福野泰介の一日一創 - create every day

福井県庁職員向けIoTプログラミング講習会、世界初のIchigoSodaワークショップでの気づきと対策

2018/05/08
#IchigoJam #IoT #fukui 

今月さくらインターネットから登場したIchigoJam互換機、IchigoSodaを使った初ワークショップ。
裏面にsakura.ioモジュールがそのまま接続できる、ソーダ色のIchigoJam。 発売直後なので、世界初!

都道府県で唯一、県内市町全域オープンデータ化達成し、地方版IoT推進ラボをすすめるなど、IT活用に積極的な福井県。県庁職員向け研修として、IchigoSodaを使ったはじめてのIoT講習を実施。


実習内容
1. コンピューターとは(秒間処理回数)
2. LED制御(LED1, LED0, WAIT60, 別途LEDを差し込みOUT1)
3. 繰り返し(GOTO)
4. 接触センサーづくり(ジャンパー線と、IN(1))
5. IoTのTをつくる(ボタン押しながら電源ON!)
6. 集中力測定プログラム(かわくだりゲーム)
7. sakura.ioを使ってIoT化(Tからネットへ、sakura.ioで送信)
8. ロボ、しゃべるIoTデモ


LEDをつないで光らせる、ジャンパー線を2本つないで接触センサーづくり


PCN代表、タミヤのカムロボを使ったタミヤロボットスクールの運営もやっているナチュラルスタイル社長、松田さんによるライブコーディングデモ、sakura.ioは発信だけでなく受信もOK。1万回通信して月65円!
しゃべるIoTや、ロボット制御、応用範囲は無限大!

気づきと対策
IchigoSodaでのLED1の感動が薄い
(すでに2灯点灯していて、表面実装版LEDのため小さく、他LEDと色が同じで変化に気が付きにくい)
→ 別途LEDを用意して、最初に差し込み、OUT1/OUT0命令を使う

電源容量が不足して接続が確立しない
(小型のACアダプターを分岐しミニモニターと合わせて駆動すると不足、1回点滅にならない)
→ 2Aの大型USB ACアダプターを使用。または、小型ACアダプター単体で使用(これでもぎりぎり?)

sakura.ioモジュールが裏面にあってIDの確認がしづらい
→ IDを表からも分かるような工夫をするか、最初にメモしてもらう。モジュールも両面テープで固定してしまった方が安心。

集中力データで競い合いがわかりづらい
→ プロジェクターで受信データでランキング表示プログラムを作成(次回ワークショップでお披露目!)

ライブコーディングしている様子ががわかりづらい
→ 講師席にビデオケーブルを用意しておき、プロジェクターに接続できるように準備する

講習時間、1時間はぎりぎり
→ 1時間半あるとちょうどいい(準備、片付けに30分ずつ含め、2時間半)

IoTづくりの実体験は好評!
→ IoTワークショップ機材一式貸出を検討(30セット、ダンボール2箱)


作った集中力の測定プログラムを楽しくテスト中

集中力測定IoTのプログラム(かわくだりゲームのIoTエディション)

10 CLS:X=16:CLT 20 LC X,5:?"O" 30 LC RND(32),23:?"*" 35 WAIT3 36 X=X+1-IN(1)*2 37 X=X&31 38 IF SCR(X,5) GOTO100 40 GOTO20 100 N=TICK():?N 800 LET[0],2593,19457,N,0,0,0,N>>8^N^102:U=I2CR(79,#800,13,#820,3) 810 IF BTN()=0 CONT ELSE RUN

20行 左ALT押しながらCで主人公をネコ化できる
36行 IN1につないだジャンパー線を触れさせると右へいく
800行 ゲームオーバー時にスコアを送信
810行 IchigoJam本体のボタンを押してリスタート
*1 SAVE0しておくと、キーボードを外して単体動作する(起動1分で送信可能となる)
*2 IN1にボタンをつけたり、センサーをつなげることで操作方法を改造可能

links
- sakura.io 省電力新ファームウェアv1.4、IchigoSodaで待機電力0.1W!
- BASICでIoT「IchigoSoda」さくらインターネットからまもなく登場 - IchigoJam for sakura.io

福井県花粉オープンデータで12年分の花粉量まとめ、花粉予想プログラムで勝負!?

2018/04/27
#opendata #fukui 

ユニークなオープンデータが楽しい「福井県オープンデータライブラリ」に、花粉オープンデータ発見。 12年前の2007年から、今年の4/26分まで、CSVやRDFで取得可能です。


福井県花粉データまとめ(福井市)
スギ花粉とヒノキ花粉、12年分全部まとめてグラフにするアプリにしてみたのがこちら。だいたい2月後半から3月後半にかけて花粉症の人にとっては辛い日が続く様子。 今年は大雪などで、欠測日が11日あるので、最大や総和はもっと多かったかもしれません。


福井県花粉データまとめ(福井市) - 2年分のみ
去年との比較です。最大量が昨年の倍以上あります。多い日の数を数えるなどをしてみてもいいのかもしれません。


福井県花粉データまとめ(敦賀)
もうひとつの観測値、敦賀のデータは2015年まで。

花粉データの12年分、11年分使って機械学習など、予測アルゴリズムを設定し、12年分のデータで精度を確認。来年の花粉量予測で競う「花粉プロコン」とかおもしろいかも。

金曜夜に機械学習、TensorFlowで遊んでみる「TensorFriday #01(テンソルフライデー)」
めがね会館にて来月、開催です!

記憶に残る日。若者に世界が見える体験を! One Young World 2017 福井報告会

2018/04/21
#doc #KidsIT #IchigoJam #fukui #PCN #web 

コミュニケーションとは「伝えること」ではなく「伝わること」
今まで誰からどんな衝撃をもらって、今の自分が在るのか?
自分は、相手に何をプレゼントできるか?

社会をより良くするため、例え小さくても押し続けよう


2015年のバンコク開催に参加した白崎さん。
法律で、テロとどう戦うかの議論中に現れた青年。 難民キャンプで子供向けに自由に夢を描いてもらうアートワークショップでテロの連鎖を止めようとしている話に衝撃を受けた。


日本初の都道府県選出代表、福井県で選ばれた、中嶋さんによる報告。


「Fukui to the World」
頭をガツーンとやられたような、ショッキングな体験。この積み重ねが人生。
1年で記憶に残っている日は何日ある?と、若きリーダーに向けて問いかける、大久保さん。
One Young World 国際本部メンバー、Japan Committee 委員長

福井から始まった、県選出モデル。
都道府県すべてから一人ずつ日本代表が選出され、世界とネットワークを作ってくるビジョン!


196カ国1300人の若きリーダーが集まる濃密な4日間を紹介。
環境、貧困、平和、そして、教育など、世界共通の課題のセッション。
各国の若きリーダー、SDGsの内、何が最も重要か?話し合い、発表したワークショップ。
食事の時間も貴重なお話時間。インドの女性と仲良くなって、贈り物が後日届けてくれたとのこと!


PCNとして福井を中心に「こどもプログラミング」を広める活動、コロンビアでも!

1 IF BTN()=0 GOTO 1 2 OUT 1:WAIT 60 3 OUT 0:WAIT 60 4 GOTO 2

誰かがボタンを押してくれたら、1秒おきにモーターを回したり止めたりしてくれるロボットのIchigoJam BASICによるプログラム。

手順番号、1〜4でロボットにやってほしいことを伝えます
1. もし(IF)、ボタン(BTN)が押されていなかったら(=0)、1へ行け(GOTO1)・・・ボタンが押されるまで待つ
2. モーターなどを回せ(OUT 1)、そして、60数えるまで待て(WAIT 60 = IchigoJam時間で1秒を意味する)
3. モーターなどを止めろ(OUT 0)、そして、60数えるまで待て(WAIT 60)
4. 手順番号2へ行け(GOTO 2)

毎秒5000万回をも計算する、たった100円のコンピューターにやってほしい想いを伝えるのがプログラミング。 伝わったかどうかはコンピューターは瞬時にメッセージや、結果で応えてくれるのがいいところ。


日本にもある、世界に目を向けるきっかけ。
ベトナムから参加の起業体験イベント「Startup Weekend Fukui」や、アフリカからの留学生のためのict4e会社説明会などを通じて、興味を持ったとのこと。


最後に中嶋さん、今後の活動として「こどもプログラミング」へのコミットを表明!(左から、遠路敦賀から参加の元気な高校生、大久保さん、中嶋さん)
やりましょう!


昨年つながった、アフリカ、ルワンダ。
今年も10月子供たちへのワークショップを企画中のict4e/ict4r代表の原さんと白崎さん
ルワンダ語版IchigoJamプログラミング教材「IchigoJam print in Rwandan」アリマス!


中嶋さん報告にもあった、平和セッションでのルワンダ代表からの体験談ほかハイライト動画


オランダ、ハーグで開催、OYW2018
語学力より大事なこと、「社会をより良くしたい」という想い。

「one web」をミッションとするwebを始め、日々誕生する、かつて存在しなかった様々な世界をつなぐツール達。 各国言語に対応した認識&読み上げ、翻訳に対応する「UDトーク」や「Google翻訳」がある今、怖がる理由はなくなりました。 必要なのは、一歩踏み出す勇気だけ。

みんなで作る、ひとつの世界。
One Young World」体験したい人、ぜひアクションを!

世界もひとつの地域。
体験なしに理解するのは難しい。

links
- One Young World | One Young World Japan Committee - OYW日本委員会
- How to attend the Summit | One Young World - OYW本部 2018開催
- W3C Mission
- 日本企業も注目していくべき?世界で輪が広がっている「One Young World」とは | ビッグライフ21 Biglife21

除雪をモチーフにしたパズルゲーム「除雪番 / JOSETSUBAN」 for IchigoJam

2018/02/13
#IchigoJam #game #fukui 

大雪、一晩で30cm以上積もると除雪しないと車も動かせない。
雪は簡単に解けてなくなるわけではないので、どける場所が必要。
除雪は戦略が大事です。

除雪から着想得たパズルゲーム「除雪番 / JOSETSUBAN」。
大掃除をテーマにした「掃除番」に続くオリジナルパズル第二弾。


除雪番 on IchigoJam web

除雪番(JOSETSUBAN)のルール

1. ゴールにたどり着けばクリアです
2. 雪は1つだけ押すことができます
3. 動かす先に雪の積む余地があれば詰めます(最大4段)

除雪番 for IchigoJam 操作説明

上下左右キーで動きます
スペースキーでリトライします

' JOSETSUBAN 10 VIDEO3:S=1:LET[0],1,0,4,3,3,4,4,3,1,0,4,2,2,4,4,2,3,4,3,3 20 CLS:T=S*4-4:SRND[T]:FORI=1TO62:LC1+I%8,2+I/8:?CHR$([T+1+RND(3)]):NEXT:LC1,0:?"STAGE:";S;"-";[T] 30 X=1:Y=2:D=0:LC8,9:?CHR$(11) 40 LCX,Y:?CHR$(253-D*2) 50 IFBTN(32)GOTO20 60 A=BTN(29)*(X<8)-BTN(28)*(X>1):B=BTN(31)*(Y<9)-BTN(30)*(Y>2):D=D-BTN(28)*D+BTN(29)*!D 70 IF!A&&!B:GOTO50 80 IFX+A=8&&Y+B=9:LC2,11:?"GOAL!";:WAIT60:S=S+1:IFS=6ENDELSEGOTO20 90 N=SCR(X+A,Y+B):IF!N:GOTO120 100 LCX+A*2,Y+B*2:M=SCR():IFM=11GOTO40ELSEIF!MM=NELSEM=M+N-5:IFM<1GOTO40 110 ?CHR$(M) 120 LCX,Y:?CHR$(0):X=X+A:Y=Y+B:GOTO40

10行の配列がステージデータです。1ステージ配列の要素を4つ使い、最初がランダムの初期化値(SRND)、後3つがランダムにステージにおく雪種。
ちゃんとステージを考えてつくると、おもしろいパズルゲームとなるはず!

スペースを置く毎にステージを生成するには次のように改造してください

50 IFBTN(32):[T]=[T]+1:GOTO20

タイトル画面もつけたい場合は次の行を追加!

