鯖江で好評開催中のIchigoJamプログラミングスクール。 いつの間にかMacを手に入れるこどもが続出。日本は全国的にこどものパソコン利用時間が減ってる今、鯖江の子、チャンス!


(日曜開催した特別回、IchigoJam BASIC入門、小さい子はレゴテクニックシリーズ、卒業生はSwiftやロボット電子工作)


思いついたものをサクサクつくるためと、俺パソコンできるかもという優越感が手軽に味わえる、キーボードのブラインドタッチ。 プログラミングの入門にもおすすめなタイピングゲームを打ち込み、挑戦中。いろいろ改造して遊んでくれてました。(5歳からのブラインドタッチ、タイピングゲームLV1


プログラミングへの情熱が親に伝わり、晴れてMacを買ってもらったこどもにおすすめ、Xcode Playground。
Xcode は、無料のiPhone/iPad/Macの開発ツール。起動後でてくるPlaygroundを使うと、IchigoJam BASICや、progrunのように プログラムを書いたその瞬間から実行して結果を出してくれます。

IchigoJam では、扱えない大きな数、小数、数学関数、文字列が扱えますよ!('\'の入力は、option+¥)
PRINT は、swiftでも print(またはprintln)。まずは、下記入門サイトや本など見ながらいろいろ遊んでみましょう!
第1回 Swiftを学ぶための情報源とPlayground:Swift移行時に引っかかりそうなことを解決する!|gihyo.jp … 技術評論社
Swift | Swift言語を学ぶ
Swiftで書いてみよう!
・・・その後は、Swift入門その1へ(Swiftバージョン違いで動かない?)

学び方を学べたら卒業のIchigoJamプログラミングスクール、毎週火曜日開催中!
こどもも大人も大歓迎!

電子工作再開のきっかけ、スマホとつながるツールキットkonashiに、 安価な互換ボード、Koshianが登場。 スマホからIchigoJamにつないで、Lチカ(LEDチカチカ)実験。


1. KoshianのVDDとGND、PIO3をそれぞれIchigoJamのVCC、GND、IN1を接続
2. jsdo.itの既存コードを元にPIO3をコントロールするプログラムを作成
3. iPhoneアプリ konashi.js をダウンロード
4. konashi.js を起動して、2で作成したプログラムを動かし、Koshian に接続
5. IchigoJamでIN1をLEDと連動させるプログラム(10 LED IN(1):GOTO 10)を書いてRUN


Koshian、小さい!
ピンは1.27mmピッチなので、普通の2.54mmピッチをハンダ付けして使える機能は限られます。
上列(左から):PIO4、PIO3、PIO5、GND
下列(左から):PIO6(I2C_SDA)、PIO7(I2C_SCL)、VDD、UART_RX
※詳しくは、Koshianのドキュメント、Getting Startedを参照ください

PIO3〜7の5つの汎用入出力を入力で使うか出力で使うかは、JavaScriptで変更可能。
PIO6/7を使えば、I2Cとして接続可能ですが、IchigoJamもKoshianも共にマスターなので、スマホを介してつなげる感じならOK。IchigoJamにスレーブモードつけるのもいいかも。
IchigoJamからシリアル送信(9600baud)はIchigoJamのTXとKoshianのUART_RXをつないでできました(プログラム on jsdo.it)。 スマホからのシリアル通信も実現するにはPIO6とPIO7の間のUART_TXピンに線をハンダづけすると良さそう

スマホにつながればネットにつながる。
IchigoJam用のKoshianシールドをオリジナルプリント基板発注もいいかも!

参考リンク
- konashi
- Koshian
- IchigoJam

人生は有限。

平均寿命が120年になろうとも、不老不死になろうとも、今と同じ環境は決して二度と訪れない。
すべての人に平等な資源、時間。

先人の蓄積で、かつてない自由時間を手にした人類。
この何もしなくても手に入ってしまう資源に、いかに関心を払えるか。

「ツール=時間を創るもの」に取り憑かれた私は、2012年多くの時間関係アプリを発表。
人気のあった、バッテリー残量風表現「timeter
ある時のブラウザのバージョンアップから表示が崩れてしまっていたものを、改修。


時間残量計 - timeter」 - 姉妹作、人生残量メーター lifemeter もどうぞ

時は金どころじゃない。

大阪千里中央駅前に新しく出来た、Active Learing Studioでの講演会「今、こどもプログラミングが熱い理由」&「こどもプログラミング体験会」。 株式会社アップさん、パナソニックさん協力の元での開催です。


すべてがWebにつながる近未来、コンピューターと仲良くなる重要さと、日本の弱点と対策を1時間ほど話した後、 いよいよ子どもたちと対面!若い!!10名中、小1の子6名、小3の子4名。

キーボードを使うのもほぼ初めての子が多かったですが、ひとまず最初の一歩の"LED1"で大喜び。 "WAIT"も使っての初のプログラミング体験に喜んでくれて何より。

本当はもうちょっとステップがあったのですが、ゲームに挑戦してもらうことにしました。シフト押しながらの記号の入力など、 手元の分かりやすい説明書があったほうがよかったかもと思いましたが、みんなひと通りゲームづくり、がんばりました!すごい! 小1からBASICを取り入れている北京に全然負けてない、大阪っ子!


