create every day - 福野泰介の一日一創

IchigoJam同士でプログラム転送する方法 インターネット技術第163委員会研究会(富山)

2015/05/29 23:55:00
#IchigoJam #opendata #toyama #jig 

Code for Kanazawa, Code for Nanto, Code for Sabae が富山に集結
第37回インターネット技術第163委員会研究会 - シビックテックとオープンデータ」
データシティ鯖江こどもパソコンIchigoJamで仕掛ける次世代のまちづくりを話してきました。
行番号付きBASICで上がる歓声!?

インターネットの研究会ということで、ネットワークの基本、パソコンからパソコンへのデータ転送を、IchigoJam同士をつないでみました。GNDとGND、親機のTXDと子機のRXDをジャンパー線でつなぎます。長文の転送はデフォルトの通信速度11,520bpsでは間に合わなかったので、300bpsに落としています。


子機を2台に増やしてもこの通り!
作ったプログラム、友達みんなにまとめて配ることができますね!


IchigoJam間 プログラム転送例


IchigoJamで学ぶプログラミングの教科書「IchigoJamでプログラミング」が完成しました!
著者は元福井高専電子情報工学科教授、蘆田昇氏、プログラミングを福井高専で担当していて、私の元担任の先生でもあります!

昨日、5/28はjig.jp創立記念日。スタッフ全員にこの教科書をプレゼント!
ますます加速する新しいインターネット社会、次の12年、楽しみです!

jig高専インターン2015募集開始!みんなで創る熱い夏!

2015/04/20 23:55:00
#kosen #jig #intern 

創る系高専生にイチオシのインターン先、世界で一番熱いまち、福井県鯖江市にある jig.jp 開発センター&本店。自分が高専生だったら行きたいインターンを創り続けて14年目。自信アリです!

物心ついた時からの「ものづくり好き」。社会は常に新しいモノを望んでいます。ものづくりを通じて、豊かな社会を創る仕事に触れる夏はいかがでしょう? (株式会社jig.jpの企業理念「利用者に最も近いソフトウェアを提供し、より豊かな社会を実現する」」)

初対面でも、集まるメンバーは全国各地から来た同世代の高専生。コミュ障でも問題なし。がっつりチームで創る、3週間の共同生活。社会人参加もするハッカソン&BBQを含む、2回の週末も楽しめます。

同僚からは刺激を、OB/OGからは広い視野を、市長やまちの人からは高専生への期待を、それぞれ受け取って、自分のものにしてください。


学生インターンプログラム2015 ~全国高専生向けjig.jpインターンシップ募集開始のお知らせ~

エントリー締め切りは、6/5(金)、オンライン面談を経て、6/12(金)に参加者が決まります。今年はどんな高専生が集まるか?楽しみです!


13高専16名参加の2014年インターンの記録

エントリーはこちら!
- 学生インターンプログラム2015 ~全国高専生向けjig.jpインターンシップ募集開始のお知らせ~

練習問題、この IchigoJam BASICのプログラムを実行するとどうなるでしょう?

IchigoJamを進化させるインターンもありかも? ・・・ 正解はこちら

creating pleasure 13期のjig.jp、全員集合キックオフ!

2015/04/03 23:55:00
#sabae #jig 

3月末で12期が終了し、13期に突入する株式会社jig.jp。「利用者に最も近いソフトウェアを提供し、より豊かな社会を実現する」という、終わりのない理念を目指し、スタッフ一同がんばろう!と集まるキックオフの会。


今年は鯖江集合の年、めがね会館内の豪華な会議室をお借りして開催。それぞれの事業や、会社全体のふりかえりと今期の計画を共有。


その後は7Fセミナールームで懇親会!


梵、プレミアムスパークリング大好評でした!(2013.3.22 記者会見時の様子


秋吉、サバエドッグ、サラダ焼き、シュークリーム、寿司、もちパイ、焼き鯖寿司(五十音順)など!


カフェラテも!


IchigoJamも!(さばえふるさと納税 3P/10P
※左右で動いてスペースキーで1発のみのレーザーを放つゲーム(src on IchigoJam LIST

使ってくれる人がいるから、うれしくたのしくやりがいがある。
creating pleasure / 創る喜び

13期のjig.jp、軽やかなスタートです!

5つ星リアルタイムオープンデータ SPARQLを使った鯖江市論手川排水機場の水位表示アプリ

2015/01/07 23:55:00
#js #sparql #waterlevelmeter #jig #odp #sabae #opendata 

jig.jpの自治体向けサービスodp、5つ星リアルタイムオープンデータに対応し、アプリを発表しました。
河川の水位データをリアルタイムにオープンデータ化 鯖江市とjig.jpが共同で公開 - ITmedia ニュース

SPARQLを使ったシンプルなアプリをつくってみました。
鯖江市論手川水位メーター / リアルタイムオープンデータのSPARQL取得

「ちょっと川を見てくる」を安全に!

MSXの30万倍速い!レイトレロゴのアニメーション

2015/01/02 23:30:00
#js #jig 

2014年のアクセスログから見つけたMSX関係リンク集MSXはプログラミングの原点。今でも多く仲間がいることに感動します。

その中で見つけた懐かしのMSX2+上でのレイトレ移植「20年前の2000倍速で光を追って - MSXのレイトレーシングプログラムをC#に移植する - - Aoisomeの以下略」!この本、持ってます!レイトレ(レイトレーシング)とは、光線を追跡してCGを作る憧れの手法です。JavaScriptに移植された「復刻!レイトレーシング! — KaoriYa」を発見したので、使ってみました。


レイトレースロゴ

MSXのBASICで実行すると16時間、MacBookAirのJavaScriptで0.2秒、実に30万倍速い!
クラウドを使えばフルHDのインタラクティブなリアルタイムもできちゃいます。

プレゼント交換が熱い!jig流の忘年会とクリスマス

2014/12/19 23:55:00
#jig #maker 

オタマートのクリスマス企画の1万リツイートで湧くjig.jp、鯖江本店の忘年会は、毎年恒例プレゼント交換がハイライト。500円までという制約がポイント。


あげる気持ち、もらう気持ち、両方楽しめるプレゼント交換


新人開発者企画のいろんな余興、今回の新ネタお絵かきクイズ。チームで三人が描き、一人が当てる。少ない人数で当てた方が得点が高く。商品は大人気のお掃除当番免除権w


このキャラクターは何でしょう?


これは何の映画でしょう?


お待ちかね、音楽が止まるまで、ぐるぐる回す、プレゼント交換!円の中心はダンス可


用意したのは、お気に入りのオープンソースハードウェアのLEDバッジに、100円均一のXmasリースをホットボンドで飾り、材料費500円以下を達成したクリスマスエディション!創る楽しさプライスレス(動画)。


受け取ったのはバスセット!
来年もいい年になりそうです!メリークリスマス!

オープンデータ流通推進コンソーシアムは、一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED)へ! odp ビジネス部門受賞!

2014/12/03 23:55:00
#opendata #jig #vled 

利活用委員を努めて2年目となるオープンデータ流通推進コンソーシアムが、KDDI/電通/IBM/NEC/NTT/日本Microsoft/日立/富士通/三菱総研の9社、民間企業による出資によって発展的に進化、一般社団法人化しました。名前は「オープン&ビッグデータ活用・地方再生推進機構」と盛りだくさん。略称、VLED、2020オープンデータシティ推進委員会が目玉です!設立記念のオープンデータシンポジウム2014、設立記念パーティー、Mashup Awards 10 オープンデータ部門の表彰式が行われました。日本のオープンデータの第二章、華々しくスタートです!


オープンデータシンポジウム2014で、白熱した佐賀x福井!
データの公開から利活用へ ― 地方創生にオープンデータが果たす役割 ―
地域間の連携と競争が世界をおもしろくします!


盛会となったVLED設立パーティー!


Mashup Awards 10 オープンデータ部門、最優秀賞「GEEO(あらゆる不動産の価値を評価します)


試作部門賞を獲得した「LOCAL GOOD-YOKOHAMA- 横浜市立体マップ」の早川さん、大学生!
オープンデータでつながる各地域のグッドな取り組み、広めましょう!


jig.jp オープンデータプラットフォーム(odp)も、ビジネス部門賞、いただきました!

ちょうど同日すぐ近く、マイナビルームにて講演「世界最先端IT国家創造法、官民つながるオープンデータとビジネスへの活かし方」があって、民間企業もオープンデータという社会談変革へ、お誘いしてきました。(オープンデータをビジネスに活かすために必要なこと - データシティ鯖江の仕掛け人が語るビッグデータの未来 | マイナビニュース

2015年のSIGGRAPH神戸開催TPAC札幌IETF横浜開催など、2020年に向けての国際ビッグイベントのひとつひとつをチャンスに、世界をより豊かにするサービスを創って迎える2020データシティ!

実は、世界一豊かな日本(研究論文)!?まずは、豊かさをデータ化、分析し、より強めるアルゴリズムの実現。実証できたものを普及させることで、世界は少しずつ変わっていくはず。オープンデータとWebが活躍するフィールドは、広大です。

報道
- 「自治体の情報活用推進へ社団法人設立 日立やNTTなど9社 - 産経ニュース

ケータイサイト消滅、ガラケーとWebをつなぎ続けるjigブラウザ / jigブラウザ10周年

2014/10/01 23:55:00
#opendata #jig 

2004/10/1に発表、発売開始した「jigブラウザ」。docomo FOMA900シリーズとau WINシリーズに対応した世界初の携帯電話向けダウンロード型フルブラウザのプレスリリースは、ヤフトピに掲載されるなど大きく採り上げていただいた。今日はその日から丸10年。現在も多くの人にお使いいただいているjigブラウザのビジネス面を紹介する。(iモード、WIN向けに、フルブラウザ登場~jig - ITmedia Mobile

フルブラウザに対するフルではないブラウザとは日本独自のモバイルWebのみに対応した携帯電話用のブラウザである。jigブラウザ発表時の2004年、i-modeを筆頭とする日本独自仕様のモバイル向けのWebが活況。有料課金を前提とし、携帯電話会社からのアクセス以外を遮断するなど、オープンなWebとは異なる仕組みは、かつてのキャプテンに近い。当時の携帯電話に搭載された日本独自仕様のブラウザで、一般のWebサイトを見ようとしてもサイズオーバーや、仕様が異なるために見ることができない。この制限されたブラウザに対して、生まれた言葉がフルブラウザである。

携帯電話向けの通信料金の定額制のスタートが大きな転換点となる。時間ではなく通信量で従量課金されたそれまでの料金体系から、月額定額料金を払えば使い放題になるこのプランは、パソコン環境がブロードバンド化するに匹敵。携帯電話故に、いつでもどこでも好きなだけインターネットする素地が整ったことで、パソコンと同様の一般のWebサイトを見るニーズが高まった。・・・というか、自分がすごく欲しかった。

そこで作ったのが「jigブラウザ」。Webサイトを形作る、HTMLを解釈し表示する部分を非力なケータイをサーバーで補う、今で言うクラウド型のブラウザとして実装。スクロールやブックマークなどの早いレスポンスが必要なインターフェイスはケータイ用アプリとして実装。東京からの帰りの新幹線、一番のネックだったブラウザの核、レンダリングエンジンを出来たうれしさと、見せたメンバーの薄い反応が懐かしい。

仕上がりつつあった「jigブラウザ」を、jig.jp共同創業者の岸はプレステのソフトと同様、5,800円で売ろうと言う。しかも、年額。携帯電話用のコンテンツで税込みで6,000円オーバーとは前代未聞。お試し用として、月額1,000円プランも用意する形で迎えた2004年10月1日。高額なこともあってまずは限定的と予想していた利用者数を大きく上回るアクセスにより、サーバーの許容量を一夜にして超過。クラウド時代の今と違って、サーバー準備に1〜2週間待っていただく事態となる。

一般の利用者に直接ソフトウェアを提供する「B2Cサービス」をやる。これが、jig.jp創業の根底にある。利用者からの届く意見を元に、アプリをバージョンアップすることで応えるという、コミュニケーションが実現。jigブラウザを使ってくれている方たちのバージョンアップに対する反応がうれしかった。タブ、RSS、アプリを使わないWeb版、プラグイン、メーラー、スケジューラー、JavaScript対応、動画対応、シンプルバージョンとハードウェアや、利用者のニーズと共に変化してきた10年間。ちなみに、当時最も参考になったメディアは、2ちゃんねるだった。

10年続いた、課金というビジネスモデル。ケータイサイトを持たないメディアの方に、jigブラウザを紹介するパートナーとなってもらった。月額1,000円のお試しプランは、早々に月額600円(税別)へと見直し、利用プランの主流に据えた。支払い方法を、開始当時には非対応だった携帯電話料金と一緒に支払う、キャリア決済に後に対応できたことは大きい。携帯電話でその場で簡単に買うという、今日のスマホでのアプリ購入に通じるこの文化、i-mode発祥、日本発祥である。

Yahoo!Japanとの取り組みは、利用者ニーズともうまく合致。Yahoo!モバイルで検索するユーザーに、圧倒的に情報量の多いパソコンサイトの検索結果をjigブラウザWebを使って提供する。jigブラウザWebとは、アプリを使わず、ケータイのブラウザ用にパソコンサイトを分割変換するサービスで、Java版非対応のauユーザーからの要望を元に作ったもの。変換され表示する各ページのヘッダーやフッターに、もっと見やすく見るには「jigブラウザ」と紹介している。(スマホのように表示で紹介している例、右図)

ケータイサイトという言葉を聞かなくなって久しい2014年。Yahoo!モバイルからケータイサイトの検索結果が消えた。jigブラウザは、役目を終えた携帯電話向けのサイトに変わって、60%の日本の携帯電話利用者とWebとをつなぐ。

ガラパゴス+ケータイ、ガラケー。iPhone、Androidへと文化として継承されているからこそ、商業的な失敗が日本として痛い。GPSを始めモバイル特有の新しい仕様を、W3C標準として提案し続け、同時に、キャリア決済と携帯電話販売というエコシステム自体を輸出していくことができれば、iPhone独壇場は無かったかもしれない。

スマホ時代のjigブラウザとは何か?ヒントを求めて入ったW3Cで出会ったオープンデータ。政府オープンデータサイト、DATA GO JP も本日、本格運用を開始。次のWeb、セマンティックWebの本格到来というチャンス、新しい10年を作ります!


メガネの日でもある、10/1。jig.jp本店を構える、メガネをかけたビル、めがね会館。ちょうど30年を迎え、シンボルであるメガネの看板をリニューアル。うれしい、jigブラウザ誕生日プレゼント!。
Facebook 鯖江市長投稿より、福井新聞社提供めがね会館看板リニューアルを伝える記事

旅行xツール、jig.jp内定者開発合宿 in 熱海!

2014/09/25 23:55:00
#opendata #jig 

熱海です。東京と鯖江の間をとって、今年の内定者合宿地に選ばれました。内定式前に親睦を深める機会として企画された、開発合宿、テーマは「旅行xツール」。誰にとってのどんな不満を解消し、その旅行を便利に楽しく快適にするか!?


早速、熱海駅前を散策。謎な魅力に惹かれ駅眼の前のビル、ATAMIX(アタミックス)へ。


旅の醍醐味、非日常感を味わいつつ、もう一つの大事な要素、食。ATAMIXの地下1Fの一番奥にある「まるに食堂」にて、”自家どれ”サシミ定食をいただきました。安くておいしい!


旅行に関する思い出から、不満や改善点を洗い出しつつ、宿泊の地へチェックイン。すばらしいオーシャンビュー。


持ち帰った、熱海観光マップなどを元に企画を詰めます。発表は翌日。時間はそうありません。


開発スタート。時間との戦いです。若手社員とのチームを組んでの短期集中戦!私はサポートに回ります。



今回は、iPhone 6 / 6 Plus の発売、iOS8のスタートもあるので、Swiftによるネイティブアプリ開発に挑戦です。こちらサンプルとして提供した、位置情報を取得しつつ、撮った写真を緯度経度時間と共にサーバーにアップする、swiftプログラムです。(ViewController.swift

Appleによる新言語、Swift。前回見た時からの僅かの間にバージョンが変わっていて古いサンプルが動かなくなっていたり、一般キーワードと混ざって検索しにくかったりといろいろありますが、素直に書けていい感じです。普段使っているプログラミング言語、Java、JavaScript、IchigoJam-BASICにも似た雰囲気を持つ言語。最新ハードを使い倒すには、プログラミングが一番!

参考リンク
- 001 現在の位置情報の取得 - Swift Docs
- http://tech.camph.net/?p=363

3週間のインターンで体験する開発手法、スクラム

2014/08/19 23:55:00
#kosen #jig 

ソフトウェアも建造物も創るもの。ソフトウェアは、建造物と違って、最終段階近くでも柔らかく変更できることに特徴があります。家も粘土のように大まかに創って、穴開けたり、付け足したり削ったり自由にできると楽しそうですが、ソフトウェアではそれが可能です。

とはいえ、行き当たりばったりで創っていてはいつまでたっても完成しません。その試行錯誤自体も楽しいのですが、素早く社会に価値提供するために、いろいろな工夫が編み出されています。そのひとつが「スクラム」というトヨタのかんばん方式由来で、アメリカで確立された開発手法。jig.jpでの開発でも部分的に採り入れています。

今週からスタートした、2014年夏の高専インターン。通常の開発の一区切りは2-3ヶ月である中、インターン期間は3週間と短いので、「スクラム」のエッセンスを少し借りてチーム開発を体験してもらうことにしています。

チーム開発において一番大事なのは「ビジョン」、創るプロダクトが誰のための何なのかを、わかりやすく表現したものです。決めたつもりの思いも、創っていく過程において変わっていくものです。一人で創っている分にはそれはそれでいいものですが、チームにおいてメンバーそれぞれの思いのズレができると大変。ビジョンの実現をチーム内の共通のゴールにしっかり置くことが大事。

今回の高専インターンでの開発では、「スクラム」の中から、下記を抽出しました。
「ビジョン」 - 創るプロダクトが誰のための何なのかを、わかりやすく表現したもの
「プロダクトバックログ」 - 「ビジョン」を実現するためにすることを優先順に並べたリスト
「プロダクトオーナー」 - 「プロダクトバックログ」の編集権と実現のジャッジする人
「スプリント」 - 計画からレビューまでの期間、通常1〜2週間のところ、今回は1日とする
「スプリント計画」 - 「プロダクトバックログ」から今日、誰が何をするか決める時間
「スプリントレビュー」 - 今日の実現のジャッジと、計画との対比をふりかえる時間
※詳しい説明➔「20110118 scrum 10 mins」「スクラム 入門 - Scrum Foundation

学生にとっては初耳だったという「スクラム」という手法、理解してもらって良さそうとのことで、早速インパクトマッピングを使ったアイデア決定、チーム分け、ビジョン決定と進み、いよいよ本格的な開発がスタートします。


16名、4チームには別れてもらいましたが、全員がチーム。助け合い励まし合い高め合ってねと、エール。
※写真は、インターン2日目!より、インパクトマッピング風景


福井高専出身社長のIT企業、ナチュラルスタイルict4eの訪問、アイデアミニプレゼン&ディスカッションを経て、気合充分の高専インターン生と共に。

最終発表会は、9/5(金)16:30〜。USTで観覧可能です!
2014/9/5 16:30-18:00 jigインターン成果発表会

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image