福野泰介の一日一創 - create every day

車の二極化、タクシー派?マニュアル派?

2014/06/23
#car #profile 

週末BMWの新シリーズ、i3に試乗してきた。三菱のi-MiEV、日産のリーフ同様、電気らしいリニアな加速感と、テスラ同様アクセルを離しての回生ブレーキが新感覚でおもしろい。適度に未来感ある内装もいいし、MAZDA RX-8のような観音開きで乗り降りしやすく、なかなか広い後部座席を実現。電気のみで200km程度、レンジエクステンダー付けでも300km程度の航続距離も、通勤・近距離用と割り切ればあり。リーフでは大きいし、軽は小さいという人にピッタリ。値段も、500万弱と結構いい線!


ただ、何かが物足りない。それはきっと、コントロール感。
電気自動車であっても、マニュアルオプションはぜひ欲しい。

初マイカー、中古のトヨタスターレットのマニュアル。走行中にシフトアップやシフトダウンを出来る限りスムーズになるよう鍛錬して、次にヒール&トゥの練習。時間を見つけては滋賀や岐阜などへのドライブを楽しんだ学生時代。車は、エンジンが生み出す力を、選ばれたギアによって、タイヤの回転力へと変換され、走る。思い通りの力で地面を蹴る感じは、まさに人馬一体。車が拡張された自分として感じられるのが、マニュアルの醍醐味。

オートクルーズや自動ブレーキなど、楽な反面、人間がコントロールする範囲を狭める。より完全な自動を求めて行き着く先は自動運転車。つまり、ロボット運転手によるタクシーである。自動運転車の事故が、タクシー搭乗時の事故と同様の扱いになれば、飛躍的に普及するだろうし、きっとそれに乗ることになるだろう。

自分で車を運転する事が贅沢になる時代が来る前に、マニュアルコントロールの楽しさをしっかり味わっておきたい。
免許はぜひ、マニュアルで!

天空の城"JAIST"の思い出、北陸から最先端!

2014/06/16
#profile 

実家のある石川県から福井県への帰り道、山の上に光り輝く謎の建物群。北陸先端科学技術大学院大学、JAIST(ジャイスト)。

jig.jpができて数年後、JAISTの学生から一通のメールが届いた。就職を考えてくれているとのこと。初めてできた天空の城との接点、うれしくて単身、出張面談へ。センサーなどの先端デバイスを惜しげも無く使って遊び、研究するスタイルに感動。紹介してくれた、その学生が所属するおもしろ研究室が、宮田研究室でした。

その後もイベントでお会いしたり、高専生と共に訪問させてもらったりと、縁は続いて、社内には3名のJAIST出身エンジニア。なんと今回、宮田さんにJAISTから鯖江、めがね会館に訪問いただきました。性格が全く異なる組織、学校と企業。違うからこそ生まれるゆるやかな連携で、北陸から最先端、創りましょう!


宮田さんを囲んだJAIST関係ランチ会!(全員石川在住経験者)

日本名は北陸なのに、英語名JAISTは Japan Advanced Institute of Science and Technology と日本を代表するJの文字。めがね会館が、以前、Japan Optical Center と書いてあったことを思いだし、北陸の謙虚ながら世界を舞台に野心を燃やす心が見えるようでうれしい。

11才になったjig.jp 1年前の今日を振り返る

2014/05/28
#jig #profile 

本日5/28、株式会社jig.jpは、11才を迎えました!
たくさんの人に支えられ、新しい年を迎えられることに感謝です。ありがとうございます!


