情報化促進貢献個人等表彰にて、経済産業大臣賞をいただきました。
令和2年度「情報化促進貢献個人等表彰」経済産業大臣賞をjig.jp が受賞しました

推薦公募で決まる、第49回となる歴史ある表彰。 「COVID-19 Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボード」と「PUSHかんたんオープンデータを活用した福井県施設ダッシュボード」を評価いただきました。

データ提供にご協力いただいた方々、アプリをシェアいただいた方々のおかげです。ありがとうございました。 行政、民間、シビックテックにおいて、ますますのオープンデータ活用の契機として活用します!


第一報を鯖江市長、佐々木さんに報告。連携協定結ぶKDDI松野さん、サイバーセキュリティー教育「CyberSakura」や「IchigoJam」プログラミングなど、IT人材教育をすすめるNPO法人エル・コミュニティ代表竹部さんと共に、コロナ禍で一層厳しくなる行政こそ、民間の強みを活かしましょう。


COVID-19 Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
グラフからも明確な第三波ですが、全国均一的ではありません。


ほとんど感染者がいないローリスク地域もありながら、入院治療を要する者(厚労省)が病床数を上回る地域まで様々です。居住地、行き先に合わせた個々の対応が重要です。

民間企業Google社により11/17に発表された感染者予測が、結果と比較するアプリをつくりました。

COVID-19 福井県のPCR検査陽性者数、入院者数 予測値
福井県の11/15予測時点の折れ線グラフに、棒グラフで結果を並べてみました。大きく増加し減少する形になり、結果近い値になっています。


COVID-19 福井県のPCR検査陽性者数、入院者数 予測値
11/28時点の予測でも当初の予測とほぼ変わらず増加の傾向とのこと。


COVID-19 大阪府のPCR検査陽性者数、入院者数 予測値
大阪府の11/15時点予想を上回る結果でした。


COVID-19 大阪府のPCR検査陽性者数、入院者数 予測値
11/28時点の予想は現状に合わせ上方修正されていて、引き続き増加の予想となっていますが、あくまで予測。未来は変えられます。都道府県別、予測時点別に見られます。気になる地域をご覧ください。


12/4(金)14:00-15:00 たんなん夢レディオの新番組 Cyber Valley, Japan (サイバーバレージャパン)を始めます。 インフラとしてのオープンデータの広まりを受けた次の一手は、リアルとつなぐDXを含めた、サイバー空間の活用にあり。 サイバーナビゲーターは、コネクトフリー代表 帝都久利須とjig.jp会長 福野泰介

Let's go to the next stage!

知るほどに好きになる、わたしのまち、福井。

小学4〜6年生対象の全国新聞社事業協議会が主催する全国選抜小学生プログラミング大会福井大会、審査員してきました。 8作品から選ばれる決勝は、4分のプレゼンテーション内でデモも行う本格派!

獣害撃退用恐竜ロボット - 勝山クラブ 小学6年生


巨大恐竜型対クマ型ロボット。センサーで動体を検知したら録音した恐竜の音を大音量で再生し目が点滅する。迫力がすごい。すでに実戦配備、撃退実績あるところがすごい!


恐竜、でかい!

クマダス - 成器南小 小学6年生


クマの出没情報を登録し地図で知らせるPC用webアプリ。被害の有無がアイコンで分かりやすい。1週間以上経過したものは薄く表示されクマの動きを掴める。傾向を自動分析してクマ予想もできるか!?

フクイザウルスを救え! - 森田小 小学6年生


恐竜博物館で設置し訪れる観光客を楽しませる、フクイザウルスを操作し、迫りくる壁(隕石落下による爆風)からすばやく逃げるゲーム。観光地毎にプログラミング友達に呼びかける。こども主催コンテストいいね! 絶滅から逃れる恐竜をテーマにした、IchigoJamによる脱出アクションゲーム、フクイザウルスを救え!

自転車安全レーザー - 惜陰小 小学6年生


注意したい下り坂に設置する、近づいてくる自転車運転手にレーザー光で注意を促す装置の模型。ストローの両端にLEDを刺した表現がステキ。


Hana道場に通う、小学生!

