create every day - 福野泰介の一日一創

IchigoJamで読むRFID、300円で買える非接触ICカードリーダー「RFID-RC522」でNFC実験

2017/08/17 23:55:00
#IchigoJam #maker 

かざすだけでピッと読み取る、NFC(近距離無線通信)を使った、日本の非接触ICカード。
日本の代表格は、Suicaで有名なソニーのFeliCa
ただ、残念ながら世界の標準はNXPのMIFAREが押さえてます。(シェア7割)

MIFAREは特徴は安さ!
なんと、数百円でカードとチップのテストRFID付きで買えちゃいます。
AmazonでRC522で検索すると200円台も!」

接続方法は、温湿度計ADT7310FM音源YMF825スーファミコントローラーでもお馴染みSPI
ということで、IchigoJamにつないでみました。


RC522にかざすと反応して、カード固有のIDの4byteだけを取得して表示するデモ動画(BASICでゆっくり読み取り版)

IchigoJam x RC522 接続方法

RC522 - IchigoJam
SDA - OUT1 *SDA=SS chip select的なピン
SCK - OUT2 *クロックはMasterが担当
MOSI - OUT3 *MOSI = Master Out Slave In
MISO - IN1 *MISO = Master In Slave Out
IRQ NC
GND - GND
RST - OUT4
3.3V - VCC

データシートを読むのが筋ではありますが、GitHubにある「Arduino RFID Library for MFRC522」を基にIchigoJam BASICでひとまず作ってみました。 2ファイル、2KBくらいのプログラムになりました。

1 'RFID-RC522 1/2 10 OUT4,0:WAIT4:OUT1,1:OUT4,1 20 LET[0],#2400,#2600,#4826,#5480,#56A9,#5803,#5AE8,#2A40,#223D 30 FORJ=0TO8:N=[J]:GSB@SPIW:NEXT 40 N=#28:GSB@SPIR:IF N&3!=3 N=#2800|N|3:GSB@SPIW 50 @LOOP:?"."; 55 LET[0],#2400,#2600,#4826 60 FORJ=0TO2:N=[J]:GSB@SPIW:NEXT 70 N=#1C:GSB@SPIR:N=#1C00|N&#7F:GSB@SPIW 90 LET[0],#200,#87F,#1480,#1226,#1A07,#20C 100 FORJ=0TO5:N=[J]:GSB@SPIW:NEXT 110 N=#1A:GSB@SPIR:N=#1A00|N|#80:GSB@SPIW 120 N=#8:GSB@SPIR:IF N&1 GOTO@LOOP 130 IF N&#30=0 GOTO120 140 N=#C:GSB@SPIR:IF N&#13 ?"ERR1:";N:GOTO@LOOP 150 N=#14:GSB@SPIR:IF N!=2 ?"ERR2":GOTO@LOOP 160 N=#12:GSB@SPI2R 170 N=#18:GSB@SPIR 190 ?"!":LRUN FILE()+1 500 @SPIW:OUT1,0:FORI=15TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,N>>I&1:OUT2,1:NEXT:OUT1,1:RTN 510 @SPIR:OUT1,0:N=N|#80:FORI=7TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,N>>I&1:OUT2,1:NEXT:N=0:FORI=7TO0STEP-1:OUT2,0:N=IN(1)<<I|N:OUT2,1:NEXT:OUT1,1:RTN 520 @SPI2R:OUT1,0:N=N|#80:FORI=7TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,M>>I&1:OUT2,1:NEXT:M=N<<8:N=0:FORI=15TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,M>>I&1:N=IN(1)<<I|N:OUT2,1:NEXT:OUT1,1:RTN

ファイル1つ目では、リーダーの初期化とカードを認識するまでを担当。190行でUUID読み出しファイル(次の番号を想定)へLRUN!

10 N=#1C:GSB@SPIR:N=#1C00|N&~#80:GSB@SPIW:N=#1A00:GSB@SPIW 30 LET[0],#200,#87F,#1480:FORJ=0TO2:N=[J]:GSB@SPIW:NEXT 50 N=#1293:M=2<<4:GSB@SPI2W:N=#1A00:GSB@SPIW:N=#20C:GSB@SPIW 110 N=#1A:GSB@SPIR:N=#1A00|N|#80:GSB@SPIW 120 N=#8:GSB@SPIR:IFN&1GOTO@END 130 IFN&#30=0GOTO120 140 N=#C:GSB@SPIR:E=N:IFE&#13GOTO@END 150 N=#14:GSB@SPIR:IF N!=5 GOTO@END 160 M=N:N=#12:GSB@SPIAR:FORI=0TOM-1:?HEX$([I],2);:NEXT:? 170 N=#18:GSB@SPIR 190 @END:LRUNFILE()-1 500 @SPIW:OUT1,0:FORI=15TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,N>>I&1:OUT2,1:NEXT:OUT1,1:RTN 505 @SPI2W:OUT1,0:FORI=15TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,N>>I&1:OUT2,1:NEXT:FORI=7TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,M>>I&1:OUT2,1:NEXT:OUT1,1:RTN 510 @SPIR:OUT1,0:N=N|#80:FORI=7TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,N>>I&1:OUT2,1:NEXT:N=0:FORI=7TO0STEP-1:OUT2,0:N=IN(1)<<I|N:OUT2,1:NEXT:OUT1,1:RTN 530 @SPIAR:OUT1,0:N=N|#80:FORI=7TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,N>>I&1:OUT2,1:NEXT 540 FORJ=0TOM-1:[J]=0:FORI=7TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,N>>I&1:[J]=IN(1)<<I|[J]:OUT2,1:NEXT:NEXT 550 J=J+1:[J]=0:FORI=7TO0STEP-1:OUT2,0:OUT3,0:[J]=IN(1)<<I|[J]:OUT2,1:NEXT:OUT1,1:RTN

本体はそんな長くないですが、SPIの読み書きにいくつかパターンがあるので、長くなってしまって、ちょうど制限いっぱいの1024byte。 1つ目をファイル1に書き込んだら、こちらはファイル2と、次の番号に保存して使います。190行のLRUN FILE()-1 で、カード待ちに戻しています。

この戻る部分を改造すると、カードによって、いろいろなことをさせることができますね!
IchigoJam本体の保存容量だけでもまだ2ファイル分、2KB使えます!MixJuicesakura.ioでネットにつなぐのも楽しそう。
MIFAREでAmazonを検索するとカード1枚あたり100円台から買えます」
(少量だとリーダー買うほうが安い不思議w)

今回表示しているのはUUIDのたぶん先頭4byteのみ。後ろの1byteはデータ化け対策のCRCです。
本当のUUIDはもうちょっと長いと思いますが、お気軽実装ということで省略しました。
必要がでてくれば、データシートを読んで、ちゃんとした読み取りにも対応することにします。

BASICで読み取っているので、結構ゆっくりですが動作の確認ができたので、実用化する際はマシン語化ですね!
参考「マシン語で高速SPI、IchigoJamでまなぶ ARMマシン語入門その9」「マシン語SPIでコントローラ信号読み出し

逐次処理がパソコンなしで学べるTAMIYAカムロボ!プログラムバーとカム機構が見事、拡張性抜群!組み立て失敗例を紹介

2017/08/13 23:55:00
#KidsIT #maker 

パンチカードやオルゴールの要領で、プログラムバーに長さの異なるカムを差し込みロボットを物理プログラミングするカムロボ登場! 「カムプログラムロボット工作セット - Tamiya


カムロボが動く姿!
前進、左右、停止するAタイプと、前進後退、転回、停止するBタイプに組み換えが可能!


Bタイプ、カムをとりつけ、前進、回転、後退、ばんざい!とプログラミングしたプログラムバー(左下)


AタイプからBタイプへの切り替えも簡単、モーターの配線の黄色と青色を入れ替えて、


ブーツを取り外せば、できあがり!


箱の絵がCGじゃなく手描き!? 精密で機構を透けさせて見せる技がにくい!
取説にはIchigoJam Uらしき絵が描いてあるっ
マイコンボード搭載例として、パンフレットに Raspberry Pi、Arduino、IchigoJam と並んでます!

カムロボの組み立て方と失敗例

工作セットなので、組み立てから楽しみましょう!


物理プログラミングの肝、カム機構からの組み立てです
タイヤのひとつを使って、カム機構を駆動する仕組み。3本タイヤには訳がある!


最初の難関、ギアボックス。手で回して減速する様子を楽しもう。


配線は、はんだごて不要なよじってゴムパイプで固定するタイプ!


間違いポイント、ワッシャーは2mmと3mmと2種類あって、無造作に使うと後で3mmが足りなくなる


焦るポイント、カムを戻すためのバネが1コしかないと焦りましたが、重なってました。


間違いポイント、説明書をみずにプログラムバーにカムを逆に差し込んで詰まらせました。
ギア面の裏から差し込むのが正しいプログラムバーの使い方です。


カム機構を横から見ると分かります。間違って詰まらせてしまったら、カム機構をとめるタッピングネジをゆるめればとれるので大丈夫!
自分で作れたものは、自分で直せる!


パーツをニッパーで切り離した際に残る「バリ」
これがあるといろいろ不具合の原因になります。上の写真は、バリでプログラムバーが引っかかる様子。


デザインナイフを使ってきれいにバリを落とすと気持ちいい!(時間はかかるけど)


単三電池一本で動き、プログラムバーでコントロールできるひみつはカムにあり。
カムによって押し出された青い足が、ベルトによる駆動機構を持ち上げます。
Aタイプはブーツというブレーキによって上げた足を軸に回転。
Bタイプは空転するタイヤによって前進または後退。

まさに、自分で作れる芸術品!
改造用の穴もたくさんあって、ベースロボにもぴったり!


越前がにロボコン、本大会は2017.11.26(日曜日)@福井、参加車募集中!

links
- カムプログラムロボット工作セット 楽しい工作シリーズ No.227
- 第56回 静岡ホビーショーに「カムプログラムロボット工作セット」を参考出品
- カムロボ部 | Natural Style Co. Ltd.

コミケC92、世界最大のマルシェ、作り手と会える幸せ、早速便利なB-ART x IchigoJam

2017/08/11 23:55:00
#maker #IchigoJam #codefor 

出展数3万、来場者50万人が参加する世界最大のマルシェ、コミケ
初回はなんと42年前の1975年と生まれる前!92回目を数える、C92に行ってきました(初!)。
東京ビッグサイトの東1〜8まで全部使った広大な会場!


中学生MSX時代からの憧れのTPM.COさん!
MSX-FAN掲載の名作「ネイティガの悪魔」のFIRST VERSIONと共に!
ゲームのおもしろさはスペックにあらず、MSX1に詰め込む技術解説本も熱かった。
作り手と直接話せるのが魅力のマルシェですが、コミケはその規模と幅がすごい!


10時に着くと長蛇の列・・・と思いきや、このくらいだと40分くらいで入れますよスタッフの人。
幸い天気も曇りと過ごしやすく、電話帳のような厚さのカタログを見ていたらあっという間。


2,000円で販売されている紙カタログ!1.5kgありました
(有料のWebカタログ、連携しているアプリが便利です)


Code for 同人誌、シビックテックなオープンイノベーションはコミケにも!
ぎばさちゃんの髪は秋田県で「ギバサ」と呼ばれるメカブっぽい海藻アカモク、復興支援にも活躍!


ラズパイをファミコン化、スーファミ化するプロジェクト!
ウェアラブルのモニターは、IchigoJamのワークショップでお馴染みオンダッシュモニター!
と思ったら、冊子本文にも IchigoJam-FAN の文字。意図せず広がりがオープンものづくりの楽しさですね。
購入したスーファミコントローラーをラズパイに接続できるキット、IchigoJamにもつなげてみる予定。(8/17 つなげました!


膨大な数のはんだづけを楽しめるキット!マゾ時計3 15,000円!


CPUの創りかた」のTD4のキット!


教育用4bitCPU、ZCU4


TD4を実用的に改良する新4bitCPU、ブレッドボードでの実装がきれい!
あんたCPUなんか創ってどうするのよ?!」 IchigoJamで学研のGMC-4はエミュレートしてましたが、TD4はまだでした。
自分でつくるCPU、楽しいですねっ


スマホで制御できる光るアクセサリー販売していた、香港からの出展「プロジェクト・ルン」(動画)
マクロスΔ内で登場するアクセサリーの再現!


カタカナをアルファベット風に使う感じが海外勢ならでは!
デジタルとファッションの融合、電子パーツの低価格化で広まりそうっ


ロボコン30周年を祝うと言えば!?やはり高専生だった
豊橋技科大コンピュータクラブ「とよぎぃそふと」
バーサライタ基板、500円、買いました!IchigoJamも回そう


スーファミの音源を使ったFF1〜3のリメイク!同人音楽コーナー、かなりの広さ!


ファミコンをまとったサカモトキョウジュ簡易コスプレ


MSX-FAN風テイスト!
プログラムの写経する文化、電子工作マガジンで復活してます。
「わかる!動かせる!プログラムが組める雑誌 マイコン BASICMagazine 10」電波新聞社から好評発売中!


日本語BASICで有名、タカラトミーのぴゅう太、愛あふれすぎて、カセットテープの新作まで!


FM音源を蘇らせる、G.I.M.I.C
こだわりのDVD、買いました。


Arduinoで鳴らすFM音源の曲集、Circle S&G
FM音源の世界、入門にも良さそうな新FM音源モジュール「YMF825Board」で広がりそう!


UARTを無線化するモジュール B-ART (src on GitHub)


早速つないでみました!
B-ARTを使って、PCからIchigoJamを簡単に無線コントロール!
ロボットや展示、野外設置時のメンテナンスにも便利そう


上から3.3V、GND、RXをIchigoJamのTXDに、TXをIchigoJamのRXDに、ちょうどつながる!


名作パネポン、3DSのどうぶつの森に隠されていることをパネポンコーナーで知る
自分の「好き」を堂々と展示できるコミケ、いいですねっ


そこでばったり会った、高専インターンOB


見せてもらった、瀬戸際 お蔵入り、オクライリー、ナイスで硬派な技術書。


残念、売り切れだった米作りボードゲーム、Rice is Money
手作り品、良いものはすぐ売り切れてしまうので、目当てのものには早く行く、大事。
逆に、混雑避けるには12時過ぎが楽!
人はたくさんいますが、会場も広大なのでそこそこ快適に動けます(東7/8は新しいので冷房の効きもよい)

つながり、強まり続ける個のものづくり力。
何か創っている方、コミケ、おすすめです!

$15 Computer IchigoJam meets Cute Manufacture Pimoroni in UK, and connects SkyWriter HAT!

2017/08/08 23:55:00
#IchigoJam #maker 

Welcome to Japan! People who runs fancy electric parts manufacture shop "Pimoroni" in UK!
イギリスのオシャレな電子パーツ屋さん、Pimoroniの方々が来日!

Pimoroni created cute extension board 'HAT's. I love it! (making of Pager with Micro Dot pHAT)
Pimoroniは、HATと呼ぶ、Raspberry Pi用の楽しい拡張基板をたくさん扱っています!(Micro Dot pHATでポケベル作ったり

I bought a new Skywriter HAT. You can manipulate 3D gesture sensor!
新しく買った Skywriter HAT (on SWITCHSCIENCE)、なんと3Dジェスチャーセンサー!

I could connect to IchigoJam via I2C! see : src on GitHub, RPi's pins (I2C)
IchigoJamとI2Cで接続できました! 参考: src on GitHub, RPi's pins (I2C)

5 OUT 1,0:WAIT 1:OUT 1,1:WAIT 1 10 POKE#700,#10,0,0,#A2,#85,0,0,0,`00111111,0,0,0,0,0,0,0 15 IF I2CW(#42,#700,PEEK(#700)) STOP 20 POKE#700,#10,0,0,#A2,#A0,0,0,0,`00011111,0,0,0,`00011111,0,0,0 25 IF I2CW(#42,#700,PEEK(#700)) STOP 30 POKE#700,#10,0,0,#A2,#80,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0 35 IF I2CW(#42,#700,PEEK(#700)) STOP 100 @LOOP 105 OUT 2,0 110 IF I2CR(#42,#780,26) 115 OUT 2,1 120 IF PEEK(#780+3)=145 FOR I=0 TO 25:?PEEK(#780+I);" ";:NEXT:? 130 GOTO @LOOP

Test IchigoJam BASIC program to connect to Skywriter HAT and IchigoJam
OUT1 - RESET(17pin)
OUT2 - TRFR(27pin)


海賊ロボ忍者さる! Pimoroni means Pirates Monkey Robot Ninja!?

More fun of computers with devices! Thank you interseted in IchigoJam!
コンピューター、いろいろつなぐともっと楽しい! IchigoJamの話、聞いていただき感謝です!

Document: How to build IchigoJam T & First Soldering

Document: First Step of IchigoJam (IchigoJam はじめのいっぽ)

Document: IchigoJam Mini Games (IchigoJam ミニゲームズ)

We've done a school to create business with IoT device by IchigoJam in Fukui.
福井では、IchigoJamを使ったIoTビジネス創出コースが最終発表会。

smart closet IoTクローゼット!?


smart agriculture IoT農業!?


smart cake shop IoTケーキ屋さん!?


smart instrument 新楽器!?

for Kids! こどもたちへ!
Raspberry Pi Foundation ceers you! ラズベリーパイ財団も応援!
PCNこどもプロコン! / PCN Kids Programming Contest 2017 in Summer

Let's enjoy to create across borders!
いろいろ飛び越えて、創るを楽しもう!

links
- Pimoroni
- PCN Products (Programming Club Network)
- IchigoJam
- Raspberry Jam Tokyo #008 - connpass

Asia Open Data Hackathon and Maker Faire in Tokyo, Connected world!

2017/08/06 23:55:00
#opendata #VLED #maker #IchigoJam 

ASIA OPEN DATA HACKATHON was launched in 2015.
In this 2017, Taiwan and Japan connected! (*MOU at VLED)
Japan's theam is Weather-Driven Solution!
Our team!


The important thing is humidity!


I helped developping on IchigoJam!


IchigoJam controlled by PC via MixJuice (network board for IchigoJam).
*tips of IchigoJam
ALT+'[' → '_' (under line)
Use tethering when you can't connect on a local network


PCN meets CoderDojo Japan at MFT2017!


Japan is not only Tokyo! Makers festival will hold in Ueda city Nagano pref!
上モノフェス」 Ue-Mono-Fes


Glass type Wearable "OTON GLASS". Glass will be the king device!


CEO of OTON GLASS


It's show time!


Let's connect this great world by techs!

ASIA OPEN DATA HACKATHON and Maker Faire

ものづくりは国境を超える、Maker Faire Tokyo 2017 と光るペンダント

2017/08/05 23:55:00
#maker #IchigoJam 

Maker Faire Tokyo 2017、初日PCNブースにはいろんな国からのお客さん!
ものづくりの楽しさは万国共通!


ロボットさんも来訪!


福岡でロボット教室している、リチャード!


Maker Faire マレーシアの人!


Google、Android Things を作ってる、サンフランシスコから移住してきた Johan と再会!


今回の装備、光るペンダント、IchigoDake点滅エディションの秘密はボタン電池、CR2032。
3Vなのでこのまま裏面のVCCとGNDにはんだづけするだけ!ボタンを押しながら電池をいれてファイル0を自動起動!


IchigoIgaiに差し込んで、ペンダントの発光パターンをプログラミング!

10 LED1:WAIT3:LED0 20 WAIT 60,0 30 GOTO 10

20行目のWAIT60,0で省電力スリープをかけるのがコツ。ボタン電池を長く使えます!
(24時間経過し点滅し続けてます)


PCNブースにて次々披露されるユーザー作品、モニターキーボード一体型IchigoJam、3Dプリンタエディション!


PCNブースを飾るロボット達、見どころは、アイロンビーズ製の筐体!
かわいいペンギンからかっこいい多脚型まで!


開場直後の会場は気温21度、湿度73%と湿度は高めながらとっても涼しい設定。


sakura.ioで遠隔操作できるめがね会館ビルチカ模型も活躍!

実際のめがね会館で、ビルチカした時の様子


どこでも人気のかわくだりゲーム、大人も驚く、たった7行で作ることができるゲーム。

10 CLS:X=16 20 LC X,5:?"O" 30 LC RND(32),23:?"*" 40 GOTO 20 RUN 35 WAIT3 36 X=X-BTN(LEFT)+BTN(RIGHT) 37 IF SCR(X,5) END

自分で学習して改造しはじめたら、もう一人前のエンジニア!


全国のファミマで販売されている「夏休み自由研究ノート」に掲載、IchigoJam!
サーボを使ったプログラミングを紹介してくれてます!
刺激を受けたこどもたち、早速創ろう!


新会場、東京ビッグサイト東7-8、PCNブースは左側の東7を入って右奥方向真ん中あたり、A-04-06です!

開場散策

FaBoから新リリース、IchigoJamでつくる新ロボットカーキット、HotDog E-05-07


KobutaProject(E-08-08)、Ichigo Laptop!
キーボード、モニター、IchigoJamがコンパクトなモバイルに!


IchigoJamにマルチメディアボードPanCakeを載せて、更にオリジナルの外部メモリEEPROM用基板!
使い倒してくれて、うれしい!


MRFC、ファミコンのカセットをリアルタイムに透過処理して、現実世界と混ぜてゲーム化!
近づくと見える大きなドット、横から見ると立体的なボクセルとなっているのがおもしろい!


自分でまわるイカサマダイス!


田んぼの平和を守る、アイガモロボット、i-GAMプロジェクト(E-11-08)


mayah(E-12-04)、ぷよぷよを画像認識して自動対戦!
実際のテレビをカメラから認識する、ファミコンのコントローラーを握ったロボットと対戦したいっ


オートなオタマトーン!豪華18コのソレノイドで演奏!


明和電機も協力、ソレノイドを使ったコンテスト、ソレコン!びっくりするもの買えました(また後日)


例のFM音源、YAMAHA YMF825Board 開始5分で売り切れたそう!


ナダ電子さんのNFC&プリンタ!

2次会、Akiparty

秋葉原で開催された、Akiparty、もっと派手な電飾が必要でした
音と同期するウェアラブルメガネで参戦しなきゃっ


ギャル電さんの展示&物販コーナー!キーボードの[w]を押すと草、生える!


衣装総重量7kg!? 電飾アイドル、ほわいともかさんの気になる光るスカートの電源パック、重かった!


Maker Faire Tokyo、8/5-6の2日間!
Maker Faire Tokyo 2017 | Make: Japan
東京ビッグサイト、東7/8へのちょっと近道

静岡沼津高専で披露された謎FM音源!? 三島でパソコンとゲームとこどもメイカーづくり

2017/08/01 23:55:00
#IchigoJam #shizuoka #maker #doc 

5つ星オープンデータのまち、静岡県三島市。
昨年より増員、20人の小中学生がパソコンのはんだづけと、IchigoJam BASICによるゲームづくりに挑戦!
三島から始まったカラバリパーツのアラカルト方式のパソコンづくり、今年も好評!
受付終わった人から順にパーツを集めてもらいました。コンデンサ2種類、14ピンソケットだけ2つずついるので目印つけると良さそう。

5分でさらっとパソコンの紹介、早速パソコンづくりを開始。
はんだごての熱さは焼肉の鉄板並、一瞬触れるくらいならなんともないよ!
はんだこてより実は危険なニッパー、切れ端が飛ばないように指で抑えて失明を防ごう!
(子供の手にも優しい小型のニッパーの準備が望ましい)


はんだづけ動画でイメージをつかんだら早速トライ!


1時間半で全員完成!いろとりどり!


できあがった人は、モニター、キーボード、電源をつないで、スイッチオン!


待ってる間の自習資料「IchigoJamはじめのいっぽ&IchigoJamミニゲームズ」


LEDを2回つける方法に楽しく悩んでもらいました。問題にした以上、安易に正解を出したくないのがワークショップのジレンマ。
残り時間少なく、かわくだりゲームを若干駆け足で体験してもらって、ワークショップは終了。
スキップした、ボタン押しながら自動起動、ぜひお家でトライしてください!


スライド「IchigoJam パソコンとゲームづくり」


自分でつくったゲーム入りの自分でつくったパソコンとともに記念撮影!

沼津高専で見た、コンピューター制御のマリオネット!

電気で収縮する金属を使った音もなく動く様子がキモかわいい!


披露された静岡発の謎FM音源!


ラズパイとSPIでつながる、コンパクトなFM音源チップとのこと。近日公開!?


IchigoJamとつないで、いろいろ合奏できると楽しそうっ


静岡で広がる、ものづくりネットワーク!

参加してくれたこどもたち、どんどん楽しいものつくってね!
できた作品はぜひコンテストへ「PCNこどもプロコン2017夏

リレーとRTCとIchigoJamで改造、自動ネコゴハンマシン

2017/07/17 23:55:00
#IchigoJam #KidsIT #maker 

デザインと機能がぴったりくる商品がなかったら、それはものづくりのチャンスかも!
うちの猫のごはんは、1日5回、決まった時間、決まった量(0.1g刻み!)。
外出中用に使っていたタイマーはアナログ式で時間が大きくずれる上に、毎回の設定が面倒。

まちで見かけたなかなかかわいい回転式のオートフィーダー、正確な時間でコントロールできれば完璧!ということで作ってみました。

ごはんの時間になったら作動し、ごはんが入ったお皿が回転して、食べられるようになります。


中身はバネと一皿分回すためのソレノイド、制御基板なっていました。
ソレノイドだけを切って外に出します。


リレーモジュール経由でソレノイドが動き、お皿が回ることが確認できたので、正確な時刻を刻むRTCモジュール[DS3231]を使って、指定時間に作動するようにプログラム!

