create every day - 福野泰介の一日一創

みんなで創ろう=自分で創る+創る人を助ける / 仙台高専にて失敗談、一日一創アプリ「renda」

2016/11/21 23:55:00
#kosen #js #sendai 

元仙台電波高専、仙台高専の広瀬キャンパスへにて、講演!
講演タイトル「アルバイト好きな高専生が起業を2度失敗した話」
ひきこもりながらでもできる地域貢献、オープンデータをつかったアプリづくり。
宮城県仙台市もオープンデータあります!


今年インターンに来てくれたサンダーこと、後藤くん!ひさびさの食べるメガネ。


元気良い!


連打力を測る「renda
質問あった一日一創、かるーいゲームだと10分くらいでできちゃいます!(ソース on GitHub
まずはforkして改造、発表からやってみるのがおすすめ!


お昼は定番、高専学食のカレーとラーメン!


大きな看板「国立仙台高専」!元は「仙台電波高専」だったとのこと。紅葉きれいでした。
どんどん創って暴れてくださいね!

創るものがない!?
そんなときは、創りたいものだらけな、こどものサポートからどうぞ!
→ 「【イベント出展】ワークショップコレクション in 仙台トラストシティ | PCN仙台

はじまりはゲーム、ソフトウェアビジネスとDANMAKUオープンデータ - 木更津高専見学旅行 at めがね会館

2016/11/08 23:55:00
#kosen #jig #game #js 

千葉県、木更津高専の見学旅行の目的地のひとつとして鯖江、めがね会館を選んでもらいました!
2グループに別れ、めがね型ストラップづくりjig.jpの会社見学。


テーマはリクエストにお応えして「jig.jpの仕事」
ビジネスとは何か?ソフトウェアビジネスとは何かを具体例と合わせて紹介。


創造はビジネスのはじまり(2012年の一日一創、ゲームというタグをつけたアプリは40コ
私のプログラミング世界への入り口はスーパーマリオ、まずは作りたいものをひたすら作る!


danmaku
前半グループで紹介した2012年の一日一創ゲームから「danmaku」をフルスクリーンで遊べるように手直しして、GitHubにおきました。 fork歓迎、改造歓迎、高専祭で使っても、販売しても、何してもOKなオープンデータ。

IoTVRウェアラブル、広がり続けるコンピューターという道具。
何か創っていて楽しいと思うこと、それはきっと最高の競争力。


来鯖感謝!

起業家甲子園出場権は弓削商船高専の「Knee's Needs -英姿颯走-」ものづくりに終わりなし

2016/10/09 23:55:00
#mie #kosen #KidsIT 

私の第三故郷三重県、伊勢開催の第27回、高専プロコン
NICT主催の起業家甲子園への出場チーム選定の予選の場でもあります。


ICTメンター福野が選んだのは弓削商船高専、正しいジョギングアドバイスツール「Knee's Needs」のやる気満タンのチーム!
全世界的な問題である医療費高騰、かといって正しくない運動は怪我の元、運動しないとと思いながらできていない人は、私に限らず多くいるはず。そんな人へ楽しく正しいジョギングをサポートするサービスのビジネス化に挑戦します!


伊藤さん選定は、明石高専のARダンスサポートデバイス「舞鏡」


弓削商船高専は自由課題に計3つ出場。強い!こちらスマートな鍵を実現する「i-pass Watch」チーム。
iPadでデモする巨大な腕時計。ぜひ指輪化を実現してみてください!


Yahoo!JapanのHACK Uチームが、会場からライブ放送!インターンOGのきっき台活躍!


2Fプログラミングコーナーでは中学生が参加してくれていました。 小中学生にはどんどん高専プロコン見学に見に来て、刺激を受けてほしい!


木更津高専の米村先生から高専プロコンは始まりにすぎない!と熱いメッセージ。 Imagine Cup、Mashup Awards、LODチャレンジ、起業家甲子園などなど活躍の場はたくさんあります!


ホールで開催された競技部門、コンピューターと人の協調がテーマ。課題部門で競技部門のシステム募集してみるのもおもしろそう。


競技部門で優勝したモンゴル科学技術大学のチームを発見!(昨年行ったモンゴル


高専プロコン中、ずっと名札にぶら下げていたのはこちらのモバイル対応したIchioJam。


3Vで動くPS/2キーボードならこのままその場で開発も可能。


モバイル対応シールドに単4電池2本ケースをはんだづけするだけ!


PCN三重チームから高専生に配られた、VFDモジュール(IchigoJamでの使い方はこちら

GitHubでオープンソース化し、ふりかえりブログを書いて一区切りするのがオススメ!
ものづくりに終わりなし!どんどん創って発表しよう!

PCN三重プログラミング体験とVFDモジュールxIchigoJam at 高専プロコンin伊勢

2016/10/08 23:55:00
#IchigoJam #KidsIT #mie #kosen 

第27回高専プロコン、今年は三重!PCN三重によるIchigoJamワークショップの応援へ!
教育用に無償提供しているVFDモジュール、IchigoJamと2本つないで簡単制御できます!(VFDふぁん

VFDモジュール、CN2-1に5V(IchigoJam Tなら5V端子でもOK)、CN2-2にIchigoJamのTXD、CN2-3にIchigoJamと電源のGNDを接続。あとはシリアルの設定を38400bps(BPS-2)に合わせて表示するだけ。

10 UART1:BPS-2 20 ?"VFD on IchigoJam "; 30 WAIT 20 40 GOTO 20

とっても明るく目立ちます!

VFDモジュール GU280X16G-7002S 概要:
 外形サイズ:182x33.5mm
 表示ドット数:280x16ドット(5x7フォント:40桁2行)
 インターフェース:非同期シリアル、同期シリアル、8bitパラレル
 電源:DC5V
VFDふぁん: VFDサンプルの使い方の参考情報 / GU280X16G-7xxx | VFD(蛍光表示管)モジュール GU-7000シリーズ 製品情報 | 表示器のノリタケ伊勢電子株式会社


こどももおとなもIchigoJam、楽しんでくれています!


ワークショップなど手伝ってくれている高専生!


PCN三重発のプロダクト、信号機!


IchigoJamで制御するチロルチョコマシーン!


他にも、PCN三重によるIchigoJamの展示、いろいろ
高専プロコン企業ブースには、なんと、GitHub!高専生、こども応援!


高専、プロコンにも気合入った展示の数々!東京高専はVRでゆらす台を自作!
2日目も楽しみです!

鯖江でGO! jigインターン2016成果報告会

2016/09/09 23:55:00
#jig #intern #opendata #kosen #sabae 

12高専16名、jig.jpの2016年の高専インターン企画、最終日。

楽しい夏をありがとう!


jig.jpの高専インターンの特徴は、異高専、チーム開発、3週間!
1週目でアイデアとチームメイキング、2週目がっつり開発、3週目まとめ&発表。


お昼は、スピード優先、jigカレーで激励、いよいよ成果報告会。

1. 歩け!百人一首マスター 〜百首全部分かるかな〜

百人一首大国福井。でも、みんなが好きとは限らない。
→ 試してみる for Android Chrome


覚えようにも、従来アプリではいまいち身が入らない。


歩いて百人一首クイズに答えるチーム戦で楽しく、覚えるアプリ


スポットでは百人一首クイズがでて、早く答えるほどに高得点。


間違えたり、時間切れで無得点、20分での総得点数を競います。
校庭内や、公園内にスポットをしぼることができるので、こどもも安心して遊べます。


システム構成の説明。現在、4人までのネットワーク対戦が可能。


百人一首が得意な小4の女の子にもらった感想(得意でない子にも試してもらいたい!)
観光オープンデータを使って、百人一首スポットにしたり、登場する単語に合わせた場所にでるとより印象に残って良さそう。

