福野泰介の一日一創 - create every day

プログラミングでまちづくりを自分ごとに!
品川区役所の提供、Code for Tokyo と Code for Sabae 共催で贈る夏休みイベントDay1スタート!

自分だけのパソコンできあがり!


IchigoJamはんだづけスタート!


はんだごてより危ないニッパー!便利な道具は時には危険。
友達を傷つけない、道具の使い方も体験と合わせて学ぼう。


みんなみるみる腕を上げるはんだづけ


14ピンソケット、5ピンソケットをカラフルなものに交換できるようにしておくとオリジナルIchigoJamを楽しめます!

カラフルピンソケット購入先
赤、緑、青、黄:aitendo(14P 35円、5P 20円)
http://www.aitendo.com/product/12743
白:秋月電子通商(14P 40円、5P 20円
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-11571/
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-11572/


できあがったマイIchigoJam、はじめてのタイピング、LED1


ひかった!


うれしそう!


PCN五反田、PCN札幌、PCN高専(?)協力によって、午前中のはんだづけパートスムーズに完了!
大橋編集長のプロ用小手先クリーナーがすごかった!


休み時間にも熱中、自分で作った初ゲーム「かわくだり改」
おにぎりアイテムを取ったら、自分がおにぎりに変わるオリジナル仕様!


IchigoSensorsを合体させて、試しにベランダに出てみました。一気に跳ね上がる湿度!


品川区でのまちあるき、見どころ紹介!
明日はいよいよ、自分でつくったパソコンを持ってデータ収集&アプリづくり!


資料:親子でチャレンジ まちをプログラミングでよくしよう!(Day1、はんだづけ&プログラミング)


IchigoSensorsのテストを兼ねて、品川区から練馬区へ移動!
大井町駅付近で40度オーバーを記録!移動中の電車内も不快指数は75を下回りません。


Code for Nerima 代表青木さん挨拶 & Code for Shinjuku 伊藤さん到着。


UDトークで自動的(人手による修正もリアルタイム!)に字幕が付く Code for Nerima イベント!
スポ小のプログラミング版、地域ICTクラブ、福井県でも始まってます!
福井県こどもプログラミング協議会


資料:はじめてのIoTプログラミング(大人向け)
IchigoSodaを使って、IoTプログラミングワークショップ、みんなでつくろうIoT!


不思議なつながり、愛知&札幌!


点字でメモする長谷川さん!その場で読めて便利とのこと。ITでもっと楽しく便利にインクルーシブ!


青木さん、楽しいイベント、ありがとうございました!

links
- 地図アプリでふりかえる、センサーとまちあるき!まちをよりよくするアイデアとIchigoJamプログラミングつぎのいっぽ

福井新聞主催、鯖江市/PCN共催、福井コンピュータ提供の「小中学生プログラミングフェス2018
1泊2日の小中学生100人プログラミング合宿、Day2で挑戦した自動運転プログラミング、大成功!

うるしの里会館の中庭、実際に乗れる自動運転車に改造されたモッティ!
IchigoJamでプログラミングして、タミヤのカムロボでテストしたら、自分で乗って動かしちゃいました。 本当に壁で止まってくれるのか!?


2日目、朝の自然豊かな鯖江市河和田地区を散策からスタート!


100人全員ホールに集まって、自動運転プログラミングにチャレンジ!


前日つくったプログラムの復習は、ちょっと休憩にも役立っていた「かわくだりゲーム」


あちこちで見る教え合い!


ロボプログラミング!

思い思いのプログラミングで楽しんでくれた自動運転。
いくつか例を書いておきます。

壁に当たる前に停止

10 OUT33 20 IF ANA(2)<600 GOTO 20 30 OUT0

壁に当たりそうになったら右に回避

10 OUT33 20 IF ANA(2)<600 GOTO 20 30 OUT17:WAIT60 40 GOTO 10

壁に当たりそうになったら左右どちらかに回避

10 OUT33 20 IF ANA(2)<600 GOTO 20 30 IF RND(2) OUT17 ELSE OUT34 40 WAIT60:GOTO 10

ひたすら右回転

10 OUT17

前後にガクガクする

10 OUT33:WAIT30 20 OUT18:WAIT30 30 GOTO10

どこにいくかわからない

10 OUT33:WAIT60 20 IF RND(2) OUT17 ELSE OUT34 30 WAIT60:GOTO10

これからもどんどん身の回りで活躍する予定のプログラミング。
自分のものにできそうなワクワク感!
コンピューターと話せば話すだけ、うまくなりますよっ


記念撮影!