25 LC10,4:?"JOSE":LC10,5:?"TSUBAN"

除雪が落ち着いたら、雪で埋まった消火栓、掘り返しておきましょう。
高校生、宝探しのようでおもしろかったとのこと!
プログラミングには、不便を楽しみに変える力もあります。

links
- 倉庫番 - 1982年生まれの名作、押しモノゲーム!
- 掃除番 - 2015年大掃除をテーマに作成
- 平成30年2月大雪に関する情報 | 福井県ホームページ

第2回こどもプログラミングサミット開催決定! 数で答えるINPUTコマンド(IchigoJamプリント)

2017/11/21
#KidsIT #IchigoJam #fukui 

第1回こどもプログラミングサミット」から1年。
2020年の小学校でのプログラミング必修化が迫る2017年、年末12/26。
今年の取り組みを総括し、未来を語り合う「第2回こどもプログラミングサミット in 福井」開催決定!


国内外の最新事情に詳しい小宮山利恵子さん、プログラミング教育最先端の小金井市前原小学校長の松田孝さん、福井県内トップランナー鯖江市長の牧野百男さんによるプレゼン&パネルディスカッション!(写真は、第1回の様子、イチゴ帽子発見!)


IchigoJamプリントに「かずでこたえる INPUT」を追加!(PDF)

INPUTを中断するとおかしくなる IchigoJam web のバグを修正しました。
IchigoJamプリント片手に、web上からも体験できる IchigoJam お手軽プログラミングをぜひどうぞ!

バスは不定期運行に変更することで課題解決!?ふくいデータチャレンジ、公共交通オープンデータと今の全乗客数アプリ

2017/09/14
#opendata #fukui 

なぜバスは定刻より早く発車してはいけないのか?(早発は事故)
なぜ時刻表の改訂はタイムリーにできないのか?(融通の効かない路線と時刻表)
答は、法律にありました。

旅客自動車運送事業運輸規則 第十二条 早発の禁止、そもそも時刻表を調べると、道路運送法 第十五条の三 運行計画に、国交省へ届けよとあります。 しかも、路線の改変の場合は6ヶ月も前に届け出が必要!

ただし「路線定期運行に係るものに限る」とあるので「路線不定期運行」にしてしまえば、この届出が不要となります。

路線不定期運行としておけば、時刻表はあくまで目安として提示し、既存のお客さんの利便性を守りつつ、事前に出して多数出しておいた路線を柔軟に運行することができます。 つまり、イベントに合わせた乗りやすいバスを走らせることも可能です!

早発に神経質になるばかりに保守的で非効率な運行から脱却することもでき、国交省も全国から無数に届け出される運行計画のチェック業務からも開放されます。

サバエバルの時のような、ミニマムなバス環状路線を交通の流れに任せてグルグル運行すれば、気軽に乗れるバスとして身近な存在になれるはず。
鯖江環状線=鯖江駅、商店街、西山公園、市役所、めがね会館、サンドームとか
神明環状線=市役所、神明駅、アルプラザ、図書館とか
・・・ざっくりした案ですが、不定期路線ならではの柔軟な運行によって、かかる時間、乗客数、イベント、要望などなど、機械学習(AI)も使いつつ、最適化していける未来が見えてきます。


つつじバス乗客数グラフ(トータル)
今、鯖江市のつつじバス乗っている人数が分かるアプリも作ってみました。


夕日と鯖江市の実はIoTでオープンデータなハイテクバス「つつじバス


イベント「バスと電車をもっと知ろう。 - 公共交通のオープンデータについて -」


福井県も参戦、アーバンデータチャレンジ!
国土交通省から東京大学へ出向中の西沢明さんによる講演&ミニアイデアソン


ミニアイデアソン、近所6名でアイデアシートをぐるぐる回しました!
高解像度写真なのでテキスト起こしボランティア募集中!)
東京のJR、山手線の用にぐるぐる廻る環状線を使った、バス路線を使ったゲームも楽しそう!
小学生は無料なつつじバス、中学生や、高校生も対象に加えてまずは乗客数アップもありでは!?
期間限定、大人も無料デーとかと合わせるとおもしろいかも?
もし無料デーがあれば、ICカード以上に利便性高いスムーズな乗り降りが体験できる!


