福野泰介の一日一創 - create every day

電池ケースと組み込みIchigoJamでつくるイチゴトーン、こどもプロコン2016の冬!

2016/12/25
#IchigoJam #music #maker 

レッツ組み込み開発!
IchigoJamでつくった1ボタン楽器、イチゴトーンを、電池ケースに組み込んでおもちゃにしてみます。


材料は、単3x4本のスイッチ付き電池ケース、IchigoJamのCPU「LPC1114FN28」、ボタン(タクトスイッチ)、スピーカー、抵抗と線材少々。


BTN端子をVCCにつなぐ1MΩの抵抗(プルアップ抵抗)と、左右のVCCをつないでおきます。クリスタルは無くても平気。 プログラムを後で書き換えるなら、ピンソケットなどを付けておくと便利です。


電池ケースの半分のスペースを使います。ハンドドリルでボタンとスピーカー用の穴を開けて、中でCPUや電源を配線。


なかなかすっきりした見た目。おもちゃとしてはちょっと飾りっ気がないかも。


大きめボタンは子供にもわかりやすい!

CPUをLPC1114FDH28を使ったり、電源にボタン電池を使うともっと小さくできます。
逆に、大きなおもちゃなら、電源をコンセントから取ってIchigoJamをそのまま使って、ジャンパー線で配線すれば、はんだづけなしの簡単な工作でつくれるので、子供でも簡単にチャレンジできます!

こちら、こどもプロコン2016夏の受賞作品、じゃんけんゲームマシンIchigoJam Advent Calendar 2016より)

PCNこどもプロコン2016夏より)

欲しいおもちゃは作っちゃおう!
楽しいものができたら「PCNこどもプロコン2016冬」へ送ってくださいー

イチゴトーンでかんたん演奏ジングルベル!オタマトーンメロディ風をIchigoJam BASICでつくろう

2016/12/24
#IchigoJam #music 

メリークリスマス!
イチゴサンタからのプレゼントは、ジングルベル音楽プログラムと「イチゴトーン」!

PLAY"T180O5EEE2EEE2EGC.D8E2.R8 FFF.F8FEEEEDDCD2G2 EEE2EEE2EGC.D8E2.R8 FFF.F8FEEEGGFDC2.R"

T180でテンポ180(1分間に4分音符180コのペース)、O5でオクターブを高めに設定。
音楽をかなでるPLAYコマンドの使い方は、IchigoJamプリントリファレンスを見てチェック!

ジングルベル on #IchigoJam

明和電機の楽しい楽器「オタマトーン」シリーズの1ボタン押すだけでメロディを奏でてくれる「オタマトーンメロディ」っぽく、IchigoJamのボタンでジングルベルを演奏できる「イチゴトーン」(IchigoJam 1.2以上)

10 S="EEEEEEEGCDEFFFFFEEEEDDCDGEEEEEEEGCDEFFFFFEEEGGFDC" 20 FOR I=0 TO LEN(S)-1 30 IF BTN()=0 CONT 40 P="T1O5C":POKE P+4,PEEK(S+I):PLAY P:LED1 50 IF BTN() CONT 60 PLAY:LED0 70 NEXT 80 GOTO 20

10行でジングルベルMMLの音階だけの文字列を設定、ボタンを押している間鳴らしながらLEDをON!
いろんな弾き方を試してみよう!季節に合わせていろんな曲を打ち込もう!

クリスマスまでの25日間、IchigoJam Advent Calendar にも楽しいプログラムがたくさん集まりました!
IchigoJam Advent Calendar 2016 - Qiita

冬休み、楽しいプログラムができたら「PCNこどもプロコン2016冬」へチャレンジ!
小中学生対象、PCNこどもプロコン2016冬、待ってます!

位置x音楽「感謝 PV with マップ」 異種がつながる次世代Web

2015/02/10
#opendata #music 

マイナビ「位置情報活用セミナー」にて、オープンデータについて講演。地元に思い入れある音楽をもつ幸せ。私のお気に入りは、福井のアーティスト、Sing J Royとその同じ年つながりのPETER MANによる「MY TOWN RIDDIM / 感謝」。 2010年の夏、夜明けから日暮れまで福井のいいところを巡って撮影。その後、自作の動画編集ソフトで仕上げた記念すべき初撮影監督編集PV作品。

マップファンのオフラインSDKの活用と、近畿日本ツーリスト沖縄でいく(?)沖縄に向けた予習に、位置情報と音楽をつなぐアプリをつくりました。ロケ地、まずはサビ部分から埋めてみました。いろんな場所でPV出演お願いした思い出が蘇ります。ちなみに1カットだけ、私が撮っていないものがあります。どこでしょう?


「感謝 / MY TOWN RIDDIM - 地域データと日本語歌詞付きアプリ」
JavaScriptで書く、
YouTube IFrame APIを使って、歌詞に地域データを加えた自作オープンデータを連携。

オープンイノベーションとスタートアップが拓く新ビジネス創出セミナー2015|オープンイノベーション推進ポータル|産学連携」での講演と交流会でも高専・石川・こどもプログラミング・オープンデータなど、いろんな新しいつながりに出会えました。

MUJINさんの講演、産業用ロボットの最低40%はプログラミングコストという点、新鮮でした。ブラウザから解き放たれた新しいWebは、全業界においていろんなものをつなぐことになります。その糊となるのがソフトウェアです。

IchigoJamではじめるはじめてのプログラミング、大人にもオススメです!
IchigoJamで体感する文字と数

katamukeon - ハードとソフトで楽器作りが楽しい

2013/02/11
#maker #music #lpc1114 

福井高専在籍中、周りにたくさんありながらも、全く関心がなかったハードウェア系雑誌、トランジスタ技術。konashiがスマホと物理世界をつなげてくれたことで、一気に電子工作への関心が高まり、愛読書となりました。いままで感じていたソフトウェアとしての限界をいとも簡単に乗り換えてくれるパワーがおもしろいですね。

今日は、先日トラ技のおまけで手に入れたマイコンLPC1114を使って楽器を作ってみました。楽器を作るつもりはなかったのですが、意外と簡単に音がなることが分かり、加速度センサーとつないでみたらいい感じだったので、楽器として仕上げました。それが上記の写真の楽器「katamukeon」。

「katamukeon」は、その名の通り、傾けることが特徴の楽器で、傾けるとディスプレイに音階が表示され、ボタンを押すことで懐かしのPSGサウンドが鳴ります。左右で音階が平均律半音なしでひとつずつ変わり、上下でオクターブ変更です。ブレッドボード上の試作なので、大きいですが、電池2本で動作し、このままどこへでも持っていって演奏できます。

「katamukeon」の作り方
1. MARYと有機ELボードを接続
2. MARYの空きポートにイヤホン、ボタン、LEDを接続
3. 傾きとボタン音が鳴るLPC1114用のプログラムを作り、USBケーブルで転送し確認
4. 100円均一で買ってきた単三2本のUSB電源を接続し、電源スイッチを設置

この状態は、あくまで試作。外見のデザインがない状態です。ユニバーサル基板に部品ハンダ付けしたり、チップもまとめてプリント基板にするとぐっと小さくなって、外装をかわいく作ると、きっとキュートな楽器になるでしょう。有機ELディスプレイは高価なので、音階を表示するLEDとかにするのがシンプルで良さそう。

製品化する場合には、練習曲表示機能をつけて、3人集まって3和音合奏が簡単にできるとかが楽しそう。昔のファミコンミュージックを演奏すると非常にいい雰囲気出ますよ。エッジの効いた矩形波、ぜひ生音でお聞きいただきたい!

オタマトーンみたいなものを電子工作

2013/01/27
#maker #music 

LEDがチカチカするアナログ回路を改造して、圧電ブザーで音を鳴らしてみました。
1.5Vを昇圧するICを組み合わせて、単三乾電池1本で鳴るオタマトーンみたいなものができました。
電子工作での楽器作りもなかなか楽しいものです。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像