福野泰介の一日一創 - create every day

大鵬薬品、大塚グループで開催、IchigoJamでIoTプログラミングはじめのいっぽ / 人間に必要な栄養素アプリ

2018/10/23
#IchigoJam #opendata #codefor #IoT 

徳島と鯖江に縁がある10月。大鵬薬品&大塚グループの社員のみなさん向けに Code for Japan 鯖江5期、地域フィールドラボ報告会&IoTプログラミング体験会。 IchigoJam、大人向け体験会、増えてます。
大鵬薬品 x 鯖江市、第5期 Code for Japan 地域フィールドラボ事業報告会 - 現場での恊働とデータが生むイノベーション

地域フィールドラボ開始初日に鯖江Hana道場で開催した、IoTプログラミング、大鵬薬品社長の小林さん(上写真、右側の方!)にも体験いただきました!
Hana道場、若宮さんと学ぶIoTとIchigoJamプログラミングと地域フィールドラボ第5期スタート!


鯖江出身、大塚薬品社員の澤田さんからの鯖江自慢からスタート!


プログラミング、はじめのいっぽの「LED1」であがる歓声、大人も楽しいエルチカゲーム。

LED1 OK

あっさりできてしまう、スマホとつながるIoT!

IOT.OUT 15 OK ?IOT.IN() 5 OK

コンピューターの基本は、制御するアウトと、センシングするイン、そして電源。
ネットを通じて制御する IOT.OUT コマンドと、ネットを通じてセンシングする IOT.IN() コマンド。


家の炊飯器のスイッチを入れたり、どこかの温度を定期的にモニターする、などなど。
sakura.ioなら、たった月64円で自分で創れるIoT、楽しんでいただけました。

1 N=IOT.IN():IF N>0 LED N-1 2 GOTO 1 RUN

スマホから2を送るとLEDが光り、1を送ると消えるIoTプログラム。


小林さん、ステキな会場での開催、ありがとうございました!
さくらインターネット、KidsVentureの創始者、高橋さんと陣内さん、と。


Code for Japan 陣内さんによる地域フィールドラボのご紹介。みなさま、興味津津でした!


小林社長も含めて、パネルディスカッション。


地域フィールドラボ@鯖江で大活躍した、大鵬薬品、社長室三浦さん、今後共よろしくおねがいします!


健康をテーマにしたアプリ、人間に必要な栄養素一覧に興味を持ってもらおう作りました!
人間に必要な栄養素 オープンデータアプリ」 ゆるゆる動きます、動かせます、クリックでWikipediaへ!
人間に必要な栄養素 CSVオープンデータ」 Excelやプログラムで編集容易な3つ星オープンデータ

バランス栄養食といえば、大塚グループ、カロリーメイト
完全食ならぬ、完全飲料だって夢じゃない!?

links
- Hana道場、若宮さんと学ぶIoTとIchigoJamプログラミングと地域フィールドラボ第5期スタート!
- 大鵬薬品 x 鯖江市、第5期 Code for Japan 地域フィールドラボ事業報告会 - 現場での恊働とデータが生むイノベーション
- Code for Japan - ともに考え、ともにつくる
- Code for Sabae - 鯖江のために創る部

津山高専でIoT講習、アイデアは組み合わせ!発想広げるアプリ idea3x3

2018/10/19
#opendata #IoT #IchigoJam #kosen 

高専プロコンの伝説、きょろちゃん出身、津山高専、寺元先生のお誘いあって2度目の訪問!
秘密はニックネームで呼ぶ先生、伝説の津山高専とオープンデータ


高専生向け体験会と


社会人向け体験会の2本立て!


ITで地域が変わる!大人も楽しいIchigoJamプログラミング体験会 (PDF)


アイデアは組み合わせ!・・・を


アプリにしました「idea3x3
3つずつの単語を組み合わせて、9つの組み合わせを表示するだけですが、発想を広げるきっかけにしてみましょう。


プログラミング版スポ少、地域ICTクラブを広めたい!


自宅や納屋、どこかの電気をスマホで入りきりするプログラム体験。

1 N=IOT.IN():IF N LED N-1 2 GOTO 1 RUN

ちょっと画面がビリビリするのはIchigoJamががんばっている証。
スマホの画面から2を送信すると点灯、1を送信すると消灯。なんでもコントロールできちゃいますね。


楽しんでいただけた、IchigoJam、ご家庭で続けるには、キーボードをご準備ください!
サンワサプライさんは岡山の会社!


