよ!
「ラジオギャラリー」には明和電機の100V楽器の実物展示!
秋葉原に新名所、誕生です!

links
- 明和電機の土佐氏も「雇いたいレベル」とつぶやく、PCNこどもプログラミングコンテスト2018受賞作品が決定! - Watch Headline
- 夢の明和電機楽器をIchigoJamで演奏!まだまだ使える日本発の規格「MIDI」
- 明和電機x大人の科学、自動手書きマシーン「オートマ・テ」の型を3Dプリンターでつくる
- 謎なものエンカウント率=豊かさの指標 Touchyで出会った明和電機メカ花見
- 社長のサイン入り!明和電機のBITMANを自作してみる
- 自分で創って自分で演奏するアーティスト、明和電機で湧き上がる創作意欲

やわらかセンサー「ショッカクポット」に続き、顔の画像認識を使った顔ポインティングデバイスをつくってみました。 顔を向けた方向にマウスカーソルが上へ動き、ゆっくりウィンクすると、クリック。前回と同様pyautoguiの遅さがちょっとネックですが、新鮮な操作感が楽しめました。

オムロンさんからお借りしている画像認識ハードウェア「HVC-P2」をUSBでMacにつないでPython3で接続! 顔の向き(上下左右傾き)、年齢、性別、視線の方向、右目つむり、左目つむりと表示させています。他にも喜び度合いや、顔認証などのサクッと使える機能があって、最大35名分をまとめて認識するのがすごい。


ヒューマンビジョンコンポ (HVC-P2) B5T-007001|製品紹介|オムロン人画像センシングサイト:+SENSING
製品情報タブから、コマンド仕様書をダウンロードできます。 シンプルなシリアル通信で、簡単接続!カメラで撮影した、画像データの取得もリクエスト時の設定で可能です。(src on GitHub

import serial ser = serial.Serial('/dev/tty.usbmodem11', 921600, bytesize = serial.EIGHTBITS, parity = serial.PARITY_NONE, stopbits = serial.STOPBITS_ONE) ser.write(0xfe.to_bytes(1, 'little')) ser.write(0x00.to_bytes(1, 'little')) ser.write(0x00.to_bytes(2, 'little')) ser.flush() fe = int.from_bytes(ser.read(), 'little') # recv 0xfe n = int.from_bytes(ser.read(), 'little') # res code len = int.from_bytes(ser.read(4), 'little') # len for i in range(len): print(ser.read())

ID受信するプログラム in Python3、シンプルですね!
IchigoJamなど、UART接続する場合、このケーブルが使えそう?
PRT-10361 JST SHコネクタ付ケーブル 6P (基板用ポスト付属)


画像認識ハードウェアをラズパイで自作するのも楽しいですね!


ラズパイマガジン 2019年4月号、特集「ラズパイ&人気ボード20枚」に、IchigoJam, IchigoLatte がランクイン!

適材適所、いろんなハードウェアを使いこなして、創りたいもの創りましょう!
創ってできたオリジナル製品、秋葉原に新登場した明和電機のリアルショップ「ラジオスーパー@ラジオデパート2F(未掲載、2F桜屋電機向かい)」での販売もいいですね!

一日一創オープンソースハードウェア「光るネクタイ」が、Hana道場発プロダクトとして、販売開催!
初日から大盛況! 明和電機の公式ショップがついにオープン (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

早速、第二期募集スタート!
第二期 ラジオスーパー応募要項 - 明和電機 - Maywa Denki明和電機 – Maywa Denki

化粧用スポンジの収縮を計測する変わり種センサー「ショッカクポット」を使ったやわらかボタン。 シリアル通信で使え、3.3Vでも動いたので、PC用のUSBシリアルを経由してマウス替わりのポインティングデバイスにしてみました。

やわらかい触り心地の新操作感、小さなこどもから、高齢者、障害者の方まで、幅広く提供する、インクルーシブソフトウェアとしてもオススメです! ThinkPadの赤いポインティングデバイスをご存知の方には、大きくなって、柔らかさが増した感じというとわかりやすいかも。


ショッカクポットの5V、GND、Tx、Rx、RSTを、3.3V(定格外ですが)、GND、RXD、TXD、DTSに接続すればハードウェアの準備はOK!

