コンピューターの基本、メモリを知っておこう!

メモリとは記憶(memory)のこと、人間の頭はどう記憶しているかよく分かりませんが、コンピューターは明確に0か1かで記憶します。

何を使って0か1かを記憶するか、いろんな方法が使われて来ました。磁力があるかないか、穴が空いているかどうか、電圧が高いか低いか、色が黒か白か、音が鳴っているかどうか、光っているかどうか、などなど。パンチカード、フロッピーディスク、MOなど、かつての記憶装置を調べてみるのもおもしろいです。

メモリは、一般的に記憶する速度が速いほど高くなります。なのでコンピューターは少量の速くて高いメモリと多量の遅くて安いメモリを使い分けています。その代表的なものにRAM(ラム)とHDD/SSD(ハードディスク、エスエスディー)などのストレージがあります。現在、32GB(ギガバイト)のRAMは1万円ちょっとですが、その10倍以上の容量がある500GBのHDDが3000円です。RAMが机、ストレージが本棚のイメージです。(スマホだとRAMが4GB、ストレージが128GBあたりが多いです)

コンピューターのメモリを探検してみます。IchigoJamのRAMは4KB(キロバイト)とコンパクト。4GBの約100万分の1のサイズです。4KB=4096byte=32768bit(ビット)、32768コの0か1かを高速に記憶します。現代のコンピューターはこの記憶を8コ、8bitをひとまとめとした1byte(バイト)単位で使うようにできています。1byte毎の位置を表すのがアドレスです。HELPコマンドでどのアドレスに何があるかを示す、メモリマップを表示しましょう。

HELP #000 CHAR #700 PCG #800 VAR #900 VRAM #C00 LIST

ハッシュ(#)で始まる数は16進法で表現されたアドレス(メモリ上の位置)です。IchigoJamでは#700以上のアドレスがRAMになっています。#900のVRAMとはビデオRAM、画面に表示するキャラクターコードの記憶として使っています。記憶を見るコマンドPEEKを使ってみましょう。

?PEEK(#900) 73

73が画面左上はじのキャラクターコードです。起動したばかりの時、IchigoJamの"I"が表示されているはずです。確認してみましょう。

?CHR$(73) I

逆にキャラクターコード73がどんな文字かを見ても確認できます。

?ASC("I") 73

画面にいたずらしてみましょう。記憶するコマンドPOKEを使います。

POKE#900,255

Iがイチゴに変わってしまいました。

?BIN$(PEEK(#900))

数を2進法表現にするBIN$を使うと、8bitがぜんぶ1、つまり128+64+32+16+8+4+2+1=255を意味する11111111が表示されます。

POKE#900,ASC("i")

ASCコマンドを使えば、好きな文字をかんたんに書くことができますね。

POKE#BFF,255

自動改行によってPRINT/?コマンドでは表示することができない画面右下はじも、POKEコマンドなら書けちゃいます!

なぜ#BFFなのか?ヒントは、IchigoJamの画面サイズ、幅が32、高さが24なので・・・

?32*24 768 ?HEX$(#900+768-1) BFF

#BFFの次、#C00からはプログラムが記憶される領域となるので、不用意に記憶を書き込んで壊してしまわないように注意です。いろいろ書き込んで、IchigoJamがフリーズしてしまったら、電源を入れ直しすればOKです。

IchigoJamでは1文字を1byteで表し、キャラクターコード0か34(")で終わる連続した文字を文字列としてみなしています。下記はダブルクォートをつけずに、INPUTコマンドで文字列を入力させ、その文字列を画面内あちこちにランダムに表示するプログラムになっています。

10 CLS 20 LC 0,0:INPUT A 30 COPY#800,#901,LEN(#900) 40 LC RND(32),RND(22):?STR$(#800) 50 GOTO 40


このプログラムは配列と変数を記憶している領域#800を使っているので、確認してみましょう。

?[0] 25417 ?CHR$([0]) I ?CHR$([0]>>8) c

変数1つは2byte使っています。理由は下記の通りです。
- 1byteだと0から255、または-128から127までと狭くて不自由
- 4byte使うと変数として使うRAM量が倍増し、PCGが使えず残念
- または配列と変数の数が半減し不自由
- コンピューターの限界とその限界を突破する工夫を体験してもらうため
*PCG = プログラマブル キャラクター ジェネレーター、キャラクターパターンの変更

Enjoy メモリ探検!

今年もはじまりました、クリスマスまでのおたのしみ
IchigoJam Advent Calendar 2020
2020年のIchigoJamに関する思い出など、どうぞ気軽にご参加ください!

起業家甲子園の北陸予選を兼ねた北陸のビジネスプランコンテスト「HIT2020」、今年はオンラインで開催!第2回 加能ガニロボットコンテストと同日でした。


信州大学、不破さんによる基調講演、サイバー空間の活用が鍵となるSociety 5.0社会、フィジカル空間との接点となるのがIoT。


この水位計測IoTデバイスは、長岡高専の矢野さんによる開発!IchigoJamに接続して、小学生でもやさしく楽しく学べます。


小中学生がIoTデバイスを作って、使って、フィジカル空間を計測し、オープンデータ化して、サイバー空間へと橋渡し。高校、大学生は集まったデータを様々なデータとつなぎ合わせ、AI含む、各種ツールを活用、プログラミングして解析、考察おフィジカル空間へ活かすというループ!


現状の5G搭載ドローンによる課題、200mを超えると4K映像伝送に必要な30Mbpsを下回ってしまう。高解像度をキープするために、フレームレートを落とす、エッジとしてのドローン上で自律的に判断させるなどの対処が必要。通信用に電波帯域が空けて大いに活用できる日が望まれます!
登山者見守りシステムにおける5Gの有用性の検証」(電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン B-plus


石川高専によるメガネのIoT化!


北陸職業能力開発大学校学生による、ゲートボールのIoT化!


起業家甲子園出場候補、NICT賞を獲得したのは福井工大の学生のプラン!


IchigoDyhookの開発など、こどもプログラミングにも注力する、IO-DATA、細野会長による講評、こんな時期だからこそ学生のチカラが大事!


ぜんぶIchigoJam BASIC! プログラミングでSTEAMな学びBOOK
著者は、東京都前原小学校の元校長、松田孝さん、フレーベル館より出版!


「ぜんぶ IchigoJam BASIC! のプログラミング授業体系 by MATSUDA Takashi」
小学生低学年から高学年、中学生へとつながる授業体系が、わかりやすい絵本と共に解説されています


頑丈な図書館用特別堅牢製本図書!


IchigoJamの生みの親として、参加させてもらってます!


身近な課題をプログラミングで楽しく解決。こちら「F5」でRUNするたびに、1/6の確立で勝利メッセージとピっと音を立てるプログラム。 ひとりずつドキドキしながらF5を押しましょう。


おつかれさまでした!
プログラミングに強い北陸、創りましょう!

links
- 北陸-HIT2020 | 一般社団法人テレコムサービス協会

信州アプリコンテスト0出場チームで、自作ARディスプレイを展開進行中の長岡高専チームに会いに来ました!

やる気あふれる高専生と!長岡高専の先生、矢野さんによる熱さ伝わる手描きポップがナイス!


ワクワクする、ARグラス談義!新世代のメガネは見えないものを見せるモノ!
オープンデータ活用も手の一つ。


Nagaoka Population VR
長岡市オープンデータ年齢別男女別人口世帯数をDenoで加工し、人気のVR、Oculus Quest 2 で見ると楽しい、長岡市の年齢別人口のVRグラフに。プログラムはとってもシンプル&オープンソース!(src on GitHub)

window.onload = async () => { makeText(-2.5, .3, -2.5, "age:0"); makeText(10 - 2.5, .3, -2.5, "age:100"); const url = "https://taisukef.github.io/nagaoka/csv/population.csv"; const csv = await CSV.fetch(url); const json = CSV.toJSON(csv); for (const d of json) { if (d.month != 11) continue; const ym = parseInt(d.year) - 2018; const age = parseInt(d.age); const pop = parseInt(d.male) + parseInt(d.female); const z = ym / 10 - 3; const x = age / 10 - 2.5; const y = pop / 5000; makeBox(x, y / 2, z, .05, y, .05); makeText(-2.8, .8, z, d.year); } };