デジットさん、IchigoJamにつながるお手頃なオリジナルキット多数と共にレジ上に並ぶ姿に感激!


電子パーツのデモ、オリジナル電子工作がずらっと並ぶ様子にわくわく。


デジットから徒歩3分、PCパーツ屋さん、PCワンズさん内にも気合のIchigoJamコーナー!


PCワンズの鈴木礼社長、なんとあのソフマップの創設者!!


打ち上げ会場は、パナソニック本社の最上階!
Code for Kobe の人たちとも合流して、楽しい企みに花が咲きました。

こどもの可能性は無限大!大阪はいいものが揃ってます。
第二次こどもプログラミング世界大戦、制するのはどこだ!?

オープンデータを使ったビジネスが期待されている中、まだまだアプリ開発者が足りません。

いろんな課題を、多様な視点からそれぞれの切り口でアプリにして、実際試して、改善して、更に試すという好循環、エコシステムができるときっとステキ。

その解決策が「オープンアプリ」。
「オープンデータを使った、オープンデータと同等のライセンスで提供されるオープンソースのアプリ」と勝手に定義。
ハッカソンなどで誕生したアプリをGitHubなどで公開し、どんどん改造していくことができます。


(オープンアプリによる地方創生エコシステム)

コード(=プログラミングしたもの)の力で、社会を変えようと設立した「Code for Sabae」での、 IchigoJamを使ったこどもプログラミングスクールという取り組みで、スマホアプリ開発エンジニアの誕生への最短経路が見えました。

小さな成功体験をみんなで祝福、共有して、次のステップへ。小さな循環、案外すぐに世界とつながる予感!
2015.10.27 in 札幌、ご興味ある方、予定を空けておいてください。
詳細近日発表!


リクルート MTLにて)


(Code for Japan MTG後、復興バー前で、イトナブ 古山さんと!)

鯖江市立東小学校、1学期最後のクラブ活動。IchigoJamでつくったプログラムの発表会。


1学期のクラブ活動の講師、コンピューターおじいちゃん、徳橋さん


徳橋さんオリジナルの教材、シューティングゲームづくりにもくもくと取り組むこどもたち。


女の子も楽しそうにプログラミングしてました。


オリジナルのゲームをつくりたい6年生。
落ちてくる「Y」をキャッチするゲームをつくりました(手順、概要)
1. 10 LOCATE 17,0:PRINT "Y" ・・・ キャラクター表示、画面をきれいにするのは CLS(=F1)
2. 10 LOCATE 17,Y:PRINT "Y" ・・・ 変数Yに変えて、Y=5 したあと RUN(=F5) で動きを確認
3. 20 Y=Y+1 ・・・・ YにYに1足したものをいれます(=Yを1増やす) Y=0 したあと、RUN するほどに下へ
4. 30 GOTO 10 ・・・ Y=0 したあと、RUN であっというまにYが並びます
5. 5 CLS ・・・ RUNしたら画面をきれいにするようにします
6. 1 Y=0 ・・・・ 毎回 Y=0 するのは面倒なので追加して、RUN、早すぎますね
7. 25 WAIT 10 ・・・ これでゆっくり落ちてくるようになりました
8. 7. LOCATE 16,18:PRINT "[ ]" ・・・ キャッチするものを追加します
9. 22 IF BTN() END ・・・ ボタンを押したら終了させます
10. 22 IF BTN() IF Y=18 PRINT "OK":END ELSE PRINT "NG":END ・・・ 成功判定
11. いろいろ工夫して楽しいゲームにしてみましょう!


こちら、できあがった白刃取りゲーム(仮)のプログラム


なかなか成功せずもりあがる発表会!


ミュージック・マクロ・ランゲージ(MMLというコンピューター言語)を使った音楽つくり、発表に聞き耳立てるこどもたち。
音声ジャックに対応すると良さそうですね!

プログラミングでやってみたいことはみんなばらばら。
まずは気になるサンプルプログラムを打ち込んで遊んで、改造して悩んで解決する達成感を味わうまでの最短パスを探ってます。
できることが増えれば増えるほど、その延長にある未来にわくわくできるはず。
iPhoneアプリを作っているちょっと上の先輩の姿もいい刺激になりそう。

夏休み、IchigoJam プログラミングスクールや、イベント、ぜひどうぞ!

この夏、こどもと一緒にプログラミングはいかがでしょう?

今年は5年に1度の国勢調査の年。 5つ星オープンデータの実証事業でもご一緒している、 総務省統計局さんによる統計と親しむ小学生向け夏休みのイベント「子ども統計局見学デー」にて、 こどもパソコンIchigoJamを使ったプログラミング体験イベントをします。

総務省|夏休みに「統計」を使ってみよう-「子ども統計局見学デー」の開催-
~「子どもプログラミング教室」について~
 子ども用パソコン「IchigoJam」を使用し、プログラミングに関する基礎的な授業と体験を含む、小学生にも取り組みやすい教室(講師:福野 泰介 氏)


連載「はじめてのプログラミング」でも一度扱った「とうけい」ですが、 2重ループを使った、おなじみの縦棒グラフを描くサンプルを用意してみました。


こちらがプログラムです。ひとまず、そのまま打ち込んで、RUN、数を入力してEnter、5つ数を入力すると、グラフがあらわれます!