福井、ちょっと変わるってよ「ふくいオープンデータチャレンジ
イベントや、Facebookグループへの参加、受付中!


つつじバス乗客数グラフ
ベースにしているバス別アプリも最大人数を調整して、グラフも大きく、見やすく改訂。

元Google副社長、村上憲郎さん福井講演!IoTがすべてを飲み込む時代にすべきこと、sakura.ioのLPWA/LoRaが動いた!

2017/09/05
#IoT #fukui #IchigoJam 

webに代表されるオープンな技術が全業界を揺るがし、その勢いは加速するばかり。
クローズドな独自技術で利益を上げてきた大企業は、オープンな新技術による新興勢力の台頭にどう立ち向かうか!?
中小企業・個人は、逆にオープンな新技術でガンガン先に行きましょう!

「IoT・人工知能(AI)・ビッグデータ時代を生き抜くために中小企業がすべきこと」と題して、元Google副社長/元Google Japan社長の村上憲郎さんによる福井講演!

大企業も動かざるをえない状況に対応するのが「スマートグリッド」と「インダストリー4.0
日本はドイツと組んで「RAMI4.0」陣営となった模様。(日独ハノーバー宣言/経産省
ドイツとはきっと自動車つながり、宣言内にも自動運転のためのオープンデータ「ダイナミックマップ」についても言及があります。


RAMI4.0 vs Smart Grid Architecture Model
やはりスマートグリッドは単なる電力の話ではなかったわけです。レイヤー、ドメイン、プロセスの3次元のグリッドが有機的につながる新時代を生きるための地図、どのグリッドを狙っていきましょう!?

モバイルインターネットの主戦場は、いずれメガネ、そしてインプランタブル
インプラントには勇気がいるので、メガネの時代はそこそこ長く続くはず!

久しぶりの再会でした!(残すは大分県のみ、日本のオープンデータ都市、現在295都市!)

31歳から英語の勉強を始めたという村上さんの勉強法「村上式シンプル英語勉強法
「英作文はあきら英借文、イディオムは捨てる、LとRは気にしない、タッチタイピング、朝晩ボイストレーニング」など刺激的でした。

4G、月60円の衝撃的IoT、sakura.ioの低電力広域通信LPWA(LoRA)を使った更なる低料金チャレンジ!
さくらの通信モジュール(920MHz)を使った通信実験に成功しました!

左:920MHz(LoRa)sakura.ioモジュール、右:4G LTE sakura.ioモジュール
LoRa版、シンプルで軽量!

使用方法は4Gと互換性があるとのことでしたが、I2Cの通信速度を400kHzから100kHzに落とすこと、即時通信ではなく送信キューへ送る形で成功しました!
今のところモジュールからの送信のみ対応とのことですが、どのくらい距離飛ぶのかなど、いろいろ実験できそうです!(シールド for Arduinoを使用)

テストプログラムは下記の通り

10 @Q:POKE#800,#20,10,1,76,N,N>>8,0,0,0,0,0,0,N>>8^N^103:?I2CR(79,#800,13,#820,3):RTN 20 @SEND:POKE#800,#24,0,#24:?I2CR(79,#800,3,#820,3):RTN 30 @CHK:POKE#800,1,0,1:?I2CR(79,#800,3,#820,4):?PEEK(#822):RTN GSB@CHK 0 128 'connected!! N=123 OK GSB@Q 0 OK GSB@SEND 0 OK

モジュールを登録したsakura.ioの管理画面上では「オフライン」のままですが、今のところ、これで正常とのこと。

links
- Data Distribution Service Applicability to Industrie 4.0 and IIC Reference Architectures
- インダストリー4.0:インダストリー4.0がいよいよ具体化、ドイツで「実践戦略」が公開 (1/6) - MONOist(モノイスト)
- ドイツと日本、インダストリー4.0「標準化」の進捗状況は? |ビジネス+IT
- 日本とドイツ、 IoT/インダストリー4.0 で協力へ。共同声明に署名 – Industry 4.0 Central

ぼくが福井で仕事する訳 - FUKUI x IT at SENQ霞が関、IchigoJamからJava はじめのいっぽ

2017/08/23
#fukui #IchigoJam 

ステキなコワーキングスペース、SENQ霞が関にて開催された、福井県主催イベント「地方創生セミナー FUKUI x IT
第一部のパネルでは、福井とITが相性抜群と結論。

SAP x NTT x 京福バスで、実証実験した、バスの運転手向けウェアラブル実証実験の様子を伝える、グローバル向けPR動画
紹介しているのは、SAPジャパン、3年で80回福井に通った吉越さん!

