福野泰介の一日一創 - create every day

左右約90度、プログラミングで角度を指定するとその通りに動かしてくれるサーボモーター。
お手頃価格が人気のSG90、ちょっと改造すると正転逆転、連続して無限に回転するモーターにできちゃいます。
IchigoJamでテストしていますが、何にでも使えます!


IchigoJam-FANに投稿されたステキな幾何学模様を描くロボットづくりや、カニロボコンにも!?


プラス精密ドライバーで分解!(100均でも手に入ります)


上側の蓋が簡単に外れます。この状態で回してみると、出っ張りで引っかかる様子がわかります。(やりすぎと壊れるので注意)


引っ張ると取れる、出っ張りがあるギア。


ギアの出っ張りをニッパーでカットして戻します。(ニッパーも100均にあります)
(PWM命令で、可動域を越えて指定するとたまにロックして壊れてしまう問題を防ぐのにも使えます)
シールを剥がせば、下側が開きます。(サーボホーンを付けておくとバラけなくてよいです)


制御ICとセンサーらしき配線がでてきます。


サーボをだいたいセンターにして測ってみると2.4kΩ。全体で5kΩの可変抵抗なようです。


角度判定は必要ないので、根本からカット!


ポテンショメーターへの線もカット!


可変抵抗替わりに抵抗2つで分圧してやり、常にセンターだと錯覚させましょう。
2.4kΩ推奨ですが、分圧するだけなはずなので、同じ抵抗値なら他のでもok!(チップ抵抗を使うのもありですね!)
はんだづけして2つを合体して・・・


まずはセンターにはんだづけ。


両端もはんだづけしてできあがり!(上下逆の方が収まりよかったかも)


精密ドライバーで元通り組み立てて、無限回転化サーボのできあがり!
モータードライバーなしで、前後回転、速度調整もできちゃいます!

10 N=147 20 N=N-BTN(28)+BTN(29) 30 ?"PWM2,";N 40 PWM2,N 50 WAIT5 60 GOTO 20

こちらテストプログラム(左右で値を変更して、PWMコマンド!)
ファームウェア1.4なら、50行のWAITがなくてもOKです。

SG90は、秋月電子で400円。
まとめて買うなら、Amazonで互換品が10コで2,200円
時間がかかったりしますが、Aliexpressで100コで$103とかで買えます!

改造が面倒な方は「360°連続回転サーボ(ローテーションサーボ) SG90-HV」をどうぞ!

作った作品、お気軽に投稿ください
IchigoJam-FAN

IoT人流センサーでも活躍、超音波で距離を測るセンサー「HC-SR04」は、デジタル入力を使ってアナログ量が測れます。
0か1かしかないデジタルでどうやって、量がわかるのでしょう?
1になるまでの時間を見るのです。

改めて、このセンサーの使うプログラムを見てみましょう。
(測距センサーHC-SR04:IchigoJam、Trig:OUT1、Echo:IN1、GND:GND、Vcc:5V)

10 OUT1,1:OUT1,0:A=0 20 A=A+1:IF IN(1) CONT ELSE ?A 30 WAIT 5:GOTO 10

OUT1としてしまうと、他のOUTポートもまとめてコントロールしてしまうので、OUT1,1:OUT1,0と変更しました。
これがセンサーのTrigとなり、超音波センサーの2つの丸めの1つから超音波のパルス(短い時間の1)が発射されます。
この超音波が返ってくるまでの時間を変数Aを使って、IN1が0になるのを待つ。Aが距離。
以上が使い方の基本です。

OUT1が埋まっている時は、TrigをOUT2から6まで空いているところに挿して、例えば10行をOUT3,1:OUT3,0とかすればOK!
IN1が埋まっている時は、EchoをIN2から4までの空いているところに挿して、例えば20行をIN(2)とかすればOK!

(測距センサーHC-SR04:IchigoJam、Trig:OUT3、Echo:IN2、GND:GND、Vcc:5V)

10 OUT3,1:OUT3,0:A=0 20 A=A+1:IF IN(2) CONT ELSE ?A 30 WAIT 5:GOTO 10

IchigoJamが速いほどに、近いものが認識でき、細かく測れます。高速化した1.4β、お試しください!

いろんなセンサーやモーターを組み合わせて、誰も作ったこと無いものつくっちゃいましょう!


HC-SR04 x IchigoJam S

更に、精度が必要な場合や、ファームウェアの書き換えが面倒な場合、マシン語を使って時間計測を高速化します。

R0=0 R1=[@IN3]L @LOOP R2=[R1]L R0=R0+1 R2-0 IF !0 GOTO @LOOP R0=R0>>9 RET @IN3 DATA L #50000080

IN1のアドレスは #50001000 でした。
IN2はアナログ入力設定になっているので切り替えが必要なため、少しややこしい。
IN3のアドレスは #50000080
IN4のアドレスは #50000100
となります。

これをasm15を使ってアセンブルするか、マシン語表を見ながらハンドアセンブルしてできるマシン語がこちら。

10 POKE#700,0,32,3,73,10,104,64,28,0,42,251,209,64,10,112,71,128,0,0,80 20 OUT1,1:OUT1,0:?USR(#700,0) 30 WAIT 5:GOTO 20

このアドレスの求め方、IchigoJamのCPU、LPC1114の取説によると、PIO0のベースアドレスは #50000000
IN3は、PIO0_5の場所なので ?"#5000";HEX$(1<<(5+2),4) → #50000080
IN4は、PIO0_6の場所なので ?"#5000";HEX$(1<<(6+2),4) → #50000100
(参考、マシン語でLEDを光らせよう! - IchigoJamではじめるArmマシン語その4


Hana道場、越前がにロボコンに向けて開発が進んでます!超音波センサーを違うポートで使いたい?


2つのモーター制御に、たまごを惑星においてくるためのサーボ制御、ライントレース用の2つセンサー、もりもりです!
これにレアメタル判定用に、超音波センサーを追加!


福井の小学生向けご当地ロボコン「越前がにロボコン」いよいよ今週末11/3開催
11/3日 9:00-17:00 ショッピングシティ ベル、あじさいホールにて!(Googleマップ

バイバイワールド製、客寄せ拍手ロボット「ビッグクラッピー」のナノ版「ビッグクラッピーナノ?
IchigoJam仕掛けの自動演奏!

ソレノイドでランダムなリズムを刻みます。

10 L=8 20 P=RND(256):?BIN$(P,8) 30 FOR J=0 TO 3 40 FOR I=0 TO 7 50 IF 1<<I&P OUT1 60 WAIT3:WAITL-3 70 NEXT 80 NEXT 90 GOTO 20

シンプルな自動演奏プログラム!


ソレノイドの制御は、MapleSyrupのモーター接続用端子CN5のOUT1,2につないで、IchigoJamからOUT1で簡単に作動。(microUSBで電源を取る場合はJ1をジャンパーで接続、MapleSyrupで電源を供給する場合はJ1のジャンパーを外しましょう)

OUT1:WAIT3:OUT0

これでパチっと1回鳴らす。WAIT2だと軽めに鳴らす。WAIT1だと短すぎて鳴りませんでした。OUT1でソレノイドの電磁石に電気が流れっぱなしになって発熱します。ショートカットF7で OUT0 で、動かしていない時は切っておくのが安全です。


組み立てキットになってます。


レーザーカッターで作られたギリギリ切れていないパーツをプラモデルのようにパチパチ外すのが楽しい!接着組み立て用の瞬間接着剤や、バリ取り用紙やすりが付属するので、ドライバーだけ準備すればOK!


