福野泰介の一日一創

PCNこどもプロコン2016夏!夏休みはこどもと一緒にプログラミング&電子工作しよう「かえるのうた輪唱」編

2016/06/22 23:55:00
#hanadojo #KidsPC #IchigoJam 

第5回目になるPCNこどもプロコン、スタートしました!

PCNこどもプロコン2016夏」協賛受付もスタート!

今年は昨年以上にもりあがる全国各地で開催されるこどもプログラミングイベント。楽しさに触れた後、いかに継続するかが次のポイントです。 プログラミング言語も、英語などと一緒、使わないと忘れますし、普段使いすればみるみるレベルが上がっていきます。 こどもプロコンを、作品をつくりあげる動機付けに使ってください。表彰式では、全国のライバル兼ともだちにも会えますよ!


鯖江のものづくりスポットHana道場、毎週火曜日は20時までの延長営業となりました! 高専生と新社会人、IchigoJamを使ったプログラミングレッスンを伝授。今回のテーマは「かえるのうたの輪唱を通じて学ぶ音楽と通信」。 PLAYコマンドとMMLで音楽をつくり、INとOUTコマンドでIchigoJam間で通信、WAITコマンドでタイミングをとって、輪唱が成功! おまけにソレノイドでパーカッションもつけてみました。


こちら1台目、コントロールする、マスター側。今回はOUT2とIN2をつないでいました。OUT2,1でタイミング送信!


こちら2台目、コントロールされる、スレーブ側。IN(2)でIN2の状態を監視、1になった瞬間、輪唱スタート!


かえるのうた輪唱、成功動画!

PLAY "CDEFEDCR EFGAGFER CRCRCRCR C8C8D8D8E8E8F8F8 EDC"

かえるのうたのMML、スペースはあってもなくてもOKです。オリジナル曲作りも簡単ですね!
こどもプログラミングが広めるには、まずは大人が楽しむこと、簡単で楽しそうなことからはじめましょう!

参考リンク
- PCNこどもプロコン2016夏(開催中!)
- PCNこどもプロコン2015冬(開催レポート)
- PCNこどもプロコン2015夏(開催レポート)
- PCNこどもプロコン2014冬(開催レポート)
- PCNこどもプロコン2014夏(開催レポート)

オープンデータな国土地理院地図でつくる選挙ポスター掲示場所マップ(印刷OK!)

2016/06/20 23:55:00
#IchigoJam #maker 

18歳が選挙権を持つ初の参院選2016(公示22日)。
被選挙権は変わらず30歳、世界一高い供託金300万円も据え置きのようです。

オープンデータ(CC BY 4.0 国際)地理院地図(電子国土Web)を使って、5つ星オープンデータとして公開されている選挙ポスター掲示場所マップを作成。 地理院地図を少しカスタマイズして、HTML内でアイコンをSPARQLで取得、表示するようにしています。


選挙ポスター掲示場所マップ - 国土地理院地図アプリ版

選挙恒例のこの選挙ポスター掲示、他の国でもあるものなのでしょうか? ベトナムの選挙では、なってほしくない候補者に複数☓をつける方式(日本の最高裁裁判官と同様、ただし候補者すべて☓をつけると無効)など、他国との比較が楽しそう。

その他、選挙に関する便利なアプリ
- Let's vote!今日は投票記念日 - 福井県情報システム工業会&福井県連携アプリ
- 選挙ポスターを廻れ! - 候補者や支援者の人向け、色分けできて便利!?(Googleマップは印刷利用NG
- 選挙カー連呼スポット探し - 選挙カーが名前を連呼できる病院・学校など以外のスポットを探せます

HTML内にこのように書くことで、アイコンの設置とSPARQL取得を行っています。

var map_onload = function() { var map = GSI.GLOBALS.map; var params = GSI.GLOBALS.queryParams.params; var markerList = L.layerGroup(); markerList.addTo(map); var makeMarkerItem = function(d) { var icon = L.icon({ iconUrl: "poster-mini-1.png", iconSize: [ 32, 32 ], iconAnchor: [ 16, 16 ] }); var marker = L.marker([ d.lat, d.lng ],{ title : "選挙ポスター掲示場所", icon : icon, }); marker.bindPopup( "<a href=" + d.uri + " target=_blank>" + d.uri + "</a><br>" + d.desc, { maxWidth:5000 } ); markerList.addLayer(marker); }; CONFIG.FUNCMENU.id = "print2"; // 通常の print だとなぜかアイコンでない、要調査 var prefix = "PREFIX geo: <http://www.w3.org/2003/01/geo/wgs84_pos#>\n" + "PREFIX rdf: <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#>\n" + "PREFIX ic: <http://imi.ipa.go.jp/ns/core/rdf#>\n"; var q = prefix + "select ?uri ?lat ?lng ?desc { ?uri rdf:type <http://odp.jig.jp/odp/1.0#PosterPlace>; geo:lat ?lat; geo:long ?lng; ic:説明 ?desc. }"; var baseurl = "http://sparql.odp.jig.jp/data/sparql"; var url = baseurl + "?query=" + encodeURIComponent(q); var func = function(data) { var items = data.results.bindings; bounds = new L.LatLngBounds(); for (var i = 0; i < items.length; i++) { var it = items[i]; var d = { // type: it.type.value, // name: it.name ? it.name.value : "", uri: it.uri.value, lat: it.lat.value, lng: it.lng.value, desc: it.desc.value }; makeMarkerItem(d); bounds.extend(new L.latLng(d.lat, d.lng)); } map.fitBounds(bounds); }; url += "&output=json&callback=" + getCallbackMethod(func) jsonp(url); };

選挙とアプリ、よいアイデアあればお寄せください!

IchigoJamで温度表示付きオリジナル時計作りに、245円の4KBメモリ&RTCモジュールが便利!

2016/06/19 23:55:00
#IchigoJam #maker 

I2Cに対応しているIchigoJam、トラ技の連載「学生エンジニア応援企画 園児が組み込み開発?子供向け1,500円パソコンIchigoJam誕生」最新号で紹介されていた「DS3231搭載RTCモジュール」が便利でした!

時刻設定をボタン電池CR2032で保存してくれるRTC(リアルタイムクロック)機能に、温度センサー、フリーに使える4KBの外部メモリ(EEPROM)もついて、なんと税抜245円!


テレビやプロジェクターだけでなく、7セグLED、サーボ、モーターなどで電子工作したオリジナル時計づくりに使えます!

ブレッドボードと2.4kΩの抵抗2つ、ジャンパー線を用意して、下記のようにつなぎます。
- SCLをIchigoJamのEX1へ(新基板のSCL(CN5)でも可)
- SDAをIchigoJamのIN3へ(新基板のSDA(CN5)でも可)
- VCCをIchigoJamのVCCへ
- GNDをIchigoJamのGNDへ
- SCLとVCCを2.4kΩの抵抗でつなぐ(2.4kΩでプルアップ)
- SDAとVCCを2.4kΩの抵抗でつなぐ(2.4kΩでプルアップ)

ハードができたら、こちらのプログラムで時刻設定

300 P=#707 310 INPUT"Y:20",X:GOSUB400 320 INPUT"M:",X:GOSUB400 330 INPUT"D:",X:GOSUB400 340 X=0:GOSUB400 350 INPUT"H:",X:GOSUB400 360 INPUT"M:",X:GOSUB400 360 INPUT"S:",X:GOSUB400 375 POKE #700,0 380 IF I2CW(#68,#700,1,#701,7) ERR 390 END 400 X=X/10*16+X%10:POKE P,X:P=P-1:RETURN RUN

入力された年か秒までを二進化十進表現(BCD)にしてメモリにPOKEで書いておき、I2CWコマンドで送信! #68がI2C上のアドレス、これが重ならない限りいろいろ同時に並べて使えるのがI2Cのいいところ!#700から1byteで書き込み先を指定して、#701から7byteを送信して、失敗したらERRという存在しないコマンドでエラー停止させています。

次に、現在の日付と時刻を読みだして表示するシンプルなプログラム

10 GOSUB200 20 CLS 30 LC10,10:?"20";DEC$([0],2);"/";DEC$([1],2);"/";DEC$([2],2) 40 LC10,12:?" ";DEC$([4],2);":";DEC$([5],2);":";DEC$([6],2) 50 WAIT 60:GOTO 10 200 POKE#700,0 210 IF I2CR(#68,#700,1,#701,7) ERR 220 FOR I=0 TO 6:[I]=PEEK(#707-I):[I]=[I]>>4*10+[I]&15:NEXT 230 RTN

時計の完成です!
SAVE0して、ボタンを押しながら電源をいれてみると、ちゃんと時刻を覚えてます!
時間帯に合わせて挨拶する時計なんかも楽しそうです。


温度センサーの値を取得するプログラムはこんな感じ

500 GOSUB600 510 ?T/10;".";T%10 520 WAIT60:GOTO 500 600 POKE#700,17:IF I2CR(#68,#700,1,#701,2) ERR 602 T=PEEK(#701)<<2|PEEK(#702)>>6:IF T& #200 T=T|#FC00 610 T=(T*25+5)/10:RETURN GOTO 500

1秒おきに温度を表示します(数としては0.25度刻みですが、精度がプラスマイナス3度と粗いので、小数点2桁目を四捨五入)
詳しく知りたい方は、DS3231データシートを読むといいです。 アラームとSQW信号を使って、温度に合わせて鳴き声が変わる鳩時計みたいなものできるかも!?

最後にEEPROMの使い方。下記でプログラムの保存、読み出しができます(AT24C32の仕様上、書き込みは一度に32byteまで)

'SAVE to EEPROM N=0 '0-3 FORI=0TO1023STEP32:POKE#700,(1024*N+I)>>8,I:R=I2CW(#57,#700,2,#C00+I,32):NEXT 'LOAD from EEPROM (N:0-3) N=0 '0-3 FORI=0TO1023STEP32:POKE#700,(1024*N+I)>>8,I:R=I2CR(#57,#700,2,#C00+I,32):NEXT

このアドレスのまま外部不揮発メモリとして活用するのもありですが、モジュール上のA0〜A3をジャンパーでつないで、アドレスを#50にすると、IchigoJam標準のEEPROM保存、SAVE100〜SAVE103/LOAD100〜LOAD103として使うこともできます。 (ちょっと、はんだブリッジがしづらいのが残念、0Ωチップ抵抗があると楽そうです)


ブレッドボードでの配線が手間なので、接続基板をつくってみました(左接続基板、右RTCモジュール)


適当な小さなユニバーサル基板と2.4kΩの抵抗2つ、L字ピンヘッダーとピンソケットをはんだづけ。


完成です!

いろいろ使えてお得なRTCモジュール、電子パーツ販売@Hana道場にも、近日入荷予定!
RTCモジュール - aitendo

はじめて電子工作、はじめてプログラミング、Hana道場にてちょっと電子パーツ販売開始!

2016/06/18 23:55:00
#IchigoJam #KidsIT #sabae 

福岡、岐阜、北海道、福井、各地で開催されたIchigoJamイベント。 鯖江、Hana道場では、小学1年生もはんだづけとプログラミングに挑戦。(福岡では最年少参加者3歳!?)


すぐ要領をつかんでサクサクはんだづけする小1の女の子。1時間足らずで完成!


一発で起動!LEDもつけられました!早速つくったBEEPコマンドのプリントが役立ちます。


プログラミング教室にも兄弟で参加してくれました!


LEDではじめる電子工作とプログラミング、Hana道場に電子パーツのミニショップがオープンです!
目玉はサーボ、ちょっとした部品がいろいろ手に入るので、気軽に使ってください。
Hana道場にある、各種IchigoJam本を読みながらやってみるのがおすすめです!


国内唯一の子供向け電子工作専門誌、電子工作マガジンが届きました!
今月号もワクワクする電子工作とプログラムが満載!


電子工作マガジンのふろく、12年ぶりに復活したベーマガこと、マイコンBASICマガジンも第6号!


気になる大作「いちごるふ」サイドビューのゴルフゲームがいい感じです。打ち込むだけで遊べます!


楽しく簡単、電子工作&プログラミングを子供たちに広めるための実験。
aitendoの「感雨センサーモジュール」とブレッドボード、ジャンパー線があれば、IchigoJamで雨を検知したシステムなどが簡単につくれちゃいます。 VCCを+に、GNDを-に、信号SをIN2につないで、プログラムをかいて、RUN。

10 ?IN(2) 20 WAIT 20 30 GOTO 10

IchigoJamプリントとして、電子工作シリーズもまとめていけるといいかもしれません。

今回の経験踏まえた新作プリント
でんきをあやつるLED(エル・イー・ディー)」IchigoJamプリントシリーズ、はじめのいっぽ

福井大学1年生が活躍!小学校のクラブ活動としてのプログラミング体験、課題を解決するプリントづくり

2016/06/17 23:55:00
#IchigoJam #KidsIT #sabae 

2年前にお会いして、2014年2学期からスタートした鯖江市鯖江東小学校でのプログラミングクラブ。 導入を決めてくれたのは電通大出身の吉村校長先生。 今年から移られた神明小学校でも総勢31名という人気のプログラミングクラブ、2回目の開催です!


4年生から6年生まで、31名。基本的な使い方と、LEDを光らせた前回から2週間、手助けなく自分でIchigoJamをつないで、準備できる子多数。 優秀です!忘れちゃってても大丈夫、今回は福井大学から5人の大学生が応援に来てくれています!

まずは、子供に人気な音をだすサウンダーの使い方をまず伝授。 IchigoJamの中央にある黒い部品、IchigoJamのCPU(シーピーユー)であるコンピューターの速さに驚いてもらったら、それぞれの足がいろんなことをやってるんだよと解説。 わかりやすくそれぞれの足の機能が分かる IchigoJam 特製シールを貼り付けてもらって、サウンダーを差し込みます。

差し込んだら、BEEPコマンドで、音を確認してみよう!数値を変えよう!ボタンを押して鳴るようにしよう! と、ひとつずつは短めの説明でも、みんな手で触りながらだと進み具合にばらつきがでます。 大学生が大いに活躍してくれたので、かなりスムーズでしたが、用意してきた九九ゲームを打ち込む時間はなさそうと断念。

代わりに「?」を使った計算のさせ方と、1000*100を計算させて、IchigoJamをバグらせる実験。 一度に全部覚えてもらう必要は全くありません。 むしろ、間違った教えに惑わされないよう、忘れる力はとっても大事。 自分で納得行くまで試して、友達と見せ合い、ひとつひとつ体得するのが、一見遠回りに見える王道です。

反省を踏まえて、プログラミングクラブ活動用のプリントをつくりはじめました。 SVGで埋め込むIchigoJamプログラムの使い勝手がいい感じなので、量産も手軽にできそうです。 A5サイズでのプリントが手元において邪魔にならず、ちょうどいいかも。

IchigoJam プリント」(BEEPと九九の2枚からスタート!)

IchigoJam BASICプログラムをHTMLに簡単埋め込み!(IchigoJamフォントでSVG化するJavaScriptライブラリ)

2016/06/16 23:55:00
#js #IchigoJam 

SVGでプログラマブルな書体を作る話 | dwango creators' blog(ドワンゴクリエイターズブログ)」を見て、IchigoJamのフォントもSVG化、きれいにWebサイトで簡単に埋め込めるようになりました。 忘れがちなエンターもver1.2から追加した「エンターキャラクター」が自動で付くのでわかりやすいはず。

埋め込み方法はこちら。

<script src=http://fukuno.jig.jp/app/IchigoJam/ichigojamlist.js></script> <div id="list"></div> <script>makeIchigoJamLIST("list", f2s(function() {/* 10 PRINT A:LED1:WAIT30:LED0:WAIT30:LED1:WAIT1:LED0 20 PRINT "エルイーディーヲ チカチカ" 30 LET A,A+1:GOTO 10 */}))</script>

プログラムの部分を書き換えればOKです!(サンプルHTML

複数のプログラムを埋め込む場合、先頭の ichigojamlist.js の読み込み行は、1ページ内に1つだけおけばOK、divタグの中のlistをlist1,list2などとそれぞれ違う番号にしてください。

大きさをカスタマイズしたり、いろいろ改造したい方は、こちらのプログラム付きのページ「IchigoJam/FontSVG」をご活用ください!
JavaScript + HTML Canvasでつくった従来版「IchigoJam LIST」も合わせてどうぞ!


IchigoJam Font in SVG - sample

中学校のパソコンルームでかんたんプログラミング体験 - IchigoJam PCを使ったPCN福井県武生第一中学校出張講座

2016/06/14 23:55:00
#IchigoJam #KidsIT 

中学生からの要請があり、武生第一中学校パソコン部への「PCN出張プログラミング教室」開催。 なんと部員は30名超!持ち込んだIchigoJam実機10台と、視聴覚室にあるWindowsパソコンを使ってのプログラミング体験。 PCで動く「IchigoJam PC」を使った教室は初!講師は「けんだま先生」こと、PCN代表の松田さん!

IchigoJam PC を書き込んだ CD-R をパソコンにセット。

Windowsを再起動。

IchigoJam BASICが起動します。プログラミング、はじめのいっぽは「LED1」。
CAPS LOCKのLEDが光ったり、消えたり。じわじわ自分で制御する楽しさが伝わります。
ここの感動は、自分ではんだづけして完成させた後と比べてどうしても薄くはなってしまいますが、あっけないほどに簡単なことが伝われば、ひとまずOK!

プログラミングの基本をちょっと勉強した後は、早速ゲーム「なわとびさっちゃん」を打ち込みます!
ちょっと長いけどゲームのためにはみんながんばる!

ジャンプ力をアップしたり、速くしたり、遅くしたり、重力をなくしたり、キャラクターを変えたり、いろいろいじって遊んでもらいます。(左ALTキーを押しながら'C'を押すと・・・)

赤外線距離測センサーを装備したロボットpaprikaの動きをIcihgoJamのBASICプログラムを書き込み、自律走行させるデモ。

ソレノイドを使ったミニ楽器のデモ。みんな興味津々!

IchigoJamはカタカナがローマ字入力できるんだよ!とつくったクイズゲーム on IchigoJam

ローマ字入力を覚えたての小学校3年生でも楽しく覚えられるように、クイズゲームサンプル付きのプリントにしました。

IchigoJamカタカナ(ローマ字入力)のつかいかた

今日のまとめの話で、今回使った IchigoJam PC の CD をプレゼントするよ!と言った時の喜びようがすごかった。
友達と一緒に、いろいろ作って壊して遊んでみるのがプログラミング上達への近道!

わからないことがあったり、新しいことが試したくなったら、Hana道場や、PCNパリオへどうぞ!

キーボード一体型「IchigoJam X」の作り方&落ちゲーCLMS

2016/06/12 23:55:00
#IchigoJam #maker 

マイはじめてパソコンMSXは、キーボード一体型でした。
すでに実現されている方(ichigojamをキーボードPCにしてみた。)を参考に、テレビのUSBから電源をとる方針でキーボードにIchigoJamを内蔵する「IchigoJam X」を作ってみました。


IchigoJamはキーボードの内部にあって見えません。外部I/Oをすっぱり諦めてます。
ビデオ出力とSOUNDピンからの音声出力ピンがUSBケーブルの途中から分離しているのが特徴です。


USB差込口がついたテレビがあれば、他に何もいりません!


つないだら即起動、LED1、エンターでキーボードのCAPS LOCKのLEDが光ります(IchigoJam PCと同様)


材料
- aitendoのミニキーボード(USキー配置)
- IchigoJam BASIC USキーボード用を書き込んだ LPC1114
- 抵抗(470Ω、100Ω、330Ω) 1本ずつ
- ビデオケーブル(黄、白)
- クリスタル 12MHz


つくりかた
1. ミニキーボードの裏蓋外す(ドライバーでねじ3本)
2. 電池ボックスをニッパーで破壊(IchigoJamを入れる場所確保)
3. LPC1114のVIDEO1に470Ω、VIDEO2に100Ωをはんだづけして両端をつなぐ
4. キーボードの線を5cmほど剥き、緑線と白線をカット
5. キーボードからの緑線をLPC1114のKBD1へはんだづけ
6. キーボードからの白線をLPC1114のKBD2へはんだづけ
7. 配線側の緑線をLPC1114のVIDEO1+2へはんだづけ
8. 配線側の白線をLPC1114のSOUNDへはんだづけ
9. キーボード5V、GNDに三端子レギュレーターをはんだづけ
10. 3.3V出力をLPC1114のVCC(右)へはんだづけ
11. GNDをLPC1114のGND(右)へはんだづけ
12. LPC1114のXTAL位置(IchigoJam by jig.jpの位置)にクリスタルをはんだづけ(写真は未実装)
13. キーボードCAPS LOCKのLEDの+側、GND側をパターンカット
14. CAPS LOCKのLEDの+へ330Ωをはんだづけ
15. LPC1114のLEDをCAPS LOCKの330Ωの先へはんだづけ
16. CAPS LOCKのLEDの-をGNDへはんだづけ
17. キーボードの裏蓋を戻す(きれいに戻すには写真より配線を長く、右の方に配置するといい)
18. USBの先端5cmあたりでカット
19. 黄色ビデオケーブルをカットし、信号線をUSBケーブルキーボード側の緑と接続(熱収縮チューブが便利)
20. 白色ビデオケーブルをカットし、信号線をUSBケーブルキーボード側の白と接続
21. USBケーブルキーボード側の青、プラグ側の青、ビデオケーブル2本のGNDを接続
22. USBケーブルキーボード側とプラグ側のオレンジ同士を接続


ケーブルづくりが肝!


神経をつなぎ合わせる手術な気分


熱収縮チューブの太さが足りず、完全に覆えなかったのが残念!


MSXでゲームづくりに夢中になった頃を思い出しつつ、コラムス風落ちゲー「CLMS」をつくってみました。

10 CLS:?"CLMS SCORE:":P=0 30 FOR I=5TO18:LC 12,I:?CHR$(3);:LC 18,I:?CHR$(3);:IF I<11 LC 7+I,18:?CHR$(3); 31 NEXT:GOSUB200 40 FOR I=0TO2:LC X,Y+I:?CHR$(0);:NEXT 43 K=INKEY() 44 Z=X:X=X+(K=RIGHT)-(K=LEFT):S=0:FOR I=0TO2:S=S+SCR(X,Y+I):NEXT:IF S X=Z 45 IF K=SPACE T=[2]:[2]=[1]:[1]=[0]:[0]=T 47 Y=Y+1:IF SCR(X,Y+2) Y=Y-1:F=1 48 FOR I=0TO2:LC X,Y+I:?CHR$([I]);:NEXT 50 LC16,0:?P:WAIT10 52 IF F IF Y<5 END ELSE F=0:GOSUB200 60 GOTO40 200 FOR I=0 TO 2:[I]=228+RND(3):NEXT:X=15:Y=1:F=0 210 FOR I=13TO17:FOR J=5TO17:C=SCR(I,J):IF !C GOTO 300 220 S=0:FOR K=0TO10:IF SCR(I+K,J)=C S=S+1 ELSE K=10 230 NEXT:IF S>2 FOR K=0 TO S-1:LC I+K,J:?CHR$(0);:NEXT:P=P+S 240 S=0:FOR K=0TO10:IF SCR(I,J+K)=C S=S+1 ELSE K=10 250 NEXT:IF S>2 FOR K=0 TO S-1:LC I,J+K:?CHR$(0);:NEXT:P=P+S 300 NEXT:NEXT 310 T=0:FOR I=13TO17:S=0:FOR J=5TO17:IF SCR(I,J) S=J:J=17 311 NEXT:IF !S GOTO 410 315 FOR J=17 TO S STEP-1:C=SCR(I,J):IF C GOTO 400 320 T=1:FOR K=J TO S STEP -1:LCI,K:?CHR$(SCR(I,K-1));:NEXT:J=J+1:S=S+1 400 NEXT 410 NEXT:IF T GOTO 210 420 RETURN

10行 メモリが足りずコメントが書けない時はプログラム名をPRINT!
30-31行 フィールドを表示(メモリが足りない場合、別プログラムにするのもあり)
44行 左右キーで動かし
45行 スペースキーで絵柄を回転
50行 スコア表示、落下速度調整
200行 ランダムに3つの絵柄を使います(PCGで書き換えておくと楽しい!)
220-250行 縦横、3つ以上そろったものが消えます(同時に揃った場合は横が優先)
310-410行 消えたら上から落とし、更に揃っていたら連鎖!(変数T)

これでほぼ1KB使いきった1022byteですが、スペース削ったり、GOSUB→GSB/RETURN→RTNなど省略形を使うことでもう少し空けられます。 徐々に落ちてくる速度を速くしたり、連鎖した時の得点を思い切って高くすると楽しくなります。BGM、効果音をつけるのもいいですね!

プログラミングで楽しむ音楽、ミニスチールパンxソレノイドでミニ明和

2016/06/11 23:55:00
#IchigoJam #KidsIT 

明和電機が審査員「ソレコン」で気になっていたソレノイド、InteropでのWeb缶たたきを見て、やってみることにしました。

引っ張るタイプのソレノイド、バネがついているのでピンに何かを通しておくと上に戻ります。
引っ張る動きを叩く運動に変えるための機構を3Dプリンタと、抵抗で作成。


サイズを測って、0.2mmほどマージンをとり、2mm厚でケースをつくって必要ない部分を削り、穴を空けたらできあがり。 3Dモデルデータはこちら「Pull Solenoide Shell by taisukef - Thingiverse」。


大人の科学の「エレクトリック・スチールドラム」を下から叩いてみました。


動画 on Vine

材料
- ソレノイド 6Vのとか 1つ
- ダイオード 1つ
- Nch MOS FET 2SKK4017 30円
- 電池ボックス 単3x4本とか
- ミニブレッドボード 1つ
- IchigoJam 1つ
- ジャンパー線 2本
- 抵抗 1kΩ 1本

つくりかた
1. MOS FET をブレッドボードに挿す(表、左からゲート、ドレイン、ソース)
2. 電池の+、ソレノイド(極性なし)、ドレインとつなぐ
3. ソレノイドと平行してダイオードをつなぐ(カソードが電池の+側)
4. ソースに電池の-をつなぐ
5. 抵抗1kΩをゲートとソースにつなぐ
6. ゲートにIchigoJamのOUT1からの線をつなぐ
7. ソースにIchigoJamのGNDからの線をつなぐ
8. IchigoJamと電池の電源をいれる
9. IchigoJamでOUT1,1で引っ張り、OUT1,0で戻る
10. 叩く機構をつくる(今回は3Dプリンターと抵抗)
11. 缶とかを叩く! Let's play music!

ソレノイド、プッシュ型があるともっと簡単にいろいろ叩いて遊べるはずです。
IchigoJamには標準でOUTが7つ(LEDはOUT7で制御可能)、IN4つをOUTに切り替えると最大11のソレノイドを操れます!わくわくしますねっ
リレーも同じ回路で制御できます)


Hana道場では、福井県教育工学研究会のワークショップで、こどもIchigoJamの制作とプログラミング体験。 TK-80をつくったことがあり、BASICの著書もあるという、元福井高専の先生、ひさびさのはんだづけ&BASIC楽しんでいただけました!はじめてでも、ひさしぶりでも、何か創るってステキです。 (360度写真 at Hana道場

参考リンク
- Hana道場イベント情報
- こどもパソコンIchigoJam (on Facebook / on Twitter)

国語とローマ字とプログラミング IchigoJam 1.2β27

2016/06/10 23:55:00
#IchigoJam #KidsIT 

ストーリーは、ゲームの要素のひとつ。
きれいな絵はかけなくても、文字とその説明を伝わる言葉で表現すれば伝わります。

IchigoJamは、日本人の子供向けにローマ字入力によるカタカナをサポート。
モンゴル人、ベトナム人の子供向けにもそれぞれの言葉の入力をサポート。

今の小学校では、3年生の国語の時間でローマ字を習うそうです。
IchigoJamでゲームをつくりながら、楽しく復習してみましょう!

10 ?"ユウシャノ コウゲキ" 20 A=RND(100) 30 ?A;"ノ ダメージヲ アタエタ" 40 IF A>50 ?"マオウヲ タオシタ" ELSE ?"アナタハ シニマシタ"

ローマ字を覚えるための表をつくりました。

カタカナ・ローマ字たいおうひょう」(CC BY IchigoJam - オープンデータ)

意外とローマ字、複雑です。
この表をつくる過程でIchigoJamでの対応漏れが発覚し、キーボード修正と合わせて、1.2.1予定のbeta27を公開しました。
(実装メモリの都合上で LTSU / XTSU による小さい「ツ」の入力には非対応です)

何かご要望あれば、ぜひお寄せください!
Facebookグループ「IchigoJam-FAN

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — 表示 4.0 国際 — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / 高解像度プロフィール画像(和服)