長岡の小中学生も一緒に考える長岡の未来。 IchigoJamからも使えるテキストバージョンも作ってみました。

無線LAN拡張、MixJuiceを使うか、IchigoJam webで、I/OパネルからMixJuiceチェックして、下記プログラムで、2020年11月時点の長岡市の人口を知ることできますよ!

10 ?"Chcek the Nagaoka Population!" 20 INPUT "age?",A 30 ?"MJ GETS taisukef.github.io/nagaoka/txt/pop/";A;".txt" 40 INPUT N 50 ?"Population of ";A;" age is ";N

改行付きのテキストファイルをGitHub PagesでおいておくだけでOK!(15.txt - 15才長岡市人口の例)
参考「じぶんのウェブサイトをつくろう! 13才以上なら誰でも無料で持てるホームページ&HTMLとCSSはじめのいっぽ


卒検でIchigoJamを使った教材を開発研究中という5年生のリケおんなさん、PCN長岡やっちゃう!?
PCN プログラミング クラブ ネットワーク

失敗するほど糧になる。
コロナで一気に縮まった世界、チャレンジしたもの勝ち!


新潟での若者応援イベントに向けて打ち合わせ!駅内のカフェ&バー、TABIBARがいい感じ!
こどもから大人まで、要は地域のみんながコンピューターに強くなればいいんです。
鯖江市地域活性化プランコンテストや、Hana道場ネパールのこどもたちへプログラミング活動など、楽しい活動、伝えたい!


新潟県民にはおなじみ、この場所、新潟駅直結PLAKA2内


長岡高専出身、渋谷さん創業のフラー株式会社、本社を地元新潟へ移転!ちょうどたまたまオープン日!おめでとう!

もうひとつめでたいニュース。福井高専の先輩で、jig.jpの前前社の共同創業者の大蔵さんが神山まるごと高専の校長候補に! 地域に高専がある良さ、広めよう!
ZOZO元CTOが2023年開校の「新設高専」の学校長に就任…Sansan創業者が発起人、異色の経緯で進む「神山まるごと高専」 | Business Insider Japan

家のテレビを更新、スマホアプリで操作できるようになって便利!
ただ、アンプが連動しないので結局リモコンを使う必要があって残念・・・。

そこで、DX(デジタルトランスフォーメーション)!
テレビが点いたことをどうにか検出して、アンプをONする信号を赤外線LEDで送信すればいいだけです。


テレビ付属USBが電源と連動してくれていれば楽ですが、常に5VがでているのでNG。その隣にイヤホンジャック。使えるかも!?


行儀が悪いですが、ひとまずIchigoJamのアナログ入力に直結してみると、値が取れることがわかりました。(不電圧が大きいと壊れるリスクあり、ダイオードやLEDを入れると安心です)


次はアンプのコントロール!夏が終わり退役したエアコンDXのリモコン基板とプログラムを流用して、アンプの電源ON/OFFボタンを採取してファイル1に保存。ファイル0に一定以上の音量を検出したらONし、一定時間しきい値を下回る場合OFFするプログラムをつくりました。IchigoSodaを使っていますが、ネット接続は不要なのでIchigoJamでOKです。


成功!

課題は、アンプの電源ON/OFFが兼用なので、状態を読み間違えるとおかしくなること。アンプの稼働状況を見るために光センサーを付けると確実にコントロールできて良さそう。 あとは邪魔にならないようにコンパクトにするか、赤外線LEDだけワイヤーで伸ばして配置すれば実用化できそうです。

ここまでの作業、普通のパソコンを一切使わず、IchigoJamだけで30分!お手軽ですね。
身近なところからDX、家で、職場で、工場で、自分でどんどん進めましょう!


