福野泰介の一日一創 - create every day

こどもに力を、SaaSで作る「気」を送るIoT! 超教育協会 x CSAJプログラミング教育委員会

2018/09/28
#opendata #python #IchigoJam #kosen 

舞鶴高専出身、さくらインターネット田中さんが委員長を務める、CSAJプログラミング教育委員会に初参加、総務省提唱の地域ICTクラブと採択地域の一例として、福井県こどもプログラミング協議会などを情報提供。

いかに次世代を創るか、企業も行政も、国を含む地域を超えて人類共通の課題。MSX世代だったり、BASICからマシン語へと燃えたあの時も共有できてうれしい。(Armマシン語入門 with IchigoJam


こどもの創造と表現の場を2002年から提供し続ける、NPO法人CANVASの理事長で、超教育協会の幹事、石戸奈々子さん with 光るイチゴ帽子

便利なSaaSがあふれる現代、パソコンさえあれば、サーバーの契約など面倒なことをしなくても、オープンデータの公開、解析、人工知能活用までこどもであっても一直線。 ガンガン小中学生が楽しいエンジニアリングの世界の第一線に来れる環境づくりを目指したい。


KI of taisuke fukuno - Ambient」気分によって送信される福野泰介の「気」の値、オープンデータ

BASICでIoT、IchigoJam x sakura.io や、無線LAN MixJuiceを使ったこども簡単IoT。 サーバーがないこども視点で使えるサービス「Ambient」を使ってみました。

メールアドレスがあれば、無料登録でき、チャンネルをとりあえず生成。チャネルIDと書き込み用のライトキーと値を Python で書いたプログラム sendambient.py で送れば、即折れ線グラフ化してくれました。(参考、AmbientDataInc/ambient-python-lib - GitHub

import http.client import json import sys domain = "ambidata.io"; record = { "writeKey": sys.argv[2], "d1": sys.argv[3] } requestJson = json.dumps(record) headers = { "Content-Type": "application/json" } connect = http.client.HTTPConnection(domain) connect.request("POST", "/api/v2/channels/" + sys.argv[1] + "/data", requestJson, headers) response = connect.getresponse() print(response)

呼び出しコマンドはこちら([writekey]は一応秘密、だけど非SSL)

python sendambient.py 6728 [writekey] 15

送ったデータの読み出しは、単純にwebアクセスで JSON で取得ok!
http://ambidata.io/api/v2/channels/6728/data
(callbackパラメータを指定できるとwebアプリで簡単に使えてうれしいところ!)

IchigoJam x MixJuice を使ったサンプルの丁寧な解説もあります!
IchigoJam + MixJuiceで製作するIoTセンサ – Ambient

いろんなサービスとの連携、開発、提案、紹介していきたいと思います!

教育は最大の投資なり

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像