2. 虚弱GO

ついついしてしまう歩きスマホ問題をオープンデータで解決するアプローチ。
→ 試してみる for Android & iPhone


深刻な歩きスマホ問題。約半数が経験。それに伴う事故は増加傾向にある。


ポジティブに解決するアプリ「虚弱GO」
オープンデータを元に設定した、安全ゾーンと危険ゾーンを表示。
危険ゾーンを歩くと体力がどんどん減ってしまうことで、楽しく危険を知らせる。


危険に攻撃され体力を削られる虚弱くん。


Webアプリで、GeoLocation API、Google Maps API、Socket.IO が使われてます。
ネイティブアプリにして、バックグラウンドで危険を提示したり、加速度センサーなどを使った実際の事故記録をサーバーに送信するなど、危険ゾーンの自動追加などの発展が見込めそう。

3. ボケモンGO

目指せ、「脱」忘れ物マスター!忘れ物をしなくなる、自分育成ゲーム。
→ 試してみる for Android & iPhone


重要なポケモン対戦でモンスターボールを忘れるという失態、こんな経験ありますよね。


出発地から目的地の間に、自動的にチェックポイントが設定され、


忘れ物がないかのチェックを促すことで、 忘れ物・落し物を防ぎます。
ネイティブ化したり、スケジュールと連動したりすると、より便利に使えそう。

4. それいけレッサーGO!

鯖江のかわいいレッサーパンダ、鯖江市内にはたくさんあるレッサーパンダスポット
→ 試してみる for Android & iPhone


マップ画面のレーダーでレッサーパンダスポットを探し、レッサーパンダカードやアイテムカードをゲット。


手持ちのレッサーパンダカードから選択。


歩いて、戦って、全20種類のレッサーカードを集めよう!


レッサーパンダスポットオープンデータをつくった、木下氏のインタビューも紹介。
ご当地アイドルな動物と楽しいオープンデータを組み合わせたゲーム、いろいろつくってみたくなりますね!


3週間、おつかれさまでした!


今回創ったアプリを糧に、福井オープンデータアプリコンテストLODチャレンジ電脳メガネコンテストなどへの応募や、高専プロコン、高専カンファレンスでの発表や、身近な人に見せることからでも、フィードバックもらって、更に創る機会を増やしましょう!

jigインターン2016、第二章のはじまりです!

楽しすぎたケイドロ、IchigoJamでゲーム化!小次郎の里でインターンBBQ

2016/08/28 23:55:00
#game #IchigoJam #kosen #intern 

IoT Hackathonの打ち上げ兼社員交流で、BBQ。
今年の会場は小次郎の里。心配だった雨もほぼ降らず。炎天下ではないので遊ぶにはベスト!

ここで、27年ぶりのケイドロ、楽しすぎた。


BBQも佳境に入ると、おもしろいことになる。焼き鳥&焼きおにぎり祭。


剣豪、佐々木小次郎が必殺技「燕返し」を編み出したとされる場所、一乗滝へプチ遠足。


滝の水は冷たく美しい!


パワーアップしていたさいころコレクション。提供、さいころ部


帰途、さすが元気な18歳!と思ったら、バスでは爆睡だった様子
インターンブログ「←BBQ楽しんできた勢→ - jigintern2016’s diary」


ひさびさのケイドロ、体、頭共に良い運動になって楽しすぎたので、IchigoJamでゲーム化!

