create every day - 福野泰介の一日一創

IchigoJam x WiFi / ESP-WROOM-02シールドプリント基板で図書館空席センサー「sabota」再開!

2016/03/16 23:55:00
#pcb #IchigoJam 

プリント基板を発注し、間違いに気が付き再発注したもの、届きました!
左:WiFiシールド for IchigoJam (Elecrow)、右:7セグLEDシールド for IchigoJam (FusionPCB)


今回は白と青を注文、注文数10に対して、11コと12コ、ちょっとおまけがうれしい!
ただ、これにも間違いがあることが分かっています。(上記データは修正済み)
右上、WiFiモジュール(ESP-WROOM-02)の右上から2番目へ伸びた線は、左上から6番目と間違い。パターンをカッターでカットして、一番右の抵抗の上端を左上から6番目へとつなぎます(WiFiモジュールの金属ケースはGNDなので触れないように注意)


鯖江市図書館、文化の館


入り口にはオススメ本と、カーリルの館内ナビアプリ「さばとマップ」のポスター!

空いていた一人座席で早速実験、稼働は成功!ひとまず、1台を動かしてきました。
つくえなう - sabota
量産して、一気に全座席に設置予定です。

こちらが動かしたIchigoJam BASICによる通信プログラム

100 'WIFI-UP 110 VIDEO 0 120 D=(id) 130 X="(ssid)":Y="(pass)" 140 H="(host)":P=(port) 150 OUT5,0:W=0 160 B=0 170 FOR L=1 TO 1 180 CLT:A=ANA(2):?A 190 IF ABS(A-B)>100 LED1:GOSUB @WIFISENDA:B=A:LED0 200 WAIT 3*60,0 210 L=0:NEXT 220 @WIFISENDA 230 GOSUB @WIFIWAIT 240 UART 3,0 250 ?"AT+CIPMODE=1":WAIT 60*2 260 ?"AT+CIPSTART=";CHR$(34);"TCP";CHR$(34);",";CHR$(34);STR$(H);CHR$(34);",";P:WAIT 60*1 270 ?"AT+CIPSEND":WAIT 60*1 280 ?D;" ";A:WAIT60*1 290 OUT 5,0:UART 2 300 RETURN 310 @WIFIWAIT 320 OUT5,1:OUT6,0:WAIT1:OUT6,1 330 IF !W GOSUB@WIFIINIT:W=1 340 C="WIFI GOT IP":GOSUB @WAITC:RETURN 350 @WIFIINIT 360 C="ready":GOSUB@WAITC 370 ?"AT+CWMODE=3":WAIT 20 380 ?"AT+CWJAP=";CHR$(34);STR$(X);CHR$(34);",";CHR$(34);STR$(Y);CHR$(34):WAIT 20 390 RETURN 400 @WAITC 410 UART 0,2 420 FOR F=0 TO 1 430 CLS:INPUT S 440 F=1:FORI=0TOLEN(C)-1:F=F*(SCR(I+1,0)=PEEK(C+I)):NEXT 450 NEXT:UART3,0:RETURN

for IchigoJam ver 1.2β12(ラベル、文字列、休止状態使用)
120-140行の、ID、SSID、PASSWORD、通信先のhost/port を設定して使ってください。
OUT5でENピン、OUT6でRESETピンを制御しているのもポイントです。

こちら各変数の使い方です。

D WiFi送信用センサーID X WiFi SSID Y WiFi password H WiFi送信先IPアドレス nnn.nnn.nnn.nnn P WiFi送信先ポート番号 L メインループ A センサー検出値 B 前回のセンサー検出値(差が20以上あれば送信) C WiFi準備確認用 S WiFi準備確認用ダミー F WiFi準備確認ループ I WiFi準備文字列チェック用 W 初期化フラグ

楽しく明るい未来の道具、IoT(インターネット・オブ・シングス)で遊んじゃおう!


今回はElecrowと比べて時間のかかった、FusionPCBで注文した基板も到着(10コちょうど!)
ただこちらも失敗していて、見てわかる通りパターンが交差しちゃってます。


真ん中横棒と右下につなぐ線が交差しているため、まとめて光っちゃう、失敗作。
でも、どちらかのパターンをカットして、抵抗の切れ端などで接続すれば使えます!
また、7セグLEDは、アノードコモンじゃなくて、カソードコモンを付ける必要ありです!
武蔵野電波のブレッドボーダーズ

プリント基板発注、できあがりまでの待ち時間がやはりネックですが、失敗すればするほどは着実に経験値がためられます。 ぜひ オリジナルシールド for IchigoJam づくりなど、挑戦してみてください!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image