今回は、Python3でプログラムを書きました。

serport = '/dev/tty.SLAB_USBtoUART' import time, serial ser = serial.Serial(serport, 57600, bytesize = serial.EIGHTBITS, parity = serial.PARITY_NONE, stopbits = serial.STOPBITS_ONE) ser.dtr = True #reset time.sleep(0.1) ser.dtr = False time.sleep(0.1) ser.write('m'.encode('utf-8')) ser.read() # dummy recv 0xff time.sleep(0.1) import pyautogui try: data = [ 0, 0, 0, 0 ] # 10bit date: CH1, CH4, CH2, CH3 while True: ser.write(0x6d.to_bytes(1, 'big')) ser.flush() sum = 0 for i in range(4): n = int.from_bytes(ser.read(2), 'big') data[i] = n sum += n print(data) # drive Shokkaku pot! if sum / 4 > 40: pyautogui.click() else: dx = (data[3] - data[0]) / 2 dy = (data[1] - data[2]) / 2 dx = dx * abs(dx) dy = dy * abs(dy) pyautogui.move(dx, dy) except KeyboardInterrupt: ser.close()

pyserial, pyautogui を pip3 でインストール!
# drive Shokkaku pot! の下を書き換えるといろいろ好きに使えます
つまむ動作を認識して、特定の動作に対応させるのも、楽しそうです!


pyautogui.move の動作がちょっとぎこちないのが残念・・・。重いので自乗して簡易的に加速させています。java.awt.Robot版ともいいかも。

何事もまずは試作。山口県訪問時に買ってきた瓦そば。山口では家庭でフライパンやホットプレートで作って食べるのが一般的とのことなので、挑戦してみました。
高専生活躍! 異分野 x アプリ/IoTが熱い、G空間ハッカソン in 山口

一番の難関は錦糸卵。初挑戦に選んだ参考書はこちら
簡単すぎてウソみたい!失敗しない錦糸卵の作り方&春色アレンジレシピ3選♩ - macaroni

卵液を初回は全部いれてしまい分厚くなって失敗。2度目は裏返し忘れて失敗。3度目は焼き具合はよかったものの、細く切る技術が足りずそこそこなでき。「ひとつまみ」という、謎料理単位に悩みましたが、前進あるのみ。


牛肉を先に焼いておき、ゆでて水でしめて、ザルで水切りした茶そばを炒める。やきそばと違って、あまりかき混ぜず、焼く感じがポイントと知ったのは作った後。 確かに、本場で食べた瓦そば、下の方はカリカリしてました。その触感の違いもまた特徴とのこと。


ネギ、ノリ、レモン、もみじおろしを省略、しかも卵と肉が逆だった、第一試作でしたが、おいしかった!
次は、フルバージョンにチャレンジしたい!(Amazonにありました他多数

links
- タッチエンスのショッカクポット(POTU-001-1)を触ってみた。 - Qiita
- やわらかIoTボタンとバーチャルリアリティ VR ZONE SHINJUKU体験で想うVRゲーセンの未来形
- ショッカクポットI2C版 - Amazon

シンガポールにある高専的な学校、ポリテクニックの学生と高専生との国際コラボイベント。
Polytechnic is the school like KOSEN. The joint event was held in Japan!

昨年夏に高専生がシンガポールへ行き、チーム組成、オンラインでのミーティングを重ね、今回は日本に集合し、最終プレゼンテーション。 高専理事長賞は誰の手に!?
Students of Singapore and Japan made their business plan with technologies. They presented them final plan today! Who's winner?


みんなで記念撮影。シンガポール、ポリテクニックの学生と先生、日本の高専生と関係の先生。
Memorial photo with Singapore and Japan.


Welcome to Japan from Singapore!


Kosen-Joint Politechnics Strat-up Programme - Tokyo Session -
プロジェクトテーマは、スマートシティへの応用技術、Applied Technology for Smart City


最終日、審査はこちら3人!
舞鶴高専出身、さくらインターネット社長の田中さん、高専機構理事長の谷口さん、そして、jig.jp 福野!
Judges are Mr. Tanka, president of Sakura Internet, Mr. Taniguchi, president of Kosen, and jig.jp me.


IoTピルボックス、memoLIVE!
本イベントはすべて英語。3人のシンガポールポリテクニック学生と3人の高専生によるチーム、5チーム!
プレゼンもシンガポール、日本、それぞれから最低1名は発表とするルール。
memoLIVE is a plan to provide the IoT pillbox.


ESP8266を使った、IoTピルボックスのプロトタイプ!
Using ESP8266!


高齢者による脱水症状を防ぐIoT水筒。
oT water bottle which prevents dehydration by elderly people.


急増する糖尿病患者に対するお互い助け合うサービス。
Service to help each other for rapidly increasing diabetes patients.


高齢者向けのサービスが人気でした。高齢者市場規模でいえばシンガポールと日本は桁違い。 世界最先端の高齢化社会日本はシンガポール学生にも魅力的に見えるのでしょう。日本としてもグローバル化のきっかけをつかめるのは大きく、相性は抜群!
ervices for elderly people were popular. Singapore and Japan are orders of magnitude in terms of the market size for the elderly. The world's leading-edge aging society Japan looks attractive to Singaporean students. As Japan, it is great to grasp the trigger for globalization, so this combination is outstanding!


脳波を使った認知症対策、BRAINHELTH、高専機構理事長賞!
Dementia measures using brain waves, BRAINHELTH, KOSEN President's Award!


糖尿病患者向けの互助サービス、neto、さくらインターネット賞!
Mutual support service for diabetics, neto, Sakura Internet Award!


IoT水筒による脱水症状を防ぐサービス、REVITAL、jig.jp賞!
Service to prevent dehydration by IoT water bottle, REVITAL, jig.jp award!


jig.jp賞の賞状!(副賞は IchigoJam キットとキーボード、教科書セット英語版)
jig.jp award! (Prize: IchigoJam kits, keybords and texts in English)

IchigoSodaによるIoTや、VRアプリのデモで学生と交流。
I interacted with students in IoT and VR app demos by IchigoSoda.

スマホVR、なんとDAISOで発見、500円!
I found the smartphone VR in the shop, DAISO. It's only 500 yen!


外に向けた窓があるので、スマホMR、スマホARにも対応。
It has a window to show outside, so you can use as smartphone MR and AR also!

未来を見たい WebMegane。ひとまず1秒過去を見るメガネをつくってみました。 機械学習を使って、未来が見えるメガネづくりへの挑戦の元データにもどうぞ!
I want to see the future by WebMegane. I tried to make glasses to see the past for a second. Please use the original data of the challenge to make glasses that see the future using machine learning!
delayglass - WebMeganesrc on GitHub in JavaScript


先日、IchigoSodaを伝授にいった佐世保高専の校長先生と!
With teh principal of Sasebo KOSEN, where I teached IchigoSoda!
高専生から中学生へ「はじめてのプログラミング、はじめてのIoT」 / 佐世保高専での学び」IchigoSoda at Sasobe

クリエイティブでインターナショナルに、なればなるほど楽しくなること、すべての高専生に伝えたい!
I want to communicate to all the college students that creative and international become more fun!

何か創れば、誰かに伝えたくなる、英語でも!
If you create something you want to tell that to someone, even in English!

こどもパソコン IchigoJam は、自宅で使う時にはスマホの電源ケーブル microUSB などと案内。
ただ、もしかしたら、現代スマホの電源は USB Type-C になっている?


MacBook Pro のACアダプターからの給電に成功!


携帯電話3キャリアによる、2016年から2018年までの microUSB 端末と、USB Type-C の販売種数の遷移グラフ。
2016年スタート時には、ほぼなかった USB Type-C、2017年には種数シェアで逆転し、2018年には90%!(kakaku.com スマホ・携帯電話より
USB Type-C 時代は、もう始まってた!あとは、iPhoneが USB Type-C 採用で決定的となりますね。


材料
- USBtype-CコネクタDIP化キット(全ピン版): 組立キット 秋月電子通商-電子部品・ネット通販 (500円)
USBtype-CコネクタDIP化キット(シンプル版)(350円のでもOK、ただしCN5と合わない)


CC1-GND、CC2-GND間を、それぞれ5.1kΩでプルダウンすると給電されるとのこと。
手持ちが無かったので、10kΩを2つ並列化して5kΩに。


無事、5Vが出力されました!これで、MacBook Proの充電器でもIchigoJamが使えます!


秋月のUSB Type-C DIP化キットは、ちょうどCN5の5ピンソケットに、ぴったり!

IchigoJam、USB Type-C 対応版も作らないと!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像