福野泰介の一日一創 - create every day

IchigoJam Cafe やりましょう! ラズパイカフェ好調! 教材は定期配信、あっちむいてほい - IchigoJamプリント

2017/12/27
#IchigoJam #KidsIT 

こどもプログラミングは世界的ムーブメント!
イギリスで学校内でコンピューターを学ぶ「ラズパイカフェ」を1500万円かけ、5箇所増!
英「Raspberry Pi」カフェが好調、5店舗を増設へ - CNET Japan

イギリスの11才〜16才が通う中等教育「Broadoak School」に、クラウドホスティング会社UKFastの支援で2015年10月オープン!
Raspberry Pi cafe grand opening - Broadoak School

学校内のコンピューターコーナーとは、いいアイデア!
鯖江市では2014年からIchigoJamでプログラミングクラブがスタートして、もう3年目。
小学6年生にもなると約半数がプログラミング体験しているまでになっている。
遊具のように、自由な環境をつくることで、学年や組を超えた教え合い、学び合いが起きそう!

IchigoJam Cafe やりましょう!

必要機材、コスト1セット8,000円
- IchigoJamセット(本体、電源、モニター、キーボード) 約6,000円
- 教材(電子工作マガジン(季刊誌)、IchigoJamプリントなどフリー教材) 約2,000円

生徒の数に応じて、3〜5セット置いて様子みるくらいなら、1学校あたり約3万円でスタートできる!
5校で15万円、ラズパイカフェのコスト1/100!

定期的に印刷してあげてほしい、IchigoJamプリントを1枚追加しました!

"あっちむいてほい - IchigoJamプリント" (PDF)

ノートをおいておいて、子供たちがつくったプログラムなどをどんどんメモしてもらって、時々学校を越えて共有してあげられるとおもしろそう!
sakura.ioをつないで直接ネットワークへアップロードや、ダウンロードも熱い!
IchigoDake を生徒に配布して、IchigoIgai を置いておくのもあり!
生徒の興味に合わせて、ロボットや、電子工作セット(LED、センサー、サーボモーターなど)を揃えてあげると盛り上がる!

夢ひろがる、IchigoJam Cafe!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image