IchigoJam公式Twitterアカウント、はじまりました。ぜひフォローしてみてください!

日本Androidの会が主催する「ABCD2020Autumn」にて、ビデオ講演「国産こどもパソコン「IchigoJam」で育てる創造的IT人材録画 on YouTube)」。その実現に向けた最重要拠点「Hana道場」が5周年を迎えました!


多くの人で賑わっていた記念イベント。どうぶつしょうぎの道場破りが人気!

どうぶつしょうぎとは、フィールドとコマ種とルールをぐっと減らしてシンプルになったかわいい将棋。IchigoJamでも再現したり、5分持ち時間を計ったりする便利グッズを創ってみよう!
3×4マスなのに奥深い・・・子どもも遊べる「どうぶつしょうぎ」の遊び方と魅力について|将棋コラム|日本将棋連盟


ひとまずコマを再現法。IchigoJam絵文字で枠線を書くための便利な図を創りました。


師範が最強と言う、ひよこが相手フィールドの一番置くに入ったときに成る、にわとりの動きとキャラを作ってみました。 まずドット絵を8x8で書いて、横8マスを4bit2つとみなして16進数化して、POKEコマンドを使えば、できあがり!


貴重な親子対決!


近所のコーヒー屋さん「エルザスコーヒー」との地元コラボ、HanaクッキーとIchigoサンド!
Hana cafe オープン。Hana道場5周年を記念してオリジナル焼き菓子販売します。 | きらきら星のつぶやき☆鯖江モデルを全国へ


プログラミング、ロボット、ものづくりに興味あるこどもや大人にオススメHana道場、お気軽にどうぞ!

links
- Hana道場
- 創造的IT人材の創る鍵、砂場

今年も熱い戦い繰り広げられた、第2回 加能ガニロボットコンテスト、ロボとヒーローインタビューです!

勝因は3点獲得できる「金の玉」のスピード確保!IchigoJamのプログラミングは自分でサクサクできるとのこと!さすが!
県外や、中学生も歓迎の福井県での大会「越前がにロボコン」への来年参加もぜひ検討してねっ!

今年、金沢で登場した技、キャリブレーション。しきい値を変数Tとして、ボタンを押している間のANA(2)の平均値を算出する参考プログラムはこちら

500 @CALIB:S=0:N=0:IF BTN()=0 RTN 510 LED1:S=S+ANA(2):N=N+1:WAIT6:IF BTN() CONT 520 LED0:T=S/N:?S,N,T:RTN

変数Sが合計(SUM)、Nがサンプリングした回数、WAIT6なので0.1秒に1回値を見て、平均値を変数Tに入れて返します。 ボタンが押されていなければ変数Tは変化しないので、プログラム内の必要な箇所に GSB@CALIB を加えておきましょう。 キャリブレーション中はLEDが光ります。


大人も手に汗握るカニロ対戦!


会場、金沢港クルーズターミナル!


今年オープンしたばかり、金沢港クルーズターミナル、2Fが会場!


ずらっと並んだ、こどもたちによるカニロボ!


それぞれ趣向凝らした手作りのロボ、親子がにがかわいい!


密を避けるサテライト会場も!


ピットにはIchigoJamプログラミング用の機材がずらり!


優勝トロフィーは誰の手に!?


こちらは予選コース。福井県こどもプログラミング協議会代表、松田さんは本線の解説員などを担当! 北陸大学の大学生も大活躍!


金沢市の公式キャラクター「さかなざわ さちこ」さん(さっちゃん)が来てくれた!


かなざわ、きてみまっし


優勝は重機の有名メーカー「コマツ」のOBコーチによるチーム!
こどもプログラミング実業団、コマツさん、越前がにロボコンへの参加もぜひどうぞ!