まずはカーソルで動く主人公(ケイ)をつくる。"K"はALT+Pで人を出してもいい。

10 X=16:Y=12 20 X=X-BTN(28)+BTN(29) 30 Y=Y-BTN(30)+BTN(31) 40 CLS 50 LC X,Y:?"K" 60 WAIT 3 70 GOTO 20

20行と30行、28〜31が左右上下のカーソルのキーコード。X,Yとマイナスから書くと28〜31まで並ぶので覚えやすい。 忘れてしまったら、?LEFT などでキーコードを確認!チラツキ抑えるコツは、画面表示直前にCLS。

次に敵キャラ(ドロ)を登場させる。上から迫ってきて、一番下まで到達されたら負け。"D"はALT+Dで宇宙人とか。

15 Q=16:R=0 34 IF RND(5)=0 R=R+1:IF R=22 END 35 IF X=Q AND Y=R Q=RND(32):R=0 51 LC Q,R:?"D"

捕まえた数をスコアにする

10 X=16:Y=12:S=0 35 IF X=Q AND Y=R Q=RND(32):R=0:S=S+1 42 LC 5,0:?"SCORE:";S

10行、35行はLIST表示して、追記しよう。

画面端にいってしまうとおかしくなるのを防ぐ。左右はループするように、上下はその位置で止まるようにプログラム追加。

21 IF X<0 X=31 22 IF X>31 X=0 31 IF Y<0 Y=0 32 IF Y>21 Y=21

ケイドロの醍醐味、複数のドロからいかにして守るかを表現するために、敵キャラをもう一体出す。

15 Q=16:R=0:T=6:U=0 36 IF RND(5)=0 U=U+1:IF U=22 END 37 IF X=T AND Y=U T=RND(32):U=0:S=S+1 52 LC T,U:?"D"

34行、35行をLISTで表示し、行番号と変数だけを書き換えると楽。
これでケイドロゲームのできあがり!

やってみよう!
- キャラクターを自分好みに変えてみよう。
- 敵が迫ってくる速度を変えてみよう。
- 敵をもう一体追加してみよう。

10 X=16:Y=12:S=0 15 Q=16:R=0:T=6:U=0 20 X=X-BTN(28)+BTN(29) 30 Y=Y-BTN(30)+BTN(31) 21 IF X<0 X=31 22 IF X>31 X=0 31 IF Y<0 Y=0 32 IF Y>21 Y=21 34 IF RND(5)=0 R=R+1:IF R=22 END 35 IF X=Q AND Y=R Q=RND(32):R=0:S=S+1 36 IF RND(5)=0 U=U+1:IF U=22 END 37 IF X=T AND Y=U T=RND(32):U=0:S=S+1 40 CLS 42 LC 5,0:?"SCORE:";S 50 LC X,Y:?"K" 51 LC Q,R:?"D" 52 LC T,U:?"D" 60 WAIT 3 70 GOTO 20

ケイドロ on IchigoJam

さくらのIoT Platformα x FaBo x IchigoJam x 高専 - IoT Hackathon in Sabae

2016/08/27 23:55:00
#IoT #IchigoJam #kosen #intern #neko 

高専インターン2016参加学生やOB/OGとのハッカソン!
企画から開発、発表までを一気に1日でやってしまう凝縮プログラム。
次々登場するデータやデバイス、値段が下がり、ますます熱いIoTで遊んじゃおう!

IchigoJamの定番「かわくだりゲーム」と、さくらのIoT Platformのα版 for IchigoJamで実際にデータをネットに飛ばしてみます。使い勝手がわかったところでチーム分けして、アイデアランチ、そして、発表の17時を目指して開発へ。
1行リターンでIoT、さくらのIoT Platformα x IchigoJam BASIC で超簡単ネット接続デバイスづくり


初ハッカソンの人も多数、電子工作&プログラミング&IoT、楽しいイベントになりました!


今回の目玉IoTモジュール、FaBoに加え、IoTハッカソンにと用意した、電子パーツいろいろ!


おかしをつまみながらのチームで楽しく、ものづくり。スペシャルゲスト中1プログラマー、MASAHARU!


さくらのIoT Platform、デバイスからの発信から、外からの受信を試みるも、今回は断念。入出力、両方あると確かに楽しくなりますね!