事件お知らせロボ - スピリッツ・スマイル 小学4年生


過去の人質事件から着想した、救助を求める声に反応し事故を知らせる自律走行ロボット。犯人に気づかれないよう移動して知らせてくれると便利かも。

コロナウイルスを撃退せよ! - スピリッツ・スマイル 小学6年生


コロナウイルスを注射器で打って撃退するゲーム。ステージごとに様々な国が背景になる。難易度をコロナウイルスの状況オープンデータを使うとおもしろそう。

シューティング ダイナソー - 社南小 小学5年生


恐竜同士のシューティングゲーム。福井といえば恐竜!撃つほどにだんだん小さくなり難易度アップ。フクイラプトルなど恐竜毎の特徴が出ると楽しく学べるかも。

fukui(ふくい)すてきなところをごしょーかい! - 社南小 小学6年生


福井県内の観光地を地図から案内、写真と作者コメントで紹介するアプリ。リボンが付いたオリジナルのピンがかわいい!


西山公園を自分の言葉で紹介!


最優秀賞を獲得したのは、フクイザウルスを救え!おめでとう!


プログラミング好きの友達に声をかけ、福井県内各地の観光地に関連したゲームを集めて各地でゲームができるように!
県内どこへいっても福井県のこどもが作ったゲームで遊べるまち、これは好きにならざるを得ない!


ふくいゲームマップ
全作品のタイトル、所属、学年、福野レビューをCSVオープンデータとしてまとめて、リボン付きピンを使ったマップアプリとHTML作成アプリにして、オープンソース公開しました。HTMLやJavaScriptにチャレンジしたくなったらぜひ遊んでみてください!
じぶんのウェブサイトをつくろう! 13才以上なら誰でも無料で持てるホームページ&HTMLとCSSはじめのいっぽ


リボンがステキピンデザイン、使っていいよと許諾いただいたので、早速、活用!


みんなで記念写真!


小学生主催のコンテスト、実現したらかなりおもしろい!


福井の未来を創るこどもたち、ガンガン応援していきますよ!


PCNこどもプロコン2021
チャンスはまだまだありますよ!PCNこどもプロコンへの参加も、おまちしてます!

コンピューターが速くなり、メモリが安くなる程チャレンジしたい高解像度化。4K/8Kなど広さの解像度や、フレームレートという時間の解像度に加えて、表現できる色自体の高解像度化も図りたい。HDR(High Dynamic Range)に対応したテレビで対応コンテンツを見ると、今までのディスプレイでは表現できなかった発色と、光の表現を体感できる。ぜひ、これをプログラミングで自由自在に使いたい!

残念なことにブラウザにおけるHDR向けの仕様策定は始まったばかり。まだ実際のブラウザでは試すことはできない様子。
High Dynamic Range and Wide Gamut Color on the Web


LCh 3 colors picker」(src on GitHub)
CSS4で対応予定のLCH色指定、ステキな色選択LChコンポーネントがあったので、export文を1行加え、ESモジュール対応、シンプルなサンプルと3色選ぶアプリを作ってみた。HSLと違って、色相が変わっても見た目の明るさがほぼ同じで使い勝手よし!

既存のRGBで表現できている範囲が白線で表示できる機能があってONにしている。この境界はHDR対応のディスプレイやテレビだとぐっと広がっているはず。 ブラウザでHDRが気軽に楽しめる日が待ち遠しい。


テレビのHDRモードをHLGにすると、色の分解能はともかくダイナミックレンジは広くなる。ひとまずこれを利用して、花火などの表現には使えそう。

iPhoneのディスプレイも通常のRGBそれぞれ8bitの計24bitでは収まらない表示能力があるはず。ブラウザが対応するのも待つばかりでなく、ネイティブアプリとして開発して、せっかくの性能をフルに使う方法、また調べてみたい。

起業家甲子園の北陸予選を兼ねた北陸のビジネスプランコンテスト「HIT2020」、今年はオンラインで開催!第2回 加能ガニロボットコンテストと同日でした。


信州大学、不破さんによる基調講演、サイバー空間の活用が鍵となるSociety 5.0社会、フィジカル空間との接点となるのがIoT。


この水位計測IoTデバイスは、長岡高専の矢野さんによる開発!IchigoJamに接続して、小学生でもやさしく楽しく学べます。


小中学生がIoTデバイスを作って、使って、フィジカル空間を計測し、オープンデータ化して、サイバー空間へと橋渡し。高校、大学生は集まったデータを様々なデータとつなぎ合わせ、AI含む、各種ツールを活用、プログラミングして解析、考察おフィジカル空間へ活かすというループ!


現状の5G搭載ドローンによる課題、200mを超えると4K映像伝送に必要な30Mbpsを下回ってしまう。高解像度をキープするために、フレームレートを落とす、エッジとしてのドローン上で自律的に判断させるなどの対処が必要。通信用に電波帯域が空けて大いに活用できる日が望まれます!
登山者見守りシステムにおける5Gの有用性の検証」(電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン B-plus


石川高専によるメガネのIoT化!


北陸職業能力開発大学校学生による、ゲートボールのIoT化!


起業家甲子園出場候補、NICT賞を獲得したのは福井工大の学生のプラン!


IchigoDyhookの開発など、こどもプログラミングにも注力する、IO-DATA、細野会長による講評、こんな時期だからこそ学生のチカラが大事!


ぜんぶIchigoJam BASIC! プログラミングでSTEAMな学びBOOK
著者は、東京都前原小学校の元校長、松田孝さん、フレーベル館より出版!


「ぜんぶ IchigoJam BASIC! のプログラミング授業体系 by MATSUDA Takashi」
小学生低学年から高学年、中学生へとつながる授業体系が、わかりやすい絵本と共に解説されています


頑丈な図書館用特別堅牢製本図書!


IchigoJamの生みの親として、参加させてもらってます!


身近な課題をプログラミングで楽しく解決。こちら「F5」でRUNするたびに、1/6の確立で勝利メッセージとピっと音を立てるプログラム。 ひとりずつドキドキしながらF5を押しましょう。


おつかれさまでした!
プログラミングに強い北陸、創りましょう!

links
- 北陸-HIT2020 | 一般社団法人テレコムサービス協会

信州アプリコンテスト0出場チームで、自作ARディスプレイを展開進行中の長岡高専チームに会いに来ました!

やる気あふれる高専生と!長岡高専の先生、矢野さんによる熱さ伝わる手描きポップがナイス!


ワクワクする、ARグラス談義!新世代のメガネは見えないものを見せるモノ!
オープンデータ活用も手の一つ。


Nagaoka Population VR
長岡市オープンデータ年齢別男女別人口世帯数をDenoで加工し、人気のVR、Oculus Quest 2 で見ると楽しい、長岡市の年齢別人口のVRグラフに。プログラムはとってもシンプル&オープンソース!(src on GitHub)

window.onload = async () => { makeText(-2.5, .3, -2.5, "age:0"); makeText(10 - 2.5, .3, -2.5, "age:100"); const url = "https://taisukef.github.io/nagaoka/csv/population.csv"; const csv = await CSV.fetch(url); const json = CSV.toJSON(csv); for (const d of json) { if (d.month != 11) continue; const ym = parseInt(d.year) - 2018; const age = parseInt(d.age); const pop = parseInt(d.male) + parseInt(d.female); const z = ym / 10 - 3; const x = age / 10 - 2.5; const y = pop / 5000; makeBox(x, y / 2, z, .05, y, .05); makeText(-2.8, .8, z, d.year); } };

長岡の小中学生も一緒に考える長岡の未来。 IchigoJamからも使えるテキストバージョンも作ってみました。

無線LAN拡張、MixJuiceを使うか、IchigoJam webで、I/OパネルからMixJuiceチェックして、下記プログラムで、2020年11月時点の長岡市の人口を知ることできますよ!

10 ?"Chcek the Nagaoka Population!" 20 INPUT "age?",A 30 ?"MJ GETS taisukef.github.io/nagaoka/txt/pop/";A;".txt" 40 INPUT N 50 ?"Population of ";A;" age is ";N

改行付きのテキストファイルをGitHub PagesでおいておくだけでOK!(15.txt - 15才長岡市人口の例)
参考「じぶんのウェブサイトをつくろう! 13才以上なら誰でも無料で持てるホームページ&HTMLとCSSはじめのいっぽ


卒検でIchigoJamを使った教材を開発研究中という5年生のリケおんなさん、PCN長岡やっちゃう!?
PCN プログラミング クラブ ネットワーク

失敗するほど糧になる。
コロナで一気に縮まった世界、チャレンジしたもの勝ち!


新潟での若者応援イベントに向けて打ち合わせ!駅内のカフェ&バー、TABIBARがいい感じ!
こどもから大人まで、要は地域のみんながコンピューターに強くなればいいんです。
鯖江市地域活性化プランコンテストや、Hana道場ネパールのこどもたちへプログラミング活動など、楽しい活動、伝えたい!


新潟県民にはおなじみ、この場所、新潟駅直結PLAKA2内


長岡高専出身、渋谷さん創業のフラー株式会社、本社を地元新潟へ移転!ちょうどたまたまオープン日!おめでとう!

もうひとつめでたいニュース。福井高専の先輩で、jig.jpの前前社の共同創業者の大蔵さんが神山まるごと高専の校長候補に! 地域に高専がある良さ、広めよう!
ZOZO元CTOが2023年開校の「新設高専」の学校長に就任…Sansan創業者が発起人、異色の経緯で進む「神山まるごと高専」 | Business Insider Japan

なんと、モノリス発見!?
「2001年宇宙の旅」のモノリスに似た金属板、米ユタ州で発見 - BBCニュース

高さ3.6m、写真から推定した幅は60cm、どんな大きさVRで再現してみました。
Utahlith
ユタ州のモノリスなので、ユタリス(Utah+Lith)と勝手に名付けて、VRアプリ化。アプリといいながらVRフレームワーク、A-Frameを使ってHTMLを書いただけです。

<!DOCTYPE html><html> <head> <meta charset="utf-8"> <title>Utahlith VR</title> <meta property="og:title" content="Utahlith VR"> <meta name="twitter:card" content="summary_large_image"> <meta property="og:image" content="https://fukuno.jig.jp/app/webvr/utahlith/ss.png"> <meta name="twitter:image" content="https://fukuno.jig.jp/app/webvr/utahlith/ss.png"> <script src="https://aframe.io/releases/1.0.4/aframe.js"></script> <script src="https://unpkg.com/aframe-environment-component@1.1.0/dist/aframe-environment-component.min.js"></script> <!-- https://github.com/fernandojsg/aframe-teleport-controls --> <script src="https://rawgit.com/fernandojsg/aframe-teleport-controls/master/dist/aframe-teleport-controls.min.js"></script> </head> <body> <a-scene id="scene"> <a-entity light="type:directional; castShadow:true;" position="1 1 1"></a-entity> <a-entity id="environment" environment="preset:egypt" shadow="cast: true; receive: true;"></a-entity> <a-box color="#eee" shadow="cast:true; receive:true;" position="0 1.8 -2" depth="0.6" height="3.6" width="0.6"></a-box> <a-sphere id="moon" visible="true" color="#fff" radius="10" position="100 100 -70"></a-sphere> <a-entity id="cameraRig"> <a-entity id="head" camera position="0 1 0" wasd-controls look-controls></a-entity> <a-entity oculus-touch-controls="hand:left" teleport-controls="button:trigger; collisionEntities:.collidable; cameraRig:#cameraRig; teleportOrigin:#head;"></a-entity> <a-entity oculus-touch-controls="hand:right" teleport-controls="button:trigger; collisionEntities:.collidable; cameraRig:#cameraRig; teleportOrigin:#head;"></a-entity> </a-entity> </a-scene> </body> </html>

Oclus Questのコントローラー、左右のトリガーでテレポートにも対応(aframe-teleport-controls on GitHub)。いろんな角度から不思議物体をご覧ください。JavaScriptでプログラムを書いて、不思議なシカケを実装するのも楽しそうですね!順を追って試してみたい方、ハンズオン資料「Oculus Quest 1

家のテレビを更新、スマホアプリで操作できるようになって便利!
ただ、アンプが連動しないので結局リモコンを使う必要があって残念・・・。

そこで、DX(デジタルトランスフォーメーション)!
テレビが点いたことをどうにか検出して、アンプをONする信号を赤外線LEDで送信すればいいだけです。


テレビ付属USBが電源と連動してくれていれば楽ですが、常に5VがでているのでNG。その隣にイヤホンジャック。使えるかも!?


行儀が悪いですが、ひとまずIchigoJamのアナログ入力に直結してみると、値が取れることがわかりました。(不電圧が大きいと壊れるリスクあり、ダイオードやLEDを入れると安心です)


次はアンプのコントロール!夏が終わり退役したエアコンDXのリモコン基板とプログラムを流用して、アンプの電源ON/OFFボタンを採取してファイル1に保存。ファイル0に一定以上の音量を検出したらONし、一定時間しきい値を下回る場合OFFするプログラムをつくりました。IchigoSodaを使っていますが、ネット接続は不要なのでIchigoJamでOKです。


成功!

課題は、アンプの電源ON/OFFが兼用なので、状態を読み間違えるとおかしくなること。アンプの稼働状況を見るために光センサーを付けると確実にコントロールできて良さそう。 あとは邪魔にならないようにコンパクトにするか、赤外線LEDだけワイヤーで伸ばして配置すれば実用化できそうです。

ここまでの作業、普通のパソコンを一切使わず、IchigoJamだけで30分!お手軽ですね。
身近なところからDX、家で、職場で、工場で、自分でどんどん進めましょう!


IchigoJam公式Twitterアカウント、はじまりました。ぜひフォローしてみてください!

ArmになったMacBookAir、IchigoJamからステップアップ候補にもなる一番安い8GBモデルで実験。起動やブラウザの表示などいろいろと軽快!ファンレスでひざの上で使っていても熱くならないのはうれしい!

RosettaによるIntelエミュレーションがあるので動かないアプリも少なそう。IchigoJam ap、USBシリアルとCoolTermでIchigoJamとのやりとりも問題なし。JavaScriptのランタイム「Deno」もターミナルの「情報を見る」「Rosettaで開く」をチェックし起動すれば、インストール、PATHの設定で普通に使えるようになりました。

続いて、iPhoneアプリの開発実験、無料でダウンロードできるApple純正の開発環境「Xcode」をAppStoreからダウンロード。かなり大きいアプリなので、半日放置してダウンロード完了。驚いたことにアクティビティモニターで8つのCPUの内、4コアがそれなりに高負荷になっているにも関わらず発熱なしでバッテリーの減りも20%程度というのに驚く。


Mac、iPhone、iPad、Apple Watch、全部まとめて開発可能なユニバーサルアプリを試しに創ってみました。といっても、プロジェクトを新規に作成し、ラベルや数値を少しいじるだけならSwiftの深い知識は不要です。IchigoJamでテキストプログラミング言語とコンピューター英語に親しんだこども達なら、きっとすぐ慣れちゃいます。

Xcodeとエミュレーターをいくか起動して、8GBのメモリがだいたい埋まりますが、ちょっとしたアプリ開発には十分いけます。並行してたくさんブラウザを開いたり、大規模アプリの開発を考えるなら、16GBモデルが余裕あっていいかも。

キーボードの配列はDvorak。左手に母音(AOEUI)が集まっているので左右交互に打てて楽です。Dvorakの弱点とされるカ行の入力は、CをKの代わりに使うのがポイントです。(IchigoJamも実はCによるカ行入力に対応済み)

Google IMEでエクスポートしたおすすめローマ字入力のデータはこちらです。
romantable.txt
macOSでは、キーボード入力として簡単にDvorakを選んで使えます。より楽な入力に向けてチャレンジしたい人、どうぞ!


ひさびさにPCの進化を感じた、新チップ Apple M1 とIntel x86_64 のエミュレーションRosetta。 将来、更に省電力なオープンソースなコア RSIC-V への移行するとしても、スムーズにいきそう!

日本Androidの会が主催する「ABCD2020Autumn」にて、ビデオ講演「国産こどもパソコン「IchigoJam」で育てる創造的IT人材録画 on YouTube)」。その実現に向けた最重要拠点「Hana道場」が5周年を迎えました!


多くの人で賑わっていた記念イベント。どうぶつしょうぎの道場破りが人気!

どうぶつしょうぎとは、フィールドとコマ種とルールをぐっと減らしてシンプルになったかわいい将棋。IchigoJamでも再現したり、5分持ち時間を計ったりする便利グッズを創ってみよう!
3×4マスなのに奥深い・・・子どもも遊べる「どうぶつしょうぎ」の遊び方と魅力について|将棋コラム|日本将棋連盟


ひとまずコマを再現法。IchigoJam絵文字で枠線を書くための便利な図を創りました。


師範が最強と言う、ひよこが相手フィールドの一番置くに入ったときに成る、にわとりの動きとキャラを作ってみました。 まずドット絵を8x8で書いて、横8マスを4bit2つとみなして16進法化して、POKEコマンドを使えば、できあがり!


貴重な親子対決!


近所のコーヒー屋さん「エルザスコーヒー」との地元コラボ、HanaクッキーとIchigoサンド!
Hana cafe オープン。Hana道場5周年を記念してオリジナル焼き菓子販売します。 | きらきら星のつぶやき☆鯖江モデルを全国へ


プログラミング、ロボット、ものづくりに興味あるこどもや大人にオススメHana道場、お気軽にどうぞ!

links
- Hana道場
- 創造的IT人材の創る鍵、砂場

今年も熱い戦い繰り広げられた、第2回 加能ガニロボットコンテスト、ロボとヒーローインタビューです!

勝因は3点獲得できる「金の玉」のスピード確保!IchigoJamのプログラミングは自分でサクサクできるとのこと!さすが!
県外や、中学生も歓迎の福井県での大会「越前がにロボコン」への来年参加もぜひ検討してねっ!

今年、金沢で登場した技、キャリブレーション。しきい値を変数Tとして、ボタンを押している間のANA(2)の平均値を算出する参考プログラムはこちら

500 @CALIB:S=0:N=0:IF BTN()=0 RTN 510 LED1:S=S+ANA(2):N=N+1:WAIT6:IF BTN() CONT 520 LED0:T=S/N:?S,N,T:RTN

変数Sが合計(SUM)、Nがサンプリングした回数、WAIT6なので0.1秒に1回値を見て、平均値を変数Tに入れて返します。 ボタンが押されていなければ変数Tは変化しないので、プログラム内の必要な箇所に GSB@CALIB を加えておきましょう。 キャリブレーション中はLEDが光ります。


大人も手に汗握るカニロ対戦!


会場、金沢港クルーズターミナル!


今年オープンしたばかり、金沢港クルーズターミナル、2Fが会場!


ずらっと並んだ、こどもたちによるカニロボ!


それぞれ趣向凝らした手作りのロボ、親子がにがかわいい!


密を避けるサテライト会場も!


ピットにはIchigoJamプログラミング用の機材がずらり!


優勝トロフィーは誰の手に!?


こちらは予選コース。福井県こどもプログラミング協議会代表、松田さんは本線の解説員などを担当! 北陸大学の大学生も大活躍!


金沢市の公式キャラクター「さかなざわ さちこ」さん(さっちゃん)が来てくれた!


かなざわ、きてみまっし


優勝は重機の有名メーカー「コマツ」のOBコーチによるチーム!
こどもプログラミング実業団、コマツさん、越前がにロボコンへの参加もぜひどうぞ!


勝者の副賞に加能ガニ!なんと、新ブランド発表されたばかりの加能ガニ金沢、金沢香箱が!


こどもプログラミングサミット発起人、アフレルの小林さんも見学に!


大人も楽しいカニロボコン!みなさんの地域でもいかがですか?
ルールもシステムもオープンソース。どなたでもライセンスフリーで自由に開催いただけます!
福井県こどもプログラミング協議会で、ご協力もします!


来年は富山、山陰でもぜひ!
来年は富山でも開催!?地域で支える未来の力、オープンソースeスポーツ「加能ガニロボコン」 in 金沢! – about yrm


全試合、アーカイブでご覧いただけます!


今年は e-messe kanazawa と同時開催。バーチャル展示会場は12/31まで!
2018年、参加しました → 苺人間とIoT、e-messe kanazawaにてPCNこどもプログラミングトークショー


加能ガニロボットコンテストへ特別協賛するPFU社!ブースにIchigoJamアリ!


次世代育成はSDGsで要!


マイナンバーカードを読み取り、顔認証して確認するデバイス、Caora!
持っていたマイナンバーカードで実験してみました!


PFU社のバレーボールの実業団「PFUブルーキャッツ」とこどもプログラミング実業団のコラボもおもしろそう!


こどもと大人に夢を提供、電子工作マガジン&ベーマガの電波新聞社ブースも!


管理工学研究所の屋内位置測定技術「どこいっ太Air」!
企業毎の独自技術をカニロボコンへ導入しちゃうのも熱い!


なんと、株式会社ハイレゾ社による金泊サーバー!
来年の加能ガニロボコンに、金泊ロボでの参加、いかがでしょう?


JAISTではVRな展示。プログラミングで未来いろいろ創りましょう!


夜の金沢港クルーズターミナルもなかなかクール。カニロボ、電飾で飾るのもいいですね!


金沢、プログラミング、カニ!

links
- 加能ガニロボットコンテスト
- 来年は富山でも開催!?地域で支える未来の力、オープンソースeスポーツ「加能ガニロボコン」 in 金沢! – about yrm
- 越前がにロボコン

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS