2022-06-29
東京周辺で見る電話ボックスより少し大きめ、ヒトカラブースにも見えるこちら

東京駅改札内にあるJR東日本が運営する「Station Work」の「STATION BOOTH」。出先でのテレビ会議に便利だったので、シビックテック!


中の様子。内側に折りたたみで開く電話ボックスの扉も特徴的でしたが、こちらも外の混雑時でも扉に当たらない、半回転式の扉。そのため、足元左側に荷物はおけません。座って仕事するには十分な広さです。勝手に「仕事ボックス」と名付けます。


「仕事ボックス シビックオープンデータ - Station Work」

Suicaを持っていれば、その場で使う時間を決めて、使用可能!予約無しで、登録なしでもすぐ使えるのも電話ボックス的。ISDNの灰色電話機にモジュラーケーブルでモデムでつないで通信していた約20年前が懐かしい!

利用時間は15分単位、275円/15分、1,100円/時間。バーチャル背景技術でもまだ必要なのは静かな環境。福井なら車が即仕事場にできますが、都市部出張時の悩み、これで解消!


「VR仕事ボックス - Station Work」

Meta Questなどを持っている方は、こちらLiDARで撮影した3Dオープンデータを使ったアプリで実寸体験をどうぞ!


「仕事ボックス シビックオープンデータ - TELECUBE」

こちらはテレキューブによる仕事ボックスも使える場所、シビックオープンデータとしてまとめてみました。利用前に登録は必要ですが、STATION BOOTH同様に使えそうです。緯度経度付きのデータがありがたい!


「code4fukui/workbox: 仕事ボックス - GitHub」
新しい文化、ぜひ各社GIF(政府相互運用性フレームーワーク)準拠のオープンデータ化が進んでほしいところです。
非公式で公開する、シビックオープンデータ、CSV/JSON公開。日時GitHub Actionsにより、自動更新しています。


ひさびさ東京ビッグサイト!


自治・公共WEEK 2022


アイデアボックスの自動処理さんブースにて、高木さんと!
(参考、デジタル庁の新アイデアボックススタート、福井県・千葉市のアイデアも含めて横断検索&ガチャ


沖縄高専発ベンチャー、外骨格ロボットの開発・製造「スケルトニクス」に初搭乗。


ドローンショーで使われるドローン。シミュレーションをVRで作ってみるのもおもしろそう!


Shaw, Jinny and Mary (ショウジニーアンドメアリー)
発見した謎展示


障子のヤブレを通してみると、裏にいる人がガイコツになって見える、障子デバイス。UHA味覚糖連携の「ぷっちょあーん4Dゴーグル」など、テクノロジーによるおもしろい連携、広がっていきそう!
クアドラ自社コンテンツ最新作 「Shaw, Jinny and Mary(ショウジニーアンドメアリー) 」発表のお知らせ | PYRAMID FILM QUADRA INC

データとテクノロジーで広げましょう!

2022-06-28
HTMLなどのコンピューター用の言語で書かれた文書を意味毎に区切るなど解析することをパースすると言い、パースするプログラムをパーサーと言います。

ブラウザ上のJavaScriptで使えるDOMParser(ドムパーサー)は、HTMLやXMLをパースしてくれる便利機能!ですが、Denoでは未対応なのでサーバーで使うためには何か別途ライブラリが必要です。

そこで作ったDeno用DOMParser!
「DOMParser.js」

HTMLParserと先日整備したXML用のDOMParserをくっつけただけですね!

使い方は簡単!
DOMParserをimportしたら、あとはブラウザ上で使うときと同じように書くだけ! import { DOMParser } from "https://js.sabae.cc/DOMParser.js"; { // Aタグのリンクを抽出する //const html = document.body.innerHTML; const html = await Deno.readTextFile("index.html"); const dom = new DOMParser().parseFromString(html, "text/html"); const as = dom.querySelectorAll("a"); console.log(as) as.forEach(a => console.log(a.getAttribute("href"))); } { // XMLの構造を表示する const xml = "<xml><a href=a>a</a><a href=b>b</a></xml>" const dom = new DOMParser().parseFromString(xml, "text/xml"); console.log(dom) } HTMLやXML、ガシガシ解析しちゃいましょう!


「NPMGraph - advanced-html-parser」

これを機に、HTML用のDOMParserを新たに探してみましたが、「advanced-html-parser」は、npmでの依存関係がちょっと深くてhe(HTML Entities)の移植だけして中断。互換性などで不都合あってからまた考えることにします。


「NPMGraph - node-red」

おもしろかった、npmの依存関係をみるツール。こちら、先日使ったノーコードツール「Node-RED」の依存関係を表示してみた図です。様々な開発者が作った、282のオープンソースからできていることが分かります。ブラウザやDeno用に作ってみるのも良さそうですね。

2022-06-27
プログラミングとシビックテックを学ぶ講座 in 越前市
最終回のテーマは「一人前のシビックテッカーになろう」
大事なのは、自分でもできる感!

シビックテックの中心は、アプリづくり。もちろん、ヒアリングや調査から課題を見つけたり、アイデアを出したり、出来たアプリをプロモーションしたり、アプリに関するいろんな役割がありますが、簡単なアプリづくりは全高校生が習う標準スキル。自作から公開まで体験しておきましょう。

オススメは、GitHubを使ったオープンソースのWebアプリ開発。GitHubアカウントを取得し、自作した福井の観光アプリをアップするまでをやってみましょう!Issuesでお互い見て意見交換すると、その場でオープンソースの開発の楽しさ、体験できます。

本日の教材、GitHubの使い方、観光アプリの作り方はこちらをどうぞ
みんなでつくる福井の観光アプリ on GitHub


「お城当て」

みんなで作ったアプリからいくつか紹介、福井のお城オープンデータ、集めて福井バージョンつくるのもいいかも


「さくらいとにゅーあぷり」
>コメント on GitHub
さくらいとが登場する、絵本のような、かわいい作品


「福井クイズ」

写真から福井かどうか当てるクイズがおもしろい!


「クイズ福井オアノット」

派生して、次々でるステキ写真が福井かどうか当てるクイズゲームにしてみました。
bg関数と変数を使った応用プログラムになっています。オープンソースから、コピペして技、盗んでみましょう!


もちろんオープンソースです!ES-Jamへコピペして、いろいろ試してみましょう。


「都道府県宛クイズ」
オープンソース on GitHub
写真がどこの都道府県か表示するサンプルアプリ。FIND/47のステキ写真がいいですね!

FIND47シビックオープンデータ by Code for FUKUI」JSONデータの取得にも対応しました。


Code for FUKUI、多様なシビックテッカー、誕生!

早速腕試し、シビックテックなイベント、7/16!
福井県presents みんなでつくる稼ぐ観光ハッカソン
はじめてみませんか?まちをよりよく、シビックテック

高専生・学生の方には、本格チーム開発を学べる「jigインターン」も参加エントリー受付中!

2022-06-26
東尋坊をフォトグラメトリ。強風のため十分とは言えない素材ながらフォトグラメソッドで作ってみると思った以上の出来に!
LiDARで撮った東尋坊石碑と説明モデルと共にGitHub「vr-tojinbo by Code for FUKUI」にて公開。


「VR東尋坊」

PCでカーソル上下左右、スペースで上昇、シフトで下降。マウスで視点を動かせます。ドローンに載った気分で飛び回れます。(Matea Questや、スマホでの移動方法は別途開発必要、プルリク歓迎!)


岩場から海を覗いてみる感じがなかなかにリアル。


お土産屋さんや、IWABAカフェが見えますね。


スペースで上昇、上空から全体像。


岩には名前がついています。それぞれ丁寧にモデリングするのもいいですね。


「tojinbo-guide.usdz」

iPhone/iPad/Macで表示、AR表示できます。Windowsの方も、ダウンロードしてBlenderのUSDZプラグインで開けます。(・・・が、Metscanで書き出したファイルはテクスチャーがうまく表示されませんでした)


「tojinbo-stone.usdz」

東尋坊石碑、こちらもLiDAR、MetScanで撮影。バーチャル記念撮影にどうぞ!
CityGMLのLOD (Level of Detail)に対応して、近づいたら精細なモデルを表示するなどの工夫の余地はまだまだあります。


LiDARは大きさが正確なので、フォトグラメトリのモデルの大きさ合わせに使いました。なので、東尋坊の3Dモデルはほぼ実寸なはず。


「vr-tojinbo - VR東尋坊3Dモデル on GitHub」


「東尋坊 - VRふくい」

360度写真でもどうぞ!「VRふくい」にもデータ追加!
フォトグラメトリしたモデルにテクスチャーとして貼れるとよりリアルにできるかも?

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
本ブログの記事や写真は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供します。記事内で紹介するプログラムや作品は、それぞれに記載されたライセンスを参照ください。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / 「一日一創」画像 / RSS