ディスプレイは家庭のテレビでもOK!


webでいつでもどこでもサポート!


シス研にもおじゃましました!


津山高専、2018インターンOB、キムに再開!


鶏白湯らーめん「Cock o Noodle Do
津山、jig.jpメンバーのお父さんがやっているというラーメン屋さん訪問!


柚子風味がいい感じラーメン!


餃子が入った手羽先、編み上げ春巻き、餃子のセット「鳥ニティー」自家製ラー油がおいしい


Cock o Noodle Do」オリジナルシール、もらっちゃいました!

links
- ITで地域が変わる!大人も楽しい、IchigoJamプログラミング体験会 iNつやまこうせん - 津山瓦版

みんなでつくる地域ICTクラブ、福井高専IT研究会と鯖江商工会議所あたらしもん好き勉強会

2018/10/12
#IchigoJam #IoT #VR #megane #swift #kosen #sabae 

福井高専電子情報工学科、1年後期から、いよいよプログラミングの授業スタート!
初回は IchigoJam を使って、自分のパソコンづくりとプログラミング入門。
ひとりずつはんだづけした後、エルチカ、かわくだりゲーム、10秒あてIoTゲームをペアでつくってコンピューターを操る感覚を掴んでもらいました。


はんだづけスタート!
自分のパソコンをまだもっていなかった学生も、ひとまず1台ゲット。


個性がでるはんだづけ、部品をまっすぐつけることにこだわる!


女子は髪をこがさないよう、注意!


できあがった IchigoJam S。すっきりシンプルになったこともあってトラブルも減って1コマ、90分ちょっとでほぼ全員完成!


ペアプログラミングスタイルで、プログラミング入門&IoTはじめのいっぽスタート!

IchigoJam かわくだりゲームの改造版(点数追加、スペースキーでボム、時間でだんだん速くなる)

10 CLS:X=15:CLT 20 LC X,5:?"O" 30 LC RND(32),23:?"*" 35 WAIT 6-TICK()/180 36 X=X-BTN(28)+BTN(29) 37 X=X&31 38 IF BTN(32) CLS 40 IF SCR(X,5) GOTO20

IchigoJam BASIC リファレンスを見ながら、解読してみよう!
ネットでじっくり学ぶテキスト「IchigoJamプリント
ブラウザで動く、IchigoJam web もあるよ!
良い作品ができたら、Kidspod;や、電子工作マガジンに投稿しよう。
わからないことがあれば、IchigoJam-FAN (Facebook) か、#IchigoJam (Twitter) へどうぞ!


福井高専の電子情報工学科を選択した42名、楽しくプログラミング学んでいきましょう!
作ったIchigoJamは、実験でも使いますよ!
(現在福井高専は、1年生が混合学級をとっていますが、専門科目の時間は各クラスから集まって実施)


福井高専IT研究会に新1年生を勧誘!PCN鯖江にも新メンバー!


福井高専メディア研究会のラジオ番組新コーナー「OBさんいらっしゃい」に出演!
OB/OGというのは冗長なので、語源はともかくOBで統一する形でいきましょう。


ものづくりのまち鯖江ならではの、新基軸情報発信を目指す会!


体験しないとわからない、VR/MRの世界 at 鯖江商工会議所の新企画「あたらしもん好き勉強会#1」

アイデアディスカッション、その1「続きはリアルで!鯖江のVRと言えば?」

メガネを作っている職人視点VR(製造工程) コンサート映像VR(人形浄瑠璃、サンドーム) 歴史VR(近松門左衛門) 西山動物園(動物間近でみる) 鯖江の郷土料理のつくりかたVR動画(サバエドッグ) 加藤吉兵衛商店で酒造り見学、中松で飲む気分VR ドローン映像、上空から鯖江(鳥視点) 福鉄運転席 サバエドッグ視点 観光ガイドVR(自治体とお年寄りがネック?) 美術館・博物館の美術品を見せる

アイデアディスカッション、その2「ミライのメガネ」

カーナビ(人生ナビ) 年収見えるメガネ 共通の友達が見えるメガネ 自分との相性が見えるメガネ(好感度) 料理のカロリー見える(アレルギー) スイカの糖度判定(果物) 透けるメガネ 寿命が見えるメガネ(デスノート) 財布替わりになるメガネ 見るだけで最安値が見えるメガネ(レビュー) 店の評価が見えるメガネ リアルなマリオブラザーズ(クリボーがでてくる) 武家屋敷復元 メガネがスマホの替わりになる(事故率下がる、猫背が治る?) 組み立て手順をガイドする

もりあがった、MR、電脳メガネ。
オープンソースな電脳メガネアプリをSwift4.2に対応し、ちょっとバージョンアップ。
「Megane」src on GitHub

世界が印刷物風に見えるメガネと


世界がステンドグラス風に見えるメガネを追加!