ミッションリスト
- 項目数を増やせ
- 単位とスケールを書いてグラフを完成させよ
- 平均値のラインを引け
- 大きな数を扱えるよう工夫せよ


鯖江市の市民記者枠のこどもプログラミング連載、14回目。 不思議な数、素数。昔MSXだったり、覚えたてのC言語だったりで計算させて遊びました。 こどもパソコンIchigoJamで計算する素数が今回のテーマです。 さて、どこまで高速化できるでしょう?


鯖江市の広報誌「広報さばえ」に連載中のプログラミング学習教材 「こどもパソコンIchigoJamではじめるプログラミング」その14「「そすう」を計算させよう」
(PDFファイルイラストレーターaiファイル フォント:こども丸ゴシックアウトライン化aiファイル)
ライセンス:CC BY(クリエイティブ・コモンズ・表示)自由に印刷、配布、製本、販売、改変できます。

IchigoJamプログラミング入門(まとめPDF
- (小3からのプログラミング1)プログラミングって何?
- (小3からのプログラミング2)めぢからゲームをかいぞうせよ
- (小3からのプログラミング3)ひっさつ、くりかえし
- (小3からのプログラミング4)もし〜が〜だったら?
- (小3からのプログラミング5)夜空に星をうかべましょう
- (小3からのプログラミング6)ロボットはサイコロをふる
- (小3からのプログラミング7)グラフではじめる「とうけい」
- (小3からのプログラミング8)音の正体とプログラム作曲
- (小3からのプログラミング9)文字の数でタイピングゲーム
- (小3からのプログラミング10)コンピューターをつなごう
- (小3からのプログラミング11)キャラクターをあやつろう
- (小3からのプログラミング12)ぎゃくじゅんきおくゲーム
- (小3からのプログラミング13)むげんおえかきツール
- (小3からのプログラミング14)「そすう」を計算させよう
- (小3からのプログラミング15)かわくだりゲーム
- (小3からのプログラミング16)サブルーチンでつくるDNA
- (小3からのプログラミング17)時計と数とフローチャート
- (小3からのプログラミング18)ぜったい勝てないジャンケン
- (小3からのプログラミング19)じぶんだけのキャラをつくる
- (小3からのプログラミング20)二重ループで丸をかこう

大人が使うパソコンに憧れ、やってみたくなるこどもに壊れないので自由に使わせることができるパソコン、IchigoJam5才児向けブラインドタッチゲームなどで、自由に遊んだあとは、いよいよプログラミング。

最初の体験は、IchigoJamに付属のLEDの点灯をコマンドを打ち込んで行うこと。

LED1 とキーボードからひとつひとつキーを探しながら4つ押すのをじっくり待ってあげましょう。
そして、Enterといって、大きなキーを教えてあげて、光る様子を見て喜ぶ顔!
遠く、アフリカ、タンザニア、ダルエスサラームでも共通のようです(PCN原秀一投稿!)。


続いて、カーソルキーを使って四角い反転するカーソルを動かし、1のところに持って行き、0に書き換え、再度エンターでLEDは消えます。

今日アップデートした、IchigoJam ver 1.0.2 beta 2 では、いままでと異なり最初の文字入力モードを挿入モードから、上書きモードへと変更したため、 上書きしたい数字の上で数字を押すだけ、より直感的に変更している感がでます。最初の段階での覚えること、操作数をいかに減らして、すっとプログラミングの楽しさに入っていけるかが大事なはず!


ユーザーの方からの要望で、挿入モードはこのように左2ピクセルを使った、通常のパソコンで一般的な縦長カーソルに変わるように修正しています。 慣れてくれば、この挿入モード、上書きモードを切り替えながらうまいこと編集してくれることでしょう。1.0.1 beta 1が、いままで通り挿入モードがデフォルトです。

プログラミングをすべてのこどもへ届けるための仕様づくり、ぜひいろいろとご意見いただけるとうれしいです!
小3で買ってもらったパソコンMSX、デフォルトは上書きモードでしたが、初心者向けの配慮だったのかもしれません。

関連リンク
- こどもパソコンIchigoJam
- IchigoJam-FAN (Facebook公開グループ)

あなたの答は何番ですか?
ネットを使って簡単にその合計をシェアするアプリ、numbershare をつくりました。
押すたびに加算されます。取り消しには未対応です。


numbershare - 教室での質問、人気投票、アンケート集計などにどうぞ」

講演で活躍する超シンプルなシェアアプリ、コメントシェア
先日のSPAJAM福井予選で勝ったチームは、いよいよ本線SPAJAMまっただ中、テーマは「シェア」とのこと!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS