攻殻機動隊のまち、神戸。なんと「神戸市公安9課」が起動!!

公安9課とは、世界的人気のSFマンガ&アニメ「攻殻機動隊」に登場する主人公チームが属する組織で、その俗称が攻殻機動隊。「2029年に内務省公安部内に設置された内閣総理大臣直轄の防諜機関(Wikipediaより)」という設定でしたが、14年の前倒しです!

神戸市:「神戸市公安9課」、起動
神戸市役所公式のプレスリリースには、「オープンデータ・ビッグデータの利活用」の文字!

攻殻機動隊といえば、かっこいい3Dマップ!その実現を目指して、避難所を探すアプリ「避難所ナビ3D」をつくってみました。ひとまず、現在位置から避難所を表示するだけのシンプルなアプリです。


避難所ナビ3D

避難所の5つ星オープンデータにも対応している神戸市でも動きます!
近隣にデータがなければ、公安9課がある、神戸市役所を中心にデータを表示します。
(対応エリア、odp - SPARQL Endpointの内、避難所データを登録している自治体区)


神戸市公安9課 http://kobekokaku.jp/ より

3Dマップ同様、Web上の3Dライブラリ three.js を使った公式サイト、要チェックです!

神戸との沿革
- 2014.5.19 出会い、気付き、攻殻機動隊のまち神戸!
- 2014.7.4 電脳メガネのまち、鯖江での交流
- 2014.7.30 デザインのまち、神戸での交流
- 2014.11.28 神戸ITフェスティバル 神戸市長とパネルディスカッション&ロジコマ
- 2014.11.29 未来の草薙素子!?IchigoJamワークショップ
- 2014.12.9 Code for KOBE!

今年5回目の訪問となる、神戸。神戸経済同友会での講演に向かう途中、オープンデータと共に公開されたアプリ「神戸ロケ地マップ」を片手に探索。駅から歩いて会場に向かう間、いくつかのロケ地が見つかる。会場すぐそばにあった、北野武監督作品アウトレイジのロケ地、アプリの情報によると現場がそのまま無料開放されていると発見。宝探し的な要素が楽しい、新しいミニ観光体験でした。


アプリがなければ行くことがなかったロケ地で出会った「和文タイプライター」。ひらがなカタカナだけでなく、ところ狭しと並べられた漢字。これをひとつひとつ合わせて打っていたことを思うと気が遠くなる。残念ながら、写真撮影は禁止。気になる方、神戸市三ノ宮近くに行った際にぜひどうぞ。

オープンデータの価値は、使われる程に上がります。ちょうど本日スタートした「阪神・淡路大震災「1.17の記録」」の写真データは、そもそも震災をテーマとした教育として写真利用希望が多かったこともあって、その利用が更に進むことと、個別の問い合わせが減り、行政コスト削減にも期待できそう。経済同友会の会員の方をはじめ、多様な業種業界がオープンデータを自分達の切り口でとらえることで生まれる価値には期待大です。公民連携のみならず、民民連携、公公連携が活躍する可能性も大いにあります。



Code for Kobeのキックオフミーティング前夜を祝して乾杯!(舟橋さんFacebookより)

SIGGARAPH ASIA2015の神戸開催の決定を踏まえて、深センで開催されたSIGGRAPH ASIA2014の報告会と、Code for Kobe プレキックオフ的会合に参加させていただきました。勢い感じます。おしゃれな国際都市、神戸が創る次の社会とは!?

神戸訪問記録まとめ
- 2013/10/04 自分の市は好きですか?丹波市xLINE@ - 兵庫ニューメディア推進協議会
- 2014/03/01 オリンピックとオープンデータ、創ろう未来のおもてなし!
- 2014/05/19 Webも攻殻機動隊も25周年!新浜県でオープンデータ講演。今年の神戸ITフェスティバルは何かが起こる!?
- 2014/07/30 デザイン都市神戸 x オープンデータでつなごう日本と世界
- 2014/11/28 Code for Kobe始動! オープンデータとシビックテックで創るネオ神戸 / 神戸ITフェスティバル2014初日
- 2014/12/09 オープンデータで体感する神戸 経済同友会講演、SIGGRAPH ASIA報告会、Code for Kobe前夜

熱かった神戸ITフェスティバル、2日目は、こどもが楽しくITと触れ合うワークショップ「自分でパソコンを組み立ててみよう!」を開催。今年創った学習用コンピューター「こどもパソコンIchigoJam」を題材にコンピューターをハードウェアからソフトウェアづくり(=プログラミング)までを2時間で体験してもらいました。

今回の目玉は、日本発の電子工作の新しいカタチを提案する「ビスケットボード」を使ってコンピューターをつくるところからプログラミングの超入門までを体験できるところ。ハンダゴテを使ってハンダ付けするのは楽しいですが、ヤケドやハンダの飛散など若干の危険も伴います。小さなお子さんでもできるIT入門にぴったりでした!


参加してくれた14名のこども達。自分で組み立てたコンピューター、全員、動きました!


一緒に来てくれた大人も楽しんでいただけたようです!


少し不親切な説明書と格闘しながらのコンピューターづくり。難しかったけど楽しかったというみんなの感想がうれしかった。組み立て所要時間が1時間半とちょっとハードウェアづくりに偏ってしまいましたが、うまい説明書があればハードとソフト、両方バランスよく体験できそうです。


小学校低学年、高学年から中学生までと幅広い参加者でしたが、みんな同じように楽しんでくれたようです。こちら下のお子さんも急遽やりたいと参加してくれました!ある程度手順を前で解説しつつ、わからないところで呼んでもらう方式でスタッフ私含め3名。間違っても修正しやすいのがビスケットボードのいいところ!(ハンダ付けで間違うとちょっと修正にもテクニックと時間が必要)


用意した20セットのIchigoJamビスケットボード用の拡張部品たち。


今回用意したもの
- IchigoJam プリント基板組み立てキット
- 小型テレビ
- ACアダプター(テレビ用)
- PS/2キーボード
- microUSBケーブル
- USB ACアダプター
- ビスケットボード
- ジャンパーワイヤー
- ブレッドボード用PS/2コネクター
- ブレッドボード用microUSBコネクター
- ブレッドボード用ビデオ端子コネクター
- ニッパー(人数分あるといい)
- ペンチ(少しあるといい)
- ビスケットボード用組み立て説明書
- IchigoJam入門のその2(その他教材もあります!)

あると良かったもの
- もう少しだけ丁寧な組み立て書
- もっと簡単なサンプルコードを印刷したもの
- 購入できるIchigoJam用のゲーム
- 何がでるかわからないIchigoJam用ゲームガチャ
- IchigoJamの入門本
- IchigoJamワークショップ開催のススメ
- IchigoJamシール

その他、IchigoJamに関するご相談などは、こちらへどうぞ!
- Facebookグループ「IchigoJam-FAN

やっているこちらも大いに勉強になって楽しかったです!
参加いただいたみなさま、神戸ITフェスティバル実行委員のみなさま、ありがとうございました!

世界中から6,000人集まる、デジタル祭典シーグラフアジア2015、6年ぶり2度目の開催地となったのは攻殻機動隊の舞台、神戸神戸ITフェスティバル2014の初日、神戸市役所はオープンデータを、市民はCode for Kobeを、それぞれスタート!


Code for Japan 関治之さん、神戸市長 久元喜造さん、地域ICT推進協議会会長 力宗幸男さん、福野泰介
パネルディスカッション「オープンデータと公民連携の新たな可能性」メンバー、攻殻機動隊ARISE 光学迷彩仕様ロジコマ前)

鯖江でのコーポレートフェローシップの報告会から一緒に神戸入りした、日本のシビックテック、Code for Japan関代表と共に神戸の未来を市長とともに語り合い。まずは、公民連携を掲げる150万人都市、神戸のオープンデータとシビックテックを使った新しい門出に拍手。25の大学、3万人の大学生、留学生、神戸市役所職員1.5万人、そして隣の明石高専など、国際デザイン神戸ならではのリソースが魅力。課題増、人口減、税収減、職員減という逆境や課題を、創造へのバネへと変えるシビックテック。各地の強みを活かした選択と集中に、Code for を通じたオープンな連携による補完が未来を開きます。


講演「Web新世紀!オープンデータとIoTで創る『公民連携未来都市』」では、2010年提案したデータシティ鯖江とオープンデータに詰まった夢を紹介。25年前に生まれたWebが創った今日。オープンデータで始まる新Webが創る25年後は創造を絶するステキなものになるでしょう。


大いに盛り上がったLT、Code for Kobe!
1年後のSIGGRAPHにフォーカスしたシカケ、オリンピックにもつながるビッグチャンスかも!?


見どころ満載、神戸グルメも熱い、神戸ITフェスティバル2014、11/29土曜日も開催です!
シビックテックを詳しくしりたい方、ぜひ!
神戸ITフェスティバル2014にNPO法人コミュニティリンクのブース出展いたします!


Facebookフォトアルバム「神戸ITフェスティバル2014」

参考リンク
- 神戸市:神戸市オープンデータ
- 「シーグラフアジア 2015」、6年ぶりに日本での開催が決定! - GAME Watch
- ACM SIGGRAPH
- 神戸ITフェスティバル2014にNPO法人コミュニティリンクのブース出展いたします! | NPO・市民活動団体・地域のICT支援ならNPO法人コミュニティリンク
- Webも攻殻機動隊も25周年!新浜県でオープンデータ講演。今年の神戸ITフェスティバルは何かが起こる!?
- 動き出す攻殻機動隊の町、神戸! 神戸x兵庫x福井x鯖江
- デザイン都市神戸 x オープンデータでつなごう日本と世界

神戸講演を機に神戸ITフェスティバルへの参加が決まり、神戸からの鯖江訪問を受け、先週、急遽決まった神戸でのミートアップ!各地方の強みが、オープンデータを媒体につながり、生まれる新しい社会にワクワクです。Facebookという気軽なITツールが、多くのチャンスを創出してくれました。

会場となった"とっておきの神戸"レストランTuTuフォトレポート at Facebook。攻殻機動隊の舞台に、おいしい食事、熱い会話で、創造意欲が刺激されます。神戸牛、スイーツ、デザイン都市、国際都市、そして攻殻機動隊の神戸。神戸コラボアプリ、創りましょう!


リンク
- 神戸ITフェスティバル
- 神戸市:デザイン都市・神戸
- 「デザイン都市・神戸」とは | KOBE DESIGN HUB

攻殻機動隊の町、神戸市を中心に兵庫県からご来鯖いただいた、20名。鯖江市役所視察と市長との意見交換後、jig.jp本店であり開発センターがある、めがね会館へ。八王子市のアプリづくりの紹介、オープンデータに関するディスカッション、福井県のオープンデータ事業コンテストによるアプリ紹介。オープンデータを推進するための課題を共有しつつも、できることをみんなで探し、ひとつずつやっていくことで、新しいコトにつながりますね。


めがね会館から見える山並みを背景に、記念撮影(神戸市、船橋さんのFacebook投稿より)

総勢約30名での懇親会。Glassや、Zeppelin VideoShader Glassに続き、登場した日本製ダンボールGlassのハコスコでもりあがる。オープンデータARナビアプリ「ナビワンコ/NAVIDOG」で、電脳メガネxオープンデータ時代を手軽に体験できます。体感しないと分からない電脳化世界。いろんなアプリを創っちゃいましょう。


Sabae改造Glassと、ハコスコ

> 企業のネットが星を覆い、電子や光が駆け巡っても
> 国家や民族が消えてなくなる程
> 情報化されていない近未来
>
> アジアの一角に横たわる
> 奇妙な企業集合体国
> 日本・・・

2029年の日本を描かれた作品「攻殻機動隊」の冒頭。電脳化などガジェット的未来だけでなく、ネットや、国家運営のありかたまで予見した本作品が描かれたのは25年前の1989年。なんと、Webと同様、攻殻機動隊も25周年!(記念サイト


> 僕らが夢見たSFの世界は近づいている、『攻殻機動隊』の中に全てはある」(夏野さん)
Wearable Tech EXPO in TOKYO 2014:「ギークとアニメ好きが近いのは日本の強み」「攻殻機動隊の中に全てはある」──SFアニメに見るウェアラブルの未来 - ITmedia ニュースより

本日神戸で開催されたイベント「オープンデータをどう活用するのか? ~国・自治体のデータから何が生まれるのか~」にて、攻殻機動隊の作者、士郎正宗氏の出身地がココであることを知りました。公安9課がある、新浜県会場都市ニューポートシティのモデルは兵庫県神戸市のポートアイランド。半官半民のまちづくりが進む電脳コイルの舞台、大黒市の舞台は、鯖江ではありませんでしたが(2012年、電脳メガネサミットにて)、神戸は都市型の世界最先端都市をうたうには最高の舞台です。


多くの方に来ていただいたステキな会場、兵庫公館
兵庫ニューメディア推進協議会平成26年度総会・記念講演会として講演&パネルディスカッション
オープンデータに潜むイギリスの野望と、ウェアラブルやIoTとの関連、鯖江市役所JK課に託された日本が抱える課題と新しい一歩、今後の具体的な進め方と、創造力ある高専生の紹介などが共有できたかと思います。

懇親会では兵庫県副知事の方を始め、兵庫県内外のオープンデータを推進しようとされている自治体の方、議員の方、NPOの方、企業の方、学生との熱く楽しい情報交換。あっという間の1時間半でした。


明石高専からスタートした、Code for KOSENのメンバー中心にディスカッション。the next KOSEN に向けて、データ化に、アプリ化に、具体的に行動する学生がいます。この会場は、先日講演に呼んでいただき、経産省によるオリンピックとオープンデータ講演があった場所と、つながりの強さを実感。ラッキーです、兵庫。


神戸オープンデータの仕掛け人、明石高専、新井イスマイル先生2013/1/10に高専の情報担当者研修会での特別講演の縁でオープンデータに関心ありと連絡いただき、明石高専からjigインターンの実現、明石高専訪問、経産省オープンデータアプリコンテストでの最優秀賞、そして、今回のイベントを含む兵庫を舞台とした企みの数々。


今年11/28-29に開催される、神戸ITフェスティバルの勢いある実行員の方々と、懇親会にて。
今年の兵庫はおもしろい!

オープンデータ神戸講演 - Facebookアルバム

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS