福野泰介の一日一創 - create every day

スマートフォンとクラウドの未来 ~スマートフォン/クラウドセミナー&交流会~
という、ふくい産業支援センターで行われるイベントに、なんと日本Androidの会会長&Cloud研究会代表、丸山さんがいらっしゃいます!

震災からの復興においても、ITへの期待が大きく高まる中、スマホの急速な普及と、それを支えるクラウド技術が注目が集まっています。スマートフォンやクラウドは私たちの暮らしをどう変えていくのか?どのように付き合っていけば良いのか?完全な答はもちろん誰にも分かりませんが、熱い思いを持つ人が集まって、みんなで作っていくことはできます。

私も日本Androidの会、福井支部長として講演します。
未来作りしましょう!

iPhone、Android、そして今後の活躍が期待される WindowsPhone7。
スマートフォンの3大プラットフォームの特徴、デザイン手法などを学ぶ勉強会が4/9開催されました。
その中で日本Androidの会 福井支部長としてLT(ミニ発表)「こんな端末がほしいベスト10」してきました。

10位 ミニキーホルダーゲーム型Android。遅くていいテトリスのようなミニアプリが実現可能!
9位 ポケコン型Android。電池消費量が非常に小さい強力関数電卓兼モバイルコンピュータ
8位 ファミコン型Android。2人分のコントローラがついてテレビにつなげる
7位 MSX型。Android内蔵キーボード
6位 ガラケー型Android。フィーチャーフォンとAndroidのデュアルブート対応
5位 一眼レフ型Android。設定が自由に変更でき、写真を簡単加工、共有
4位 ちゃぶ台型Android。MSのサーフェイスの実現!
3位 小型ディスプレイ無しAndroid。画面無し、音声の入出力のみで使う
2位 腕時計型Android。遅くてもいい時計のデザインが自由に変更できるなど
1位 めがね型Android。網膜投影、手元端末連動、夢がひろがるウェアラブルガジェット

以上、まだ妄想レベルですが、実現が楽しみです。
その他、いろいろ多様なAndroid端末がどんどん出てきて欲しいものです。

WCAF(ウェブ・クリエーターズ・アソシエーション・福井)


WCAFダイジェスト+みんなの夢 (updated 2011.4.10)

6/19に開催した日本Androidの会、福井支部によるAndroid勉強会。
日本Androidの会、女子部、部長の矢野りん氏による
「やわらかいアプリデザインの実現」というテーマで講演をいただいた。

1. やわらかい=スタイリングキーワード
デザインと言ってまず頭に浮かぶのが外観。
その概観を表す言葉=スタイリングキーワードである。
「やわらかい」というのもその一種
他「すっきりした」「先進性のある」「重層感のある」「軽快な」・・・など

2. デザインプロセス(事業→製品→デザイン→スタイリング)
アートとデザインの大きな違いは、利用者(ターゲット)をどれだけ見ているか?
誰にどのように使ってもらい、どう事業化するか?というのがコアにあり、
それをどのように見せるかというスタイリングまでを積み上げることが大事。

3. デザイン=インタラクション+スタイリング
デザインは利用者の好き、嫌いを左右する重要なもの。
良し悪しが定量的に決まりにくいので、利用者の気持ちになることが大事。
インタラクションとは、ユーザからの働きかけに対する反応。動き。
スタイリングとは、概観全般、色やイメージ。

4. ペルソナに聞け!
デザインプロセスに沿ってデザインする際、多くの決断が必要になる。
その決断の指針となるものがペルソナ、仮想的な利用者像、である。
ペルソナは、年齢、性別、職業、趣味、人間関係、ライフスタイルなどを具体的に利用者像を設定したもの。
このペルソナが事業に対して、製品に対して、デザインに対してどう思うかを考える。
これによってチームで製品を作っていく中でのぶれが生じず、一貫したものができあがる。

5. ミニ講演&ミニライブ
【製造業限定。】勝ち残るためのウェブ活用セミナー&交流会  in 福井」と、
Ustで接続して、伝達革命として講演&ミニライブを行った。
・・・が、先方の機材不調で途中で切れてしまったのが残念。
ぜひ製造業のほうで参加したかた、Ustの録画の方をどうぞ!

こちら、Sing J RoyさんとSingerタカヒさんによるライブの様子

6. 男女ペアでワークショップ&発表
ここまでの講演を受けて、実際にペルソナ作成、ストーリー、機能要求、スタイリングキーワードを作ってみる。
今回募集した、デザイナーとプログラマーそれぞれでペアになってもらう。
この際、視点が異なる話し合いができるように、男女ペアとした。
1時間の製作時間の後、男女9組がそれぞれのプランを発表、矢野りん賞が決定した。

商品は、jig.jpオリジナルキャップ


みなさん、参加ありがとうございました。
矢野さん、遠方からお越しいただきありがとうございました!。

・参考リンク
当日のUstの録画はこちら
デザイナーとプログラマー男女ペアでやわらかいアプリをデザインする勉強会 - togetter
矢野さんの資料はこちら

ものづくり企業と呼ばれる製造業(アプリ開発会社も含む)に求められるのは「もの」を単に作るだけではなく、きちんとその「もの」が人に正しく伝わること。素晴らしい理念を持っていても、それが「もの」に表れていないと意味がなく、デザインに凝っても、理念との一致が無ければ感動は決して生まれない。

必要なのは、作り手から使い手への思いが伝わる「しかけ」。技術にいくらこだわって作ったとしても、使う人が求めていない機能は嫌悪感すら呼ぶ。製造の現場、開発者に求められるのは、それが誰に伝わり、どのように使われるかが想像できること。ギーク(一流の技術者、開発者)が陥りやすい罠は、その腕を磨き、高める方に目がいきすぎ、視野が狭くなること。

脱却の鍵は、ペルソナ。ペルソナとは、製品やサービスの使い手の人格を具体的に考えて作る、架空の人物像。朝6時におき、趣味は猫の写真撮影、鯖江市役所に勤め、月に1度は高専時代から仲のいい後輩と飲みに行く、など、その人物のライフスタイルがリアルに感じられるくらい考える。次にストーリー作り。そのペルソナの生活に自分たちの製品がどのように絡むか。

よい製品は感動を生む。ストーリーの中で、ペルソナはどこで製品に出会い、何かがきっかけで製品を使い始め、製品によってライフスタイルが変化する様子をリアルに表現する。そのストーリーが感動的であればあるほど共感を生み、より広まる製品になる。自分だったらどうか?ペルソナだったらどう考えるか?

人はストーリーで感動する。ペルソナにとって、その「もの」はどのようなポジションを占めるのか?しかけづくりの極意は、どれだけ使い手側の立って考えられるか。職種が業種すら違うチームでものづくりの場合こそ、このペルソナ作りが重要になる。それぞれの立場でペルソナ、使ってくれるお客様ひとりひとりを共有することで、ぶれない、強いものづくりができる。

製造業の宝庫、鯖江にはいろんな技術や視点があふれている。業種、年代を超えた交流を深めるのにちょうどいい人口6万人という規模。商店街の人々を始め、市議会の議員、鯖江市長によるTwitter/Ustの早速導入に象徴されるように、新しいことに寛容で柔軟な人が多い。堅いイメージがあったものが、使い手の気持ちを汲んでやわらかくなるとき、それは革新へと変わる。

(謝辞)
日本Androidの会、女子部の部長、矢野りんさんを迎えて行った勉強会
やわらかいアプリデザインの実現
矢野さん(@yanorin)、遠方からありがとうございました!(資料はこちら
ライブしてくれた、@singjroyさん、@singer_takahiさん感謝!
Twitterでのツイートまとめ「デザイナーとプログラマー男女ペアでやわらかいアプリをデザインする勉強会

マイネットジャパン代表上原さんのTwitter上のつぶやきがきっかけの開発者イベント #cto48
ベンチャーCTOだらけカンファレンス vol.1
上原さん(@ueharajin)、素敵なイベントありがとうございました!

福井の製造業の人企画のイベント
【製造業限定。】勝ち残るためのウェブ活用セミナー&交流会  in 福井
産業支援センターの大木さん(@t_ooki)、セミナーの機会ありがとうございました!

日本Androidの会、福井支部が送る勉強会、第二段。

Android女子部部長、矢野りんさんを迎え、人に優しいアプリケーションについて講演とデザイナーとプログラマーが二人一組となって、アプリの企画・開発をその場で行うワークショップ(ミニハッカソン)を行います。当日の会場の様子は、Ustするので、ご了承できる方のみご参加ください。

時間:13時オープン、13時半開始、18時終了&懇談会スタート
会費:3,000円(懇談会用おやつ込み)
定員:20名(プログラマー10名、デザイナー10名)
場所:めがね会館 jig.jp 右エレベータで7Fへ(鯖江市新横江2-3-4)
対象:Androidが気になる、デザイナー/プログラマー(未経験者の方も歓迎)

・参加申し込み方法
プログラマーさんはこちら。
http://tweetvite.com/event/bch1
デザイナーさんはこちら。
http://tweetvite.com/event/bho2
(当日、5分LTを希望の方は参加欄にコメントください)

・参考
講師:矢野りんさん(Android女子部部長)
日本Androidの会

昨日、告知していた「日本Androidの会 福井支部第一回Android勉強会」が無事終了しました。
Androidの機種や、使っているPCの違いで、一部手間取りましたが、2時間で実機での動作を確認するところまで進めました。

・・・ただ、予定より時間がかかってしまい、オリジナルのキッチンタイマー作りまでできませんでしたので、後は、資料を見ながら自習とします。

資料「はじめてのAndroid.pdf」 - by @nao22b

ご質問は、講師または #afukui で!


勉強会後、持ち寄ったおやつを食べながら交流会となりました。
職業も年齢もばらばらだからこそ、交流会はおもしろい!
女性プログラマーの方にも参加いただき、Android女子部への入部希望の声は大きい収穫。
元同級生との再会や、元同僚との再会など、思わぬつながりが起きやすいのが福井の特徴。
今回ご参加いただいた方、おつかれさまでした&ありがとうございました。

今後もAndroidでつながるリアルな人と人とのつながりを大切に、いろいろと勉強会など開催します。
こんな勉強会を希望!勉強会を福井で開きたい!など、どうぞご意見ください。
みんなで盛り上げよう、Android!

日本Androidの会、福井支部、第一回Android勉強会
「はじめてのAndroidアプリ開発@鯖江」~GWはAndroid!~

・日時など
2010/04/30(金) 19:00-21:00
福井県鯖江市2-3-4 めがね会館7F jig.jp
定員20名 参加無料

・対象
Android開発に興味があり、開発未経験の方
(プログラミングをしたことがない方でもOK!)

・必要なもの
おやつ
ノートパソコン
Android端末とUSBケーブル

・内容
第一部 ごあいさつ 5分
  日本Androidの会 福井支部活動方針
第二部 作ってみよう 85分
  Androidでできること
  最も簡単なAndroidプログラム
  サンプル:キッチンタイマー
  オリジナルキッチンタイマーを作る
  Android Marketに登録する
第三部 交流しましょう 30分
  それぞれの作品の鑑賞、意見交換
  次の作品の検討、など

・申し込み・お問い合わせ
Twitterで、"@android_fukui 参加します" などとご表明ください
お問い合わせも @android_fukui までお送りください
http://twitter.com/android_fukui
公式ハッシュタグ #afukui

・主催協力
主催:日本Androidの会 福井支部
協力:株式会社jig.jp http://jig.jp/

GoogleによるオープンかつフリーなOS「Android」
携帯電話のみならず、いろんなデバイスに搭載され、プログラマブルになる可能性が高まったことが何よりうれしい!
いくつかアプリを作って、公開しています。

taisuke fukuno's android apps

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像