いい天気に恵まれた週末の鯖江市、西山公園のつつじが満開に近づく中、鯖江商店街も盛り上がりました!
おいしいものを食べ歩きながら、毎回いろんな出会いがあるのがいいところ。


仁愛大学生による母の日、おえかきコーナー。このメンバーは初参加、来月も楽しみです。


バリ島に実際行って、バリ島の子供たちが作ったストラップを販売し、支援するステキご夫婦。


親子ミニ四駆教室、この日もたくさんの子供に楽しんでもらえました


デコミニ四駆、デモカー。女の子にも遊んでもらいたい。越前町のCuteぷらすさんとのコラボも楽しみ。


Sing J Royさんと、ウォンツ岩崎さん


市長 @hyakuo さん登場。


こちら西山公園のつつじ、見ごろはまだ続きそうです。

鯖江つつじまつり&にぎわい横丁での親子で楽しむミニ四駆作り、盛況でした。
教室用に用意していた50台ほどのミニ四駆もほぼなくなるほど。
ミニ四駆のおもしろさは、手軽な創意工夫とコントロールする喜びにあると再確認。

ミニ四駆の良いところ
・ものづくりである
・安い(600円で始められる)
・簡単(接着剤不要、30分で完成)
・動く(コントロールする喜び)
・パーツが豊富(・・・扱うお店が少なめなのは難点) ・カスタマイズできる(創意工夫、改造する喜び)
・競える(勝つ喜びと負ける悔しさ)
・世代を超える(20年以上続いているので親も理解)

ビジネスが世界競争化する中、一層の創意工夫による新しい価値創造が必要です。
想像力は一朝一夕で付くものではなく、幼少の頃からの習慣化が非常に大事。

ミニ四駆は、大人も熱中できるくらい奥深く、子供同士競い合うことで興味が比較的持続します。
また、飽きてしまっても、あまったミニ四駆やパーツは次の世代に渡すことで、有効活用できます。
(らてんぽは、ミニ四駆、パーツ、コースの寄付大歓迎です)

子供たちに、ルールは従うばかりでなく、作るものでもあることをミニ四駆を通じて体感してほしい。
ものづくりの登竜門、ミニ四駆。
次回は、2010年5月9日、鯖江商店街誠市&ご縁市でお待ちしています。

親子で真剣に作る様子。

小さいながらも結構速いミニ四駆は、子供を釘付けに!
年齢としては、小学生からがちょうど良いようです。

大人も一緒にいつの間にか熱くなれるのも良いところ。

YouTubeで見つけた八王子東高校学校祭でのダンボールでできたコース。
小学生の頃近所の学校祭で作られたダンボール迷路が大好きだったことを思い出します。
高専祭の出し物としてもいいかも。福井高専生、ぜひ!

鯖江商店街での吹奏楽パレードと西山公園での演奏の様子。
今年のつつじはちょっと開花が遅く、見ごろは今週末の誠市&ご縁市の頃か?

鯖江商店街らてんぽで開催している親子ミニ四駆教室&大会の様子。

4(火) 10:00-16:00 でも開催しています。
誠市&ご縁市のある、9(日) 9:00-14:00 にも開催!
@鯖江市商店街らてんぽ 福井県鯖江市本町2丁目1-11

5/3のついったー中継のまとめ

明日明後日、鯖江市商店街らてんぽにて、親子ミニ四駆教室&大会があります。
今日、準備に行ってきた際に撮影した動画を紹介します。


ミニ四駆にミニ無線カメラを搭載し、撮影したものです。

実際のコースはもう少し大きくなる予定です。
ラップカウンターもあるので、改造して試しての繰り返しが熱いですよ。
子供も大人も、ぜひ楽しんでください。

鯖江はミニ四駆で再び熱くなる「ミニ四駆教室&レース」開催
5/3(月) 4(火) 10:00-16:00, 9(日) 9:00-14:00
@鯖江市商店街らてんぽ 福井県鯖江市本町2丁目1-11

鯖江はミニ四駆で再び熱くなる「ミニ四駆教室&レース」開催
5/3(月) 4(火) 10:00-16:00, 9(日) 9:00-14:00
@鯖江市商店街らてんぽ 福井県鯖江市本町2丁目1-11

自分で作って改造するミニ四駆は、私のものづくりの原点です。接着剤不要で、安くて、走り、競えるミニ四駆は小学生にぴったりのおもちゃでした。遊びと言えば、ファミコンかミニ四駆というぐらい熱中し、軽量化のために半田ごてを使って、ボディやシャーシに穴をあけたりくっつけたり、あれこれやったことが懐かしい思い出です。

最近、子供たちはDSばかりという声を耳にします。創造こそが人類の発展であるのに、作られたルールの上での遊びばかりでは、せっかくのものづくり力が鍛えられません。そこで、浮上したのがミニ四駆でした。一次ブームから20年以上経った今でも遊ばれているミニ四駆は、親子をつなぐ架け橋としても最適です。電気自動車時代にも乗り、ものづくりの楽しさを多くの子供に知ってもらえるのではと期待しています。
(参考「ミニ四駆歴史年表」)

そのミニ四駆、第一弾企画が、このGWと次回のご縁市にて行う「ミニ四駆教室&レースイベント」です。鯖江市商店街のらてんぽと、玄米屋たいぞうさんとの共同企画で、5月の3日4日9日に、鯖江商店街らてんぽにて、ミニ四駆の組み立て親子教室と、レースイベントを行います。ミニ四駆の販売も行うので、どうぞふらっとお立ち寄りください。らてんぽにコースを常設して、子供が創意工夫するものづくりの場所にとしてみたいので、昔持っていたパーツや、いらないコースなどの寄付も含めて、ぜひ盛り上げにご協力ください!

懐かしのミニ四駆です。オリジナルのカラーリングなどもポイント。

Twitterで呼びかけて借りることができた、練習用コースです。ラップカウンタもあります。

福井放送会館地下にあるフクイ模型さんの巨大なミニ四駆サーキット。健在でした。

大人の方のみの参加、お手伝いも歓迎です。オリジナルのマシンなど持ってお越しください!

車が普段の足として必須な福井。
次の車としてぜひ考えたいのが電気自動車。
着々と電気自動車が増えているようでうれしい限りです。

デトロイトのモーターショー2010、一番のお気に入り、インホイールモーターの電気自動車、フランスのベンチュリ。


ベンチュリ・オートモービルズ Venturi Volage デトロイトモーターショー2010特集 - MSN自動車


2つのモーターを内蔵するホイール、ミニ四駆を髣髴させる美しいシャーシ。「Venturi | Volage」より

有限な化石燃料を多量に使い、空気を汚す罪悪感を感じながらも仕方なく車に乗るしかなかった時代が終わり、携帯電話のように家で充電し、スマートに外出する電気自動車は、まさに小さなころみんなが想像していた21世紀像ではないでしょうか。空こそ飛びませんが、静かで自然が感じられる乗り心地は、空を飛んでいるかのような感覚になるでしょう。

テスラロードスターや、日本のエリーカなど、憧れの電気自動車をミニ四駆として発売し、子供と親とが一緒に親しむ習慣を作り、薄れつつある技術と自動車への関心が取り戻せないでしょうか。ミニ四駆も電気自動車も同じ電気とモーターで動く点が、リアリティあって子供心をくすぐるはずです。私の小さな頃、よりパワーがあり実車に近いガソリンラジコンが憧れでしたから。

ミニ四駆で、電気自動車を子供の憧れに!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS