福野泰介の一日一創 - create every day

斬新なアイデアの数々、福井に続き、山口県で開催「G空間ハッカソン」へサポート参加!

おつかれさまでした! (photo by GEOSPATIAL Hackers Program in 山口)

でも、おもしろくなるのはこれかから!
ぜひアイデア、プロトタイプ、リリース、ブラッシュアップ、横展開へとコマを進めてみましょう。
G空間なかまで集まる「G空間ごはん会」がオススメです。

福井の第二回G空間ごはん会は、今週末3/15金!
誰でも使える宇宙データプラットフォーム Tellus 紹介&ミニアイデアソン - connpass


限界旅行!?それぞれのアイデアをカタチにする、ハッカソンタイム!


高専生なら抑えておきたい基本スキル、IoT!
IchigoSodaを使えば、ものの数分で入門完了!情報セキュリティ入門、プログラミング入門にもオススメ。
高専生から中学生へ「はじめてのプログラミング、はじめてのIoT」 / 佐世保高専での学び


ハッカソン、残り、30分。作業終了、PCは片付けて、発表タイム!


農作業で楽しく体づくり!Agzap
農業をやってほしい人と、安くトレーニングしたい人をマッチング!
エネルギーが無駄にならない、良い仕組み!


少子高齢化は40年も前からの既定路線。データへの無関心が招いた危機。
ピンチをチャンスに!


高専生映えするスポットを紹介、スタンプラリー的に巡る、高専スタンプラリー
県外から来た高専生に近くで遊べる場所を知ってほしいという、徳山高専1年生チーム。
固有URLをつけて、Twitterでシェアして、オンライン交流から始められると楽しそう!


ギガが余ってる人とギガが足りない人をつなぐ、ギガシェア
ギガ充というパワーワードがいい!バッテリーが余ってる人も教えてほしい。
貸し借りを仮想通貨化して、違う形での価値交換につなげるのも楽しいかも。
ギガの余り具合を光るネクタイなどで、可視化するのネタも、何かのときにどうぞ!


農家とぬか漬けヤーを繋ぐ おすそ分けプラットフォーム
なんと女性の7割がやってみたいという、ぬか床ブーム!?
健康志向の高まり、たまごっちのように育てる感覚が楽しそう。野菜へのこだわりを活かして、地域でマッチング!
失敗しない、IoTぬか床も流行りそうですね


「全ての人が食の作り手となり、持続可能な豊かな社会へ」
アプリも、食も、みんな作り手になりましょう!


宇部高専1年生チームによる、命と時間を削って限界低価格に挑戦する、限界旅行
未知の限界ルートを自慢と合わせたオープンデータ、質問にあったように海外も含めて集めていくのも、おもしろそう!


ドライブデート♡サポートシステム
福岡県の事故オープンデータがスゴイ。このデータを使って、危ない個所を通過したときに名言と共に褒めてくれる。
参考、名言と著作権「「名言は誰のもの?」 | みらい総合法律事務所(東京都千代田区の法律事務所)


おせっかいなさんぽ支援ツール、おやじまっぷ
キャラを選び、散歩したい時間を設定すると、いろいろとおせっかいしてくれ、楽しく散歩できる。


ご当地キャラを選択したり、キャラ同士の会話があったり、場所によって展開が変わったりすると楽しそう。
なんと、福井からの参加者も!


元のアイデアは、着かないナビ。
目的地がなく、指定時間でぐるっと戻って来れるのいいですね!


徳山高専4年生チーム、街の問題点共有MAP ~CARRIER PIGEON~
見つけた課題、そのままにせず、ちょっと共有すると気持ちいいですね。
鯖江市では「さばれぽ」が活躍中!

科学的農業生産者評価
お米のパッケージを読み取ると、詳細データで、より美味しい。より安心。
食のオープンデータで、成分ごとの量がわかれば、自分の健康状態と合わせて、とりすぎ、不足が一目瞭然!
いかに簡単に実現するか?いかに広めるかが鍵!


IoT温湿度計をたくさんおいて、より精度の高い天気予報を目指す、ちかくの天気。
宇部高専2年生、ひとりチーム、ラズパイと電子工作、地図アプリを駆使!
IchigoSodaと高精度温湿度計の組み合わせで、いろいろデータ取るのいいですね!


残念ながら聞けなかったプラン、玄人旅 時々の〇そ
立ち寄った飲食店で見つけた「宇部市登録バリアフリー施設」は、とってもオープンデータ向き!
ほしいデータ、ひとまず自分たちで作って、データを出すとメリットがあるひとに移譲していくスタイルがオススメ。


独居高齢者による災害時の強い味方、助けてボタン
一目瞭然、物理的に大きな「助けてボタン」を一押しすると、救急隊の画面にその場所の状況と共に表示!


