福野泰介の一日一創 - create every day

学外連携、情報セキュリティ人材育成プログラムで育む高専生と地域のこどもたち

2018/05/10
#health #opendata #kochi #kosen 

「学外と連携するセキュリティ人材育成プログラム」に取り組む高知高専!
今年からスタートした、新コースソーシャルデザイン工学科情報セキュリティコースの3年生への講義と、情報セキュリティに関する講義見学&情報交換にやってきました。


高知高専、岩崎さんによる1年生向け講義見学。一斉講義座学とグループワークのバランス、大事ですね。


ヘマタイト 茨木さんによる講義見学。ラズパイ、ロボット、SSLを使った情報セキュリティ実習。
町に繰り出し、町の安全を脅かす「脆弱性」を探す遠足とかもいいかも。


企業や外の組織との連携によって最新の情報セキュリティを学んだ高専生が、小中学校など外へと出ていって活躍するモデル! 卒業後も地域の情報セキュリティ力アップを目指すという事業に取り組んでいる高知高専。 すべてがIT企業と化すると言われて久しい現代、地域のIT力低下は日本の地盤沈下にも通じかねない。
security|情報セキュリティコース|高知工業高等専門学校

セキュリティとは守る技術。
情報セキュリティとは、情報を盗まれぬよう(機密性)、壊さないよう(完全性)、いつでも使えるように(可用性)にする技術。

情報かデータか。
個人的には情報は主観的な言葉なので、データセキュリティと呼んだ方が、守るべき対象がはっきりしてしっくりくる。 データの属性や量によって、どういう対象にとってどの程度の利用価値がでてくるかもまたデータとして表せる。

オープンという、攻めの情報セキュリティ。
オープンデータは、データを出処を明示しつつ、無制限なコピーを許諾することで機密性と完全性と可用性を低コストで実現する情報セキュリティ技術とも言える。 攻殻機動隊に登場する「攻性防壁」という好きな響き。 攻撃が最大の防御なることもあり、創造という武器によってガンガン戦う情報セキュリティ人材を理想としたい。


お昼は、学食!


メニューの栄養成分算定値表がステキ!ホットな「カロリー内訳計算機」でバランスと食物繊維含有量をチェック!


このカレーライス、ちょっとたんぱく質が少なめ。カロリーの計算があわない点は完全性に欠ける。
どうしてもエラーが混ざるデータの修復には、紙からデータへ、データの可用性を上げることが慣用。
学生と先生の健康のためにも、学食オープンデータをオススメしたい。


カツカレーだと脂質が多め。こっちはカロリー計算もぴったり合う。


いろいろかわいい高知高専の学食。


南国市からバスで高知市、こちらも南国風。


高知に来たらここに来なきゃと、ひろめ市場。屋台村的フードコートないい雰囲気でした。


塩で食べる初ガツオ!・・・でも、8月下旬から9月の戻りガツオの方がおいしいという話も
「初ガツオ」と「戻りガツオ」……あなたはどちらがお好み?(tenki.jpサプリ 2015年09月05日) - 日本気象協会 tenki.jp


なんと食べるウツボ!意外と美味。


情報セキュリティ人材を生み出す最適教材を研究する、高専を超えた高専つながり。地方創生の要は高専にあり!地元産業団体と自治体との連携をゆるく強化する県域コンテストがオススメです!(福井県では、越前がにロボコン!)


タイピングのスコアなど、一斉に送られてくる数をランキング表示するwebアプリを準備!


明日はいよいよ情報セキュリティ実習として、IchigoSodaでIoT開発体験!

links
- 資料10 国立高専の取組み(教育の質保証と貢献)
- 情報セキュリティ人材育成プログラム|東京都立産業技術高等専門学校
- 高知高専

健康を計算しよう!カロリー内訳計算機、バランスと食物繊維含有量をチェックする食べるをハックするカロリー編

2018/05/09
#js #health #opendata 

あまり気にしてこなかった、食品表示。
完全食の実現、COMPを見てからはまっている自分探しの旅、食べるをハック第三弾。

カロリーの計算式

カロリー(kcal) = 蛋白質 x 4 + 脂質 x 9 + 糖質 x 4
* 糖質 = 炭水化物 - 食物繊維
* 量はg、係数はkcal/g

炭水化物の内、消化できるものが糖質、そうでないものを食物繊維と呼びます。

食品表示で、炭水化物の量しか書いてないもの食物繊維量が気になって、作成した計算アプリ。

カロリー内訳計算機
こちら牛乳100gを計算してみた例、全体バランスから脂質が多め、糖質が少なめことわかります。 1日でトータルバランスを取ることが大事な様子。


こちらが完全食 COMP を成人男性1日分2,200kcalとったときのバランス。推奨量ぴったり。
COMP 完全食」栄養素データより


UHA味覚糖コラボのグミ状完全食、COMPグミの試食会でも好評でした!
持ち込んだver1.3とver1.4の食べ比べ、体においしいと聞いてからだと、どちらもおいしく食べられる気がします。


趣味・研究が大好き、没頭したい! → 食事を効率的に済ませたい。
好きなことを好きなだけしたい!そんな人にぴったり!


完全食COMPは、なぜ開発したのか
「手軽で健康的な食生活」を叶える食品が世の中に無かった。
無いものは創る精神!


COMPもガレージでスタート!
まだまだ続くCOMPのチャレンジ、まだ発展途上という栄養学と合わせ、ますますの進化に大いに期待です。


講演後、大事な蛋白質、たっぷりいただきます(甘めのタレにはきっと糖質も多め?)
塩分が多めな味噌汁は、汁を残す主義になりました。(参考、塩メモ


COMP、鈴木社長と!

朝と昼の食べたものの栄養素を足せば、夜食べるべきものが決まりそう。
外食も売ってる食品も、オープンデータ化してもらえるとアプリで楽々管理できます。
栄養素のオープンデータ化、ぜひやりましょう!


salesforce.comさんでのIoT講座からの良いご縁、いただきました!

links
- 遺伝暗号コドンの衝撃、生物は超小型2bitコンピューター!? 食べるをハックする蛋白質DNA編
- 化学は自分の仕様を探るテクノロジー、食べるをハックする食塩編
- IoT for everyone! 大人IoTプログラミング体験 at Salesforce.com Tokyo Marunouchi

遺伝暗号コドンの衝撃、生物は超小型2bitコンピューター!? 食べるをハックする蛋白質DNA編

2018/05/03
#health #IchigoJam #opendata 

塩コントロールに続く、食べるハック第二弾は蛋白質とDNA。
人の体、水が7割、2割が蛋白質。

人に必要な五大栄養素(カロリー=糖質*4+脂質*9+蛋白質*4(kcal))
1. 炭水化物 エネルギー4kcal/g(消化される糖質のみ、消化されないものは植物繊維)
2. 脂質 エネルギー9kcal/g
3. 蛋白質 エネルギー4kcal/g
4. ビタミン(上記以外で必要な有機物)
5. ミネラル(無機物)

蛋白質(たんぱく質=プロテイン)とは、20種類のアミノ酸が50以上つながった立体構造を持つ分子機械。 生体内でさまざまな機能を発揮する。 体の全細胞内にある、生命の設計図、DNA。DNAの一部をRNAとしてコピーし、アミノ酸列にデコードして、蛋白質を生成する構造(リボソーム)はまさにコンピューター。

TCAGによるDNAに対応するRNAはUCAG。1つ4種、2bit。これを3つ1組にしたものをコドンと呼び、その組み合わせは64種類。20種のアミノ酸との対応も判明していたので、サブルーチンでつくるDNAの続きで、RNAデコーダーを作ってみた。

100 C="FFLLSSSSYY..CC.WLLLLPPPPHHQQRRRRIIIMTTTTNNKKSSRRVVVVAAAADDEEGGGG" 110 M=0:CLS 120 N=0:FOR I=1 TO 3 130 K=INKEY():IF !K CONT 140 POKE#A00+M,K:M=M+1 150 N=N<<2 160 IF K=ASC("C") N=N+1 170 IF K=ASC("A") N=N+2 180 IF K=ASC("G") N=N+3 190 NEXT 200 POKE#AC0-1+M/3,ASC(C+N) 210 GOTO 120

「RNAデコーダー」 - リボソームのデコード風プログラム
RNAの構成要素、UCAGを打ち込んでいくと対応するアミノ酸を表すアルファベットか終端コード"."が表示される。

コドン - Wikipediaより)

例えば、アミノ酸をつないでタンパク質を作ろうゲームに登場する、GSEIQPRという7つのアミノ酸の鎖でできたペプチド(50以上のアミノ酸列のものが蛋白質)、カルノシンを仮にRNAで表すとしたら

GGUUCUGAAAUUCAACCUCGU

となる(RUN on IchigoJam web
*蛋白質はメチオニンAUGから始まるものらしいので、実在しないDNA


多少のエラーにも対応できるコード体系。 DNAの中でアミノ酸に対応する部分(エクソン)は5%ほど、残りの部分(イントロン)もエラー耐性を高めたり、スキップの仕方で多様性を産んだりとおもしろい。 DNA末尾に TTAGGGTTAGGGTTAGGG... と無駄なコードを続けておくことでコピー毎に短くなっていくDNAを守る仕組み、などなど・・・。

なかなかうまいアーキテクチャーだな、と思うこれがコンピューターが影も形もなかった頃、自然界によって作られたものというのが信じられない。

分子機械、蛋白質、単純に50のアミノ酸を組み合わせ20の50乗、10の65乗とほぼ無量大数! ただし、機能する蛋白質には制限があり、失敗作は細胞を出る前に破壊される仕組みまである様子(ナンセンス変異依存mRNA分解機構)。 蛋白質の種類は数千万種類と言われ、世界中で解析が進むプロテインデータが「Protain Data Bank Japan」にて約14万のパブリックドメインな蛋白質オープンデータとして公開されている。

膨大なDNAから必要な部分をどう選んでいるのか?蛋白質の機能はどのように決まるのか?
自分という、一番身近で謎多きコンピューターのスペック解明という、楽しい旅!

links
- コドン - Wikipedia - 遺伝暗号、遺伝コード
- PDBj入門:PDBjの教育的コンテンツサイト - 蛋白質オープンデータ内
- 遺伝子の部屋
- 遺伝暗号を解読する鍵となる新メカニズムを発見  | 理化学研究所 (2014年6月23日)

化学は自分の仕様を探るテクノロジー、食べるをハックする食塩編

2018/05/02
#health 

「化学は暗記教科だから嫌い」は誤解でした。化学は自分のスペック探しの技術。

何を食べるとどうなるか?生きている=体の中での化学反応。ブラックボックスにしておくことは、コンピューターがブラックボックスなことと同様に怖いこと。

インターネット白書2016へ寄稿した、10年後、完全食の無償化という未来予測。

完全食品の大規模工場生産によって、食べるために働くことから開放された人類は、モノヅクリに明け暮れていた。知識、データ、成果物など、社会全体がオープンデータ化され、必要とするモノやスキルは誰もが自由に習得できる。インターネットへのアクセスは専らメガネを通じて行う。社会と自分自身を照らしあわせ、見るべきものは自動的に視界に合成されるメガネ、こだわりの鯖江産。

今日は来月開催されるロボコンに向けたモノヅクリ。ロボコンとは、特定の課題を解決するロボットを持ち寄って競うオフカイの一種。潤沢な帯域と究極の低遅延によるコミュニケーションは、オフカイ最大の魅力。今回のテーマは「柿の収穫」。いかに軽く、いかに速く、いかに美しく収穫するか?人工知能の提案から絞り込むのも手だが、直感のままに一気に創りあげるのもまた楽しい。産地ならでは食と意外な技術の使い手との出会いが楽しみだ。

株式会社jig.jp 代表取締役社長 / IchigoJam開発者 福野泰介
インターネット白書 2016 | インターネット白書ARCHIVES
日本発の完全食、COMPをきっかけに自分に必要な栄養素研究をスタート。
まずは食塩とナトリウムから。

ナトリウムの過剰摂取は高血圧につながり、高血圧が心臓病や脳卒中の原因となる。
WHOが2013年に発表した上限は2,000mg(=2g)。
WHO | WHO issues new guidance on dietary salt and potassium

ナトリウムの摂取源はほぼ食塩らしく、ナトリウム量に2.54をかけると求められる、食塩相当量。

なぜなら、食塩こと塩化ナトリウムの化学式がNaCLでNaとClが1:1、それぞれの重さを表す原子量が23.0と35.4なので、 (23.0+35.4)/23.0 = 2.54 となる。(電子工作でよく使う0.1inch=2.54mmと一緒で覚えやすい)

2013年に食品表示法が改正され、食塩相当量を表示することが義務付けられたため、現在、食品によってナトリウム量と食塩相当量が混在状態。どちらにも対応できるアプリを作成しました。 1日の食塩摂取量を計測してみましょう。

塩メモ
食塩1日5g、ナトリウムで2,000mgは驚くほど厳しい。

ちなみに食塩から分解された、塩素(Cl)の方も人に必要らしく、必須ミネラル16種類の1つ。こちらは過剰摂取しても体外に排出されるので問題ないとのこと。塩素というと消毒なイメージなだけに意外ですね。

人体と化学、おもしろい。

links
- WHO | WHO issues new guidance on dietary salt and potassium - 食塩上限5g
- 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」策定検討会審議会資料 |厚生労働省 - 男8g/女7g未満推奨
- 減塩委員会|日本高血圧学会 - 男女ともに6g未満推奨
- (2016年10月発行)食塩相当量について 解説
- COMP 完全食 - 400kcalで0.5gと食塩控えめ
- 食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン - 消費者庁食品表示企画課

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像