動画出演もしている京福バス社長の天谷さんは鯖江在住、鯖江の日本酒「梵」の加藤社長とも同級生!
キレイになった福井駅前の様子、福井のまちなみが、福井出身の人向けの見どころです!(参加者の半分くらいが福井出身の方でした)

若者だらけの深セン、アフリカ、東南アジアに負けない日本の強みは多様性。

鯖江では、今年で10回目となる鯖江市地域活性化プランコンテスト、全国から集った大学生によるアイデアを、地元の市民・市役所が一丸となって実現へ向けて動いちゃうところが特徴。

Hana道場で始まった、こどもプログラミングで育ったこどもたち、地元の福井高専生に加えて、プログラミングを教えられるシニアの人たちが加わり、実現力が更にアップ!

実現プランを培ったブランド力をベースに全国・全世界へ発信し、新しいコラボのきっかけに!

福井高専卒業後、アルバイトさせてもらった永和システム平鍋さん、福井高専の先輩、北野さんによる二部!
チェンジビジョンの製品「astah*」の前身「JUDE」には、アルバイトしてコミットしたコードがまだ残っているとのうれしい話!

JUDE = Java and UML Developers' Environment の略称、1995年のJava登場以来、大好きなJavaを使った仕事でした。

その頃を思い出し、ひさびさに java.awt package を使って、IchigoJamからJavaへのステップアップする子供向けのシンプルなコードを書いてみました。

名付けて「IchigoCafe」Javaはclassファイルという中間コードに変換し、Java VMという仮想マシンで動かしますが、classファイルの識別子が16進数8桁、4byteのCAFEBABE。IchigoJamっぽくプログラムがかけるコードへと進化させてみてください。(src on GitHub)

javac Main.java java Main

実行するには、JDKをインストールして、コンソールで、javacでコンパイル、javaで実行!


ぼくが福井で仕事する訳、それは、世界中のどこよりも福井で仕事することが楽しいから。
いろんなきっかけをくれ続けてくれる福井県。
ますます楽しい、FUKUI x IT!

5つ星オープンデータ対応、福井オープンイベントナビ

2017/08/04
#opendata #fukui 

福井県がオープンソースで公開するアプリ「福井オープンイベントナビ
5つ星オープンデータをSPARQLで取得するようにして、GitHubにおいた、現在位置取得可能版を作ってみました。(イベノト以外のアイコンは未実装です)


福井オープンイベントナビ(odp)src on GitHub

夏休み、福井県内各地にユニークなイベントがいろいろあるようです!

観光や、福井国体に関する新しいオープンデータも公開されました!
いろいろアイデア広がりますねっ

国体と障害者スポーツの初融合!福井国体・障スポ やわらか競技一覧アプリ

2017/07/31
#fukui #web #sports 

医療費削減の要、スポーツ。
国体・障スポを来年に迎える、福井県。
これを気によりいっそう健康になるべくスポーツへの関心を高めたいところ。

オリンピック・パラリンピックのように、国体と合わせて開催される障スポ。
正式名称はそれぞれ、国民体育大会と全国障害者スポーツ大会、いままで国体と大会と略されていて分かりづらかったところが、国体・障スポとわかりやすくなったそうです。
2018「福井しあわせ元気」国体・障スポ
* まだ旧表記が残っていますが「大会=障害者スポーツ大会」を覚えておくと混乱しづらい

融合記念ということで、福井県の競技オープンデータを使って、やわらかく一覧を見てみるアプリをつくりました。


福井国体・障スポ やわらか競技一覧アプリ
CC BY 福井県オープンデータライブラリ(国体:その他

ぐりぐりと動かして遊ぶことしかできませんが、元データのCSVなどを活用し、いろいろ作ってみてください!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image