IchigoIgai、ゲット!


キーボード、ゲット!自分だけのパソコン、思う存分プログラミングしてねっ


1泊2日の合宿、いい友達もできたみたい


取材に来てくれた、攻めてる福井県広報課「おいでよ!ふくい」の岩田さん!


大成功!


次にオススメのチャレンジ「越前がにロボコン」&「PCNこどもプロコン

プログラミング道の真髄は、自分で学ぶ楽しさにあり。
修行したい人、Hana道場など、お近くの道場やPCNへ!

links
- 急がば回れ、キーボードの基本をしっかり押さえて自動運転プログラミングへ! 小中学生プログラミングフェスDay1
- 小中学生プログラミングフェス2018
- Hana道場
- 自動運転プログラムを持ち帰り、夏の思い出と共に。全国から100人1泊2日プログラミング・フェス! – about yrm

3回目の小中学生プログラミングフェス
会場、鯖江市うるしの里会館で、100人が同時に学ぶプログラミング!

初のキーボード、ひとつひとつ打ち込み、コンピューターを操るこどもたち!


今回使用する機材はIchigoJamの「スクールセット」


楽しそうな顔!


100人BBQ、嵐の前の静けさ


今回は1泊2日の合宿形式なプログラミングフェス、漆の絵付け体験、BBQ、温泉、自然探索などもりだくさん!


時間の都合でできなかった、圧電サウンダーを使った、効果音への追加改造済み「かわくだりゲーム」はこちら。

10 CLS:X=15 20 LC X,5:?"O" 30 LC RND(32),23:?"*" 35 WAIT3 36 X=X-BTN(28)+BTN(29) 40 IF SCR(X,5)=0 GOTO20 50 BEEP 20,30

ブーっと鳴る

50 PLAY"GEC"

「ソミド」と鳴るように改造!

今回の資料、キーボードの解説を少し充実版
ゲームで学ぶプログラミング with IchigoDake / USキーボード
IchigoJam はじめのいっぽ&ミニゲームズ

まずはパソコンで動く「IchigoJam web」を使って試してみよう!
いろいろチャレンジしたくなったら、自分だけのIchigoJamを手に入れて、自分だけのプログラミング環境を整えよう!


メガネ型コンピューターになったIchigoJam互換機「MeganeJam」
第一製品を鯖江市へ寄贈!


福井新聞にも大きく掲載!


いよいよDay2、自分で乗れる「モッティ」改造車を使って、自動運転プログラミングにチャレンジ!

links
- 子供100人ロボプログラミング、カムロボでテストし、自動運転車モッティ改に自ら搭乗! 小中学生プログラミングフェスDay2
- 自動運転プログラムを持ち帰り、夏の思い出と共に。全国から100人1泊2日プログラミング・フェス! – about yrm

国の省庁と民間が共同のおもてなし大作戦「こども霞が関見学デー」
内閣官房IT室の出し物のひとつとして、IoT対応のIchigoJamを使った「はじめてのIoTプログラミング by PCN」を出展。 (30分ワークショップを1日5回、12席、2日間で120人枠!)


まちがい探しの要領で、キーボードからひとつずつ、打ち込んでいきます。
ロボットづくり、ゲームづくり、目的があればタイピングは手段。
親の助けを嫌がる子供、自分でやりたいその気持ち、とっても大事!


はじめてのIoTプログラミング with IchigoJam - 30分短縮版! (PDFダウンロード)


意外と安い。意外と速いコンピューター、味方にする手段、それが、プログラミング!


30分で3つ作るよ!
1. エルチカロボづくり(エルイーディー、ついてるときにけせ!)
2. テレビゲームづくり(かわくだりゲーム)
3. IoTでネット対戦!(集中力を測定するIoT)
・・・実際は、30分では収まらず40分くらいかかってしまったのでスライド改良!


ゲームはみんな好き。作るのも好き。IchigoSodaなので、IoT化してネット対戦まで楽しめる!


楽しかった率 100%!もっとプログラミングしたい率 100%!