かんたんIoT、IchigoSodaで開発中。


前日、インプットデーの様子。地図アプリ、ハンズオン in Elixir!


山口県も衛星関連4自治体のひとつ。


宇宙からレーダー探査、だいち2号に山口県の力!アイデアの幅が広がり、夢膨らむ、衛星データ x G空間!


今回は見ただけになった宇部高専。ぜひまた次回!(高専いったことあるよマップ


瓦そばを食べに、炉端小次郎へ


瓦そば、調理中!


本当に瓦!こちら3人前 x 2。(家ではホットプレートが一般的とのこと)


暖かいめんつゆで食べるのが斬新。


帰路は宇部新川駅から宇部線、新幹線、特急で鯖江へ


帰りのお弁当にも瓦そば!

links
- GEOSPATIAL Hackers Program in 山口

地域ICTサミット特別講演「体験 >> 知識」

知っていると、やったことあるの違いは大きい。 (photo by Julie Terakawa)
知識の表現であるデータは、アプリによって、初めて体験に変わる!
日本でオープンデータが始まった、2012年から一日一創を続けて、丸7年。
楽しくなり続けるアプリづくり!

5年前に作ったパソコン IchigoJam
プログラミングはじめのいっぽ「LED1、エンター」で光るLED。
「ふーん」で終わらせるか「やってみる」かの違いは、意外と大きいものでした。
IOT.OUT1 で、IoTの実現にもつながります。ぜひすべてのこどもも大人も、体験しましょう!
動画&スライド公開、プログラミングB分類、総合と英語2コマ使った「はじめてのプログラミング」 - 鯖江市進徳小学校でモデル授業


人類の歴史は、ツールの歴史。 (photo by Julie Terakawa)
1,000年続いた、情報発信制限時代がICTによって遂に終わった!


目指そう、世界をつなぐ、5つ星オープンデータ先進国! (photo by Julie Terakawa)
オープンデータは、webの発明者、ティム・バーナーズ=リー氏による、次世代webへのやさしい入り口。


人類は宇宙からの目も手に入れた! (photo by Julie Terakawa)
衛星データプラットフォーム「Tellus」正式公開スタート!
次回の地域ICTサミットは、宇宙データ活用も熱い!?


幅広く日本をカバーする衛星データですが、更新頻度の意味ではまだ十分とは言えません。 (photo by Julie Terakawa)
そこをカバーするのがドローン!プログラミングによる自動飛行と計測で、足りないデータは補えます!

自分で操縦するとなかなか難しい(けど、楽しい)ドローン、プログラミングで飛ばすときっちり正確、というライブデモ!(人数多い場所だとパケットロスし、途中で止まってしまうと学びました)


特別講演スライド「一日一創プログラマー『アプリで活性化し続けるまち、鯖江』(PDF)
オープンデータ伝道師になった経緯と想い、鯖江市での取り組み、そして、次のステップを話しました。


全世界68まで広がった!地域にPCNあり!(各地のPCN


地域に高専あり!(全国高専マップ
私含めて、PCN創設メンバーは全員高専OB。
「IchigoJamを使った中学生向けIoTプログラミング」講座を開催しました | 佐世保工業高等専門学校


すべてのこどもたちにプログラミングを! (photo by Julie Terakawa)
そのためには、まずは大人も楽しむプログラミング!
ご興味もっていただいた方は、お近くのPCNへお尋ねください(各地のPCN
大人向け、IoT研修も好評です。
こどもプログラミング+IoT=大人プログラミング! 総務省 デジタル活用共生社会実現会議 ICT地域コミュニティ創造部会にて情報提供&体験会


一日一創「ICT地域活性化大賞2019マップ」作ってみました with egmapjs


アイコンタップで、概要が読めます!


大賞&総務大臣賞に輝いた、灯油IoTこと「IoTを活用した農山漁村の灯油難民防止」
冬の北海道、雪に埋もれた灯油への給油は重労働。残量をネットに飛ばすIoT化によって軽減!


キャップの蓋を交換するだけととってもシンプル!


VLED勝手表彰受賞の大阪市立中央図書館さん、ICT地域活性化大賞でも優秀賞!
OML48チームHIKIFUDA(ひきふだ)選抜総選挙開催 - 大阪市立図書館
イベント企画がステキな、ひきふだ総選挙!
見事、初代センターに輝いた「ちゃりんこ兄弟」をパズル化してみました。
ちゃりんこ兄弟 - スライドパズル


優秀賞、沖縄県糸満市、農業IoT「てるちゃん」チームと!


優秀賞、WheeLog!の織田友理子さんと!


受賞されたみなさん、おめでとうございます!(こちらの360度写真からの切り出し)


地域ICTクラブでは、IchigoJamプログラミングを体験いただいた、総務省政務官の國重徹さん!


オープンデータ伝道師、4人!


オープンデータ、盛り上げていきましょう!

子供も大人もどなたでも、はじめのいっぽは誰でも同じ。
プログラミングは、ICTを素手で扱える、現代の魔法!


ステキな会場でした


晴天、東京ビッグサイト (photo by Julie Terakawa)

オープンデータ活用の推進担うコンソーシアム、VLEDにて、勝手表彰の表彰式がありました!(地域ICTクラブと3/6同日開催)

勝手表彰とは、オープンデータを使った良い取り組みを勝手にノミネートして、勝手に表彰するという、応募不要なコンテスト。

遠路はるばる授賞式に来ていただく方には本当に感謝です!
最優秀賞を受賞した、ダイヤ編成支援システム「その筋屋」ほか、受賞していただいた方、ありがとうございました!


都道府県内の市区町村がすべてオープンデータ化すると表彰される、コンプリート賞。


その初コンプリート賞を、我らが福井県が受賞!


シビックテック賞として、jig.jpからは Code for Akita の「秋田竿燈まつり」縁起場所のオープンデータ化を表彰! リアルタイムオープンデータ化が世界一カンタンに実装できる、IchigoSodaセットを副賞としてプレゼント。
秋田-福井連携していきましょう!


京都府、コンプリート(間に合った!)賞。


青森県、コンプリート(惜しい!)賞。


大阪市立図書館がもっている古文書や、古い絵画をどどーんと多量にオープンデータ化し、積極的な活用を呼びかけている取り組みに貢献賞。 その喜びを和歌で表現!


slidepzl - 大阪芝居絵」 - CC BY 大阪市立図書館デジタルアーカイブズより
正方形ではないピースに対応した、アスペクト比自動対応、難易度三段階の浮世絵スライドパズル!
画像は、受賞者の大阪市立図書館さんのTwitterハッシュタグ「大阪オープンデータ」からかっこいい画像を選ばせていただきました!


コーヒー豆パズル
こちらがベースアプリとした、2012年の一日一創作品にあったパズル。ついでに、古くなっていて動かなくなっていたのをメンテナンス。


自治体の施設やイベントのオープンデータを子育て世代向けに絞って提供するメディア「子供とお出かけ情報サイト いこーよ
優秀賞、ASPIC・ますます発展していこーよ賞、日本マイクロソフト賞とトリプル受賞!(いこーよさんからは、愛知県さんを表彰
民間視点でのフォーマット設計が素敵です!5つ星化して、日本中、世界中へと広げていきましょう!

links
- 2018年度のオープンデータ・ビッグデータに関する優れた取り組みの表彰 - ニュース | 一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構
- 「いこーよ」を運営するアクトインディ株式会社、2018年度VLED勝手表彰で「いこーよ」子育て・観光推進賞を愛知県に授与|アクトインディ株式会社のプレスリリース
- 経済産業省より受託した「平成30年度政府衛星データのオープン

IoTのプロトタイピングに便利な道具「ブレッドクラスト」をご存知ですか?
次々と新しいテクノロジーが世界中から誕生するこの時代、無知は恥でも何でもありません。
日々、世界規模の最新知識が楽しく学べる人類史上最高に恵まれた今を大いに楽しみましょう!

地域ICTクラブ組成をテーマの総務省事業「地域におけるIoTの学び推進事業」成果発表会
採択23地域のひとつ、福井県こどもプログラミング協議会を代表して、プレゼン&展示&パネルディスカッション。

今年1年で見えたカタチは、大人こそ子供から学ぶ必要があることでした。


総務大臣政務官、@ToruKunishige 國重徹さん、福井の展示、見ていただきました。


1分プログラミングの体験。プログラムの基本、コンピューターへ指示「L、E、D、1、エンター」

コンピューターを身近に感じてもらえて何よりです。コンピューターとコンピューターがつながったものがネット。LED1 というコマンドの延長に IoT.OUT1 という、ネット越しに制御する世界が広がります。


ロボコンは、eスポーツ! - ご当地ロボコンを軸にした福井県全域 地域ICTクラブ
40年前にApple社が開発した世界初のパソコン「Apple I」は約30万円。それと同等のものが1,500円で作れてしまう時代。 知ると、体験するとの間にある大きなギャップ。未来を担う、すべてのこどもたちにプログラミングを伝えるには、すべての大人たちも、ひとまず体験して、その楽しさに触れておきましょう。
小学生エンジニアによる熱き戦い、越前がにロボコン2018 決戦動画!


横浜市都筑区「デジタル寺子屋@つづき」の展示、これは噂の電子工作で「光るバッグ」
都立高専出身、PCN秋葉原代表、槙野さんによる作品。


実はこちら、世界最高齢iOSアプリ開発者として有名、若宮さんの私物。


光るバッグの中にはシカケがあり。ブラックボックスにせず、こどもたちにも裏側を積極的に見せることが大事。


光るバッグの素材でもある、アイロンビーズ。LEDをつなぐだけ電子工作とプログラミングと組み合わせてできる「かわいい」の数々。 オリジナルなもの、飾ってみたくなりますね!


パソコン操作や複雑なモデリング技術が不要で、こどもに優しい3D造形技術、アイロンビーズも含め、やさしいテキストが誕生していました! こどもも、おとなも、シニアの方も、だれでも気軽に楽しめます。


青森県、水戸地方未来塾の受講したこどもたちによる素敵な作品。 鳥獣被害から守りたい。ハウスの管理で楽したい。地域の課題を子供と一緒にITを使って解決しましょう。 こどもの発想や実現力に驚く人が多いということは、過小評価していたということ。 こどもは、眠れる大きな可能性を持った宝です。


文科省、情報教育振興室長の折笠さんのプレゼンテーション。


「今、学校で教えていることは、時代が変化したら通用しなくなるのではないか」
→ 学ぶ楽しさを教えることは普遍。未知へのチャレンジこそ好奇心を満たす最高の場。調べて一瞬でわかることを覚えることに価値は無し。

「人工知能の急速な進化が、人間の職業を奪うのではないか」
→ 世界中に山積する課題を解決するためにも、どんどん奪っていってもらう必要があり、それに貢献する人として育成することが大事。


小学校:(キーボードによる)文字入力など(パソコンの)基本的な操作を習得。プログラミングを通じた
中学校:技術の時間で計測と制御、加えて、ネットワーク
高校:すべての生徒がプログラミング、情報セキュリティを含むネットワーク、データベース(G空間)の基礎を学ぶ
* 高専では先行実施


地域ICTクラブの未来について、パネルディスカッション。
- ご当地ロボコンは、地域の大人も親も選手となる子供も、みんなで楽しめるまさにeスポーツ。運動音痴でもチャンスあり!
- ロボより敷居が低い、ご当地プロコンもオススメ。高専生や高校生が主催・審査員となって、学校で表彰しよう!
- まずは大人もプログラミングの楽しさを知っておこう。こどもプログラミングにIoTを加えると、大人も楽しく学べる教材に!
- 大人向け講座はしっかりお金をとって実施して、サークルの会費程度をみんなで持ち寄り持続可能で生産的なクラブ活動へ。
- 地域の既存リソース、児童館、放課後の学校、土日の民間企業や行政の会議室を活用しよう!
- ご当地ロボコン参加に向けて、地元民間企業による代理戦争、こどもロボット実業団が誕生するかも!?

会場で、プログラミング楽しいと言った方が約半数と思った以上に多くてうれしかったです!プログラミングまだやったことないという1割ちょっと方も、ちょっと体験してその楽しさに触れていただく機会をぜひ!


小中学生に世界一ノートパソコンを提供しているかもしれない「PCNこどもプロコン」への応募も、プログラミングや電子工作を続けるゴールとして、大いに活躍しています。

こちらが、冒頭で触れた「ブレッドクラスト(日本語でパンの耳)」
実は、今、私が名付けました。
電子工作プロトタイピングのお供、ブレッドボードと似ていて、縦に挿したピンがすべてつながります。ブレッドボードの端の部分を切り出したようの機能と形状なので、パンの耳の英語表現、ブレッドクラスト。
特徴は安くて、構造が見えるのでよりわかりやすいこと。足りないGND、足りない電源を補えます。

まだ購入できるところはありませんが、かんたんに自作可能です。

ピンソケットと抵抗やLEDの切れ端を用意します。


はんだをつけておきます(予備ハンダ)


つなぎます。


ビニールテープなどでカバーし、余分をカットすれば出来上がり!

ブレッドクラスト、ちょっとした電子工作のお供にぜひどうぞ。
写真を含む、作り方ドキュメントも、ネーミングも、ライセンスは CC BY のオープンデータです。何の断りも必要無く、改変自由、お好きな値段で販売してもらっても、全く問題ありません。

作って、提供して、喜んでもらい、また作りたくなる。
好奇心と創造欲求の無限ループ、抜け出せそうにありません。

links
- こどもプログラミング+IoT=大人プログラミング! 総務省 デジタル活用共生社会実現会議 ICT地域コミュニティ創造部会にて情報提供&体験会
- 全国の地域ICTクラブが集結!【総務省_プログラミング教育・地域ICTクラブ推進フォーラム】: Hana道場
- 総務省|「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業 成果発表会 「プログラミング教育・地域ICTクラブ推進フォーラム」の視察(平成31年3月6日)
- 総務省|教育情報化の推進|地域におけるIoTの学び推進事業(平成30年度~)(成果発表会資料あり)

G空間ハッカソンから、G空間ごはん会。
インターナショナルオープンデータデイ2019の前夜祭!

今回の成果、5チーム、5アイデアの発表がこちら!

G空間ごはん会、サバエドッグをもぐもぐしつつ、インプットタイム。今日のG空間テーマは「衛星データプラットフォーム Tellus

アイデア出すだけなら簡単です!

アイデアは組み合わせ!


アイデアは量!


質はひとまず後回し。出してみないとわからないおもしろさ。作ってみないとわからない本当の価値。


3人-4人で一チーム、まずは一人一テーマだして、表の一列目に記入。


続いて、一行目に、衛星、レーダー、IoTを書き、テーマと組み合わせて15秒で、みんなで思いついたアイデアを記入!


一気にできた9アイデアからベストアイデアをチーム内で決めて、1枚のプレゼン資料にまとめます!
タイトルやイメージにインパクトがあるといいですね!

こちらができた、アイデアシート。



発表タイム!

竹部賞は、レッサーパンダを救え!衛星、レーダー、IoTを駆使して、野生のレッサーパンダの生体を追いかけようというアイデア。

G空間ごはんタイム!ちょっとずつ、みんなでつくろうG空間アプリ!

人類が手に入れた宇宙からの目「Tellus」、楽しく活用していきましょう!
* 高精細な宙の目、まだ見られるエリアと期間が限定的な様子

G空間ごはん会、次回は2019.3.15(金)夕方、Tellusのオウンドメディア「宙畑」さん、緊急来福!
どうぞお楽しみに!

2005年にスタートしたNPO法人によるコミュニティFM「たんなん夢レディオ」の理事をしてます。
創設したのは、福井高専の1期生の先輩、伊藤努会長!

たんなん夢レディオ 79.1MHz - 地域のみなさんといっしょに作るコミュニティFM放送局 - tannan.fm
3,000円でJR武生駅から徒歩15分、「なつかしや」というゲストハウスも運営してます。

伊藤さんと企んだ、ネットと放送の融合!USTREAMから始まったサイマル放送、現在はYouTube Liveで放送中!
福井高専提供の番組「高専ライブ」など、ご当地番組を近所と世界中にお届けしています。(タイムテーブル

聞いていたら、知っている人!
天津弥のガボステージ」にゲスト出演、大西さんの新プロジェクト!

福井 伝統工芸アイドル オーディション」2019/5/31まで
福井のミュージシャン、新アイドルグループ構想発表 「伝統工芸応援」コンセプトに - 福井経済新聞

放送、ネットに加え、フリーペーパー「夢レディオ編集室」と全方位メディアで展開する、たんなん夢レディオ。
今回は、IoTと親子をテーマに先日のkintoneイベントとIoT火災報知器「火守くん」を記事にしました。

サイボウズ x さくらインターネット x jig.jp / 親子体験IoT (PDF)

かんたんIoT、やってみたい方、福井県鯖江市「Hana道場」へどうぞ!

links
- たんなん夢レディオ 79.1MHz - 地域のみなさんといっしょに作るコミュニティFM放送局
- 「火守くん」「セーブライフ・ファイヤシステム」の株式会社創電(福井・敦賀)

ふくいAIビジネス・オープンラボにて、G空間ハンズオンセミナー。

IchigoJam制御のオリジナル檻を使って、イノシシを狩る谷川さん、捕獲檻位置マップ開発中!
66歳からプログラミングを始め、自作の罠で年間90頭の猪を狩る猟師がいるらしい | CodeCampus


こちらきっと世界一簡単な地図アプリフレームワーク egmapjs & G空間アプリ・SPARQLハンズオン
スライド(PDF)もオープンデータ(egmapjs src on GitHub
お急ぎな方は、チュートリアルでどうぞ!
G空間に衛星データプラットフォーム「Tellus」も仲間入り!
どれくらいすごいのか? 世界トップ級の衛星画像“無償データ”基盤「Tellus」の全貌 | BUSINESS INSIDER JAPAN


谷川さんレポート!


すべてのおとなにもプログラミングを!
スマホでもPCでも使えるオリジナル地図アプリ、すぐできて驚く参加者の方々!

こんなステキな技術、こどもに教えないなんてもったいない!
すべてのこどもたちにプログラミングを by PCN

鯖江市豊小学校の4年生、総合と算数、2コマ使って「IchigoJam はじめてのプログラミング」実施。
2人で1台、協力し会って学ぶスタイルは、30人を1人の先生でも対応可能なスタイル。

100円のコンピューターくんとの楽しい対話から紹介する、奥深いプログラミングの世界。
ネットは広大です!

2019/3/1(金)18:30〜
鯖江市商店街らてんぽにて、オープンデータデイ企画「G空間ごはん会」
G空間やオープンデータを使ったおもしろいことを、いろいろ気軽に話す会。
なにかたべもの持参でお越しください!

links
- はじめようG空間ごはん会 - 福井生まれのG空間9アプリレビューとアイデア集 / 総務省主催ハッカソンレポート Geospatial Hackers Program in 福井

いつ来る?どう来る?メガネ時代。
スマホが友達だとすると、一歩踏み込むメガネは恋人。
すべてのスマホが過去になる。

東京、Yahoo! LODGEで開催、さばえIT推進フォーラム「電脳メガネサミット2019」にて、オープンデータと未来のメガネの話。

『めがね型ウェアラブルと未来』
ウエストユニティス株式会社 / 代表取締役社長 福田 登仁さん
株式会社リトルソフトウェア / 代表取締役 川原 伊織里さん
株式会社オトングラス / 代表取締役 島影 圭佑さん


衛星データプラットフォーム「Tellus」 x 電脳メガネで、衛星という目を手にすることができた人類は、どう変化するか?
脳波など、自身も気が付かない微弱な変化をとらえ、表現することで生まれる新たなつながり。

メガネがなければ近視は障害者だった。
メガネというツールが障害克服ツールだとすると、今こそあらゆる障害に立ち向かうべき!


blacknwhite
視覚障害と健常者と区別をなくす、視界をすべて白黒に見えるメガネ、作ってみました。
スマホVRと合わせて使ってみてください (src on GitHub)

VR側からの電脳メガネアプローチの最先端、網膜級の解像度10Kを実現する、Varjo(ヴァルヨ) VR-1
>「人間の目の解像度」を謳うVRヘッドセットVarjo VR-1が見せる未来は明るい(正面を見れば) | ギズモード・ジャパン


テーマ『鯖江と次世代オープンデータ』
鯖江市役所 / 市長 牧野 百男さん
PayPay株式会社 / マーケティング本部マーケティング企画部部長 中島 みきさん
SAPジャパン株式会社 / エヴァンジェリスト 吉越 輝信さん


オープンなまち鯖江、まちの弱みオープンデータ、まちの課題オープンデータでそれを解決できる人が集まってくる!
Code for Japan 地域フィールドラボ(旧名、コーポレートフェローシップ)がスタートしたまち、一番の課題はバスと語る鯖江市長、その事実、オープンデータとしましょう! 課題ドリブンな移住促進!

行政と比べ、遅れている民間オープンデータ。共通のテーマのSDGsオープンデータは、いいきっかけになるかも!?
17のゴール、169のターゲットとしているSDGs。それぞれのKPIを設定し、その進捗具合を比較可能にするとわかりやすい。
SDGs DASHBOARD」を発見するも、まだ動いてない!?


鯖江市サテライトオフィス現地視察ツアー
鯖江におもしろいかも!?と思った方、どうぞ!

電脳メガネ製品LTと、体験ブース

ウエストユニティス InfoLinker、置きたいところにおける映像。


両眼型ウェアラブル、エンハンラボ、b.g.


片眼型との違いは、映像の鮮明さ!鯖江テクノロジーの二重蝶板で自在に上下位置と角度が動かせる。


手頃な価格(Affordable)が特徴、VUFINE!


50万人の脳波ビッグデータを使った感情推測エンジン搭載、リトルソフトウェアの「のうはめがね」


「のうはめがね」で脳波を計測し、うれしそうな鯖江市長


Vuzix Blade をかける、オトングラス島影さん


高専もくもく会を主催する、起業家甲子園と弓削商船高専OB、瀬尾くんと再会!
ウェアラブルもくもく会、いいかも!


来年への豊富を語る、電脳メガネサミット実行委員長、BOSTON CLUB 小松原さん!


see you next smart glass summit 2020!

links
- 電脳メガネサミット2019~さばえIT推進フォーラム inTOKYO~ 今年はLODGEで開催! | きらきら星のつぶやき☆
- 電脳メガネサミット2019-さばえIT推進フォーラム | Peatix

日本の宇宙オープンデータ時代の幕開け!
宇宙(ソラ)からの目、衛星データを無償提供する、Tellus OS ver 1.0 公開記念イベント。
目標は、現在の日本の宇宙関連市場1.2兆円を2030年までに倍の2.4兆円!

Tellus SPACE xData Fes.
Tellusが提供するオリジナルの衛星データなどは、ユーザー登録、原則コピー不可な、非オープンデータですが、 二次成果物の利用は自由となっているので、オープンデータ化することが可能です(利用規約に一部条件あり)。 また、エンドユーザーに有償で利用させる場合(利用規約)は、別途アグリーメントが必要。


さくらインターネット社長、舞鶴高専の高専違いの1つ上の先輩、田中さんによるオープニング!
公開したら終わりの従来ソフトウェアではなく、プラットフォームなので、ここからが本当の始まり。
膨大なデータを解析するための環境も用意し、宇宙データを使う敷居をぐっと下げる。
小学生でも活用しちゃうかも!?


世界最高水準50cmの分解能の衛星写真(光学)と、雲を透視でき植生などが分かる電波の反射による地上観測データ(SAR)が、無償で閲覧可能になりました!(画像提供、さくらインターネット)


宇宙 x ??、トークセッション1に登壇。
夏野さん、お久しぶりです!日本中のオープンデータ、全部Tellusに入れちゃう案、大賛成。
ガラパゴスにならない世界連携プラットフォームを創る最後のチャンス!
夏野さん、これからのベンチャーに何が必要ですか? (impress QuickBooks)


夏野さんの宇宙事業へのアドバイスは「派手に」
TELLO EDU 操縦用プログラムによる、自動撮影デモにで撮れた映像です。
新しいソラからの目、衛星とドローンとは補完関係。
(Python3による自動撮影プログラムは末尾参照)


宇宙 x アートが熱かった、トークセッション2
高解像度な宇宙アート写真が3,000万円! 月や火星などへの第二次宇宙ブーム、未知への憧れ、再び!


衛星画像データから、船が動いているか、停まっているか、艀(はしけ)かをいかに認識できるか競った、賞金総額200万円のAI画像認識コンテストの総評。
ロシア人プログラマーのNick Sergievskiyさんによる最優秀モデルで、56.7%と、なかなか難問だった様子。(最終評価で47.5%?)
コンペティション詳細/Tellus Open&Free Platform / 経済産業省 | SIGNATE - Data Science Competition


こちら、正解データ。3種類を高精度で見分けるモデルをいかに作れるか?


分割して、回転させたりジッターしたりで学習用画像を水増し、よく効くと噂の Faster-RCNN でモデルを組んで、機械学習!
上位はみんな類似のモデルだったそうです。(使用言語は、ほぼPythonほぼDeep Learning


THETAで撮った小笠原さんによる乾杯!宇宙っぽく丸く。広い会場、満員な上に椅子増席という人気!


懇親会時に開催された、Tellus SPACE アイデアワークショップ!
宇宙データと地上データをマッシュアップして何作ろう!?


宇宙感!


xData SPACE Fes. 会場向かいは、東京タワー。
今日、この遥か上空からの見下ろす「宙(ソラ)の目」を、誰もが獲得したわけです。
さて・・・あなたは何を見る?

links
- 2019年2月リリース! 衛星データプラットフォーム「Tellus」でできること | 宙畑 (SORABATAKE)
- 衛星データを無料で活用できるクラウドサービス「Tellus」、さくらインターネットが開始 | IT Leaders
- ASCII.jp:衛星データプラットフォーム「Tellus」が運用開始
- 衛星データを無償公開 さくらインターネット  :日本経済新聞
- 政府、衛星データを無料提供 新ビジネス創出を期待 - 毎日新聞
- 衛星情報の無料開放始まる 様々なサービスに期待
- 衛星データ“無料開放”サービス|NHK 首都圏のニュース
- 衛星データの”開放”は成功するのか? | 新・科学の世紀 | NHKオンライン
- さくらインターネット、クラウド上で衛星データの分析ができる日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」を運用開始|さくらインターネット株式会社のプレスリリース
- 宇宙オープンデータ活用アライアンス「xData Alliance」参画! オープンデータで理解する大気圏、成層圏、対流圏
- 宇宙からのデータ活用で社会が変わる!衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」発表
- 【イベント】日本の宇宙ビジネスを加速させる日本初の衛星データプラットフォームが公開!「Tellus(テルース)」記者発表会 | さくらインターネット
- 宇宙データはイノヴェイションの新たなトリガーだ!:Tellus SPACE xDATA Fes.で語られたこと|WIRED.jp

TELLO EDU による、360度自動撮影 Python3 プログラム

import threading import socket import sys import time event = threading.Event() sock = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_DGRAM) tello_address = ('192.168.10.1', 8889) sock.bind(('', 9000)) def recv(): while True: try: data, server = sock.recvfrom(1518) print(data.decode(encoding = "utf-8")) event.set() except Exception: print('Exit recv') break recvThread = threading.Thread(target = recv) recvThread.start() def send(command): msg = command.encode(encoding = "utf-8") sent = sock.sendto(msg, tello_address) event.wait() event.clear() import cv2 import datetime def getNow(): return datetime.datetime.today().strftime("%Y%m%d%H%M%S") takepicture = False def takePicture(): global takepicture takepicture = True print("take a picture") videowriter = None def startMovie(): global videowriter if videowriter is None: FPS = 30.0 SIZE = (960, 720) FOURCC = cv2.VideoWriter_fourcc(*'mp4v') videowriter = cv2.VideoWriter("cap/" + getNow() + ".mp4", FOURCC, FPS, SIZE) print("start movie") def stopMovie(): global videowriter if videowriter is not None: vw = videowriter videowriter = None vw.release() print("stop movie") cap = None def capture(): global cap while not cap.isOpened(): time.sleep(0.1) while True: if cap is None: break ret, frame = cap.read() if frame is not None: global takepicture if takepicture: cv2.imwrite("cap/" + getNow() + '.jpg', frame, [ cv2.IMWRITE_JPEG_QUALITY, 95 ]) takepicture = False global videowriter if videowriter is not None: videowriter.write(frame) def startCapture(): global cap cap = cv2.VideoCapture('udp://127.0.0.1:11111') capThread = threading.Thread(target = capture) capThread.start() def endCapture(): global cap if cap is not None: tcap = cap cap = None tcap.release() send("command") send("streamon") print("stream on!") startCapture() startMovie() send("takeoff") takePicture() send("up 200") send("flip f") send("cw 360") send("flip b") send("land") stopMovie() endCapture() sock.close()

PM2.5が気になる季節、以前作った福井PM2.5 APIを使って、しゃべるPM2.5計スマートスピーカー Google Home Mini版を作ってみました。 人感センサーをつけて、朝一のリビングに入った時などに、しゃべってもらうといい感じかも。

Google Home を、ただのネットワークスピーカーとして使いたいときには、google-home-notifier。 再生してほしいmp3の音声ファイルのURLを渡すと通知して鳴らしてくれるというシンプルなもの。

PM2.5の値を取得し、しゃべらせたい文章を作成、Mac標準の音声合成コマンド say を使って、音声ファイルを作って、ffmpegでmp3化して、ローカルで立てたwebサーバーに設置して、Google Home Mini へ通知を送ればできあがり!

saypm25.py - PM2.5 APIから鯖江市神明の値を取得し、次へ

import os import urllib.request url = 'http://sabae.club/pm25/1/fukui/sabae.txt' req = urllib.request.Request(url) with urllib.request.urlopen(req) as res: body = res.read() n = int(body) print('response: ' + str(n)) s = 'おはようございます!鯖江市神明地区で計測したPMにぃてんごの値は、' + str(n) + 'です。' if n <= 70: s += '不要不急の外出は避けましょう。' os.system('./say-google.sh "' + s + '"')

say-google.sh - 日本語をmp3音声ファイルに変換して、次へ(ローカルwebサーバーの所定pathを設定)

say -v Kyoko $1 -o say.aiff ffmpeg -y -i say.aiff say.mp3 cp say.mp3 [** path ** ]/ node say.js

say.js - google-home-notifier を使って、通知する(ローカルwebサーバーの所定URLを設定)

const googlehome = require('google-home-notifier') googlehome.device('Google Home', 'ja') googlehome.play('http://[** ip, port, path ** ]/say.mp3', function(res) { console.log(res) })

毎朝、決まった時間にしゃべらせるなども、カスタマイズしましょう。

小さくても、結構大きな音がでる Google Home Mini、イベントや、ハッカソンなどでも活用できそうです。

G空間ハッカソンで活躍した、webアプリハンズオン研修、来週、福井市で再び開催!
G空間オープンデータで地図アプリ作成ハンズオン - connpass

links
- PM2.5時計(鯖江編)
- 玄関先でPM2.5の値を教えてくれる音声合成を使ったIoTデモ

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像