1年前の今日、10周年を記念しHacoaさん謹製の木製jig.jpパズルを発表しました。実はこちら、たったひとつしかない鯖江ならではのアセテートバージョンです。セル枠と呼ばれるメガネの素材、実はセルロイドは燃えやすいため、ほとんどがアセテート製とのこと。鯖江のたくさんのメガネのプロに囲まれ、メガネに関する知見はかなり広がりました。

あれから1年、ずいぶんいろんなものを創ってきましたが、「利用者に最も近いソフトウェアを提供し、より豊かな社会を提供する」という夢はまだ遠く。改めて一層よいものをご提供できるよう、創造し続けていく決意をここに表明します。この決意の記念日を忘れないよう、ブログに1年前の今日の記事表示機能を追加しました。

データシティ鯖江と、鯖江市めがね会館に本店を構えるjig.jp、今年もぜひご期待ください!
北陸のオープンデータシティ・鯖江市が先端を行く理由。 | Telescope Magazine

治具で広がる可能性

2014/03/16
#jig #profile #maker #lpc1114 

生産効率を上げるために作られる道具、治具。工具の位置合わせを意味する英単語、jig の当て字が由来とのこと(治具 - Wikipedia)。会社名をjig.jpに決めた理由のひとつでもあり、大好きな言葉です。

私の思う道具とは、時間を創出するもの。面倒な物事にかかる時間が半分になれば、時間が余る。また短時間にできると分かると、挑戦したくなる。道具の魅力は、可能性に想像が膨らみワクワクさせてくれること。治具は、普通は人の目に触れない創造者のための道具。私の週末治具づくりを紹介します。


思い立って、はんだごてを握り作った治具。


110円マイコン(LPC1114)にプログラムを簡単に書き込むための接続器です。パソコンからUSBケーブルでUSB-シリアル変換につなぎ、電源とシリアル送受信と信号(DTR=ISP, RTS=RESET)をマイコンの位置に合わせて整えて、すっきりつなぐ役目をします。ブレッドボードにマイコンとこの治具を挿すだけの、簡単マイコンプログラミング環境が整いました。(昔の環境


100円均一でも売っているLR61と表記が含まれる9V電池、分解すると一般には流通していない単6電池が手に入るということで、やってみました。小型工作には電源、大事です。


きれいに取り出せました。1.5Vの単6電池が6本。これを2本ずつ使って3Vで使うのもあり。


同じく100円均一で買った電池USB電源をばらして出てくる昇圧器を使って1本ずつ使うのもあり。


AndroidとBluetoothでマイコンとつなぐ実験。konashiはiPhoneとマイコンをつないでくれますが、これでAndroidもokです。トラ技連動企画の通信モジュール、大好評らしくネットでは手に入らないみたいですが、ラッキーなことに、福井のマルツパーツ館に1つだけ残ってました。


治具のおもしろさは組み合わせにあります。例えば、以上の治具と昨日のテレビ出力を組み合わせると、使わなくなったAndroidを使ってWebAPI経由で取得したPM2.5の値をBluetoothで飛ばして、大画面テレビに表示する小型デバイスのできあがりです。

Webとの出会いと初めて作ったWebブラウザ - 私とWeb(1)

2014/03/04
#web #profile 

数々のWebブラウザを手がけてきた、jig.jp。最新のブラウザ「検索+」のリリースを記念したコラム「私とWeb」その1 出会い編です。

Webとの出会いは、1996年の高専2年生の頃。組み立てたPentium 90MHz DOS/Vを使って、地元福井の電機屋さんが運営するパソコン通信「STARDUST」に接続した際に見た、近所にインターネットカフェ「E-Saloon」というものがオープンしたという広告。なんだかわからないので行ってみると、住宅街の真ん中にそれはあり、夕方だったこともあるのか、他にお客さんはいないお店の中にはMacがずらっと並んでいた。これがインターネットだよと見せてくれたのが、ブラウザ(たぶん、Netscape)と、その中で表示された米国Yahoo!。NASAとか検索して、でてくる情報に感激。これはすごい辞書ができたものだ、というのが、私のWebの第一印象。

プログラミングをやっていることを話していたら紹介してくれたのが誕生したばかりのJava。CD-ROM付きの本をもらって、ブラウザ上で動くアニメーションアプリ(Applet)を作りながら、楽しく作れる充実したJavaの基本ライブラリの構造に感動する。コンパイルは非常に遅かったが、MSXでC言語のコンパイルに1分待っていたことを思えば、そんな苦でもない。

当時のインターネット接続は遅く(14.4kbpsとかなので、数値上は今の10万倍も遅い)、使用時間に応じて料金が上がったので、効率よくページを見ることが重要だった。そこで、お店のマスターと盛り上がって作ったものが、HTMLを先読みして、リンクを抽出し、PCにダウンロードしながら検索するJavaのアプリケーション「WebAgent」。福井県主催のプロコン、ふくいソフトウェアコンペティションに応募し、受賞。5万円分の図書券をもらった。思えば、機能は限定的ながら、これが最初に発表したWebブラウザ、しかも検索!


(WebAgent、1996年10月31日応募資料より)

パソコン通信というローカルなネットから、世界中に広がるインターネットへの転換期をいち早く経験させてもらったことは非常にラッキーだった。STARDUST運用してくれた方々、ほとんど認知のなかった時代にインターネットカフェを開きいろいろ教えてくれたマスター、コンテストの機会をくれた福井県の方、本当に感謝です!

- 検索+(けんさくプラス) by jig.jp - スマホ時代のお得ブラウザ
- 福井ソフトウェアコンペティション - 過去受賞作品は2007年までしかなく名前発見できず

福井、おもしろい!の原点

2014/02/17
#sabae #profile 

今は大好きな鯖江ですが、石川県の出身、愛知・三重育ちと地元ではなく、住みだした当初はそう思い入れがあったわけではありませんでした。中3の時、親転勤に伴い福井市へ引っ越してきて、明道中学校の先生に勧められ鯖江市にある福井高専を知ったことが初鯖。鯖江市に住み始めたのは起業した後の2001年、理由は単純、東京へのアクセスが福井市と比べてちょっと良いことでした。

転機は、2005年10月21日に福井で映るたった2局の民法テレビ局の1つ、FBCさん主催のサイバーエージェント藤田晋社長を招いてのイベント、テーマ「若い力とインターネットで日本を元気に」。第二部の藤田社長と福井の若者とパネルディスカッションいて、藤田さんの「福井の若者は東京に出よ」という振りに「インターネットの時代だから鯖江から世界いけますよ」と若者らしく回答。講演後に「よく言ってくれた!」と言ってくれた地元を愛する熱い経営者の方々。「福井、おもしろい!」と思った瞬間でした。

一緒に福井の若者として、パネルをした鯖江から日本中にソフト動画教材を提供する会社、ウォンツの鈴木さん(現会長、そのころ社長)と始めたのが、起業家を応援する鯖乃家であり、毎冬開催しているITイベントを目玉とした、いろんなイベントです。オープンガバメント日本一、データシティ鯖江は、そのひとつの現れです。


(福井あばさけビジネス道 - Facebookより)

今日、そんな熱き福井の経営者4人によるラジオ番組「福井あばさけビジネス道」に、楽しかったひさびさの出演。放送日は、3/4(火)、3/11(火)の2週続けてお届けとなるようです!FM福井または、後にポッドキャストで聞けるかも。

探してみたら、懐かしい収録がありました。2007年8月21日放送のデータ。らてんぽなど、学生との取り組みは、この頃からだったのですね。次は、JK課!?と出演、いいかも。

セマンティックWeb元年、一日一創第三章のテーマは「つなぐ」

2014/01/01
#opendata #ced #profile 

2014年の一日一創のテーマを「つなぐ」です。
創造とはドットを打つこと。ドットはつながりストーリーとなる。

今年は、1989年にWebが誕生してから25周年。論文の引用という意味で使われたハイパーリンクは、インターネットとの融合が強力すぎて、元の意味を超えた様々な無節操な情報群を生み出しました。すべてのデータをインデックスする、検索エンジンという力技テクノロジーによって発展してきたWebの限界が近づいています。検索よりも、趣味の会う誰かの(Twitter)、または友達の(Facebook)おすすめというソーシャルメディアの台頭は、新しい時代の幕開けを象徴しています。

2014年は、セマンティックWeb元年。1998年にWebの発明者であるティム・バーナーズ・リー氏によって提唱された概念が、16年越しに本格化する年となるでしょう。意味付けされた(セマンティック)Webは、Webを機械可読(コンピューターによって読みやすい形)にします。人にとっては多すぎるデータも、コンピューターの超人的な思考力(iPhone5sは秒間100億回以上の判断ができます)を味方にすれば、まだまだ少なすぎることが分かります。

2013年、一気に日本で盛り上がったオープンデータは、世界中の課題を解決するための素材です。例えば、鯖江のオープンデータを使って生み出されたアプリやサービスが、遠く離れた異国の村の課題を解決したり、その逆もあったりするでしょう。CSVやXMLで公開された、オープンデータは、セマンティックWebのフレームワークである、RDF(アールディーエフ)へ急速に変換され世界中がつながっていくことになります。

手始めに、本日、本ブログの内部データをRDF化し、関連リンク表示を追加してみました。各記事に付いているタグでつながる他の記事を最大3件表示してみました。より強いつながりにするための研究の第一歩です。

世界中で日々生まれる、ドット。
どうつなぐかに、とことんこだわりながら創造し続ける1年にしてみたいと思います。


2014.1.1 元旦 鯖江牧野百男市長を囲む会にて

速さの追求、機械語の思い出、CodeIQアプリ賞受賞に寄せて

2013/11/21
#KidsIT #profile #progrun 

先日のMashupAwards9にてCodeIQアプリ賞をいただいた件の記事が公開されました。オープンデータを通じて、プログラミングに幅広く関心を持ってもらい、子供に世界に発信する力を持ってもらうことにつながればうれしいと思っています。CodeIQさん、すばらしい賞をありがとうございます!

jig.jp福野泰介氏開発の初心者向けプログラミング環境が「CodeIQアプリ賞」を受賞 #MA9|CodeIQ MAGAZINE

CodeIQさんと言えば、先日気になる記事「バイナリアンになろう!『たのしいバイナリの歩き方』 #book #binary - CodeIQ Blog」を読み、懐かしさと共に、速さへの追求の原点を思い出させてもらえたので、受賞記念に紹介します。

jig.jpのjigは、実は速さを表しています。速いテンポで踊るアイルランドのステップダンスと記述された手持ちの辞書が命名の決め手です。どんなに機能的であっても、遅くていらいらさせるソフトウェアはありえない。サクサク動くことへのこだわりは、中学生の頃でした。

プログラミング言語の一種、BASICという言語を覚え、その速度に満足できなくなったら、次勉強するものは機械語、別名マシン語でした。マシン語でかかれたゲームの圧倒的にスムーズな動きに誰もが魅了され、憧れたはずです。

コンピュータが直接理解する言葉は、メモリからレジスタと呼ばれる一時記憶領域との出し入れ、足し算などの計算、条件による実行順の変更など、基本的な命令を数値化したものになります。ただの数値だと扱いにくいので、アセンブリ言語というそれぞれ数値に対応する命令に置き換えて、実際のプログラミングは行います。

今ではアセンブラというアセンブリ言語を機械語に変換する無料ツールが揃っていますが、中学生の頃の持っていたパソコン、MSXはアセンブラがちょっと高価なものだったので、解説書を見ながらまずは手で書いたZ80アセンブリ言語のプログラムをひとつずつ手で機械語に変換していく、ハンドアセンブルということをやっていました。キャラクターがびゅんびゅん動いた時の感動は忘れられません。

現代の子供には、何が感動の体験となるのか?この「progrun」を含め、いろいろ試していきたいと思います。

スーマリとドラクエ、人生を変えた2つのゲーム

2013/10/08
#profile #KidsIT 

懐かしいゲームに関する2つのニュースで思い出しました。私が今、こうしてソフトウェアを生活の中心にしている背景には、スーパーマリオブラザーズとドラゴンクエストという2つのゲームにあります。

