create every day - 福野泰介の一日一創

Java言語を使ってSSLアクセスで失敗した時の対処方法

2013/07/14 23:55:00
#opendata 

オープンデータを使ってアプリを作る際、アクセスするデバイス側(クライアント)だけを使って創る場合もあれば、サーバー(最近はクラウドとも言われたりする)を使って創る場合もあります。サーバーを使うと、事前に多量の処理をやっておくことができるので、実現できるアプリの幅が広がります。

私はサーバー側のプログラム作成の言語にはJava言語を使っています。Javaが正式に登場したJDK1.0.2のクラス構造の美しさに感動した頃からのユーザーで、使い慣れているのと、ランタイム(Java言語でつくったものを動かすためのプログラム)もサポートされ続けているのが理由です。

今回、Java言語を使って、SSLで接続しようとした歳、下記のようなエラーメッセージが出てアクセスできない場合の対処方法の紹介します。

javax.net.ssl.SSLHandshakeException: sun.security.validator.ValidatorException: PKIX path building failed: sun.security.provider.certpath. SunCertPathBuilderException: unable to find valid certification path to requested target

見つかった、解決方法は2つ。
1. SSLアクセス用のキーを追加登録する(1)
2. SSLアクセス用のキーの認証手続きをスキップさせる(2)

1をいろいろと試してうまくいかず、2の方法で今回は対応させました。使っている人が多い言語は、解決策も検索するとなんとかなるのが助かります。

福井のお盆、8/17には日本Javaユーザー会の幹事、寺田佳央さんが来福されるので、これを機にサーバー側のプログラミングの幅を広げてみるのはいかがでしょう?
【参加無料】 Fukui Tech Cafe (同時開催)JAWS-UG 福井支部 勉強会 | 集客ならイベントアテンド

1. 「javaでSSL接続をすると、PKI PATHの構築に失敗となる | メランジ雑記帳
2. 「Java/SSL接続で証明書の正当性チェックを無視する - たむちょんの脳内図鑑

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image