勝者の副賞に加能ガニ!なんと、新ブランド発表されたばかりの加能ガニ金沢、金沢香箱が!


こどもプログラミングサミット発起人、アフレルの小林さんも見学に!


大人も楽しいカニロボコン!みなさんの地域でもいかがですか?
ルールもシステムもオープンソース。どなたでもライセンスフリーで自由に開催いただけます!
福井県こどもプログラミング協議会で、ご協力もします!


来年は富山、山陰でもぜひ!
来年は富山でも開催!?地域で支える未来の力、オープンソースeスポーツ「加能ガニロボコン」 in 金沢! – about yrm


全試合、アーカイブでご覧いただけます!


今年は e-messe kanazawa と同時開催。バーチャル展示会場は12/31まで!
2018年、参加しました → 苺人間とIoT、e-messe kanazawaにてPCNこどもプログラミングトークショー


加能ガニロボットコンテストへ特別協賛するPFU社!ブースにIchigoJamアリ!


次世代育成はSDGsで要!


マイナンバーカードを読み取り、顔認証して確認するデバイス、Caora!
持っていたマイナンバーカードで実験してみました!


PFU社のバレーボールの実業団「PFUブルーキャッツ」とこどもプログラミング実業団のコラボもおもしろそう!


こどもと大人に夢を提供、電子工作マガジン&ベーマガの電波新聞社ブースも!


管理工学研究所の屋内位置測定技術「どこいっ太Air」!
企業毎の独自技術をカニロボコンへ導入しちゃうのも熱い!


なんと、株式会社ハイレゾ社による金泊サーバー!
来年の加能ガニロボコンに、金泊ロボでの参加、いかがでしょう?


JAISTではVRな展示。プログラミングで未来いろいろ創りましょう!


夜の金沢港クルーズターミナルもなかなかクール。カニロボ、電飾で飾るのもいいですね!


金沢、プログラミング、カニ!

links
- 加能ガニロボットコンテスト
- 来年は富山でも開催!?地域で支える未来の力、オープンソースeスポーツ「加能ガニロボコン」 in 金沢! – about yrm
- 越前がにロボコン

第6回、信州未来アプリコンテスト0で感動した長岡高専生が開発したメガネ装着型ウェアラブルディスプレイを入手!早速、IchigoJamと接続してまずはシンプルに3分タイマーを作ってみました。(前作

浮かび上がって見える文字!
ウェアラブルディスプレイを自分で作っちゃうという発想と行動力、さすが高専生!


かけるとこんな感じ!


開けると見慣れた0.96インチOLED!


このディスプレイ、IchigoJamのCN5端子に直結で実験できます。以前のプログラムを参考に、3分タイマーをプログラミング!

10 @ARUN:GOTO@START 100 @INIT:POKE#700,0,141,20,32,0,175:U=I2CW(60,#700,6) 101 LET[0],#B5F0,#2307,#021B,#18C9,#2308,#4358,#1812,#2500,#2701,#2600,#2407,#2000,#5D93,#40EB,#403B,#40A3,#18C0,#3C01,#3601,#2E08,#D1F6,#5548,#3501,#2D08,#D1EF,#BDF0:RTN 110 @LC:POKE#700,0,33,Y*8,127,34,7-X,7:U=I2CW(60,#700,7):RTN 120 @PUTC:COPY#700,C*8,8:U=I2CW(60,#40,#700,8):RTN 130 @CLS:X=7:Y=0:GSB@LC:C=0:FORI=0TO127:GSB@PUTC:NEXT:RTN 150 @LPUTC:U=USR(#800,C):U=I2CW(60,64,#700,8):RTN 160 @PUTS:A=15-X:B=Y:FORI=0TOLEN(S)-1:X=B:Y=A-I:GSB@LC:C=ASC(S+I):GSB@LPUTC:NEXT:RTN 200 @START:GSB@INIT:GSB@CLS 210 CLT 220 W=180-TICK()/60:IF W<0 W=0 230 CLS:?W/60;":";DEC$(W%60+100,2) 240 X=(16-4)/2:Y=3:S=#900:GSB@PUTS 250 IF BTN() GOTO210 260 WAIT10:GOTO220

10行、自動起動とプログラムのメインへジャンプ
100-160行、OLED制御用のプログラム(参考、OLEDでサブディスプレイ
200-260行、3分タイマーをOLEDに表示するプログラム(ボタンが押されたらリセット)


ジャンパーワイヤーで接続して、ウェアラブルディスプレイのIchigoJam駆動、実験成功です!


OLED、3Dプリンターで作った筐体、鏡、投影するアクリル板を合わせて23g。I2Cで使用する4本の線を細い線材で接続すれば、ほぼこの重量のまま使用もできそう。鯖江発のウェアラブルデバイスとメガネをつなぐ規格、neoplug版も作ってみたい。


「Let's Start Programming IchigoJam」
元福井高専教授、蘆田さん著作、ict4e製作の英語版IchigoJam教科書、完成!

IchigoJam BASICから始めるオリジナルデバイスづくり!
Hana道場で、大人もこどもも学べます。

2011年に大野東高等学校と勝山南高等学校を統合し開校した、福井県立奥越明成高校にて起業家講演!

未来づくり入門(PDF)」(slide on GitHub)
なんと高校生による起業を考える、令和2年度高校生起業家支援プロジェクトの一環でお呼びいただきました。


遂に発表された、非Intel、Arm版MacBook Air、驚きの計算回数11超回オーバー!
コンピューターが持つ、驚異の計算力、何に使う!?


高速に回そう、創造、発表、学習のループ!


創造のコツは、目指すゴールをもって(高い理想)、自分でやること(低い期待)
いろんなテーマがありますよ!例えば・・・


行政DX(デジタルトランスフォーメーション)を勝手に進める会 by Code for Sabae!


高校生監督による小中学生、越前がにロボコンチームを大野・勝山からつくってみる?(2020年レポート


プログラミングで戦うボードゲーム「囲みマス」やってみる?


高校生のためのサイバーセキュリティ入門&コンテスト「CyberSakura」への来年度参加者募集中!


栃木県の高校生は、IchigoJamの互換機、SkyBerryJAMを開発、販売しながら、地元の小学生にプログラミングを伝えている!(IchigoJamを利用したプログラミング教育


いつからだって学べるのが人間!鯖江のこどもから大人までがITを学ぶ場、Hana道場。勝山にも、PCN勝山あり!

例、センサーがクマを検知したら、ガオーという音がなる装置を起動するプログラム

10 IF ANA(2)<400 GOTO 10 20 OUT 1:WAIT 180: OUT 0 30 GOTO 10

はじめのいっぽは、とっても簡単!まずはやってみましょう!


好奇心→熱意→行動→成果
はじまりはちょっとした好奇心。
貯まった熱意を行動に変えると出てくる結果。
失敗も成功も自分と社会の成長への大きな成果!


高校生の皆さん、鋭い質問、ありがとう!
チャレンジのカタチはひとそれぞれ!一歩踏み出す後押しになれたとしたら最高です!


福井県立奥越明成高等学校、ぜひまたコラボレーションできる機会を楽しみにしています!

links
- 未来づくり入門(PDF)

小学校はどこまで自由になれるのか?
福井県勝山市にある私立の学校「かつやま子どもの村小・中学校」の見学デーに参加しました。

ものづくりに、全学年ごちゃまぜ縦割りクラスで取り組むプロジェクトの時間が、なんと半分という衝撃の時間割。来世で入りたい!