幼稚園の頃、登場したファミコンに、テレビの世界を指先だけで意のままに操る楽しさで強烈に惹きつけられたのは、スーパーマリオブラザーズでした。ステージを追う毎に難易度が絶妙なバランスで上昇していくので、自分の成長がはっきりと実感できる点で他の何よりも優れていたので怒られるほどにのめりこみました。クリアし終わっても、スピードを競ったり、ワープを使わずじっくり攻略したりと、自分で楽しみ方を探す幅も深く設計してあるあたりもさすがです。

落下する穴がなく、クリボーが居ないマリオや、いきなりハンマーブロスがでてくるマリオがおもしろくないように、適度な困難こそ成長の元であり、人生の楽しみなのだと教えてくれました。そこまで深くは考えていませんでしたが、そのステキなゲームを創ることができる技術、プログラミングにのめり込むには十分な衝撃を受けたのが、スーマリでした。

プログラミングのためにファミコンを捨てる道を選んだ、小学高学年から中学生だった頃、世間や同級生を騒がせていたのはドラクエの発売でした。ドラクエ2のパスワードで何度も泣いた思い出だけではなく、冷めた目で見ていた自分がいました。どうもそこまでRPGが好きになれなかったのです。それに反してものすごい売れ行きと、周囲の楽しそうな声が一層自分に響きます。ゲーム作りを職業にはできないかもしれない。漠然とプログラミングを将来の職業にと思っていた中でのドラクエフィーバーは、非ゲームにおけるプログラミングの道を探るきっかけとなったわけです。

私も未来を創る次世代の子供たちに、よいきっかけを届けられればと思います。

懐かしいゲームのニュース
- この冬、「ドラゴンクエストVIII」がiPhoneで遊べる! そのほかのドラクエシリーズも順次展開 | マイナビニュース
- 「スーパーマリオブラザーズ」1-2で新たな無限増殖ポイントが発見される よく見つけたなこれ…… - ねとらぼ

iアプリ誕生!2001年1月26日の衝撃

2013/09/11
#profile 

今から12年半ほど前、初めてケータイアプリを作った時の話です。

待ちきれなかった日がいよいよ来た。NTTドコモから世界初のアプリがダウンロードできる携帯電話、F503iとP503iの発売日。初めて購入するケータイ(それまではなぜかケータイと呼ばれなかったPHSを使用していた)、1パケット0.3円というパケット料金にどきどきしながら使う。128x128という大画面カラー液晶、反応速度と発色はいまいちながら、コンパクトなケータイに収まっていることに関心する。

早速、テスト用のiアプリをサーバーにアップロードし、ケータイでアクセスしてみる。URL入力が非常に面倒だが、そこは我慢。無事ダウンロードが成功し、起動。"Hello World"という表示に、感激。単なる文字を表示するだけのテストアプリではあるが、自分で作ったアプリが世界中のケータイへ届けられる可能性が開いた気がした、大きな一歩だった。

画像表示、キー操作によるアニメーション、サーバーとの通信など、つぎつぎといろいろな機能を試していて気になった、いくらかかっているのだろう?最初のiアプリの仕様上の最大容量はわずか10KBだが、ちょっとしたサンプルでもすぐに上限に達してしまう。これを1回ダウンロードするのになんと24円(=10KB/128B*0.3円)かかる。10回試して、240円。100回試すと2,400円!自作のエミュレータを改良しながら、開発するも、最後は実機での動作チェックは欠かせない。ここは高くついてもやるしかない!

そんな思いが、サーバーを介する圧縮通信を使った、パケット削減ブラウザの誕生のきっかけになり、その技術を活かしたjigブラウザへとつながった。iアプリは、今では当たり前となったモバイルアプリという技術をいち早く提供してくれた。ステキな経験をありがとう!


iアプリ対応携帯電話「デジタル・ムーバF503i HYPER」の発売について
NTTドコモ、iアプリ対応の「F503i」「P503i」を26日発売

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image