付属しているソレノイドをUSB電源で制御するボタン付き基板で動きを確認。自動的に戻るバネなしモデル。自重で元に戻る力を利用するパターン。 今回はMapleSyrupで制御するので、ソレノイドの線を切って使います。(タカハ機工製5Vソレノイド、SSAH-0830は単品での取り扱いはないのかも?)


やさしい説明書を見ながら、各パーツを組み立て、合体してできあがり!(台座への取り付けがちょっと堅かった)

仙台で初開催でゲスト審査員として参加する「みやぎプロコン」では、特別ワークショップ
PCNやHana道場も出展している、明和電機のラジオスーパーでも買えますよ!


かわいいビッグクラッピーナノ?さん、今週末開催「さばえものづくり博覧会(10/25-27)」内、NT鯖江(10/26-27)でも活躍してもらいます!
楽しみましょう、ものづくり!

links
- みやぎプロコン
- 拍手ロボット「ビッグクラッピーナノ?」をつくろう!【電子工作ワークショップ】|みやぎプロコン
- 第6期ラジオスーパー出店者一覧 - 明和電機 - Maywa Denki明和電機 – Maywa Denki
- さばえものづくり博覧会
- NT鯖江2019 - PukiWiki

第30回全国高専プログラミングコンテスト、通称、高専プロコン!
楽しい作品と、元気な高専生に会えました。
感謝と激励の意を込めて、こうするともっとおもしろい!? 勝手な一言感想&追加アイデアを写真と共にお届けします。


J11 一関 Child−like-子どもの「得意」を知る学習支援システム-
何をもって分かるかはこども、それぞれ。3種に分けた特性、通常の学習方法には向かない子供向けに特化した、IT機器があるがゆえに実現できる具体的なカリキュラムの提案ができると強そう!


J17 岐阜 TBM-TrashBoxManager-
自らLINEで呼びかけ、一杯を予測するIoTゴミ箱。物珍しさを前面に出して、イベントトータルサービスへの昇華もありかも。月60円のsakura.ioを使ってリサイクルボックスへの横展開もぜひ。


J6 仙台(広瀬) ふろっく
ブロック型プログラミングを物理で実現!ひとつひとつのはんだづけされたブロック、工夫された磁石による接点がうまく動いていた。他にPCが必要なくスタンドアローンで動いていてステキ。オープンソース化とキット化しての手頃価格での販売から始めてみよう!


K13 呉 語Live-カタリベ-
災害における事象をフォーマットを定めて時系列に記録、追体験できるアプリケーションへとつなぐと良さそう。いつどういう状況で、どういう指令が出されたのか、ふりかえり大事。


K15 鳥羽商船 とばまっぷ-現在・過去・未来のまちの姿を地図上に可視化-
元町内会長で元市長からの要望でスタートした実用アプリ。市役所の協力によって、個人情報に近づく攻めたデータの活用ができているのがポイント!地域連携の好例!


J13 都城 ハザップ-避難訓練に革新を!-
避難訓練にTRPG的要素を加えて、リアルフィールドでチーム戦するゲームにすると楽しい。絶体絶命都市もヒントになるかも。参加者の動きを知る神様チームとフィールでサバイバルするチーム、どちらも楽しそう。


J9 広島商船 アリスteaパーティー
ぬいぐるみと声でつながる!音声認識と音声合成技術が手軽になっておもしろい。映像に頼らない声だけもいいかも。話者認識してみんなで楽しむTRPGのコンピューター化もいいかも。


K2 熊本(熊本) CHEER RING-地域マラソン応援システム-
メッセージの読み上げや、声でメッセージによって応援が届くのがおもしろい!走っている人の見ている風景、速度、乱れ具合などのデータ中継もあると遠隔からの応援も捗りそう。


K6 米子 スマートカーブミラー-高齢歩行者交通事故防止システム-
光り輝くちゃんちゃんこなど、歩行者側が積極的に目立つ仕組みもありかも。


J7 沖縄 GooTravel-オフライン下のインバウンド支援システム-
オフラインでもシンプルに案内。いくといいことあるかも感を出すクーポンなど、データを出すお店側もあるといいかも。


J5 阿南 あ!水ダス(AMIZDAS)-水災害を自ら防ぐ水位監視システム-
実際に何度も設置していて、完成度高い!オープンデータ化とデザイン好きや、機械学習好きな高専生が使いたくなる仕組みを加えて水位を身近にできるといいかも。NICT賞、目指せ日本一


K16 呉 TOWN HERO-地域で助け合うWEBアプリケーション-
匿名投稿による気軽なまちでの助け合い!災害時だけでなく平時でも使える身近にしておくのとよいですよ!(参考、千葉市のちばレポ、鯖江市のさばれぽ


K9 沖縄 うみまもる-離岸流事故防止システム-
海の中でのデバイスづくりという難問にチャレンジした、海の沖縄ならではの作品。画像解析や、衛星データによる離岸流推定と組み合わせてデバイスレス実現のアルゴリズム発見に繋げられるとすごそう。


J8 鳥羽商船 JO−HARI
姿勢推定を使ってフォームを3Dモデルとして記録し、AR/VRデバイスMirageSoloで再生してチェック。位置合わせに難点があるけど、いっそVRでもよかったかも。Oculus Questのコントローラー、より直感的に使えてオススメ!ARCoreやARKitでスマホ化できると手軽で良さそう。


K8 東京 :::doc-自動点字相互翻訳システム-
頼むと時間がかかってしまう文字が書かれた紙の点字化をその場で実現。実際読んでもらいながら、読みやすい点字文章への変換アルゴリズムが良さそう。点字プリンターとのセット販売が熱いかも!?点字を身近にする墨字化カメラが作りたい。


J3 鈴鹿 あなたとリビング-遠隔日常会話実現デバイス-
単身赴任のお父さんとの自然なコミュニケーションを実現するデバイス。関係性によってベストな間は様々。足りない部分を埋めるモノ。いろいろ探してみるのもおもしろそう。


J20 熊本(熊本) FormTube-運動姿勢を評価するサポートシステム-
無線式の加速度センサーを9コ使って運動する姿勢を記録しアドバイス。どう知らせ、どういうメリットを感じてもらうか、利用者側からの視点でのアプリやUXデザインに落とし込んでみよう。データを集めて機械学習、最終的にはスマホやメガネデバイスだけでアドバイスできたら最高!


J14 香川(詫間) Cre:えいと
影からの3Dモデル化と破壊が楽しい。ひとつ具体的なゲームや、影アニメーションツールにしてみるとより伝わるかも。


K20 松江 Graffiti Arcade-ラクガキ出来る商店街-
ホース型デバイスで建物を落書きし放題!こどもの夢実現になっておもしろい。スプラトゥーンばりにバケツとかもっと派手にぶちまける感出せるとアーティスティック!


K12 沖縄 uniHome-地域と都会に住む家族をひとつに-
8x8のマトリクスLEDとサーボを使ってシンプル安価でかわいいロボットを実現!名前をつけてあげてオープンソースハードウェア化して、沖縄高専名を広めよう!


K10 松江 ANIMAL CAPTURE-車椅子利用者向けの新ARゲーム-
車椅子にのって、手も使わないでできる体を動かす新しい遊びの提案。映像を中継してみんなでわいわい、スイカ割り感覚で楽しさがステキ。ARCore/ARKitとスマホVRゴーグルで手軽に実装できるのも要チェック!(参考、スマホARとSwiftかぼちゃデモ


K1 熊本(八代) まちもりブザー-地域で子どもを見守る防犯システム-
こどもがもって楽しいデバイスとは何か?安全だけじゃない子供側視点を入れると楽しそう。


K14 香川(詫間) Unexplored Road Explorer
オープンストリートマップの道路グラフを抽出して独自ナビを実装する意欲作!鯖江駅と同様、都城駅も駅裏へ抜ける地下道が登録されていないため、Googleのナビはぐるっと遠回りを案内され、被害者数名。地域のナビは地域で創ろう!