恐竜のまち勝山市、恐竜博物館を抜け、車で10分。


やってきました、かつやま子どもの村!
ほとんどの子が寮生活、月曜日に登校し金曜日に帰るスタイルを小学1年生から続けます。
宿題なしで、こども同士で思いっきり遊べます。修学旅行含む、いろんな催しは自分たちで企画してつくるので、放課後もいろいろ充実していそう。


理科の時間。カセットコンロでニクロム線を熱して、


ミョウバンの結晶に刺す!やっぱり、理科は実験が醍醐味。
100の座学より、1の実験。
聞いたことが絶対だという教え方で、情報リテラシーが育つ訳ありません。

気になるのは進路。中学3年生になるとそれぞれ自分の行きたい道を考え、決めて、そこに行くために必要なことを自主的にするという、理想のスタイル。 1学年10名ですが、高専への進学を決める生徒も少なくないのも納得です。


学校内、至るところに工作の道具や部品があってわくわくします!
休み時間、廊下で出会った小学生との交流、プログラミングや電子工作をやってみたいと興味津津。


刺激されて自宅で工作!
フルカラーLED、WS2812BをIchigoJamにつなぐパーツをニッパー、ワイヤーストリッパー、熱収縮チューブ、はんだごてで作成。


フルカラーLEDで飾りましょう!


WS.LEDコマンドは、配列に3つセットで入った0-255の光量を二番目の回数繰り返します。

10 FOR I=0 TO 8:[I]=RND(30):NEXT 20 WS.LED 3,17 30 WAIT 30 40 GOTO 10

三色をランダムに色を決めて17回リピートして50コのLEDを点灯させ、0.5秒たったら違う色!
センサーに反応させたり、時間帯によって光らせ方を変えたり、プログラム次第で自由自在です。

LET[0],30,0,0:WS.LED1

1つ点灯するだけなら、たったこれだけ、数値3つでR,G,B(またはG,R,B)を指定します。


棒状にしたものにつなぎかえて


振ってみるときれいでした!
手作りの構造物、コンピューターのチカラでもっと楽しくなりますよ!


かつやま子どもの村小学校、かつやま子どもの村中学校のみなさん、ステキな体験ありがとうございました! また来ます!

links
- 学校法人きのくに子どもの村学園

初のオンライン開催となった、信州アプリコンテスト02015年の初回から数えて、6回目の開催。

Zoomで集まり、YouTubeライブでも配信されました「信州アプリコンテスト0」

119件の応募から決勝プレゼンに進出した、15才以下部門のU15部門、U18部門、U29部門。全17プランのレビューです。
テーマは「今こそ!人にチカラを与えるアプリ」

U15 水谷俊介 Birds AI ぴーちゃん

自転車の事故をなくすために、危険状を察知するチカラを与えるプラス!


安全のため画面を使わないバージョンもいいかも

U15 チームひまわり みんなを守るもの

コロナによってパソコンを使うことが多くなった人々の視力低下を防ぐチカラを与える!


画像処理を使って近づき過ぎをかわいく警告してくれる!おまけに視力測定機能も!
SDGsにまで触れるプレゼンがすごい、Pythonを使った実用化をぜひ

U15 関塚昊世 自動消毒マシーン

人間には困難(危険)なことを、ICTの力でかいけつできる!


自動消毒マシーン!石鹸がでる機能があると水がほしくなったりいろいろ増えてしまうので、思い切って絞り込むのも手です。

U15 石橋薫 母ちゃんに怒られない

近づく母親の足音への着目し、感情を推測する目の付け所がいい!無線マイクも使ってみるといいかも?

U15 コロナ対策委員会Sahara支部 元気を届けるコロナ対策ロボ

元気を届けるっていいね!ドローンで届けるのもおもしろかも?

U15 チームBF うちであそぼう!

コロナでつらい思いをしている人へチカラを与える!


心がこもったステキなデータベースと動画でした!オープンデータ化して多くの人にみてもらおう!