メガネのまち鯖江だけに、IT研究会でもOculusなどメガネ系に関心ある学生多いかも!?
今度持っていくのでお楽しみに!

河川水位センサーに使う高性能距離センサーをIchigoJamでテスト!

2018/10/11
#IchigoJam #IoT 

安価なIoT水位センサーづくりを、IchigoSoda (IchigoJam x sakrua.io) を使ったオープンソースハードウェアとして実装して、広く活用できるように行いたい計画。 使っているセンサーは「HRXL-MaxSonar」、分解能1mm、アナログ出力、パルス幅出力、シリアル出力と3種類のデータ取得方法に加え、省電力設定、温度センサー出力もあり!


この大きな筒状のものが、水位センサーとして使っている測距センサー「HRXL-MaxSonar

データーシートを見ると、割りと簡単に使えることが分かります。アナログ出力をIchigoJamのアナログ入力にいれてもOK。 9600bpsのシリアル出力が一番精度が高いとのこと。

UART9600

BPSを設定し、センサーの3ピン(GND、電源、シリアル出力)をジャンパー線で、IchigoJamのGND/VCC/RXDに、3本つなぐとでました、距離データ!

シリアル入力から受け取る信号をパース(字句解析)して、数値化するプログラムはこちら。

10 BPS9600:UART1,1 20 N=0:M=1000 30 K=INKEY():IF!KCONT 40 K=K-ASC("0"):IFK<0||K>9GOTO20 50 N=N+M*K:M=M/10:IFMGOTO30 60 ?N 70 GOTO 20


プログラミングがちんぷんかぐんでも大丈夫!
まずは手を動かし、体験し、目で感じたものが、ホンモノです!


Hana道場のIchigoSodaで生まれたIoT火災報知器!
IoT活用による商品開発の支援を行いました | エル・コミュニティ
IoTの活用例、どんどん増やしていきましょう


400人の福井県立大学生を前に、鯖江の取り組みを話す Hana道場 の運営母体である、NPO法人エル・コミュニティ、竹部さん。

まずは一歩、前進!

IoT光るイチゴ帽子のつくりかた - 久留米高専プログラミングラボ部訪問とPCN久留米誕生!

2018/10/09
#IchigoJam #kosen #IoT #kurume 

佐世保高専からの久留米高専プロラボ部へ(久留米高専の部活の一つ、プログラミングラボ部)
4限目がなかった、2、3年生の部員さんが迎えてくれました。


遊んでくれてありがとう!


黒木さんの部屋、入ってすぐ目に入った、カッチャマン(勝屋さん)の絵!
佐世保高専でのIoTプログラミングの様子をご紹介。
高専生から中学生へ「はじめてのプログラミング、はじめてのIoT」 / 佐世保高専での学び


PCN久留米、爆誕!?
PCN三重代表の岡村さんの出身地のすぐそば、待望の久留米拠点!


鯖江から来たので、電脳メガネも布教。
comiceye - Macがあれば、Swift3で自由に開発可能ですよ!


LED1からはじめるプログラミング、ゲームもこうしてこうすると、あっという間に楽しいゲーム。
ブラウザ上で動くチュートリアル付き「IchigoJam web」で、ぜひ楽しいプログラミング体験を!


sakura.ioモジュール搭載、IchigoSodaなので、1行足すだけでネットランキング対応に!

60 IOT.OUT S

もう1行足せば、スマホからスタート信号を送ることが可能に!

5 IF IOT.IN()=0 CONT

IOT.IN()コマンドは、何もデータがないときには0を即座に返します。(1.2b64ファームを使用)


一瞬でIoT化し、望むままに即座に仕様が変わる「かわくだりゲーム」を体験


IoTはこどもでも使えて当たり前の時代、どう使うかの勝負!
高専生にも人気な光るイチゴ帽子をIoT化しちゃいましょう。


テープ状のマイコン搭載フルカラーLED、WS2812Bを調達し、30コ分切ります。
30コ980円60コ1,580円300コ3,280円 WS2812B on Amazon)
ジャンパー線を3本用意して・・・


はんだづけ!
これをIchigoJamのVCC/GND/OUT1に挿しこみ、次のプログラムで光る!

10 POKE#700,240,181,68,24,90,32,12,73,114,182,128,37,35,120,1,52,255,34,74,96,3,39,10,38,43,66,1,208,10,39,3,38,1,63,253,209,0,34,74,96,1,62,253,209,109,8,239,209,1,56,234,209,98,182,240,189,0,0,1,80 20 U=USR(#700,#800) SAVE0 Saved 220byte OK POKE#800,900,090,009 OK RUN OK

メモリの16進数#800から緑、赤、青の順に明るさを設定して、マシン語呼び出しでWS2812Bを発光させています!
光らず、固まってしまったら、マシン語の入力をどこか間違えているので、LOAD0して、確認しましょう。

キーボード入力で、30コ全部光らせるには・・・

20 INPUT N 30 FOR I=0 TO 29:POKE#800+I*3,N/10%10,N/100,N%10:NEXT 40 U=USR(#700,#800) 50 GOTO20

IoT.IN()コマンドで光らせるように改造するには・・・

20 N=IoT.IN():IF N=0 CONT

と、超簡単、でしょ!?


WebSocketでつながったwebアプリをスマホで表示して、RGB値を10進数3桁で送ればその色に光る!
生徒の意のままに変わる、先生の帽子の色!
天気や、外の混雑具合に合わせて変わる帽子もオシャレですねっ

何を光らせると目立つか?
そんな時は、ギャル電を参考にすべし「電子工作でパリピな夏を独り占め!サイバーパンク大五郎!! | dotstudio
色相を使って美しく「WS2812B x IchigoJamでエモいウェアラブル「イチゴ帽子」プログラミング入門とマシン語、舞鶴x鯖江コラボに向けて


またね!

ちらっと紹介した全国から集った高専生16名で、がっつり開発する3週間、jigインターン、来年もやりますよ!
インターンブログをのぞいてみよう → 「jigintern2018’s diary

(おまけ)
WS2812Bを制御するマシン語プログラムが気になる人へ (asm15のソースです)

' OUT1 WS2812B DOUT [R1+`0001]を変更でOUTnに変更可能 ' R0 - data count 30コ固定 ' R1 - base address (初期はRAM offset) ' R2 - OUT value 0/#FF ' R3 - data value ' R4 - data address G1,R1,B1,G2,R2,B2 .... ' R5 - bit count ' R6 - wait count buf ' R7 - wait count @WS2812B PUSH {LR,R4,R5,R6,R7} R4=R0+R1 R0=30*3 R1=[@GPIO1]L CPSID @LOOP_DATA R5=#80 R3=[R4] R4+=1 @LOOP_BIT R2=#FF [R1+`0001]L=R2 R7=3 '(3*4+1)=13 <- 16.8+-7.2 R6=10 '(10*4+1)=41 <- 43.2+-7.2 R3&R5 IF 0 GOTO @SKIP R7=10 '(10*4+1)=41 <- 43.2+-7.2 R6=3 '(3*4+1)=13 <- 16.8+-7.2 @SKIP R7-=1 'wait R7*4+1 clock IF !0 GOTO -1 R2=0 [R1+`0001]L=R2 R6-=1 'wait R6*4+1 clock IF !0 GOTO -1 R5=R5>>1 IF !0 GOTO @LOOP_BIT R0-=1 '+6clock IF !0 GOTO @LOOP_DATA CPSIE POP {PC,R4,R5,R6,R7} 'RET @GPIO1 DATA L #50010000

個数を変える場合は R0=30*3 を変更でOK!asm15の出力では2行になりますが、200字で収まるので1行化しました。

マシン語なんて知らないよという人も安心。入門があります!
はじめてのマシン語 - IchigoJamではじめるArmマシン語その1

マイコン、クラウド、FPGA、自在にコンピューター使いこなそう!

高専生から中学生へ「はじめてのプログラミング、はじめてのIoT」 / 佐世保高専での学び

2018/10/08
#IchigoJam #kosen #sasebo #IoT #doc 

福岡、高知とつながった高専での情報セキュリティ人材育成プログラムの縁で、佐世保出張ワークショップ。
中学生へとプログラミングを教えられる高専生を育成してほしいという、嬉しいオファー!

イベント後、楽しんでくれた中学生達、佐世保高専生も良い顔してるっ

こちら資料「はじめてのプログラミング、はじめてのIoT (PDF)
ppt / keynote ファイルで必要な方、ご連絡ください!

午前中に事前講習、はじめて使うIchigoJamsakura.io、準備も手伝ってもらいつつ、楽しい予習のスタート!
sakura.ioモジュールの組み立て。4G通信に必要なアンテナ2本をモジュールに接続。

IchigoSodaには番号を振っておくのがオススメです。

sakura.ioモジュールをセットアップする手順をノートPCを使って習得。

ナイス笑顔の高専生!

「IoTをかんがえよう」高専生編。

かわくだりゲーム、優勝者に商品。IchigoJamキット、上級編!

午前中、事前講習の部、終了!

お昼はナンバーワンに輝いたという、佐世保高専すぐそばの「佐世保バーガー」大きい!

中学生をサポートする佐世保高専生!

プログラミング、ワクワクしながらコード接続から開始!

高専生から中学生へのサポート。

教えすぎないのがコツ、中学生へのナイスサポート。

「IoTをかんがえよう」身の回りの困ったこと、イライラを解消するものは「何か?」

親子でそれぞれ作った「かわくだりゲーム」をテスト中。

わくわく電子工作キットを使って、サーボと光センサーを使ったIoTプロトタイピング!

自分で考えたIoTの発表

伝えたいのは、いろいろ悩みながらアレコレやってみる楽しさ

すっかり先生顔になってプログラミングを伝授する佐世保高専生の姿が頼もしい。

ハイスコア争い(早速、チートが混ざってる)

いい顔!

楽しそう!

楽しそう!

親子で学ぶのもよかった。

真剣!

「こまったこと」をテーブル内で共有して、みんなで解決する道具を考える。この時、ドラちゃんなら何をだすか?

メンター努めた高専生との充実のふりかえり会。

・よかったこと(佐世保高専生、先生他)

IchigoJamが何かわかった アイデアを出すまでの、一連の流れを一日を通してできた プログラムの記述がしやすかった IchigoJamを使ってネット通信を使ったのは勉強になった 佐世保のことから話題にしたのは親近感が湧きよかった プログラム説明の際、運動会など、具体的な例がよかった IoTはなんとなくのイメージしかなかったけど、イノシシの例はよかった ネコのマークでエンターすると、エラーが吐かれるなど、笑える場所があってよかった 通信、ブラックボックスっぽかったことが、プログラミングできてよかった 意見交換の場があったのがよかった IoTのアイデアの前に、イノシシなどの具体例があってよかった 中学生と話ながらできたので、高専アピールになってよかった スライドの途中、中学生が大学生を教える話がよかった(PCN福大附属) プログラミングのすごさが認識できてよかった、IoTに触れられてよかった ラズベリーパイ買って活動しているけど、IchigoJamを弟にも買ってあげようかなと思った ラズパイで開発はこども向けといっても難しい。IchigoJamは迷わない、プログラミングを妹にも勧めてみようかなと思った 中学生喜んでいた おかあさんたちもやってくれた 日頃できていないプログラミングの実践ができてよかった Webに送る部分が見えた 直接ケーブルでできることがよかった ストーリーの中で楽しみながら、条件分岐などが登場していてよかった 触りながらいろんな文法がでてきて、楽しみながら勉強できて良かった C言語が全然身につかなかったけど、これがあればよかった

・改善点(佐世保高専生、先生他)