K4 弓削商船 SearchーaーBLE-さがし、つながる街づくり-
弓削商船高専、BLEの落とし物をサーバーレスで実現!落とさない時にも楽しく使える工夫を考えてみるとおもしろいかも!?


J10 熊本(八代) Silent Recorder
マンションなど家での練習が難しいリコーダーを電子楽器化!吹き込む量をマイクで測定、押されているかをフォトトランジスタで判定。半押しは未対応。本物さからは離れるけど、圧力センサーを使って運指の練習のみにコンパクトに特化するのも手かも。


J19 熊本(熊本) CCCeB-コメントで繋がる教育支援システム-
高専生は自分達の授業自体もハック可能!おもしろくない授業、どうしたらおもしろくなるか、先生と一緒にあれこれ試して情報発信すべし!(参考、講演時に好評、コメント.net


J2 東京 Gulliver Blocks-VRで新しい創造体験を-
深度カメラでブロックの積まれ具合を判定し、VR空間で再現!ミニフィグをおいて、Oculus Questを使うとミニフィグになって歩き回れる感がでて更に楽しそう。創る人と、VR空間で遊ぶ人それぞれが楽しめる仕掛けを加えたい。


J18 大島商船 観音-音のミエル世界へ-
擬音が見えるという衝撃!マンガ的な表現にこだわり、機械学習を進めて、いろいろ認識するようになると楽しそう!


K3 阿南 TOZAN-もっと楽しく運動!地元の山がゲームの舞台に!-
改造したステッパーで地元の山をフィットネスゲーム化!歩きながら記録するスマホアプリや、観光データの活かし方もよい。写真から3Dモデルを生成する注目の技術、フォトグラメトリを使ってみるのもいいかも!(with 初音ミク by @DuckbillStudio


J15 弓削商船 Re:Take-反転授業時代のビデオ作成システム-
スクリプト言語から動画を生成する、動画教材生成コンパイラ!まずは情報系の先生をターゲットに自分の声、姿を使わず質の高い授業づくりができる!IchigoJam教材などで使いたいので、何か良い名前をつけてぜひ公開を!


J12 サレジオ 玄白-内視鏡手術支援裸眼立体視インターフェース-
大学技術との連携がおもしろい!手術するお医者さん用に設置型で見せる3D。Looking Glassが熱い!デモを見せる立体視にはOculus Goや、スマホVRが便利だよ。


J4 有明 NukuNuku-熱が見える不思議なデスク-
高解像度なサーモグラフィー(7万円〜15万円)を使った不思議感が楽しい。8x8の低解像度なら4,950円 at SwitchScience!変なデバイスを遊びで使うの楽しいね!


J16 八戸 CanGakki-組み替え可能な知育管楽器-
ダンボールで組み立てる楽器キットがかわいい!吹くときのアナログ感をうまく出せればぐっと楽しくなりそう(参考、LPC810を使ったFM音源

展示している学生が、みんな楽しそうに紹介してくれたのが印象的でした。
自分で作ったものを自分で展示する場、NTイベントの開催とかどうでしょう?


10/26-27、さばえものづくり博併催の「NT鯖江2019
バリエーション豊かな30もの出展者さんが集まってくれることになりました。(出展者一覧会場ブース配置)
何かやってみたい人、ひとまずふらっと見に来てください!
なにかつくろう!みせてみよう!

外出中、就寝中、気になるネコの行動。
ちゃんと水を飲んでるのかな?の心配を安心に変えるホームIoT。
IchigoSoda(sakura.io x IchigoJam)を使えば、プロトタイピングかんたん!


水の増減はg単位。容器も水も含めた水飲み用のお皿の重さは1kgちょっと。20Nまで計測できる圧力センサーでちょうどいい。
圧力センサーは500円〜(圧力センサー@秋月電子通商


今回使用したのは家にあった「圧力センサーFSR400 SHORT」(大きめもある
端子にジャンパーワイヤーをはんだづけ。


押された力、圧力に応じて抵抗値が1MΩから力いっぱい押して2kΩまで変わるので、10kΩなどの抵抗と直列につないで、両端に電源(VCC/3.3V)とグランド(GND)をつなぎ、中間の抵抗と圧力センサーの接点からIN2へとつなぐ。


台座は適当なものがなかったので、ひとまず余った基板にピンソケットをカットして足を3本つくってはんだづけ。
足3本だと浮く心配がない。100均でゴム足みたいのを買うと良さそう。


まずは実験。圧力センサーの値をプログラムで表示。

10 A=ANA(2) 20 ?A 30 WAIT10 40 GOTO10 RUN

手で押さえたらいろいろ変わることを確認して、台座の足ひとつの下に圧力センサーをひいて、水をセット。スプーンで水をすくってみたり、揺らしてみたり、値が変化してそう?

5 B=ANA(2) 20 ?A,A-B 25 B=A

差分も見るプログラムに変更してみると、変化量がよくわかります。検出できそうです!

22 IF A-B>7 IOT.OUT 1

一定量減ったらIoTで通知するように、プログラムを追記。(for IchigoJam 1.3)
ネコの「みずのみナウ」をスマホで見えます!
あとは、sakura.ioのAPIを使えば、過去の水を飲んだ時間をチェックできるようになります。

ネコのちょっとした変化を見逃さない、ネコIoTプログラミング!


Hana道場でもネコとIoTに向けた実験!
ご家庭の、職場のちょっとした困りごと、IoTを使って自分で解決してみたくなったら、鯖江Hana道場へ!

WS2812BWS2811(PL9223)を使った、小さな光り物作りに便利なLPC810。
IchigoSerialを流用して、LPC810へプログラムを書き込む治具、LPC810writerを作りました。

devkit-LPC810で開発したプログラムを、IchigoSerialで転送!
Arm Cortex-M0+最大30MHz、Flash4KB、RAM1KBのLPC810を操れます!


今回は持ち運びできるように、ユニバーサル基板で作ってみます。DIP8ピン用ICソケット、ピンソケット、線材を用意。


配線はんだづけ完了。裏面もジャンパーでいろいろ配線あり。


IchigoSerialでも使ったUpverterで設計。ありもの部品なら検索して簡単配置。


配線、楽!
1で表、2で裏、2層の配線を使い分けます。
画面下のステータスバーから、グリッドを25milか50milにして、グリッドにスナップするとキレイに仕上がります。
基板の外形はレイヤーを Mechanical Details に切り替えて線を引きます。ベタGNDの方法はこちら
LPC810 writer by taisukef | Upverter
USBシリアルとの融合版もいいかも!

思い立ったその場で作って使えて間違っても直しやすいのがユニバーサル基板で作る魅力ですが、配線が多くなると作業が大変。 最安発注値が$11まで下がった今、少し余裕を持ちつつPCBの活用が便利。 ミスは成長の元。リカバリーできる設計などもきっと身につくと思って怖がらずにトライ!

オリジナル基板発注ハンズオン講座とかどうでしょう?

モジュールで作ったIchigoSerial、回路も部品数も少なく安いので、IchigoJam専用のキットにしてみます。


CH340Cさえあれば、USBシリアルを作るための部品はこれだけでOK!(0.1uFコンデンサx2)


1.27mmピッチの表面実装は、フラックスをさっと塗って、先の細いはんだごてを使えば、意外と簡単!


CH340Cのピン配置をみながら、ブレッドボードで配線。


IchigoJamとの接続、ISP/RESETの制御もOKでした!