長野から助っ人、PCN上田(十勇士パソコンクラブ)の斎藤さんによる応用例、改造IchigoJam群が大人気! 斎藤さんのブログ「SHIROのモバイル日記」に作り方、掲載されているんで、夏休みのチャレンジにいかがでしょう?


ワークショップは、小学生以上ですが、未就学児でもバーコードでプログラミングできるタミヤのカムロボ、楽しめます! 体験コーナーは予約不要、ふらっと遊びにきてください!


アイロンビーズとIchigoJamで楽しいロボットは作れちゃう!
PCN秋葉原の新作「手をはさみたいワニさん」


プログラミング、ロボづくり、IoTに興味をもった子供は、週末の Maker Faire Tokyo 2018 へ!
PCNブースもありますよ(A-05-05


はじめのいっぽ改良版(BASICの行番号、まずはタイプ量が少ない1刻みに)


ミニゲームズ改良版(Shiftキーの役割がより分かるように、かわくだりゲーム1行短縮対応)
(PDFダウンロード)


IT手段をもたない子供でも確実に機能する予約システム、予約券管理!今回も満員御礼!

こども全員がIT化/IoT化したらどうなるか?
想像して創造できるこども、増やしましょう!

links
- エルチカロボ、テレビゲーム、IoTを作って学ぶ30分!こども霞が関見学デー2018 初日
- IoT実験ボード「IchigoSensors」プリント基板発注 - こども霞が関見学デー満員御礼! 2日目

スポーツ好きの少年少女の集まり、スポーツ少年団。鯖江市にはさまざまなスポーツ、全55団! プログラミング好きの少年少女を集めた、プログラミング少年団的な活動が「地域ICTクラブ by 総務省」の目指す姿。

本年度、全国19箇所でスタートした地域ICTクラブ創設事業。福井県では県大会「越前がにロボコン」を中心とした「福井県こどもプログラミング協議会」による事業がスタート! 初回イベント、講師育成講座が鯖江市、Hana道場にて実施。


楽しいが一番!楽しんでもらうためには、まずは自らが楽しむこと。楽しいが一番、伝わります。

理論は極力少なく、自分で考えて試して結果について悩んで導き出すこと自体が最大の学び。
ゲームで遊んでいる隣でネタバレされたらおもしろくないように、答を言ってしまうのは厳禁。
時間制約がないクラブ活動、メンタリング(対話ときづき)を基本スタンスにいきましょう。


思い通りに動くかな?ロボットプログラミング中


ロボットキットを前にするとうずうずしてきちゃう大人にオススメ!
子供の楽しみを奪わないためにも、ちゃんと講師の大人の分も確保!


意外と簡単、ロボットづくり!


受講、おつかれさまでした!こどもたちの笑顔、楽しみですね!


こちら本日の講習資料(PDF)「越前がにロボコン講師育成講座」


越前がにロボコンの要、モーター2つの制御、サーボの制御、フォトリフレクタで道読み取り。
モーター制御用拡張ボードMapleSyrupを使ってコントロール!


サーボも2つ接続できます。(PWM3/PWM4を使ってコントロール)


フォトリフレクタの使い方(デジタル入力の近接センサーモジュールを使うのも簡単かも)


プログラミング教える、Hana道場の講師陣が福井県内外のこどもプログラミング活動をサポート!

IchigoJamとテレビを接続するビデオケーブルは、100均、DAISOで入手可能。

赤、白、黄のケーブル。4Kテレビでもまだ接続可能!
オーディオ用(音声用)の赤と白だけのケーブルでも色が違うだけなので使えます。
IchigoJamの黄色端子とテレビの黄色端子同士をつなぎましょう。


3本どれも一緒なので、白のケーブルをもって、引きちぎると・・・


3人分のビデオケーブルができあがり!一人あたり34円!


microUSBケーブルも100均で手に入ります。充電専用ケーブルでもOK!

まずは自分近くの子供のまわり少人数に向けて「地域ICTクラブ」はじめませんか?
プログラミング クラブ ネットワーク(PCN)もサポートします!

links
- 福井県こどもプログラミング協議会
- Hana道場
- PCN

「理科教育が最も重要である」というソニー創業者井深大氏の想い、ソニー教育財団による、ソニー科学教育研究会(SSTA)の福井支部の研修会にて、出張プログラミング研修 with PCN福大附属

PCN福大附属の代表、福大附属義務教育学校8年生(中2相当)の小林くん、大人のサポートに大活躍!


井深さん1959年の言葉「日本の将来の発展を支える子どもたちが科学を好きになるには、小・中学校における理科教育が最も重要である。」
歴史の裏に、科学あり。新しい世界を創り出す力の源、理科教育!


1946年、ソニーの前身、東京通信工業株式会社の設立趣意書に「国民科学知識ノ実践的啓蒙活動」と記載あり!


世界中、日本中のこどもたちにプログラミングを伝える、PCN代表、松田さんによるワークショップ!
みのまわりにあるたくさんのコンピューター、操る楽しさを知るほどに社会がおもしろくなる!


理科の真髄は実験にあり!実際に一人一台のIchigoJamを触りながらコンピューターとプログラミングを体験いただきました。


後半を福野が担当。なぜ自分は科学が好きなのか?その根底には「ものづくり好き」がある。
(講演資料ダウンロード、PDF

新しいものを作って社会を変えたい!そのために必要な3点、素材、道具、それらを扱う技術。
同じことをすれば同じ結果を出してくれる科学だからこそ、積み重ねと幅広い横展開ができる。
新素材や、新しい道具などの科学の発展にワクワクするのは、それによって開ける新しい未来が見えるから。

コンピューターは、人が生み出した最強の道具。
あらゆる分野の科学の発展にも欠かせない存在であることはもちろん。
素材も道具もコンピューター上では無限に試行錯誤できるのは、子供にとって嬉しすぎる性質。
子供がマイクラにハマる理由と同様、何度壊しても怒られないし、素材は無料で使い放題!
プログラミングは、まさに科学の理想。


ソニー教育財団の論文募集。なんと最優秀賞は300万円+ソニー製品。2017年度には2校が受賞。
ものづくりが大好きなこどもたち。その想いや夢に変えてあげられる入り口、プログラミング教育。
ぜひキラキラの笑顔をまとめて、共有しましょう!

PCN福大附属、福井駅前ハピリンの科学部フェスタでイベントあり!

links
- ソニー子ども科学教育プログラム 論文募集要項 | 助成を受けるには | 教育助成 | 公益財団法人 ソニー教育財団
- PCN福大附属

2020年から小学校でのプログラミングが必修化しましたが、新しい科目になって、がっつり単元として学ぶわけではありません。 調理実習のように、実際にプログラミングしてみる時間をとったり、分度器やコンパスを使うように、従来の科目の中で便利な道具としての活用が始まります。

IoT/AI時代で活躍する人材が期待される現代。興味をもったこどもたちがぐんぐん伸びる環境づくりが必要と、総務省の公募がありました。
総務省|「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業に係る企画案の公募

IT業界団体、福井県情報システム工業会としても次世代育成は要。代表団体として応募、採択!
総務省|「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業に係る採択候補の決定
総務省|北陸総合通信局|「地域ICTクラブ」の展開に向けて北陸3県から2件を採択候補に決定

そして、本日、設立総会。設立趣意書、名前、役員の決定と、議事が進んだ終盤、webサイトの話。 ICTっぽく、プログラミングっぽく、GitHubで行ってみようと、決定。

ということで、できました!

福井県こどもプログラミング協議会」のwebサイト fkpc.github.io

HTMLとちょっとのCSSでできています。(index.html - GitHub
GitHubを使えば、誰でもこどもでも簡単にサイトづくりできますね!

ICTがテーマの協議会、当然ICTを活用して運営します。

コンピューターの基本、ロボットの基本、手作りのIoT、地元のオープンデータを活用した機械学習と予測から始めるAIなど、地に足ついたICT教材をどんどん提供していく、それが地域ICTクラブの福井モデル。

越前がにロボコンはひとつの通過点、すごい人材がきっと誕生するはずです!

越前がにロボコン

福井県こどもプログラミング協議会の委員として参加したい方は、自治体、企業、団体、個人の方でも大歓迎! お近くの委員までお声がけください!

links
- 福井県こどもプログラミング協議会

Apple社長による紹介で世界的にも有名な、若宮正子さん、ご来鯖!
iPhone「82歳日本人開発者」は何がスゴイのか | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

若宮さんの興味はスマホアプリに留まることなく、電子工作、IoTも!
鯖江、Hana道場にて、IchigoSodaで体験、はじめてのIoTプログラミングで一緒に電子工作・プログラミング・ネットワークを学びました。

アイロンビーズでつくったアクセサリー、お土産にいただきました!


Code for Japan、地域フィールドラボ(旧コーポレートフェローシップ)の第5シーズン、大鵬薬品の三浦さんを迎えてスタート!
地域フィールドラボ(旧コーポレートフェローシップ)事業・派遣職員辞令交付式 | 『さばえ.jp』百さんのブログです
国際的にも経験豊かな三浦さん、鯖江のまちをより健康に!メガネづくりと、IchigoJamマスターしたいと嬉しい抱負!


早速、Code for Sabae イベントとして、Hana道場イベントへご案内。
竹部さんより、Hana道場の想いの紹介!


地域フィールドラボ三浦さんとデジタルクリエイター若宮さんの共同作業!
インターネットは100億台のコンピューターの集合。基本はたった2台をつなぐこと。


わかった!という喜びに年齢は関係ないですねっ


10歳〜82歳まで幅広い参加者、アイデアソンも楽しい!

困っていることと、改革案
ビジネスホテルみたいな鍵がほしい(抜くと全部消えるけど、冷蔵庫とかはは消えない)
耳が遠くなってピンポンが聞こえない(部屋内のキラキラが教えてくれる)
眠ったら自動的に消えるエアコン
体温計を使うのが面倒(コップを握ったら体温が分かる、はぶらしに内蔵!?)
血圧計の計測が面倒(簡単管理、お医者さんに見せられる)
雨が降ったら自動的に取り込んでくれる
孫の離乳食の温度管理(乗っけたら適温教えてくれる)
電話するのを忘れちゃう(電話自動発信)
マップアプリの東西南北を間違える(逆走を教えてくれる)
冷蔵庫の余り物管理(何があるかわからなくなる、自動管理、在庫管理)
食べ過ぎ防止アプリ(カロリー、糖質管理アプリ)
眠れないシニアはとても多い
介護する側、寝ている間にどこか行ってしまう(動いたら教えてくれるIoT)
田んぼの水位管理をしてほしい(水を出すのをスマホで出す、管理)


IchigoJamでイノシシを狩る、勝山の谷川さん。IchigoSodaを組み込んだ独自の通知装置を披露!
今年のイノシシ鍋もおいしくなりそうっ


IchigoJamでプログラミング」「親子でベーシック入門」の著書で、元担任の先生、あっしーこと蘆田さんと!
IchigoJam Tシャツがまぶしい!


この日、永平寺町エボリューション大使というカッコイイ役に就任した、あみるも合流!


福井の幸とともに懇親会!
福井エボリューション、加速中。


今回の資料、ブラッシュアップしてオープンデータ化!( PDF/ Keynote/ ppt
持ち帰り資料と合わせて活用ください!( PDF/ word

(追記)

2018.7.13 市長室訪問! 3色揃った IchigoJam Tシャツ

自閉症児も一緒に学ぶインクルーシブな学校、武蔵野東小学校でのKidsVenture!
いろんなアクティビティーある中、約50人がプログラミングの体験&プログラミング講演に来てくれました。

ステキな体験、ありがとうございます!(全アクティビティー終了後の全体写真、前列に並べてもらえました)


PCN松田さんと福野は講演担当。いつもの授業とは一味違う!?


コンピューターを味方にしよう!(講演資料PDFのダウンロード

「学び方を学ぶ」
みんなが生きているこの世界、国語算数理科社会ときれいに分類できません。
大人になって必要なのは、いろんな課題を見つけられる力と、それを解決できる力。

例えば、電車が混みすぎて困る時、何両の電車が何分間隔で走ればみんな快適になるのか?
それを解決するために必要な技は、理科と算数。
ただ、それを用意するために必要なお金をどうするかは社会。
お金を持っている人を説得するためには国語の技もいりそうですね。

学校の授業はゲームでいうところのチュートリアル。
ラスボスの名前も、その倒し方は教わりません。(教えてもらってもつまんないw)
飛ばしたくなるかもしれませんが、とりあえずこなしておくと便利な点も一緒かも。

RPGのキャラのように、一人ひとり得意不得意のパラメータは異なります。
だからこそ、パーティーを組んで、みんなで取り組むことが時に大事。
「楽しい」「好き」は自分の得意や、将来の武器になる可能性を知るセンサーです。
自分なりのやり方をいろいろ試して「好き」を探し、自分なりの学び方を編み出しましょう!