楽しいハッカソンタイムは、あっという間に終了、発表を迎えます!持ち時間は5分間でプレゼン&デモしてもらいます。


ネコ型ロボットをつくった、サバえもんチーム


レーザー発信、光センサー&さくらのIoT Platform、モーターボードMapleSyrupを使ったネコ型ロボットのIchigoJam 3台も使った豪華システム。


レーザー光の遮断を検知し、飼い主に突撃するネコ型ロボット!サーバーへ通知が、意図しない来訪者を知らせるセキュリティ機能にもなります!


SHO(しゃべる、非常口、男)チーム


「しゃべる」機能に使えそうな音声録音、再生モジュール(1,000円 at 秋月電子


トイレットペーパーに関する様々なトラブルをIoTが解決!巻きすぎ注意チーム。


黒く塗るとレーザー光の反射率が下がることを利用してつくる巻き数カウンター。


IchigoJam、FaBo、さくらのIoT Platformの三段積み!


ローテーションサーボを使って、何かを巻き上げる機構をつくってます。


三軸加速度センサーを使った、居眠りを検出するペン、IchigoPen。授業中のクラス内の学生の居眠り具合を可視化。


ペンの動きを検出して、さくらのIoT Platformを通じて、活動量をグラフ化するデモ。

加速度センサー、MA7455 by aitendoの使い方
(つなぎかた)
IchigoJam - MA7455
VCC - 3V
GND - GND
SCL(IN3) - 12
SDA(EX1) - 11

10 POKE #700,#16,5:IF I2CW(#1D,#700,1,#701,1) ERR 20 POKE #700,#0 30 IF I2CR(#1D,#700,1,#800,6) ERR 40 ?[0],[1],[2] 50 WAIT 5:GOTO30

数珠つなぎに拡張できるI2C(アイツーシー)、いろいろ簡単な使い方、用意していくと便利そう。


寝起きが悪い、うに乗務、起きない場合は水がかかり、ネットを通じて、恥ずかしいツイート、大事なデータの削除までされてしまう目覚まし時計。10秒間で100連打するまで無限スヌーズ。


最優秀賞は「Death目覚まし」副賞はとってもレアな、jig.jpオリジナルキャップ!
優秀賞の「にゃんにゃん」「巻きすぎ注意」にはブレボ(ブレッドボード)をプレゼント!


机を一番ちらかしたで賞も同時受賞!DEATH目覚ましチーム。


懇親会、OB/OGの懐かしい再開と現役インターンとの交流。


沼津からのおみやげ。


MSX2のデモ、IchigoJamっぽい配色にしてコーディングしつつ、プログラミングの伝え方ディスカッション。

インターン生によるブログもどうぞ!
IchigoJamハッカソン in SABAE - jigintern2016’s diary

- おまけ
チーム分けにライブコーディングしたIchigoJamプログラム
(例、405は4テーブルで5番となった人はTEAM2になることを意味します)

- スペシャルサンクス!
さくらのIoT Platform α
FaBo

広がる多様性、高専インターンスタート&アフリカインターン見学、IchigoJamカラバリ

2016/08/22 23:55:00
#kosen #IchigoJam #jig #intern 

夏恒例、高専インターンがスタート!2016年は12高専から16名が鯖江に集結!
サンダーバードで降り損ねて京都まで行ってしまったり、財布をなくしたりと些細なトラブルはあったみたいですが、無事初日のガイダンスを終えて、福井名物「やきとりの名門 秋吉」で歓迎会。

16人の高専インターン生など (big photo) 「jigインターンブログ2016」もスタート!

午前中はアフリカ9カ国からの鯖江インターン中の人たちの会社訪問もあり、オープンデータ/IoT/電脳メガネを使ったデータシティ鯖江の取り組みの紹介とその裾野を広げるIchigoJamこどもプログラミングを体験してもらいました。

はじめてプログラミングをする人も楽しんでくれました!世界中のこどもにITという道具を届けましょう!

5つ星オープンデータの違いや、IchigoJamライセンスに関してなど、積極的な質問、こちらも勉強になりました。

訪問ありがとうございました! (big photo)

IchigoJam T の各色基板の試作が届きました。

オリンピックは日本につながる閉会式、まさかのマリオ登場!
【NHKリオ】2020へ期待高まる!トーキョーショー - YouTube


それぞれ厚さが違います、上から1.2mm/1.0mm/0.8mm/0.6mm。とっても軽い0.6mmでもしっかり硬い印象。とはいえ、曲げや捻りに強いのは厚い基板かも。


IchigoJam black edition、つくってみました。
white editionも合わせて「PCNフラッグシップ秋葉原 by Assemblage」にて販売予定!

日本中、世界中、いろんな人がいろんなコトでつながる21世紀。
楽しくいろいろ創りましょう!

授業で活用するスマホ、リアルタイム投票システム「vote」 福井高専1EIにて

2016/08/03 23:55:00
#js #kosen #web 

前期期末テスト、コンピューターな科目のテスト返しの時間を少しもらって、福井高専電子情報工学科の1年生のクラスにおじゃましてきました。 先生が許可すれば使えるというスマホ、3人ほど持ってない人がいたのは申し訳なかったところですが、リアルタイム投票システム「vote」も使っていろいろと聞いてみました。


vote viewer」と「vote」(鯖江市役所JK課卒業←で使ったアプリをシンプル化)
それぞれのURLの後ろに「#fnct1ei」などとハッシュを付けると、独自の投票ルームがつくれます。 授業や講演、イベントなどに使ってみてください。

学生に操作してもらうのは、YESかNOかのボタンを押すだけ。教室前のプロジェクターに映した投票結果画面にリアルタイムに反映されます。 どちらも超シンプルなので、円グラフにするとか、いろいろ改造するのもいいですよ!

プログラミングは後期からスタートということで、みんなワクワクしているところでした。 中学生まででプログラミング経験者が1人だけでしたが、夏休みからがんがん予習することをオススメしますよ!

プログラミングの楽しさを伝える活動、PCNの一端を高専生にも紹介。その場でゲームをつくっていくと、みるみる表情が輝いていきました。

「lol風ゲーム? only on IchigoJam!」
自分のパソコン所有率が、40%と低いのが気になるところ。Hana道場へ、IchigoJamつくりにおいで!


教壇に立つ、同福井高専、電気科の先輩、PCN/ナチュラルスタイル代表松田さん。(photo by 村田さん
私のスライドタイトルは、powered by とあるさくらのジェネレーター
このジェネレーターの作者は、舞鶴高専の先輩、さくらインターネット社長、田中邦裕さん

ステキな機会いただいた、福井高専村田先生に感謝です!
後輩のみなさん、チャンスまみれのこの時代、めいいっぱい自分だけの「ものづくり」楽しんでください!

スマホでも遊べるプログラミング教材用ゲーム第二弾「shoot」嫌いにさせないプログラミングの教え方とは!?

2016/06/28 23:55:00
#js #game #kosen 

二番目のプログラミング言語としてオススメのJavaScript、学ぶべき文法、アルゴリズム、ライブラリはたくさんありますが、ひとまず楽しく続けることが大切です。「やらされ」から「自分でやる!」へのスイッチをみんな大好きゲームに求めてみます。

自分でつくったアプリやゲームを誰かに見せたり、使ってもらったりする体験が手軽にできるスマホ時代、「15ゲーム」に続く、第二弾ミニマムシューティングゲーム「shoot」をつくりました。ブラウザで開き、ホームへ追加で、アイコンが追加され、アプリっぽく動きます!


shoot

前回より、少し短くなっています。HTML/CSS部分はひとまずコピペしても構いませんが、<script>から</script>で終わる、JavaScriptの部分は自分で見ながら打ち込んでみるのが上達への近道!

<!DOCTYPE html><html><head><meta charset='utf-8'/> <title>shoot</title> <meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes"> <meta name="apple-mobile-web-app-status-bar-style" content="black-translucent"> <meta property="og:image" content="http://fukuno.jig.jp/app/game/shoot.png"> <link rel="apple-touch-icon" href="http://fukuno.jig.jp/app/game/shoot.png"/> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0, maximum-scale=1.0, minimum-scale=1.0, user-scalable=no, target-densitydpi=medium-dpi"> <script src="http://fukuno.jig.jp/app/game/lib/fukuno.js"></script> <script>"use strict"; window.onload = function() { var c = get("canvas"); var g = getContext(c); setUI(c); var state = 0; // 0:title, 1:play, 2:gameover var ex; // x of enemy var ey; // y of enemy var ev; // vx of enemy var es; // size of enemy var sx; // x of shot var sy; // y of shot var sv = -32; // vy of shot var score; g.draw = function() { g.setColor(0, 0, 0); g.fillRect(0, 0, g.cw, g.ch); g.setColor(255, 255, 255); if (state == 0) { g.fillTextCenter("shoot", g.cw / 2, g.ch / 2, 80); g.fillTextCenter("tap to start", g.cw / 2, g.ch / 2 + 80, 40); score = 0; ex = -30; es = 100; ey = 100 + rnd(200); ev = 3; sy = 1000; sx = g.cw / 2; } else if (state == 1) { ex = ex + ev; if (ex > g.cw + es) { state = 2; } g.fillRect(ex - es / 2, ey - es / 2, es, es); // me g.fillRect(sx - 4, g.ch - 40, 8, 30); g.fillRect(sx - 15, g.ch - 20, 30, 10); // shot if (sy < g.ch) { sy = sy + sv; if (sy < -30) { state = 2; } g.fillRect(sx - 4, sy, 8, 30); if (Math.abs(sy - ey) < es / 2 && Math.abs(sx - ex) &lt; es / 2) { score = score + 1; ex = -30; ey = 100 + rnd(200); ev = ev * 1.5; es = es * .8; sy = 1000; } } } else if (state == 2) { g.fillTextCenter("game over!", g.cw / 2, g.ch / 2, 80); g.fillTextCenter("score: " + score, g.cw / 2, g.ch / 2 + 80, 40); } }; c.onuidown = function(x, y) { if (state == 0) { state = 1; } else if (state == 1) { if (sy > g.ch) { sy = g.ch - 40; } } else if (state == 2) { state = 0; } }; setInterval(function() { g.draw(); }, 1000 / 30); g.init(); }; </script> <style> body { background: white; text-align: center; } h1 { display: none; } #canvas { display: inline-block; width: 320px; height: 320px; } #credit a { color: gray !important; font-size: 12px; } </style> </head><body> <h1>shoot</h1> <canvas id="canvas"></canvas><br> <div id="credit"><a href="http://fukuno.jig.jp/1435">CC BY fukuno.jig.jp</a></div></div> </body></html>

うまく動かない時は、デベロッパーツール(Chrome)、エラーコンソール(Safari、環境設定、詳細、メニューバーに"開発"メニューを表示、開発、エラーコンソールを表示)などを開いて、ミスを発見、修正してみましょう。

うまく動いたら、早速改造。
- クソゲーをつくってみよう!(ゲームはバランス)
- 敵キャラを嫌いな科目名ににしてみよう!
- ハイスコア機能をつけて競い合おう!
- 連射できるように改造するには!?(配列を使う必要あり!)

IchigoJam BASIC から、JavaScriptへ!
IchigoJamへインスールできる JavaScriptが使えるOS「IchigoLatte 0.9」、ナチュラルスタイルからリリース!


母校、福井高専では、プログラミングをC言語の前に、JavaScriptで学んでいるとのこと。
先日の訪問、電子情報工学科3年生の特活の時間「アルバイト好きな高専生が起業を2回失敗した話」


盛り上がった、IchigoJam 争奪、じゃんけん大会!
プログラミング嫌い、減りますように!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image