中学生の参加者が少なかった(高専生の方が多かった) → 今度はたくさん呼ぶ(今回は初回なので控えめに) 中学生がわからないところ、エラー文がでてきてほしかった → 気になるところ → http://fukuno.jig.jp/2268 中学生にあんまり教えられなかった(知識が足りない) → 良い例え話を作りたい → 実演した方がいいかも → 中学生に質問する機会をつくるといい(近い価値観を持っていたから、) 保護者の人が見ているだけであまり伝わらなかった → 最初からやってもらうことを条件にするのもあり? センサーとか、ネットにつなげた、プログラミングを全く知らない人にとっては難しい 回路の配線、前に写しているのでは見づらい(光センサーはあまり) 画面をうつしてすぐに進んでしまっていた プログラムをIoTをかきたいときに資料がわからない → 参考プログラムをおいておく(わくわく電子工作キットの取説が使える!) 最後のIoTの時に、自分たちで考えることだったけど、課題をひとつあって、例題をやる IoTで問題を解決をしようと突然入っても難しい 高専生も、中学生も鍵の課題が上がっていた → 一つのテーマで多くとって、具体例を紹介する、実演したりする → 例をあげる → 具体例をおいておく → 自作のIoTをおく → 完成品をおいておく、ロボットとか 問題がみえない → 最初からIoTをつくるということを強調し、プログラムに取り組む → 中学生どうしのペアで話し合ってもらうのもいいかも IoTのプロトタイプを作る LEDとモーターしか使えないように思われそう → 温度センサーも使ってみる → IoTの例を手元においておく → IoT具体例を出した方がいい → グループ内の話す時間をもっとつくる ゲームが人気で、IoTの話にいってもゲームを改造する時間をとりたい 時間がない → カリキュラムを分けたり、時間を長くとる → 段階ごとに区切る(高専生はグループに別れ、各グループごとに、自分たちで活動) 保護者の人が、端子番号が読めない → 虫眼鏡を買っておいてく 1行1行の解説をいしても、全体の理解があったらよかった(かわくだりゲーム) プログラムの文がでてきて、アルゴリズムを簡単に伝えたい → フローチャートのようなもので解説する ゲームのあと、通信、IoTの流れ、通信を使ったゲームにすると交流もできていい → ゲームと通信を組み合わせたものを考える ネットの体験時、通信かキーボードかの区別がつきにくい → 図があるといい、実演用の実機をひとつ前におくといい ネットの体験時、もっと攻撃的な例があるといい → 攻撃的な例を用意する(相手のファイルをSAVEで消す、RESETする) インターネットは無料じゃない → 無料ではなく気軽など表現改める ちょっと複雑なIchigoSodaから入らない方がいいのでは → IchigoJamのはんだづけからやるのもいいかも

中が気になる、50th Anniversary Hall

KidsVenture創始者、さくらインターネット高橋さんも一緒、初の佐世保高専!
2016年jigインターンOBのひるねと!

佐世保最古のカステラ屋さん「松月堂」の「かすていら」をゲット。

佐世保とIoTと言えば、やっぱりコレ!針尾無線塔
300mの正三角形、136mの電波塔。今からちょうど100年前、1918年から5年かけて建造された巨大な3本!

これが入り口。中に入ると・・・

136mの巨大な空洞。100年の歴史を感じる独特な音響、体験しないとわからない。

紹介した全国から集った高専生16名で、がっつり開発する3週間、jigインターン、来年もやりますよ!
インターンブログをのぞいてみよう → 「jigintern2018’s diary

駅すぐそばの佐世保港でインドネシアからの帆船に乗れたのはラッキーでした。
「修せざれば現れず」とは永平寺、道元禅師からのメッセージ。
何事も、体験しなくちゃわからない!

links
- 1時間半でわかる叡智の結晶「IoT」 - IchigoJam x sakura.io 情報セキュリティ実習 in 高知高専
- BASICだから、誰でも簡単IoT! こどもIoTハッカソン in さくらインターネット福岡オフィス

鯖江の日本酒「梵」味と品質への飽くなき挑戦とプログラミング

2018/09/18
#sabae #gourmet #IchigoJam #IoT 

鯖江で造られ、世界98カ国に輸出される日本酒「」の進化が止まらない。

温湿度が完璧に管理され、世界中どこからでもチェックできるようIoT化された酒蔵。
麹菌を指定量、きっちり1往復3分ペースでふりかけるのが鍵。


砂時計で計測しているこの工程、テープLEDでガイドするプログラムでより簡単にできるかも!?
上記、片道1分半をガイドするデモプログラム。


酒蔵の到るところに見られる「加藤式」の数々。


鯖江のメガネの表面加工技術によって作られた、炊きムラをなくす工夫、ガラス製の擬似米。


完成していた天空蔵
前回訪問時に活躍が予定されていたのはロボットくん導入!
ただ、人力+台車によるもっと効率良い方法があったとのことで、本格活用は保留中。


日本酒をしぼる工程を待たず、味をすばやくチェックするための遠心分離機。


日本酒の成分を自動的に分析する専用マシン!


強運にも恵まれる梵、なんとこちら天然石!(ひょうたんに梵、左下には狛犬も)


キリンさんに加えて、新入りのくまさん!


SAPによる新コミュニティ組織「Business Innovators Network」
ASCII.jp:国内企業との共同イノベーションを促進、SAPがコミュニティ始動
鯖江 x SAP、新たな取り組み始まる!

links
- 日本酒「梵」の酒蔵 | 加藤吉平商店 |

お神輿はどこへ行った?を実現するアプリ、子どもお神輿を手軽にIoT化して「みこしなう」

2018/09/16
#KidsIT #IchigoJam #IoT #codefor 

どこまで来たかが気になる、町内を巡るお神輿。
福井国体のシャトルバスで活躍中のIchigoSoda製GPS発信機を設置したら良好でした!

通常は車輪移動、軒先で子供が担ぐ時に軽く揺れる程度なので、ワイヤーで軽く留めるくらいでOK!


ぐるぐると休憩や、雨宿りを挟んで約2時間、発信間隔を5秒にしたところちょうどいい感じ!(上記、地図を消したデモ画面))


IchigoSoda (IchigoJam x sakura.io) に、IchigoSensors(GPS)と電池2本で動くモバイルバッテリーをつなぎ、ジップロック。穴を空けて固定用のワイヤーをつなぐ簡易パッケージ。

幼稚園の頃見た七尾の「でか山」など、まつりの山車に載っける「祭IoT」、なかなか良さそう!

作り方
1. 位置情報発信機を作る
2. sakura.ioでWebSocketとして設定し地図表示する
3. おまつりに合わせてアイコンなどをカスタマイズ!
(サーバーにデータを保存すると、開いた直後表示や、履歴表示に対応可!)

Code for Matsuri!

バスを待ちIoTで楽しく! 永平寺町の福井国体シャトルバスで実証、IchigoJam版リアルタイムバスオープンデータ

2018/09/11
#IchigoJam #IoT #fukui #sabaepc 

新たに作成したGPS位置情報をリアルタイムに共有するデバイスからのデータを地図にマッピングして、バスの不人気の理由ナンバーワンの「バス待ち」をバスの場所をスマホで見えるようにして、快適にしてみます。


9/13-17に開催される福井国体ハンドボール、競技会場のひとつ、永平寺町にある北陸電力福井体育館フレア。指定の駐車場、福井県立大学からシャトルバスが出る予定です。
ハンドボール - しあわせ元気 お役立ち情報アプリ / 福井国体障スポ」(上記アプリがリンクされる予定)


平成最後の国体、福井国体向け便利アプリ「しあわせ元気 お役立ち情報アプリ / 福井国体障スポ
いろんな競技ありますね!
県が観戦ガイドアプリ開発 福井国体・障害者スポ:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)

先日の鯖江市地域活性化プランコンテストで、最優秀賞を獲得したチーム「ふたご座」の出張やライブ目的など、鯖江のプチ滞在を濃密な時間にしようというプラン。電脳メガネが出てくる自動改札、物販で並ぶ間で楽しむアプリ、ホテルの冷蔵庫には冷やしメガネ、お土産にもなる鯖江コインなど、アイデア満載のスキットでした。

お土産にもなるコイン、世界で唯一(?)穴を2つ空けた形状の硬貨とか珍しくていいかも?鯖江の得意技、チタン加工の高額コインと、メガネフレームの端材を利用したプラのお手頃版とかも楽しそう。

まち全体をエンターテイメント化する一環として、有効活用したいIoTバス。鯖江のかわいくレッサーパンダでラッピングされた市営バスには、乗降数と位置情報をリアルタイムにオープンデータ化する機器が搭載済み!走っている全バスの写真を撮るスタンプラリー化して、対戦ゲーム化すると熱いかも!?時刻表と路線図を見て、いかに効率よく全バスを見つけよう!・・・など、ルールづくりは自由自在。


まち全体がプログラミングで遊べるようになるのが、IoT&オープンデータ!
進化し続けるメガネのまち、インクルーシブシティ鯖江!(鯖江“育職住”ツアー参加者へご紹介!)


14年目を迎えた、鯖江xアートの取り組み「河和田アートキャンプ」、応用芸術研究所の社長、片木さん with MeganeJam
いよいよ今週末、中道アート2018で製作されたアートの展示も!

ユニークなイベント目白押しの鯖江市、IoTとオープンデータを利用して、それぞれをゆるくつなぐことで、もっときっと強力に!

目指そう、誰もが幸せを自分で創れるまち!

つなごうケニアと福井! IchigoJamで作ろう実用品「位置情報リアルタイム共有デバイス」

2018/09/10
#IchigoJam #IoT #fukui #sabaepc 

母校の福井市立明道中学校でのIchigoJamワークショップ後、PCNケニアメンバーと!

日曜日の鯖江市地域活性化プランコンテストの「マサイxサバエ」プラン。世界一目の良いマサイ族もスマホの影響で視力低下が進んでいるという。そんなマサイ族へ、鯖江発の目育(めいく)を広めようというプランを早速、PCNケニアのダニエルへ紹介。いっそケニアではメガネのことをサバエと呼んでもらいたい!

マサイxサバエプラン実現の一助になればと、IchigoJamのメガネスペシャル、MeganeJamをPCNケニアにも1つ進呈。中学校のかわいい後輩にも MeganeJam は人気!

IchigoJamで輝くイチゴ帽子。縦横に並べれば自在に文字をカラフルに伝える、電光掲示板だってできちゃいます。社長率ナンバーワンの福井、実家のお手伝いもできそうですね!

プログラミング上達のコツは楽しむこと。まずは楽しくゲームづくりでコツをつかんだら、自分の作りたいもので作れそうなものからどんどん挑戦しましょう!支援がほしいときは、Twitterで #IchigoJam を付けて、つぶやけばOK!PCN福大附属もすぐそばの明道中、学校超えた連携もいいですね。(かわくだりゲーム、負けたら座る一発勝負のミニゲーム大会)

こちらデモでもっていったセンサー満載でIoTできる IchigoSensors x IchigoSoda を使った、実用品。位置情報リアルタイム共有デバイス!明道中学校のすぐそば!マルツ二の宮店で買った単3x4本の電池のケースをつないで、BTNとGNDをジャンパーでつないでおけば、オリジナルデバイスのできあがり。

スライドスイッチONで起動。OFFで停止。使い方はシンプル!ちょっと大きめのスイッチを外付けするのもかっこいい。電池ケースとIchigoSodaとの接続は、L字ピンヘッダーにはんだづけすると抜けにくい。上の5V端子に6Vちょっとを入力し、下にGNDをつなぐ。キーボードをつながなければ、ちょっと高めな電圧をかけても、レギュレーター(降圧器)がなんとかしてくれるので大丈夫。

試しに10セット作った位置情報リアルタイム共有デバイス。

テストで動かすとGPS信号を使った正確な時刻で光るLEDの同期が美しい!(動画)

プログラム 1014byte
sakura.io省エネモード使用、IoTコマンド不使用、GPSは事前設定必要

'GPS location shareing device 10 VIDEO0:WAIT5400:GSB@ECO 20 GSB@GPS:D=[4]-[91]:E=[6]-[93]:IF(ABS(D)+ABS(E)%10000)>59GSB@SGPS 30 GOTO20 'send location data 200 @SGPS:FORI=0TO7:[87+I]=[I]:NEXT:LET[97],[0],[1],[2],[3]:GSB@ADD:LET[97],[4],[5],[6],[7]:GSB@ADD:GSB@FL:WAIT600:RTN 'get GPS data 300 @GPS:CLS:BPS9600:UART3,2 301 K=INKEY():IF!KCONT 304 IFK!=36GOTO300 305 K=INKEY():IF!KCONT 306 IFK!=71GOTO300 308 K=INKEY():IF!KCONT 309 IFK=42UART0,0:P=#900:GOTO700 310 ?CHR$(K);:GOTO308 500 N=0 510 C=ASC(P):P=P+1:IF!CORC=44ORC=46ORC=34C=C=46:RTN 520 IFC>=48&&C<=57N=N*10+C-48 530 GOTO510 540 N=0:IFASC(P)=44RTNELSEFORI=1TOM:N=N*10+ASC(P)-48:P=P+1:NEXT:RTN 700 GSB500:M=2:GSB540:[1]=N:GSB500:[2]=N:GSB500:GSB500:GSB500:[3]=N:IFCGSB500:[4]=N:ELSE[4]=0 712 GSB500:GSB500:[5]=N:IFCGSB500:[6]=N:ELSE[6]=0 713 GSB500:GSB500:[7]=N:GSB500:GSB500:GSB500:GSB540:[1]=[1]+N*100:GSB500:[0]=N:RTN 'sakura.io utils 810 @ADD:LET[95],2592,25089:C=0:FORI=0TO11:C=C^PEEK(#8BE+I):NEXT:[101]=C:?I2CR(79,#8BE,13,#8BE,3):RTN 820 @FL:LET[95],36,36:?I2CR(79,#8BE,3,#8BE,3):RTN 830 @ECO:POKE#8BE,#B0,1,1,#B0:?I2CR(79,#8BE,4,#8BE,3):RTN

緯度経度の差の合計が10万分の1度を超えたら位置情報を送信。最小送信間隔は200行のWAITで10秒と設定して通信量を制限していますが、お好みに合わせて設定ください。1万回で64円のさくらインターネットのsakura.io、いろいろ夢、広がりますねっ。

links
- 今や中学校のプログラミング部は大人気!どんどん作ってコンテストに応募しよう!近所の学校同士で交流もいいかも!? – about yrm

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像