10 LET[10],700,1200,1800,2000,2230:C=5 15 VIDEO0 20 GSB@GETHM:A=0 30 IF N>[10+A] ?N,[10+A]:A=A+1:IF A=C A=0:GSB@WAITM:ELSE CONT 50 @LOOP 60 GSB@GETHM:CLS:?" NOW:";N:?"NEXT:";[10+A] 70 IF N>=[10+A] ?"GOHAN!":GSB@MOVE:WAIT60:A=(A+1)%C:IF !A GSB@WAITM 80 WAIT 60*30,0:GOTO@LOOP 90 @WAITM:GSB@GETHM:CLS:?" NOW:";N:?"WAIT TOMORROW":IF !N RTN ELSE WAIT60*30,0:CONT 100 @MOVE:OUT1:WAIT5:OUT0:RTN 200 @GETTIME 210 IF I2CR(#68,0,#700,7) ERR 220 FOR I=0 TO 6:[I]=PEEK(#706-I):[I]=[I]>>4*10+[I]&15:NEXT:RTN 240 @GETHM:GSB@GETTIME:N=[4]*100+[5]:RTN

動作の確認ができたら、VIDEO0でディスプレイを消し、WAITn,0コマンドで省エネスリープを使って省電力化。 RTCのタイマーを使えば、もうちょっと省エネ化できるはず。


動作が確認できたらケースに内蔵して、ACアダプター動作にしちゃう予定ですが、ひとまずお菓子のハコで代用します。


最大4回分のごはんをセットしておけます!

ないものはつくろう!
Hana道場で進む、越前がにロボコン用のロボットキット準備。

レーザーカッターでギアの切り出し。


新しい基板も届きました!

未来を創る子供達、この夏、越前がにロボットづくりもひとつのきっかけにどうぞ!
事前講習会」申込、受付中!

マトリクスLEDで表示する温湿度計をIchigoJamでつくる - SH-21 x HT16K33 via I2C

2017/07/16 23:55:00
#IchigoJam #KidsIT #maker 

いい温度センサーに加え、快適さの要、湿度もちゃんと測りたい。
そんな時便利なのが「SH-21」温度の誤差0.3度、湿度の誤差2%とかなり正確!
I2C接続できるマトリクスLEDに表示する、温湿度計ができました。


作り方 (IchigoJam ver1.2.2用)
まずは温湿度計、SH-21を攻略しましょう。

?I2CW(#40,#F3) 0 ?I2CR(#40,#700,3) 0 N=PEEK(#700)<<8+PEEK(#701) OK ?(N>>2+46)/93-47 26 OK

#40がSH-21のI2C用アドレスです。
コマンド#F3を送って、温度計測開始、0.1秒以上待って3byte読み出します。
先頭の2byte(big endian = 上位桁が先)の結果の下位2bitは状態なので捨てて、計算すれば温度がでます!(最後の1byteはチェックサム)

データシート記載の正しい式は、-46.85+175.72*(N/65536) ですが、1度単位で表示するだけなので、概算でいきます。

同じように湿度計も計算し、表示するプログラムがこちら。

10 GSB@TEMP:T=N 20 GSB@HUM:H=N 30 ?T;CHR$(223);"C ";H;"% " 40 END 100 @TEMP:M=#F3:GSB@SH21:IF!N RTN 110 N=(N>>2+46)/94-47:RTN 200 @HUM:M=#F5:GSB@SH21:IF!N RTN 210 N=(N>>2+65)/131-6:RTN 300 @SH21:N=0 310 IF I2CW(#40,M) RTN 320 WAIT 6 330 IF I2CR(#40,#700,3) RTN 340 N=PEEK(#700)<<8+PEEK(#701) 350 RTN

@SH21でデータ送受信部分をまとめておくと、プログラムが短くなります。
*VIDEO5 を加えると大きく表示!


ディスプレイに表示し続けるのはちょっと電気がもったいないので、I2Cで接続できるマトリクスLEDにスクロール表示させてみることにします。

今回はIchigoDakeで使える、I2C接続のマトリクスLEDを使いました。
使ったこのキット[K-8X8I2C1388]は在庫切れなようですが、同じドライバ「HT16K33-24W」を使った大型のキット[K-8x8I2C412388]なら在庫あり。
シリアルが使えるIchigoJamならIchigoDotSを使ってもOKです!