では、回路と動作の確認ができたので、PCB(プリント基板)を作ってみましょう!
ブラウザだけで作れてしまう、オンラインのPCBエディタ、Upverterを使いました。

部品を検索して、置いて、つないで、回路図を完成させるのが基本です。
部品がない?なければ部品をつくりましょう!
作ったパーツは登録できて、自分はもちろん、誰かに再利用してもらえます!
作成部品:CH340CIchigoJamのCN3 10ピンUSB-Aオス(aitendo)


続いて、PCBレイアウト。つなぐべき場所が緑の線でガイドされるので、全部つないで完了!


できたUpverterのプロジェクト「IchigoSerial」から、Gerber Formatでzipファイルをダウンロード。
* 注意、まだ動く保証はありません!!


Gerber Viewerで確認できます!


PCBGOGOは5枚、$5、ePacketを使うと送料$6の計$11から頼めちゃいます!
(安い送料の秘密は、日本郵便の国際eパケット、初めて見ました)

注文、支払いが完了したら、あとは送られてくるのを楽しみに待つだけです。
手軽になったオリジナル基板発注。ぜひ簡単なものからぜひどうぞ!

PCとのIchigoJamなどマイコンとを簡単につなぐ、USBシリアル
簡単な回路で使えるUSBシリアル、CH340Cのモジュールを使って、IchigoJamに接続する治具、IchigoSerialを作ってみましょう。
USBシリアルIC、CH340C、なんと10コで$2.55(@aliexpress)、30円で買えてしまいます。
今回は1つ$0.56のモジュール版を使ってみました。


どのIchigoSerialがお好みですか?(IchigoJamの次、左から)
- IchigoSerial 超シンプル版
- IchigoSerial 電源供給版(制御信号アップデート可)
- IchigoSerial 豪華版
- (USB延長ケーブル DAISOなど)
- (USBA-USB-C変換 DAISOなど)


IchigoSerial 超シンプル版
材料
- USBシリアルモジュール CH340C
- L型ピンヘッダー(4ピンにカット済み)
- 抵抗などの切れ端や線材


DTRに当たる3ピン目を引き抜き、TXD/RXD/DTR/基板外、となるようにピンヘッダーを差し込み、はんだづけ。


GNDからはみ出したL型ピンヘッダーまで切れ端でつなぎます。まずはGNDにはんだづけ。


はみ出た4ピン目はちょっと強引に差し込むため少し歪んでいますが、大丈夫。


次にはみ出したL型ピンヘッダーへはんだづけ。このようにペンチで支えると楽です。


はんだづけしたところ。余計な切れ端はニッパーでカットしてできあがり!


無事、接続できました!(driver for CH340C
電源はUSBシリアルからは供給していないので、別途IchigoJamにつなぎましょう。
OUT6をGND代わりに使っているので、OUT6,1などとすると通信できなくなります。実験してみましょう!

IchigoSerial 電源供給版(制御信号アップデート可)

ピンヘッダーはペンチで簡単に折って好きな長さで使えます。USBシリアルでISP/RESETも合わせて制御するためには10ピンか間違いにくい14ピンがオススメ!


DTR信号がOUT5と衝突してしまうので、ペンチで引き抜きます。


3.3VとGNDをつないでできあがり!


こちらも動作確認OK!
USBシリアルから3.3Vを取っているので、IchigoJam側には電源不要!(キーボードを使う場合は、5Vが必要なことがあります)
DTRをRESETに、RTSをISPに接続することでファームウェアの書き換えの自動化も可能です。ISPとGNDへの手動接続が面倒になったら改造しましょう。

IchigoSerial 豪華版

IchigoJam用ユニバーサル基板を使ってみます。


横向きで作ってみます。


できました!なかなかコンパクトで頑丈そうな仕上がり。


机の角を利用すれば、USB延長ケーブル不要で、直挿しOK!
Ruby on Jamで遊ぶ、IchigoJamのファームウェアを頻繁に書き換える人にはこちらがおすすめ!

2019年鯖江で初開催、NT鯖江の会場、嚮陽会館をVRで体験できるようにしてみました。

VR嚮陽会館
Oculusなどをお使いの方、建物入り口からどうぞ!右手コントローラーで白い丸をたどっていけます。
A-FRAMEを使った、JavaScriptのプログラムや、THETAによる嚮陽会館360度写真は、オープンデータ&オープンソース on GitHub


VR嚮陽会館 大会議室
こちらメイン会場、このリンクでPCなどでも眺められます。


Googleマップのストリートビュー風に擬似的に歩く感じができました。


広々した1F、こちらは当日、鯖江ものづくり博が同時開催されます。


大会議室の間取り、ひとまず手書きのもののコピーをもらって、コンセント位置を追記!

つくってみたもの、見せてみよう!
だれかのつくってみたもの、見に行こう!
NT鯖江」出展者も受付中です!

洗濯ロボットを作るとして、きれいになったかどうかを見るためのセンサーに、水の濁り具合を見る、アナログ濁度センサー(SEN0189)が使えそう。

鯖江、Hana道場にて、高校の先生と実験!


こちらGravity、DFROBOTの濁度センサー。敷居設定付きのデジタルとアナログ、出力方式を切り替え可能。


取っ手がついているをセンサー側につけよう。(逆だとセンサーが反応しない)


ジャンパーワイヤ3本、黒っぽい、赤っぽい、その他の色を準備し、黒、赤、青の延長として接続。IchigoJamに、黒をGND、赤をVCC、その他の色をアナログ入力に対応した、IN2に接続して、準備完了! (仕様上の電源は5Vですが、3.3Vでも動くので便宜的にVCCに接続しています。40mAとそこそこ電流も必要なので、うまく動かない場合は、本来の5VをCN5から取得するなどして使ってください。その場合の入力は後述の分圧が必要です)

数値のチェックは簡単、ANA(2)の値を表示するだけ!

?ANA(2)

空気中、水、濁った液体など、いろいろなシチュエーションでの値を見てみよう。


水道水。625という値。1023が3.3Vなので、2.02Vの出力がでているということ。
連続表示する場合は、プログラム!

10 ?ANA(2) 20 WAIT60 30 GOTO10 RUN

1秒毎(=60回の画面書き換え/60フレーム)に値が連続して表示されます。(VIDEO3で文字を拡大表示)
表示する間隔を広げる、狭めるのは、20行の数値を変えて、エンター、再度RUN(=F5)でOK!


ちょっと牛乳を混ぜたら、621。


もうちょっと混ぜて、593。濁るほどに電圧が下がります。


ここまで濁ると、289。


もっと濃くすると、138。久々の化学実験、おもしろい!

繰り返しと配列を使って、数値をIchigoJamに記録しておくことも!

5 FOR I=0 TO 101 10 A=ANA(2):?A:[I]=A 20 WAIT60 30 NEXT RUN

102コ記録すると止まります。N秒目の値を見たい時は

?[N]

全部ずらっと画面に表示

FOR I=0 TO 101:?[I];" ";:NEXT

IchigoJam上で簡易的なグラフ化するのもありですね!
もっとたくさん値を保存した場合、0-255ばでの値に限られますが、POKE#700,A で、#7FFまでの256コ保存できたり、いろいろ工夫次第!


本来の電源5Vを使う場合は、アナログ入力値が飽和(最大値の3.3Vをオーバー)してしまうので、同じ値の抵抗2つ(この場合10kΩ)を使って分圧することでIchigoJamで読み取りできます。


Gravity DFROBOTのセンサー群、いろいろつないで楽しめます!(濁度センサーは別売り)
身の回りのコンピューター、もっと使いやすく、もっと性能アップするにはどうするか!?
いろいろチャレンジしてみましょう。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像