福野泰介の一日一創 - create every day

宇宙オープンデータ活用アライアンス「xData Alliance」参画! オープンデータで理解する大気圏、成層圏、対流圏

2018/07/31
#space #KidsIT #IchigoJam #opendata 

日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus」とアライアンス「xData Alliance」の発表!

さくらインターネット、 日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の開発・利用促進を行うアライアンス「xData Alliance」発足 | さくらインターネット

8領域21社のアライアンスで次世代の宇宙オープンデータ事業の創造を目指します!
(インフラ、データ収集、データ利活用、ビジネス開発、防災・セキュリティ、プロモーション、競争促進・人材育成、投資の8領域)

アライアンス21社のオープンデータ(csv-utf8)を作成(on web app / csvviewer
jig.jpグループ、B Inc. は、データ利活用領域として参画。地上オープンデータの知見を活かします。

宇宙オープンデータの活かし方、現状と理想

共同CSR、KidsVentureの「IchigoJamで宇宙を見に行こうプロジェクト」、打ち上げた気球のデータを多角的に分析するために既存のデータを活用を試みます。

探すと発見「上空のオゾン分布を気球で調査」(JAXA | JAXAの歩き方 公開データのウェブサイトカタログ内、PDFより)

紹介されていたサイト「SHADOZ (Southern Hemisphere ADditional OZonesondes)」から「DATA ARCHIVE」、なんとなく惹かれる「Java」を選択。1998年から2013年までのデータがありました。

データ形式(dat)の中身はスペース区切りのテキスト、このままでは解析しづらいので、アプリ「dat2csv」を作ってCSV化し、Excelで読み込み、計測不能な「9000」を「-」に置換してグラフ化。

(SHADOZ (Southern Hemisphere ADditional OZonesondes) - Javaのデータを加工、グラフ付きExcelデータ / csv-utf8 / on web app csvviewer

大気圏の中で、我々が住んでいる対流圏と成層圏の違いは、高度によって温度の下がっていくか上がっていくかの違い。 このデータでは、-82℃まで下がったところでその境界を迎えているようです。高度16km。なかなかに高い!

年代、場所によっていろいろなデータがありますが、ひとつひとつダウンロードして解析していく必要があって手間がかかるのが現状です。 これを標準API「SPARQL」を使って、サクッと取得できるようになれば、多角的解析もAI活用も自由自在、楽できます。

宇宙オープンデータで広がる未来、ワクワクします!

links
- さくらインターネット、 日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の開発・利用促進を行うアライアンス「xData Alliance」発足 | さくらインターネット

こどものワクワク載せて打ち上げたIchigoJam、回収に成功! IchigoJamで宇宙を見ようプロジェクト IchigoSpace Day2 スマホVRで蘇る感動の打上動画VR

2018/07/29
#KidsIT #IchigoJam #space #movie #megane 

毛利衛さんのふるさと、北海道余市町で開催「IchigoJamで宇宙を見に行こう
こどもたちがセンサーデバイスとしてIchigoJamをプログラミングした、Day1。
その翌日、気象条件に恵まれ、打上&回収にチャレンジすることに決定!


まだまだ元気なIchigoSpaceスタッフ!


こどもたちがプログラミング&電子工作したIchigoJamをチェック。


海に落ちる予定のカプセル内に浸水しても大丈夫なように、撥水絶縁スプレー。


すっかり暗くなってから、外のベンチでセンサープログラムの写経体験中。


車載電源を使えばOK、はんだづけ&ホットボンドで車内電子工作!

打上に備えて、一旦休憩・・・。


ほぼフルの月明かりの元、打上準備作業、再開。


深夜2時、プログラミングした子供も見に来てくれました!
ワークショップ後すぐに寝たとのこと!


最後の動作チェック。


空きスペースにマイIchigoJamも載っけてもらいました!右がUVセンサーML8511、左が高精度温湿度計SHT31


風船にヘリウム注入開始。
風船が1つ1万円、ヘリウムがボンベ1本3万円ほどとのこと。


風船の準備ができる頃、だいぶ明るくなり、いよいよ打上時刻です。


着地点をシミュレーションした結果通りの量にヘリウムを詰めた風船。手に感じる浮力がおもしろい!
風船を使った月面ごっこも楽しそう。くれぐれも入れすぎ注意。


オ(ヤ)カタ号を手にする、PCN仙台の親方。気合十分!


もう1機、あいえるたん号には、インフィニットループのキャラクター、あいえるたん搭乗。


THETAで撮影した打上シーン、臨場感あるスマホVRや、Oculus GoなどのVRでぜひ体験ください!


みるみる小さくなっていく2機(計算上、約秒速5mで上昇とのこと)。皆で見送り、再会を願う。


打上10分後、ついに見えなくなりました。


打上ミッション、コンプリート!


Tシャツでは肌寒い深夜から早朝も、ステキなIchigoSpaceスタッフジャンパーで乗り切れました!

ここで打上班は再び、休憩。
メッセージグループで交わされる回収班の様子をワクワクしながら見守ります。


打上から2時間後、ついに、船で海上を移動する回収班からの写真付きメッセージに感動!
浮かぶカプセル!還ってきた!


回収、成功!
もう1機は藪と蜂に阻まれ回収を断念。後日、装備を整えて再チャレンジとなりました。

8/18には、再びこども達が集結し、回収したIchigoJamを使ったデータ解析ワークショップを予定。
果たしてIchigoJamは無事か?データは取れているのか!?
Day3をお楽しみに!

links
- 成層圏では地上より日焼ける?しない? IchigoJamで宇宙を見ようプロジェクト IchigoSpace Day1 センサープログラミング
- こどもたちワクワク載せたIchigoJam、打上と1機の回収に成功! IchigoJamで宇宙を見ようプロジェクト IchigoSpace Day2 スマホVRで蘇る感動の打上動画VR
- IchigoJamで宇宙を見に行こう!
- KidsVenture

成層圏では地上より日焼ける?しない? IchigoJamで宇宙を見ようプロジェクト IchigoSpace Day1 センサープログラミング

2018/07/28
#KidsIT #IchigoJam #space 

宇宙はロマンの塊、「KidsVenture x 宇宙 - IchigoJamで宇宙を見に行こう!」 IchigoSpace プロジェクト Day1、参加したこどもたちによるはんだづけ&プログラミングによる、データ観測デバイスづくりワークショップ開催!

人は道具で、不可能を可能にしてきました。

未解決の課題の数々、世の中にはたくさんデータがあるようですが、実はまだまだ足りません。
なければつくるがKidsVenture
IchigoJamを気球に乗せて、宇宙への入り口、成層圏を計測・考察してみるプロジェクト!

会場は毛利さんのふるさと北海道余市町「余市宇宙記念館
毛利さん、福井県にある科学館「エンゼルランドふくい」の名誉館長なのは、エンゼルランドがある福井県坂井市春江町がお父様の出身地という、福井との縁も発見!

PCN仙台代表、荒木さんとPCNこどもプロコンの入賞者との再会!

今回イベントにも強力に協力してくれている、IchigoJamも使ってくれている、北海道のNPO、NEXTDAYさんにようる楽しい展示群!しっかりしたタイヤで力強く走るのもまた良い!

NEXTDAYさん、技術班として、宇宙目指す品質のはんだづけテクニックでこどもたちを強力にバックアップいただきました!

間関に使えるUVセンサー、メガネは本当に紫外線をカットしてくれるか実験、成功!

気圧センサーの働きをチェックするため、息を吹きかけて実験する、子供。

Ichigoハカセとしてもらった話す時間。伝えたかったのはと「毎日、ほんの少しでもやること」。
秋月電子でのパーツの探し方のコツを伝授(温湿度センサー、距離センサー)。ネタは身の回りにたくさん転がっているはず!

例えば、お母さんはきっと気にしているけど、人には見えない紫外線、UVセンサー「ML8511使用紫外線センサーモジュール」の使い方

アナログ出力なので、使い方は簡単。VDDとGNDを電源につなぎ、ENピンをOUTにつないで1にするかVCCにつなげば、Voから紫外線量に比例した電圧が出力されるので、IN2などにつなぎます。

10 ?ANA(2):WAIT10:CONT

これだけプログラムをかいて、外に持っていくとどんどん値が変わります!

マニュアルを見ると、1.0Vから2.7Vあたりが、よく紫外線量を表すのに使う、UVインデックスの0から15にだいたい対応しているようです。 1.0Vはアナログ出力値で310、2.7Vは837となります(3.3V=1023なので)。UVインデックス = (ANA(2)-310)/33 と概算してみましょう。

10 ?"UV:";(ANA(2)-310)/33:WAIT10:CONT

UVインデックス、3を超えたら日焼け止めを、8を超えたら外出は控えたほうがよいそうです。
紫外線が見えるメガネとか、喜ぶかもしれませんよ。


UVセンサーと温湿度計をつなげ、EEPROMへどんどん書き込むプログラムを実験!
この日の最高UVインデックスは2と、北海道余市町の夕方、さほど紫外線は強くない様子。
我々が住む、対流圏を抜け、高度27,000mの成層圏へ飛ばす今回の打上実験、果たして紫外線量ほどう変化するのか!?
大人でも、下がる派と上がる派が分かれ、これも飛ばして確かめちゃうことになりました!

丸一日のワークショップにも関わらず、みんな元気で楽しそう!

完成!ちゃんと計測してくれるか、ドキドキ

ずらっと並ぶ、子供による観測デバイス!
果たして飛ぶか?データは回収できているのか?どんなことが分かるのか?楽しみです。

施設内には、反射速度や、集中度を測るゲームの展示もありました。IchigoJamでより宇宙らしく再現してみるのもありですね。

宇宙への打上が壁画となった会場。今回飛ばすのは成層圏の入り口、高度27,000mを目指します。

スタッフはもうひとがんばり!次はいよいよ打ち上げです!

links
- 成層圏では地上より日焼ける?しない? IchigoJamで宇宙を見ようプロジェクト IchigoSpace Day1 センサープログラミング
- こどもたちワクワク載せたIchigoJam、打上と1機の回収に成功! IchigoJamで宇宙を見ようプロジェクト IchigoSpace Day2 スマホVRで蘇る感動の打上動画VR
- IchigoJamで宇宙を見に行こう!
- KidsVenture

防ごう子供のキーボード離れ!1行短縮かわくだりゲームの入門スライド - 総務省統計局でプログラミング体験!

2018/07/26
#KidsIT #IchigoJam 

IchigoJamできっと最も遊ばれている2015年製「かわくだりゲーム - 初版
シンプルながら、動きが派手で、カスタマイズの幅が広いのが特徴です。初期化とメインループ、変数、入力によって変わる出力、条件判定による場面転換と、あらゆるアプリケーションの基本形になってます。

本日、総務省統計局主催の統計とプログラミングイベント、3時間のワークショップ。前半はコンピューターの正体と、プログラミングに慣れてもらうために「かわくだりゲーム」を作成。スライド「プログラミングはじめのいっぽ with IchigoJam


40行のGOTO20を、当たり判定を加える時に上書きするように変更。1行短縮した6行でゲームが実現。その後のスコア追加などの改造が簡単になるのが利点です。


テーマは「コンピューターを味方にしよう」
統計とは数で現象を研究すること。
数といえばコンピューター。
コンピューターを使いこなすはじめのいっぽに、プログラミングがオススメ!


今回の参加者は小5と小6でしたが、キーボードを使い慣れていない子が多い印象。スライドに、Shiftの使い方を丁寧に書き加えてみました。


タイピングする姿、カッコイイ!?


インターネットの正体は100億台つながったコンピューター。ネットの基本は、1対1の2台をつなぐネットワーク。 隣同士のIchigoJamをジャンパーワイヤーでつないで、遠隔操作と防衛、チャット実験! IoT時代、今はつながっていないあらゆるモノがインターネットにつながっていきますよっ。


コンピューターの記憶力をイメージしてもらおうと用意した新スライド。オセロのコマのような白黒がIchigoJamに32768コ入ってるよ!と説明。 後半には、数の平均、平均、IchigoSodaを使った、IoTによるランキングを体験してもらいました。(統計編、別途公開予定)


ワークショップ終了後、子供同士の教え合いがうれしい!


茨城開催を担当するPCN東京代表、森谷さん。


宮城開催を担当する、PCN仙台代表、荒木さん!


統計局内にあるミュージアム、58年前、1960年の40kbyteのメモリの展示!
IchigoJamのRAMが4KB、Flashが32KBを合わせると36KBと、ほぼ一緒ってことになりますねっ。

子供でも手が届く、超高速コンピューター。それを操るプログラミング!
きっかけづくり、日本中、世界中に広めましょう!

スライド「プログラミングはじめのいっぽ with IchigoJam

links
- 統計 x こどもプログラミング、IchigoJamで偏差値を計算してみよう!夏休みイベント開催決定
- かわくだりゲーム / はじめてのプログラミングその15

GPSと温湿度センサー搭載IchigoJamを連れてまちあるき、モロッコとの比較も楽しいかも

2018/07/25
#KidsIT #IchigoJam #shinagawa #africa 

8/11-12に開催される品川区でのオープンデータについて考えるプログラミングワークショップ with Code for Tokyo! 本日はテストデイとして、こどもたちが作る予定のセンサーを持って実際にまちあるきしてみました!

GPSで測位したら、正確な時間、温度、湿度を表示すると共にEEPROMへ記録(プログラムは後述)

木陰に入るとぐっと温度が下がります。

ヘリポートがある防災対応公園。

本日計測の最高温度は、41.18度!道路の輻射熱がすごく、下に行くほどに暑い様子も観測できておもしろい!
EEPROMに記録したデータは、シリアル経由でPCに取り込み、マップアプリと組み合わせて表示。
IchigoSodaで、IoT化して、リアルタイムに共有っていうのも楽しそう。

その後、モロッコからの留学生、Imaneさんと在日モロッコ王国大使館、初訪問!元福井県大使館(?)、ふくい南青山291のすぐそば!

モロッコな器、いただきました!

こちら本日活躍した、GPSを取得しながら温湿度をEEPROMに記録するプログラムです。
* GPSはシリアルへ接続、SHT31で温湿度計測、EEPROMとしてIchigoROM搭載(参考

'GPS/TH logger program save0 10 SWITCH1:BPS9600 20 U=95:LET[U],#062C,#4401,#8808,#884A,#4350,#0C00,#4770:U=#800+U*2 30 LRUN1

'GPS/TH logger program2 save1 10 L=32 20 K=INKEY():IFK!=36CONTELSECLS 30 ?CHR$(K);:K=INKEY():IFK!=10CONTELSE? 'check $GPRMC 35 A=#900:IFPEEK(A+3)!=82ORPEEK(A+4)!=77ORPEEK(A+5)!=67GOTO20 40 GSB@TH:GSB@GPS:IF!EGOTO20 42 FORI=0TO9:N=[I]:?N;",";:NEXT:?:GSB@EPUSH 43 LED1:BEEP:WAIT60*5:LED0 44 GOTO20 'ret E:enable flg, 100 @GPS:A=A+17:E=PEEK(A)=65:IF!ERTN 110 A=A-10:L=2:GSB@ATOI:[1]=M:L=4:GSB@ATOI:[2]=M:A=A+4 120 GSB@GETM:LET[3],N,M:GSB@GETM:LET[5],N,M '130 A=A+2:L=3:GSB@ATOI:[7]=M*10:A=A+1:L=1:GSB@ATOI:[7]=[7]+M 130 FORI=1TO3 132 A=A+1:IFPEEK(A)!=44CONT 134 NEXT 140 A=A+1:L=2:GSB@ATOI:[1]=[1]+M*100:L=4:GSB@ATOI:[0]=M/100+M%100*100 150 RTN 200 @GETM:A=A+2:L=3-(PEEK(A+4)=46):GSB@ATOI:N=M:L=2:GSB@ATOI:N=N*60+M:A=A+1:L=4:GSB@ATOI:A=A+2:IFPEEK(A)=83ORPEEK(A)=87N=-N 240 RTN 'A:position(move) L:length, ret M 300 @ATOI:M=0:FORI=1TOL:M=M*10+PEEK(A)-48:A=A+1:NEXT:RTN '[8]:temprature, [9]:humidity 400 @TH:R=I2CR(#45,U,2,#700,6):[0]=17500:[1]=PEEK(#700)<<8|PEEK(#701):[8]=USR(U+2,#800)-4500:[0]=10000:[1]=PEEK(#703)<<8|PEEK(#704):[9]=USR(U+2,#800):RTN 'EEPROM push (L:length) 500 @EPUSH:N=0:?I2CR(81,#8E6,2,#8E4,2),M 510 M=M+1:N=M*L*2:N=N<<8|N>>8&#FF:?I2CW(81,#8E6,2,#800,L*2):N=0:?I2CW(81,#8E6,2,#8E4,2):RTN 'EEPROM show data (L:length) 550 @ELIST:N=0:?I2CR(81,#8E6,2,#8E4,2),M 560 IF M FOR I=1 TO M:N=I*L*2:N=N<<8|N>>8&#FF:?I2CR(81,#8E6,2,#800,L*2);",";I;",";:FOR J=0 TO L-1:?[J];",";:NEXT:?:NEXT 570 RTN

モロッコは50度を超える日もあるとのこと!
でも、決め手は湿度。不快度指数とか、体感温度とか計算するのも楽しそうです。本番、楽しみ!

IchigoJamとIchigoROMで作る、高精度な温湿度ロガー

2018/07/24
#KidsIT #IchigoJam 

熱中症の予防と対策や、快適に夏を過ごすためには、温度と湿度の把握が大事。
高精度な温湿度計、SHT31の値を、IchigoJamで使える安価な外部ストレージ、EEPROMに記録し続けるデバイスを作ってみました。

秋月EEPROM「IchigoROM」の自由に使える64kbyteにデータをどんどん記録していくプログラム。

'EEPROM push (L:length) 500 @EPUSH:N=0:?I2CR(81,#8E6,2,#8E4,2),M 510 M=M+1:N=M*L*2:N=N<<8|N>>8&#FF:?I2CW(81,#8E6,2,#800,L*2):N=0:?I2CW(81,#8E6,2,#8E4,2):RTN 'EEPROM show data (L:length) 550 @ELIST:N=0:?I2CR(81,#8E6,2,#8E4,2),M 560 IF M FOR I=1 TO M:N=I*L*2:N=N<<8|N>>8&#FF:?I2CR(81,#8E6,2,#800,L*2);",";I;",";:FOR J=0 TO L-1:?[J];",";:NEXT:?:NEXT 570 RTN 'EEPROM reset 580 @ECL:N=0:M=0:?I2CW(81,#8E6,2,#8E4,2):RTN

記録する配列の長さL、L*2byteをブロックの単位として使う。EEPROMの境界があるので、Lは2の乗数で設定してください。 先頭ブロックには、データの格納数が入れ、その後ろにデータを順次書き足していきます。途中でデータサイズ(L)が変わることは想定していません。

* EEPROMの書き出しアドレスのエンディアン指定が間違っていました。正しくはビッグエンディアンです。
* EEPROMの書き込み境界を意識しないプログラムになっていました。先頭の長さを含め、Lを2の乗数にしての利用する必要があります。

使い方は、このように対応するサブルーチンを呼び出します。

GSB@ECL L=2 LET[0],3500,5000 GSB@EPUSH LET[0],3600,5100 GSB@EPUSH GSB@ELIST 0,0,3500,5000, 0,1,3600,5100,

SHT31を使った温度、湿度を計測するプログラムと組み合わせたものがこちら(5秒おきに計測して、記録する)

100 L=2 110 GSB@TH:?T,H 120 LET[0],T,H:GSB@EPUSH 130 WAIT 60*5 140 GOTO110 400 @TH:U=96:LET[U],#4401,#8808,#884A,#4350,#0C00,#4770:U=#800+U*2 410 POKE#700,#2C,#06:R=I2CR(#45,#700,2,#700,6) 420 [0]=17500:[1]=PEEK(#700)<<8|PEEK(#701):T=USR(U,#800)-4500 430 [0]=10000:[1]=PEEK(#703)<<8|PEEK(#704):H=USR(U,#800):RTN 500 @EPUSH:N=0:?I2CR(81,#8E6,2,#8E4,2),M 510 M=M+1:N=M*L*2:N=N<<8|N>>8&#FF:?I2CW(81,#8E6,2,#800,L*2):N=0:?I2CW(81,#8E6,2,#8E4,2):RTN 550 @ELIST:N=0:?I2CR(81,#8E6,2,#8E4,2),M 560 IF M FOR I=1 TO M:N=I*L*2:N=N<<8|N>>8&#FF:?I2CR(81,#8E6,2,#800,L*2);",";I;",";:FOR J=0 TO L-1:?[J];",";:NEXT:?:NEXT 570 RTN 580 @ECL:N=0:M=0:?I2CW(81,#8E6,2,#8E4,2):RTN

64kbyte(=65536byte)を、1データ4byteずつ書き込んでいくと、16383回で埋まる(埋まる判定はプログラムしていない)。時間にして23時間弱、計測間隔を伸ばせばその分長く記録できます。 GSB@ELISTで、記録したものをチェックしてみましょう!

特定温度で、警告を出したり、赤外線リモコンと組み合わせてエアコンを起動したり、IoTと連携して通知するなど活用ください。 グラフ化して考察するなど、夏休みの実験にもどうぞ!


links
- 秋月電子からIchigoJam用外部記憶キット「IchigoROM」登場!EEPROM活用テクニック
- 自分で創ったモノを売ってみよう!はじめてのしょうばい - 高性能温湿度計のつくりかた(SHT31編)

街かどプログラミング体験と1秒連打ゲーム、子供が教育を科学する「FLIA」の活躍にも期待! - 科学部フェスタ6とPCN福大附属

2018/07/23
#fukui #KidsIT #IchigoJam 

夏休み、中学生代表によるPCN福大附属がすごい!
福井県内2中学合同企画「科学部フェスタ6」に行ってきました。

大人にプログラミングを教える中学生!
プログラミングはじめに年齢は無関係!(若宮さん@国際女性ビジネス会議


会場は、福井駅前、ハピリン1F、ハピテラス!
日陰になっているのでそこまで暑すぎず、フェス感あって良い感じ。


中学生から小学生へ、プログラミングの楽しさ伝える!夏らしい青空イベント、いいですね!


プログラミング体験した子供には、自作スタンプカードも配布!


IchigoJam手作りロゴがうれしい!活動資金をオープンに募るスタイルもステキ!


企画3秒、開発30秒でできた、1秒連打ゲームに燃える、中学生!
どんなキーでも押しまくれ!

10 CLT:C=0 20 IF INKEY() C=C+1 30 IF TICK()<60 GOTO 20 40 ?C

スペースのみに変更

20 IF INKEY()=32 C=C+1

スタートするまでカウントダウン

5 FOR I=3 TO 1 STEP -1:?I:WAIT60:NEXT 6 IF INKEY() ?"FLYING!":END 7 ?0

カウントダウン最中に打ったらフライングでアウト!

中学校が新設され、中高一環コースもできた、高志中学校サイエンス部も合同展示!

電動ドリルで何をしているかというと・・・


なんと綿菓子づくり!何でも作ってみちゃう感、良い!


こちらシャー芯を使った電灯!0.5mm、3.5V推奨とのこと!IchigoJamで制御したいっ
なるほど電気もなければ作ればいいね!手回し発電機とつなげてみるのもたのしいかも?


PCN x PCN福大附属代表 Kobayashi!PCNこどもプロコンポスターも!
福井県中に地域ICTクラブの創設目指す、福井県こどもプログラミング協議会の委員にも就任してくれました!


子供が考える教育観というおもしろい活動「FLIA(ふらいあ) (@FLIAfromOECDISN)」

「地域貢献が足りないことを実感」という気づきもおもしろい!
目標が「教育に起こりつつあるイノベーションを肌で感じること」というのもステキ。

教育とは何か?学びとは何か?子供と大人に違いは?
紙1枚でもお金がかかるのが旧時代。webがすべてを変えますよ!

links
- PCN福大附属
- FLIA
- 主体的・対話的で深い学び、福井の中学2校が合同開催した「科学部フェスタ」では中学生運営の「PCN福大附属」が小学生にプログラミングの啓蒙活動中!教育のあり方や社会問題を考える「FLIA」ではフォーラム開催校募集中! – about yrm

プログラミング少年団的な活動、地域ICTクラブ創設講習会、まずは大人が楽しむこと!

2018/07/22
#fukui #KidsIT #IchigoJam #doc 

スポーツ好きの少年少女の集まり、スポーツ少年団。鯖江市にはさまざまなスポーツ、全55団! プログラミング好きの少年少女を集めた、プログラミング少年団的な活動が「地域ICTクラブ by 総務省」の目指す姿。

本年度、全国19箇所でスタートした地域ICTクラブ創設事業。福井県では県大会「越前がにロボコン」を中心とした「福井県こどもプログラミング協議会」による事業がスタート! 初回イベント、講師育成講座が鯖江市、Hana道場にて実施。


楽しいが一番!楽しんでもらうためには、まずは自らが楽しむこと。楽しいが一番、伝わります。

理論は極力少なく、自分で考えて試して結果について悩んで導き出すこと自体が最大の学び。
ゲームで遊んでいる隣でネタバレされたらおもしろくないように、答を言ってしまうのは厳禁。
時間制約がないクラブ活動、メンタリング(対話ときづき)を基本スタンスにいきましょう。


思い通りに動くかな?ロボットプログラミング中


ロボットキットを前にするとうずうずしてきちゃう大人にオススメ!
子供の楽しみを奪わないためにも、ちゃんと講師の大人の分も確保!


意外と簡単、ロボットづくり!


受講、おつかれさまでした!こどもたちの笑顔、楽しみですね!


こちら本日の講習資料(PDF)「越前がにロボコン講師育成講座」


越前がにロボコンの要、モーター2つの制御、サーボの制御、フォトリフレクタで道読み取り。
モーター制御用拡張ボードMapleSyrupを使ってコントロール!


サーボも2つ接続できます。(PWM3/PWM4を使ってコントロール)


フォトリフレクタの使い方(デジタル入力の近接センサーモジュールを使うのも簡単かも)


プログラミング教える、Hana道場の講師陣が福井県内外のこどもプログラミング活動をサポート!

IchigoJamとテレビを接続するビデオケーブルは、100均、DAISOで入手可能。

赤、白、黄のケーブル。4Kテレビでもまだ接続可能!
オーディオ用(音声用)の赤と白だけのケーブルでも色が違うだけなので使えます。
IchigoJamの黄色端子とテレビの黄色端子同士をつなぎましょう。


3本どれも一緒なので、白のケーブルをもって、引きちぎると・・・


3人分のビデオケーブルができあがり!一人あたり34円!


microUSBケーブルも100均で手に入ります。充電専用ケーブルでもOK!

まずは自分近くの子供のまわり少人数に向けて「地域ICTクラブ」はじめませんか?
プログラミング クラブ ネットワーク(PCN)もサポートします!

links
- 福井県こどもプログラミング協議会
- Hana道場
- PCN

キラキラの笑顔づくり法を応募しよう!ソニー科学教育研究会にて教員向けIchigoJamプログラミング研修 with PCN福大附属

2018/07/21
#fukui #KidsIT #PCN #doc 

「理科教育が最も重要である」というソニー創業者井深大氏の想い、ソニー教育財団による、ソニー科学教育研究会(SSTA)の福井支部の研修会にて、出張プログラミング研修 with PCN福大附属

PCN福大附属の代表、福大附属義務教育学校8年生(中2相当)の小林くん、大人のサポートに大活躍!


井深さん1959年の言葉「日本の将来の発展を支える子どもたちが科学を好きになるには、小・中学校における理科教育が最も重要である。」
歴史の裏に、科学あり。新しい世界を創り出す力の源、理科教育!


1946年、ソニーの前身、東京通信工業株式会社の設立趣意書に「国民科学知識ノ実践的啓蒙活動」と記載あり!


世界中、日本中のこどもたちにプログラミングを伝える、PCN代表、松田さんによるワークショップ!
みのまわりにあるたくさんのコンピューター、操る楽しさを知るほどに社会がおもしろくなる!


理科の真髄は実験にあり!実際に一人一台のIchigoJamを触りながらコンピューターとプログラミングを体験いただきました。


後半を福野が担当。なぜ自分は科学が好きなのか?その根底には「ものづくり好き」がある。
(講演資料ダウンロード、PDF

新しいものを作って社会を変えたい!そのために必要な3点、素材、道具、それらを扱う技術。
同じことをすれば同じ結果を出してくれる科学だからこそ、積み重ねと幅広い横展開ができる。
新素材や、新しい道具などの科学の発展にワクワクするのは、それによって開ける新しい未来が見えるから。

コンピューターは、人が生み出した最強の道具。
あらゆる分野の科学の発展にも欠かせない存在であることはもちろん。
素材も道具もコンピューター上では無限に試行錯誤できるのは、子供にとって嬉しすぎる性質。
子供がマイクラにハマる理由と同様、何度壊しても怒られないし、素材は無料で使い放題!
プログラミングは、まさに科学の理想。


ソニー教育財団の論文募集。なんと最優秀賞は300万円+ソニー製品。2017年度には2校が受賞。
ものづくりが大好きなこどもたち。その想いや夢に変えてあげられる入り口、プログラミング教育。
ぜひキラキラの笑顔をまとめて、共有しましょう!

PCN福大附属、福井駅前ハピリンの科学部フェスタでイベントあり!

links
- ソニー子ども科学教育プログラム 論文募集要項 | 助成を受けるには | 教育助成 | 公益財団法人 ソニー教育財団
- PCN福大附属

福井県こどもプログラミング協議会、発足! 地域におけるIoTの学び、地域ICTクラブとは?

2018/07/20
#fukui #KidsIT #PCN #doc 

2020年から小学校でのプログラミングが必修化しましたが、新しい科目になって、がっつり単元として学ぶわけではありません。 調理実習のように、実際にプログラミングしてみる時間をとったり、分度器やコンパスを使うように、従来の科目の中で便利な道具としての活用が始まります。

IoT/AI時代で活躍する人材が期待される現代。興味をもったこどもたちがぐんぐん伸びる環境づくりが必要と、総務省の公募がありました。
総務省|「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業に係る企画案の公募

IT業界団体、福井県情報システム工業会としても次世代育成は要。代表団体として応募、採択!
総務省|「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業に係る採択候補の決定
総務省|北陸総合通信局|「地域ICTクラブ」の展開に向けて北陸3県から2件を採択候補に決定

そして、本日、設立総会。設立趣意書、名前、役員の決定と、議事が進んだ終盤、webサイトの話。 ICTっぽく、プログラミングっぽく、GitHubで行ってみようと、決定。

ということで、できました!

福井県こどもプログラミング協議会」のwebサイト fkpc.github.io

HTMLとちょっとのCSSでできています。(index.html - GitHub
GitHubを使えば、誰でもこどもでも簡単にサイトづくりできますね!

ICTがテーマの協議会、当然ICTを活用して運営します。

コンピューターの基本、ロボットの基本、手作りのIoT、地元のオープンデータを活用した機械学習と予測から始めるAIなど、地に足ついたICT教材をどんどん提供していく、それが地域ICTクラブの福井モデル。

越前がにロボコンはひとつの通過点、すごい人材がきっと誕生するはずです!

越前がにロボコン

福井県こどもプログラミング協議会の委員として参加したい方は、自治体、企業、団体、個人の方でも大歓迎! お近くの委員までお声がけください!

links
- 福井県こどもプログラミング協議会

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像