HT16K33の使い方は、初期化から。

?I2CW(#70,#21) 0 ?I2CW(#70,#81) 0

これで何か表示されるはず。続いて、ランダムパターンを表示させてみます。

FOR I=0 TO 7:[I]=RND(256):NEXT OK ?I2CW(#70,0,#800,16) 0

明るさは16段階、#E0から#EFで指定します。

?I2CW(#70,#E0) 0

画面の一番上の行をスクロール表示するプログラムをつくります

10 ?I2CW(#70,#21) 20 ?I2CW(#70,#81) 30 ?I2CW(#70,#E0) 200 S=#900:CLS:?"26";CHR$(223);"C 69% " 210 N=0 220 C=PEEK(S+N>>3):M=N&7 230 FOR I=0 TO 7:[I]=[I]<<1|(PEEK(C*8+I)&(#80>>M)!=0):NEXT 240 R=I2CW(#70,0,#800,16) 250 N=N+1:IF N=LEN(S)*8 N=0:GOTO200 260 GOTO 220

温湿度計プログラムとスクロール表示プログラムを組み合わせればできあがり!
それぞれファイルに保存しておき、コマンド「LRUN プログラム番号、実行行番号」でつなぐとすっきりします。

学習リモコンプログラムと組み合わせて、真夏の夜中を快適に寝られるようにエアコンを自動制御してみる予定です。
sakura.ioと組み合わせて、いろんなところの温度と湿度の変化を見る、デジタル百葉箱オープンデータも楽しそう。

Let's Life Hack!

ものづくり好きによるNT金沢、つないで遊ぶ Pico-Color x IchigoJam

2017/07/08 23:55:00
#maker #IchigoJam #ishikawa 

ものづくり好きによるイベント「NT金沢2017」7/8-9、金沢駅にて開催!
「作ってみた」は正義。


生活に色を添えるPico-Color、5VとGNDをIchigoJamのCN5につなぐと青くゆっくり点滅はじめます。
Pico-Colorのセンサー部分を触ると、赤から緑へと色変化。
PB4をIchigoJamのOUT1へ接続して、次のプログラムで、赤と青が交互に点滅するなど、ちょっとオシャレな光る部品として使えます!

10 OUT1,1:WAIT60 20 OUT1,0:WAIT60 30 GOTO10


配線は、Pico-Colorの左側(POW/PB5/PB3/PB4/GND)へピンソケットなどをはんだづけするだけ


今回の買ってきたものたち
- キーボード及びキーボードを自作するための本
- Brainfuck言語でCPUを作ってみたい本 by なませれ宇宙開発機構 - (参考、IchigoJamでつくってみたBrainfuck
- FPGA技術SPECIAL
- 世界のMakerFaireの歩き方
- Pico-Color
- 無駄な抵抗コースター
- 電子工作 x 水引 アクセサリー - (参考、電子工作アクセサリー)
- Qiから電源をとる回路


Pico-Colorを使った七夕の笹デモ、触るとじわっと色の変化が伝搬するのが楽しい


ここだけ特価500円!何か作ったら、売ってみたくなりますねっ


電脳メガネ「ハゲスカウター」発見、メガネのツルにワイヤーで7セグLEDをつけたGoogle Glass風 / VUFINE風。
温度や時間など、この形式、割りと良さそう!neoplug対応版をぜひ!(neoplug関連記事)


7セグLEDを16x8、128コ並べた動画プレイヤー


裏を見せてもらったら気合の手配線!


キーボード自作している人!IchigoJamのキーボードも自作キットとか用意してもいいかもしれない。


ジャンパーワイヤーや抵抗、クリスタル、コンデンサなど、電子部品を使ったアクセサリー。


抵抗入り!


メモリーカードをIchigoJamに接続するJamToastも発見!


NT金沢の会場は金沢駅東口から徒歩1分、まっすぐ地下へ入ってすぐ!お近くの方、ぜひどうぞ!
NT金沢
訪問時写真 on Facebook


ランチに、石川県内灘町のカレー屋さん「るびな ばいざべい
カレーと一緒に頼んだ、季節の野菜のパコラ(インドのてんぷら風)につける謎の塩がうまい!


レジ前に売ってた謎の塩、10種類のスパイス&ハーブによる「るびなオリジナルマジックソルト」


いい野菜が手に入ったので、カットして、焼き野菜をつくってみる


マジックソルトと相性抜群、新鮮焼き野菜&焼き肉!塩で食べる焼肉、オススメ!

料理も、手芸も、電子工作も、プログラミングも、なにかつくるのは楽しい!

links
- NT金沢2016訪問記

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image