もし、学ぶことが苦しい時、学び方が違うかもしれないと、疑いましょう。
人間に必要な栄養素と違って、いやいや学ぶと身につくどころか、嫌いが増して逆効果。

例えば、昔、嫌いだった、漢字の書き取り。
いかにお手本に近く、速く書けるかに点数をつけて、クラス中で競い合ったら楽しいかも。
苦手だった、歴史の人物と出来事の記憶。
今のこの場所ができた理由を逆に辿っていくと、いろんな謎が解けて楽しいかも。

腕試しする場所は、みんなの住んでいるみのまわりにたくさんあります。
みんなの視点で見つけた悪を、みんなの力を合わせて立ち向かってみてね!
視点によって変わる悪。一筋縄ではいかないからこそ、おもしろい!

子供の力でできることなんて大したことない?時代は変わりました。
web上には最新AI/VRを始め、無料で使える強力な武器、オープンソースやオープンデータが日々増殖。
コンピューターを味方に付ければ、使わない人の少なくとも5000万人力以上!

はじめのいっぽ、踏み出してみましょう。
つぎのいっぽ、誰かを誘ってみるのもいいですね!
ひとりひとり違う「楽しい」のツボ。
自分で押せて一人前!

学びと遊びの違いは何でしょう?


プログラミングによって変わる社会の最先端、ZOZOSUITを実践する松田さん。


プログラミング、友達に教えたい人?という質問に勢いよく手を挙げるこどもたちに感動!


プログラミングワークショップ1時間、講演1時間。長時間後にも関わらず、この笑顔!


休憩時間にワラワラと集まるこどもたち!


PCN仙台PCN東京PCN金沢、協力によるIchigoJamワークショップ!


小学3年生も楽しんでくれました!


シリコンバレーからあみるもサポーターとして参加!


楽しそう!


子供同士の教え合い!


平行開催のmicro:bitを使ったワークショップでも良い笑顔!


楽しい工作室での開催!


KidsVenture at 武蔵野東小学校、大成功!


今回の企画者、鈴木さんへ IchigoJam Cafe トライアル用機器を贈呈!
活用くださいっ


インクルーシブな学校、武蔵野東小学校!

お知らせ
東京都品川区の小中学生向け、IchigoJamによる計測まちあるき付きのオープンデータイベント開催決定!
オープンデータイベント情報|品川区 「親子でチャレンジ、まちをプログラミングでよくしよう! ~データ集めパソコンづくりとプログラミング~」の参加者募集

links
- 特別支援学校は日本教育変革の救世主!? KidsVenture in 沖縄、教員&こどもプログラミングワークショップとIoT
- KidsVenture

コートジボワール大使へ、IchigoJamによるこどもプログラミング、ルワンダの話、IoT実用事例をプレゼン。
I introduced IchigoJam to the ambassador of Cote d'Ivoire.


アフリカ、コートジボワールの公用語はフランス語。現地用テキストづくりの始めの一歩として、IchigoJamはじめのいっぽ&IchigoJamミニゲームズをフランス語化!
I started translating the docucments of IchigoJam to French as common language at Cote d'Ivoire.

IchigoJam premier pas & IchigoJam mini-jeux
in French (pdf, pptx, key)
in English (pdf, pptx, key)
in Japanese (pdf, pptx, key)
in Swahili (IchigoJam Reference (Swahili edition) | ict4e)
CC BY ichigojam.net


コートジボワール大使館前にて with 日本へ留学中コフィと!
In front of the embassy with my friend.


PCN秋葉原ではIchigoJamコントロールで元気に動く6足歩行ロボットのデモも!
6-legs robot controlled by IchigoJam at PCN Akihabara Assemblage.

links
- コートジボワール大使館
- コートジボワール - Wikipedia
- IchigoJam on NHK World - Swahili / NHKスワヒリ語に登場、IchigoJamとルワンダ活動伝えるたんなんFM通信

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像