福野泰介の一日一創 - create every day

ふくいAIビジネスオープンラボスタート、IoTはじめのいっぽ研修 11.26 開催決定! 工場にも使えるIoTスティックの作り方

2018/11/07
#IoT #opendata #IchigoJam #fukui 

ふくいAIビジネスオープンラボがオープン!
AI/IoTなどを使ったビジネス創出を目的に、さまざまなイノベーションのカケラを集積、実現を目指します。
運営は、県内IT企業有志、福井県情報システム工業会
こちら月額64円の4Gネットワークを使ったIoT、sakura.io x IchigoJam による、工場機械監視にも便利なスティック状のIoT。 さまざまなセンサーから統計、AI処理で異常状態を必要な場所に飛ばしてすばやくチェックする。欲しいは自分で作る時代です。

2018/11/26(月)午後、初の技術セミナー、IoTプログラミング研修の実施が決定!
会場は、本日開所したAIビジネスオープンラボを予定。


作り方は簡単。まずは家の中から適当なスティック(=棒)を探します。
家にあった、ICをまとめ買いした時の透明な棒、ホットカッターで適度な長さに切りました。


おなじみテープ状、両面テープになっているフルカラーLED、WS2812B


適当な長さにカットし貼り付けます。

続いてプログラムの打ち込み

10 POKE#700,240,181,68,24,90,32,12,73,114,182,128,37,35,120,1,52,255,34,74,96,3,39,10,38,43,66,1,208,10,39,3,38,1,63,253,209,0,34,74,96,1,62,253,209,109,8,239,209,1,56,234,209,98,182,240,189,0,0,1,80 20 N=IOT.IN():IF N=0 CONT 30 IF N=1 R=0:G=0:B=0 40 IF N=2 R=50:G=0:B=0 50 IF N=3 R=0:G=50:B=0 60 IF N=4 R=0:G=0:B=50 70 FOR I=0 TO 20:POKE #800+I*3,G,R,B:NEXT:U=USR(#700,#800) 80 GOTO 20

10行はWS2812B制御用のドライバになる、マシン語コード。(Armマシン語入門 with IchigoJam
関数IOT.IN()を使ってネットからのデータを受け、1で消灯、2で赤、3で緑、4で青に光らせる!


光らせ方はプログラム次第、いっぽずつ理解すれば、初めてチャレンジする大人でも簡単です!

LEDや点灯するものが1つでよければ、もっとシンプル、プログラムはたったこれだけ!

10 N=IOT.IN():IF N LED N-1 20 GOTO 10


福井県国体オープンデータを使った、福井国体アプリのふりかえり会、福井県情報統計課&福井県システム情報工業会!
トロ箱の中は越前がに!?


その前日11/25(日)には、小学生対抗「越前がにロボコン」の開催日。
総務省地域ICTクラブの福井県版、県内9箇所等から参加する小学生によるプログラミング&ロボットの戦いも合わせて、ぜひご覧ください!

links
- 越前がにロボコン - 2018.11.25
- ふくいAIビジネス・オープンラボ | IT
- (一社)福井県システム工業会
- 総務省|「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業に係る採択候補の決定

大鵬薬品、大塚グループで開催、IchigoJamでIoTプログラミングはじめのいっぽ / 人間に必要な栄養素アプリ

2018/10/23
#IchigoJam #opendata #codefor #IoT 

徳島と鯖江に縁がある10月。大鵬薬品&大塚グループの社員のみなさん向けに Code for Japan 鯖江5期、地域フィールドラボ報告会&IoTプログラミング体験会。 IchigoJam、大人向け体験会、増えてます。
大鵬薬品 x 鯖江市、第5期 Code for Japan 地域フィールドラボ事業報告会 - 現場での恊働とデータが生むイノベーション

地域フィールドラボ開始初日に鯖江Hana道場で開催した、IoTプログラミング、大鵬薬品社長の小林さん(上写真、右側の方!)にも体験いただきました!
Hana道場、若宮さんと学ぶIoTとIchigoJamプログラミングと地域フィールドラボ第5期スタート!


鯖江出身、大塚薬品社員の澤田さんからの鯖江自慢からスタート!


プログラミング、はじめのいっぽの「LED1」であがる歓声、大人も楽しいエルチカゲーム。

LED1 OK

あっさりできてしまう、スマホとつながるIoT!

IOT.OUT 15 OK ?IOT.IN() 5 OK

コンピューターの基本は、制御するアウトと、センシングするイン、そして電源。
ネットを通じて制御する IOT.OUT コマンドと、ネットを通じてセンシングする IOT.IN() コマンド。


家の炊飯器のスイッチを入れたり、どこかの温度を定期的にモニターする、などなど。
sakura.ioなら、たった月64円で自分で創れるIoT、楽しんでいただけました。

1 N=IOT.IN():IF N>0 LED N-1 2 GOTO 1 RUN

スマホから2を送るとLEDが光り、1を送ると消えるIoTプログラム。


小林さん、ステキな会場での開催、ありがとうございました!
さくらインターネット、KidsVentureの創始者、高橋さんと陣内さん、と。


Code for Japan 陣内さんによる地域フィールドラボのご紹介。みなさま、興味津津でした!


小林社長も含めて、パネルディスカッション。


地域フィールドラボ@鯖江で大活躍した、大鵬薬品、社長室三浦さん、今後共よろしくおねがいします!


健康をテーマにしたアプリ、人間に必要な栄養素一覧に興味を持ってもらおう作りました!
人間に必要な栄養素 オープンデータアプリ」 ゆるゆる動きます、動かせます、クリックでWikipediaへ!
人間に必要な栄養素 CSVオープンデータ」 Excelやプログラムで編集容易な3つ星オープンデータ

バランス栄養食といえば、大塚グループ、カロリーメイト
完全食ならぬ、完全飲料だって夢じゃない!?

links
- Hana道場、若宮さんと学ぶIoTとIchigoJamプログラミングと地域フィールドラボ第5期スタート!
- 大鵬薬品 x 鯖江市、第5期 Code for Japan 地域フィールドラボ事業報告会 - 現場での恊働とデータが生むイノベーション
- Code for Japan - ともに考え、ともにつくる
- Code for Sabae - 鯖江のために創る部

NASA Space Apps Challenge 2018 東京会場、宇宙ハッカソンで活躍する小学生、NRTでお天気ネクタイを作りたい

2018/10/21
#opendata #space #IchigoJam #megane 

全世界同時多発、宇宙ハッカソン「Space Apps Challenge 2018 - Locations


ステキなイベント、ありがとうございました!(photo from Space Apps Challenge 2018 東京会場
世界みんなで取り組む、アプリで世界をより良くする動き、いろんな世代を巻き込み進んでいきます。


Yahoo!ロッジ、ハッカソン「Space Apps Challenge 2018」東京会場!


Space Apps Challenge 2018 東京会場の審査員チーム!
シークレット審査員、JAXAの鈴木さんも!


「みんな地球の為に集まっているよ!」 by もじゃ-Co


火星で暮らすようになる2040年を見越した「火星センサー Photosensing Dome の開発」


大きなIoT傘で火星の砂嵐を乗り切る!


IchigoJam賞!


NASAのテーマでも力入っている、南極北極、研究対象としても大事なところ


その南極北極を身近に感じる、虫眼鏡型デバイス


グローバルへ進出!


魔法少女として擬人化されたべんぬちゃん


厳正な審査の結果、グローバルへの選出を決めました!
0.07%の確率で地球に衝突するらしい「小惑星ベンヌ」探査機によるデータも楽しみ!


衛星データのビジュアライズをTシャツにしてシェアする作品。コミュニケーションのきっかけになる服、良いですね!


ぶら下がり健康器や、クラッピー付きWiiボードなどいろいろ活用して実現、月歩きを体験するデバイス


なんとNASAのオープンデータに音声が!?
それを使った音楽作品「宇宙の音」宇宙楽器にするとか、おもしろそう


雷のNRTデータ(Near Real Time Data、ほぼリアルタイムデータ)を使った作品。
地球のどこかで落雷があると、写真右下の白い玉が光って音が鳴る!
NRT、いろいろ探すとおもしろそうっ(NRTで検索、234データセットある!)


使いやすいデータとして再配信するのも良いですね!


ロケットが飛ぶか否か、みんなで予想しよう!
ロケット予定オープンデータ、大型LEDで作ったカウントダウンボードをどこかに設置したい!


うなぎの絶滅の謎を、宇宙オープンデータで解析!


大好きなうなぎオープンデータ他、LODでデータをがしがし作ってる小学生、サクくん!


「オープンデータのいいところは、みんなに楽しく使ってもらえるところ!」
オープンデータ界も期待の新星!


宇宙オープンデータでどんどん作品作って、衛星データ、宇宙データへの興味持ってくれるひと増やしましょう!


審査室!


宇宙がテーマの食事、緑の惑星、地球!


全世界同時多発開催「Space Apps Challenge 2018 - Locations
懇親会で活躍、ドイツ会場から日本のビールを注ぐ、IoTビールサーバー


かなり普通のメガネになった、Vuzix製電脳メガネ「Vuzix Blade」(at Vuzix.com)
レンズ面も違和感なし!今回のハッカソンでは登場しなかったものの、虫眼鏡型への応用もおもしろそう。
スマートグラス「Vuzix Blade」ハンズオン:ついにGoogle Glassの理想を実現した? | ギズモード・ジャパン


こちら宇宙ネクタイにしたい、ひとまず、宇宙色に輝くネクタイ by IchigoJam x WS2812B
一部消灯させるカスタマイズ付きプログラムがこちら

10 POKE#700,240,181,68,24,90,32,12,73,114,182,128,37,35,120,1,52,255,34,74,96,3,39,10,38,43,66,1,208,10,39,3,38,1,63,253,209,0,34,74,96,1,62,253,209,109,8,239,209,1,56,234,209,98,182,240,189,0,0,1,80 11 L=30:O=8 12 POKE#704,L*3 15 H=180:S=100 16 V=20 17 A=1<<RND(7) 18 FOR I=1 TO L 20 H=(H+A)%360 30 GSB@HSV2RGB 50 Z=#800+O*3:POKEZ,G,R,B:COPYZ+L*3-1,B+L*3-4,-L*3+3 60 U=USR(#700,#800) 70 WAIT 2 80 NEXT 90 GOTO17 100 @HSV2RGB:R=V:G=V:B=V:IF S=0 RTN 110 D=H/60%6:C=V-(59-H%60)*V/60*S/100:E=V-H%60*V/60*S/100:F=V*(100-S)/100 120 IF!DG=C:B=F 130 IFD=1R=E:B=F 140 IFD=2R=F:B=C 150 IFD=3R=F:G=E 160 IFD=4R=C:G=F 170 IFD=5G=F:B=E 180 RTN

IchigoSodaと宇宙リアルタイムオープンデータを使ってIoT化しよう!

資源の活用が鍵!ERPsimセッション@鯖江 by SAP&Hana道場、こどもERP GAME on IchigoJam

2018/10/20
#opendata #game #IchigoJam #hanadojo 

MS、Adobeと共にオープンデータ推進を発表した、SAP社とHana道場コラボで、経営とデータを学ぶワークショップ「ERPsimセッション」鯖江で開催!

ERPとは、Enterprise Resources Planning(企業資源計画)の略。多様化・複雑化する社会、データを活かした素早い判断が重要。


講師・サポートは、遠路東京から駆けつけてくれたSAPジャパンのみなさん!


SAPはドイツ本社、グローバルで売上約3兆円、全従業員は1万人に迫る勢い。SAPジャパン社長は福田さん! 企業をいい感じにするソフトを提供する会社です。


会社にはいろんな役割があります。ゲームで一通りやってみるっていいですね!
シミュレーション=ゲーム=学習。


参加者全員ノートパソコンを使ってERPsimにログイン、市場価格や、売れ行きなどいろいろデータを見ながら発注したり、値段を決めたり、最終利益額を争うシミュレーション。


1日が1分で進むシミュレーション20分で1ラウンド、ラウンド終了ごとに成績発表して作戦会議し3ラウンド。優勝は学生団体withチーム! 優勝賞品は、ダブル鯖江ご当地IchigoJam「MeganeJam」セット!

状況把握に手間取り、良い成績が残せなかったものの、コンピューターを使ったシリアスボードゲーム的に楽しみました。 学生はもちろん、企業研修にも良さそうですね。

もっとシンプルに商売の基本を遊びで学ぶ、こどもERP GAMEをIchigoJamでつくってみました。
所持金100円でスタート。商品は1種類、1つ原価10円。
販売価格を決め、宣伝し、売上で再度仕入れて12ターン終了後の利益を競うシミュレーション。


12ターン終わって73円の利益、という成績でした。

ERP GAME on IchigoJam のプログラムはこちら

1 'ERP GAME 10 G=100:S=0:P=10:R=50:T=1:E=12 20 CLS:LC0,5:?"ERP GAME":?:?"TURN:";T;"/";E:? 30 ?"NEDAN:";P:?"ZAIKO:";S:?"MONEY:";G:? 40 ?"1:NEDUKE":?"2:SHIIRE":?"3:SENDEN":?"0:NEXT":INPUT N 50 IF N=1 INPUT"P YEN:",P:IF P>100 P=100 60 IF N=2 INPUT"GENKA 10YEN N:",M:IF M*10<=G G=G-M*10:S=S+M 70 IF N=3 INPUT"KOKOKU YEN:",M:IF M<=G R=R+M:G=G-M 80 IF N!=0 GOTO 20 90 A=(15-P)*R/50+RND(R/10) 100 IF A<0 A=0 ELSEIF A>S A=S 110 ?"SALES ";A:WAIT30:?"URIAGE ";A*P;"YEN":WAIT60 120 G=G+A*P:S=S-A 130 IF T<E T=T+1:GOTO 20 140 ?:?"RIEKI ";G-100;"YEN"

コアは、90行の売れる個数を決めるアルゴリズム。
価格Pと知名度Rでベースが決まり、知名度Rを上限にしたランダムで売れる数を決めています。

アルゴリズムから乱数を排除したり強めたり、推移をグラフ化したり、自動発注化したり、商品増やしたり、倉庫代を徴収したり、あれこれ改造して遊んだり、遊んでもらったりしてみましょう。

IchigoSodaを使ったり、スマホ対応して、みんなで遊べるゲームにしたり、1ターンをリアルな1日とし、毎日ちょこちょこ遊ぶゲームにするのも楽しそう。

SAPのみなさん、楽しい時間、ありがとうございました!!

links
- SAPのERPが凄かった。リアルタイム経営シミュレーション体感セミナー開催しました | きらきら星のつぶやき☆
- SAPのERPが凄かった②!体感型ビジネスコンペディション開催! | きらきら星のつぶやき☆

津山高専でIoT講習、アイデアは組み合わせ!発想広げるアプリ idea3x3

2018/10/19
#opendata #IoT #IchigoJam #kosen 

高専プロコンの伝説、きょろちゃん出身、津山高専、寺元先生のお誘いあって2度目の訪問!
秘密はニックネームで呼ぶ先生、伝説の津山高専とオープンデータ


高専生向け体験会と


社会人向け体験会の2本立て!


ITで地域が変わる!大人も楽しいIchigoJamプログラミング体験会 (PDF)


アイデアは組み合わせ!・・・を


アプリにしました「idea3x3
3つずつの単語を組み合わせて、9つの組み合わせを表示するだけですが、発想を広げるきっかけにしてみましょう。


プログラミング版スポ少、地域ICTクラブを広めたい!


自宅や納屋、どこかの電気をスマホで入りきりするプログラム体験。

1 N=IOT.IN():IF N LED N-1 2 GOTO 1 RUN

ちょっと画面がビリビリするのはIchigoJamががんばっている証。
スマホの画面から2を送信すると点灯、1を送信すると消灯。なんでもコントロールできちゃいますね。


楽しんでいただけた、IchigoJam、ご家庭で続けるには、キーボードをご準備ください!
サンワサプライさんは岡山の会社!


ディスプレイは家庭のテレビでもOK!


webでいつでもどこでもサポート!


シス研にもおじゃましました!


津山高専、2018インターンOB、キムに再開!


鶏白湯らーめん「Cock o Noodle Do
津山、jig.jpメンバーのお父さんがやっているというラーメン屋さん訪問!


柚子風味がいい感じラーメン!


餃子が入った手羽先、編み上げ春巻き、餃子のセット「鳥ニティー」自家製ラー油がおいしい


Cock o Noodle Do」オリジナルシール、もらっちゃいました!

links
- ITで地域が変わる!大人も楽しい、IchigoJamプログラミング体験会 iNつやまこうせん - 津山瓦版

データを磨こう! オープンデータの緯度経度チェッカー

2018/10/18
#opendata #codefor #SPARQL 

オープンデータという公共物、間違いを見つけたら、どんどん指摘して、キレイにしていきましょう。 いざ使ってみると、いろんなデータ間違いに出会います。

オープンデータ間違いの種類
1. 誤字・誤記(URL間違い)
2. 表記ゆれ(半角全角、空白の有無、略称などで発生しやすい)
3. 種別違い(数値のところが文字になってるなど)
4. 値がおかしい(緯度と経度を入れ間違っているなど)
5. 古い(リンク切れ、見つけ次第、新しくするか、IoTやCMSで自動更新化を検討)

越前ナビ」を作った際、なぜか地図が表示されないと思ったら、緯度と経度が逆になっているデータが混ざってました(間違い種:4)。応急措置として、変なデータは緯度経度を入れ替える形で対応しておきました。

今回は、緯度経度の間違いに絞って、それらを可視化するアプリ「緯度経度チェッカー」を作成。

緯度経度が範囲外にあるデータを取得する、SPARQLクエリーはこちら

prefix rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> prefix xsd: <http://www.w3.org/2001/XMLSchema#> prefix geo: <http://www.w3.org/2003/01/geo/wgs84_pos#> select ?uri ?name ?lat ?lng ?graph { graph ?graph { ?uri rdfs:label ?name; geo:lat ?lat; geo:lng ?lng. filter( xsd:float(?lat) > 90 || xsd:float(?lng) < -180 || xsd:float(?lat) < -90 || xsd:float(?lng) > 180 ) }}

日本の端の一覧 - Wikipedia」のデータを使って、日本範囲外のデータを抽出して表示しています。

最北端 択捉島・カモイワッカ岬 45.557777,148.753888 最南端 沖ノ鳥島・北小島 20.425182,136.069771 最東端 南鳥島・坂本崎 24.286666,153.980555 最西端 与那国島・西崎 24.449444,122.933611

データがキレイになると、気持ちよくプログラミングできますね

越前と付く観光地はいくつあるか? 5つ星オープンデータ活用アプリ、越前ナビ

2018/10/17
#fukui #opendata #codefor 

福井、古くは越前藩。越前と名がつく観光地はいくつある?
越前市、越前町、南越前町と住所に越前が入っているので、それを検索で求めることは難しい。

5つ星オープンデータのアイデアはシンプル、データに意味をつけること。
観光地や住所を単純に文字列として捉えるのではなく、観光地名の名称と住所をきちんと分けて管理できる。

なかなか使い心地がよかった徳島県オープンデータを使った「阿波食ナビ」をベースに「越前ナビ」を作成。

越前ナビ共通語彙基盤対応、5つ星オープンデータ活用!

オープンデータという目に見えないインフラ整備は、まだはじまったばかり。
使う人が増えれば増えるほど整備は進む。

一人ひとりの使う気持ちが進める、次世代インフラ事業。
関心ある方は、ぜひお近くの Code for へ!

鯖江付近の方「Code for Sabae」でお待ちしてます!

web発明者による新ソーシャルプラットフォーム「Solid」はじめのいっぽ with GitHub

2018/10/01
#web #solid #js #opendata 

web発明者TimによるLinked Dataベースの新プラットフォーム「Solid」発表!
“Webの父”バーナーズ=リー氏、個人情報をGAFAからユーザーの手に戻すプロジェクト「Solid」立ち上げ - ITmedia NEWS
One Small Step for the Web... — Inrupt
Tim、MITを休職、W3C業務を減らし、Inruptを共同創業という本気っぷり!

こちらSolidアプリはじめのいっぽ、チュートリアルを日本語化して、1項目追加したもの

プロフィール ビューワー for Solidsrc on GitHub


「Log in with Solid Community」でログインすると、名前、ノート、友達が取得できます。

アカウント名は速いもの勝ち、とりあえず自分のWebID、ひとつ作ってみましょう。
Solid」→「Get a Solid POD


「Solid Community」で「GET A POD」


Registerで登録!
これで上記のアプリ「プロフィールビューワー」が動作します。(ログインは、Solid Communityを選ぶ)


ちょっとわかりづらい友達(知っている人 knows)追加の方法は、自分のカードをホームアイコンの左で編集画面にいき


下部にある同心円状の白黒の丸に誰かのWebIDのURLをドラッグアンドドロップすると、追加されます。
WebIDの例:https://taisukef.solid.community/profile/card#me

WebID、ぜひお知らせくださいっ
(2018.10.4追記 「Add a friend on Solid! Add a link to make friends on your new open SNS. #solid #js #web」)

続いて、Solid appづくり
昼休み中にできちゃうアプリづくり、やってみましょう!(Build a Solid app on your lunch break)

チュートリアルを見てもOKですが、もっと簡単、日本語化した Solid app on GitHub を活用ください。
GitHubで、forkして、Settings、Sorceを「master branch」でSaveして、しばらく待つと、https://[自分のgithub ID].github.io/profile-viewer-tutorial/ でアクセスできます!

今回触ったJavaScriptコードは、たったこれだけ (main.js)

const VCARD = $rdf.Namespace('http://www.w3.org/2006/vcard/ns#'); // Display their note (added by taisukef) const note = store.any($rdf.sym(person), VCARD('note')); $('#note').text(note && note.value)

RDFlibというJSのライブラリを使って、人や人との関係を表すFOAF語彙のRDFデータに認証情報付きでいろいろとシンプルにアクセスできます。

Solidのドキュメントには、Linked Data、Solid Appのつくりかた、Solid Serverの立て方なども!

はじめよう、新しいwebへの小さな一歩!
Let's start a small step for new web!

links
Solid (MIT)
- Solid (GitHub)
- Solid Project @ MIT (@SolidMit) | Twitter
- ウェブの父バーナーズ・リー氏、「データを企業から個人の手に取り戻す」新計画 - ZDNet Japan
- “Webの父”バーナーズ=リー氏、個人情報をGAFAからユーザーの手に戻すプロジェクト「Solid」立ち上げ - ITmedia NEWS
- One Small Step for the Web... — Inrupt

こどもに力を、SaaSで作る「気」を送るIoT! 超教育協会 x CSAJプログラミング教育委員会

2018/09/28
#opendata #python #IchigoJam #kosen 

舞鶴高専出身、さくらインターネット田中さんが委員長を務める、CSAJプログラミング教育委員会に初参加、総務省提唱の地域ICTクラブと採択地域の一例として、福井県こどもプログラミング協議会などを情報提供。

いかに次世代を創るか、企業も行政も、国を含む地域を超えて人類共通の課題。MSX世代だったり、BASICからマシン語へと燃えたあの時も共有できてうれしい。(Armマシン語入門 with IchigoJam


こどもの創造と表現の場を2002年から提供し続ける、NPO法人CANVASの理事長で、超教育協会の幹事、石戸奈々子さん with 光るイチゴ帽子

便利なSaaSがあふれる現代、パソコンさえあれば、サーバーの契約など面倒なことをしなくても、オープンデータの公開、解析、人工知能活用までこどもであっても一直線。 ガンガン小中学生が楽しいエンジニアリングの世界の第一線に来れる環境づくりを目指したい。


KI of taisuke fukuno - Ambient」気分によって送信される福野泰介の「気」の値、オープンデータ

BASICでIoT、IchigoJam x sakura.io や、無線LAN MixJuiceを使ったこども簡単IoT。 サーバーがないこども視点で使えるサービス「Ambient」を使ってみました。

メールアドレスがあれば、無料登録でき、チャンネルをとりあえず生成。チャネルIDと書き込み用のライトキーと値を Python で書いたプログラム sendambient.py で送れば、即折れ線グラフ化してくれました。(参考、AmbientDataInc/ambient-python-lib - GitHub

import http.client import json import sys domain = "ambidata.io"; record = { "writeKey": sys.argv[2], "d1": sys.argv[3] } requestJson = json.dumps(record) headers = { "Content-Type": "application/json" } connect = http.client.HTTPConnection(domain) connect.request("POST", "/api/v2/channels/" + sys.argv[1] + "/data", requestJson, headers) response = connect.getresponse() print(response)

呼び出しコマンドはこちら([writekey]は一応秘密、だけど非SSL)

python sendambient.py 6728 [writekey] 15

送ったデータの読み出しは、単純にwebアクセスで JSON で取得ok!
http://ambidata.io/api/v2/channels/6728/data
(callbackパラメータを指定できるとwebアプリで簡単に使えてうれしいところ!)

IchigoJam x MixJuice を使ったサンプルの丁寧な解説もあります!
IchigoJam + MixJuiceで製作するIoTセンサ – Ambient

いろんなサービスとの連携、開発、提案、紹介していきたいと思います!

教育は最大の投資なり

平成最後の国体障スポ、福井にて今週末開会! ゲーム会場マップアプリ with 国体競技会場オープンデータ

2018/09/27
#fukui #opendata #game 

国民の健康は、富の源泉。スポーツ推進事業、国体。平成最後の国体が、今週末福井で開会式!
・・・といっても、すでにいろいろと競技が始まっている不思議。
ハンドボール会場への永平寺シャトルバスでもオープンデータとIoTが活躍!


福井国体 ゲーム会場マップ
福井国体障スポの全競技会場(福井県提供のオープンデータによる)をマッピング!
せっかくの機会、お近くの競技会場をチェックするのもいいかもですね!


しあわせ元気 お役立ち情報アプリ / 福井国体障スポ」もあわせてどうぞ!


鯖江駅に設置された福井高専学生開発のカウントダウン、いよいよあと1日(9/28朝)


福井県内各地でいろんな「はぴりゅうくん」を見ます(こちら鯖江駅前)


鯖江といえば、メガネ、つつじ、レッサーパンダ!
つつじは咲いていませんが、レッサーパンダがかわいい西山公園と、鯖江のメガネが数千本!めがね会館はオススメです!

links
- 2018「福井しあわせ元気」国体・障スポ
- 福井県オープンデータ(福井国体関係含む、その他)
- 国体と障害者スポーツの初融合!福井国体・障スポ やわらか競技一覧アプリ

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像