U15 水留駿 ソーシャルディスタンス確認アプリ

小3からSwiftスゴイ!ARの楽しさ、たくさんの人にみてもらおう

U15 TEAM Albireo Farm++

食料自給率を家庭菜園でどこまであげられるかチャレンジしたい

U18 ほぐろ二世 多言語音声翻訳アプリ ホンヤクン

テキスト化するとデータ量が少なくてみんな公平になれるのがよさそう
言語の壁なくそう「多言語音声翻訳コンテスト」で申請すると利用可能な「多言語音声翻訳API」使用とのこと

U18 長岡高専プレラボチーム chARacter診断

自作の格安ウェアラブルディスプレイは熱い!鯖江のneoplugとコラボぜひ


3DプリンターとOLEDで手軽に作れちゃう!


受賞時のインタビュー!高専生の活躍、嬉しい!

U29 骨ゴリラ とっとこKEN温太郎

楽しく向かってる温度計がかわいい!M5Stickと組み合わせで単体化?

U29 藤井義織 オンライン授業のための出席確認bot

面倒な授業での出席確認、動画コミュニケーションもbotでもっともっと拡張したいですねっ

U15 齋藤之理 GRAVITY TRAVEL

創りたいを形にできるっていいですよね!がんがんつくろう!


博物館でみて調べた数式を元にほぼ自力で実装!

U29 Cyan 内観習慣

運営も見えないセキュリティーを研究してみるのもいいかも

U29 kbyOnline Sixth Sensor

友達の変化を察知できるとうれしいかも

U29 佐伯幸平 ベジコミュ

長野高専OB、農業 x IT → 育ててつながる生産者と消費者のコミュニティ


大事な食の安全、楽しくリアルに応援できたら楽しそう


起業家万博への挑戦権、NICT賞!

U29 dumbo pabit

通知を使ったリマインドも効果ありそう



記念撮影、みなさま、おつかれさまでした!
小学生から社会人まで、いろんな視点で見えてくる課題と解決への切り口。
創って解決するチカラ、どんどん磨いていきましょう!
コンテスト結果 | 信州未来アプリコンテスト0(ZERO)

小中学生のみなさん、更に改善して、PCNこどもプロコンにもぜひチャレンジしてくださいっ

PCNこどもプロコン2021

世界を広げてくれるAPI、言語の壁を超えるNICTの「多言語音声翻訳コンテスト」をMacで使ってみました。 利用申請すると届く、アプリケーションIDとアプリケーションシークレットをセットして、アクセストークンをまず取得。

$ curl --request POST \ --url https://auth.mimi.fd.ai/v2/token \ --data grant_type="https://auth.mimi.fd.ai/grant_type/application_credentials" \ --data client_id="アプリケーションID" \ --data client_secret="アプリケーションシークレット" \ --data scope="https://apis.mimi.fd.ai/auth/nict-tts/http-api-service;https://apis.mimi.fd.ai/auth/nict-tra/http-api-service;https://apis.mimi.fd.ai/auth/nict-asr/http-api-service;https://apis.mimi.fd.ai/auth/nict-asr/websocket-api-service;https://apis.mimi.fd.ai/auth/applications.r" {"operationId": "e7aab18186c241499e4ea66d2440b498", "startTimestamp": 1604457063, "selfLink": "https://auth.mimi.fd.ai/v2/operations/e7aab18186c241499e4ea66d2440b498", "progress": 100, "code": 200, "kind": "auth#operation#accesstoken", "endTimestamp": 1604457063, "status": "success", "error": "", "targetLink": "", "accessToken": "アクセストークン", "expires_in": 3600}

続いて、受け取ったアクセストークンを使って、APIアクセス。日本語のこんにちはを音声ファイルにしてみます。

$ curl --request POST \ --url https://sandbox-ss.mimi.fd.ai/speech_synthesis \ --header 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded' \ --header "Authorization: Bearer アクセストークン" \ --data 'text=こんにちは' \ --data engine=nict \ --data lang=ja \ --output test.wav $ open test.wav

こんにちは!

この調子で、音声認識、機械翻訳といろいろ使って、新しい何か創っていけますね!
音声合成だけならMac標準のsayコマンドだけでもいけます!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS