create every day - 福野泰介の一日一創

IchigoJam meets Raspberry Pi! Mr. Eben Upton's first IchigoJam BASIC program is...

2016/12/11 23:55:00
#KidsIT #IchigoJam #rasppi 

I am invited to the event "BIG Raspberry JAM Tokyo 2016" by Raspberry Pi users group.


with Mr. Eben Upton(@EbenUpton), inventor of Raspberry Pi!


Eben's first program on IchigoJam BASIC during just few minutes!

10 FOR I=1 TO 1000 20 LED1 21 IF BTN() X="FOO" ELSE X="BAR" 30 WAIT10 40 LED0 50 WAIT10 51 PRINT STR$(X) 60 NEXT


I showed him "Age Detector IoT by IchigoJam"

This is my talk at the event.
IchigoJam x Raspberry Pi = ?:
Practice and challenges on programming education for kids with BASIC


I updated IchigoJam for Raspberry Pi. The special character can be used on Raspberry Pi also!

With small and smart inexpensive computers,
Let's create and connect kids can program all over the world and connect together!

起動3秒、Raspberry Pi Zero で動かすIchigoJam(ベアメタル)

2016/12/10 23:55:00
#KidsIT #IchigoJam #rasppi 

Raspberry Pi Zero で、ラズパイ用ベアメタルIchigoJamが動きました!

Raspberry Pi Model A+とLEDの点灯論理が逆だったのでコンパイルしなおして対応。判定ロジックをプログラムすれば、1つのSDカードで、初代ラズパイ、Raspberry Pi Model A+、Zeroの3種類に対応できるはず!(ラズパイ2や3はCPUが異なるので別対応が必要)


電源を入れて起動、LED1で小さなLEDが点灯、自動点滅プログラムを動かすまでの6秒動画


IchigoJam on ラズパイゼロ!
電源はUSB-OTGケーブルから分岐させ、ACアダプターに接続しています


Mini HDMIで動きますが、ビデオ出力用のピンをはんだづけしていつものモニターにつなげる!

いよいよ、Raspberry Pi のユーザーイベント、BIG Raspberry JAM 開催&登壇!
BIG Raspberry JAM Tokyo 2016 - connpass
創業者のエベン・アプトンさんにも会える予定!

参考リンク
- Make: Japan | Eben Uptonに聞くRaspberry Piに関する10の質問
- あの名刺サイズPCはこうして生まれた:子どもたちがいつでも・気軽に触れられるコンピュータを――「Raspberry Pi」に詰まった創業者の思い (1/2) - MONOist(モノイスト)
- 我らプロフェッショナル 世界を元気にする100人 - 「25ドルのコンピュータがあればで子供達が遊べる」~エベン・アプトン氏・Raspberry Pi財団設立者:ITpro
- わずか600円台のコンピューター「Raspberry Pi Zero」が登場 - GIGAZINE

NASAからの贈り物! 宇宙ステーションで動いた Raspberry Pi を3Dプリンターで再現

2016/02/15 23:55:00
#KidsIT #print3d #rasppi 

現在運用されている唯一の有人宇宙ステーションISS
特殊なケースをまとわれ宇宙での実験に使われた Raspberry Pi ケースの3Dプリンター版のデータを印刷してみました。
ISSの宇宙実験で使われたRaspberry Pi「Astro Pi」ケースの3Dデータを公開 | fabcross
宇宙ステーションでのパソコンといえばミールで動いていたMSX2伝説も有名!?


Astro Pi - Raspberry Pi 2 B+ 用3Dプリンターケース」

3Dプリント用のSTLデータは、こちらのGitHubに4ファイルあります。ダヴィンチ1.0の標準での印刷時間は下記の通り。
SECTION_1 3時間47分 放熱用(?)のイボイボが時間がかかる
SECTION_2 2時間45分 底面、サポートが必要だった
SECTION_3 1時間49分 こちらもサポート必要だった
SECTION_4 1時間45分 上面、トラブルなくできあがり
合計10時間6分!


時間はかかりますが、データ転送したらほっとくだけ。NASAからの贈り物が空間を超えて手元に届く感動。
※端のぐるぐるしたところがサポートを付けなかったことで浮いてしまった印刷失敗の跡

パーツ分割手法や、かみ合わせなど、3Dデータに込められたノウハウを手にとって、生データと共に見られるのは嬉しい!
もう少し小さければまとめて4つ印刷できるので、IchigoJam用ケースならまとめていけるかも!?


Hana道場でも、小中学生に人気な3Dプリンター!(Hana道場の投稿
テクノロジー、広まるほどに楽しくなります!


PCN三重発のIchigoJam信号機も印刷してつくってみました。(Vine動画
教材をデータで気軽に送り合える、便利な世の中です。

Raspberry Pi A+ のケースを印刷して、IchigoJam化!

2015/12/07 23:55:00
#print3d #rasppi #IchigoJam #opendata 

実験中のRaspberry Pi用IchigoJamの基本命令LED、初代Bでうまくいって、A+でうまくいかなかった原因はラズパイのModelによる仕様違いでした。


GPIO16(負論理) → GPIO47(正論理)でLEDコマンドで光った!


HDMIとUSBキーボードで動くコンパクトなIchigoJamのできあがりです!
40ピンを使って、ちょっと配置が変則的でわかりづらいですが、I/Oもサポートしておくといいかも?
(IchigoJam for Raspberry Pi は開発中、未公開)


かわいくてお気に入りのラズパイA+用のケースは、ThingverseのCC BY-SAのケースデータからカスタマイズして、3Dプリンターで出力したもの。 ケープで仕上がり良好です!
(データはこちら「simple case for Raspberry Pi A+ by taisukef - Thingiverse」)


敷居が高いように思われ勝ちな3Dプリンターのためのモデリング、基本はブロックの足し算と引き算。そんな難しくありません。こちらが今回のケースのモデリング途中の様子です。


穴の開けたい部分にブロックをおき、引き算することでこのように穴が開きます。もうちょっと小さくても大丈夫でしたね。LED点灯部分には穴を開けておけばよかったとか、角は少し丸めておくと痛くないとか、実際つくってみて気がつくことも多数。

3Dプリンターのリアルなものができる感動、ぜひ一度ご体験ください!
(ぜひ子供に体験させてあげてください!)
鯖江近辺の方は、Hana道場へどうぞ!

自分でつくる!こどもパソコンIchigoJam、好評発売中!(Xmasスペシャルも!)

クリスマス限定!IchigoJamサンタセット | PCN プログラミング クラブ ネットワーク

IchigoJam on Raspberry Pi - ラズパイ用のベアメタルOSとしてのIchigoJam

2015/12/05 23:55:00
#IchigoJam #rasppi 

IchigoJam、誕生のきっかけの一つ、イギリス発の格安パソコン、Raspberry Pi。
目指すはMSX! Raspberry Pi より安価な IchigoJam 発表!

ブログを振り返ると2013年10月に「MSXの再来となるか?低価格パソコン、Raspberry Pi」と入手したものでした。 先日、この旧ラズパイをIchigoJam風にし、ついにプログラムがかけるようになりました!


IchigoJam BASIC が Raspberry Pi Model B で5秒で起動し、エルチカプログラミングする動画


せっかくなのでもう一度、ラズパイと並んで記念撮影!
Raspberry Pi Model B, Raspberry Pi Model A+
IchigoJam, IchigoJam U

ラズパイモデルとIchigoJam比較
※未実装(unpopulated) = はんだ付けなどすれば使える

HDMI+USBキーボードで使えるIchigoJamになるのはうれしいかも!?
2ではなく1ベースの$5PC Raspberry Pi Zero、いろいろと外付け部品が必要になってしまっているのが残念。 個人的には上の写真にもある、Raspberry Pi Model A+ の低価格化に期待したい。あと、電源スイッチつけてほしい・・・。

LinuxやWindows、MacOSなど一般のOSを使わず、パソコン用の起動コードからプログラミングしてつくることをベアメタル(baremetal)と呼ぶそうです。 IchigoJamで使っているLPC1114などマイコンの世界では当たり前ですが、メモリ量が桁違いに多い通常のパソコンの世界ではLinuxなどのOSの上でアプリケーションをつくるのが一般的です。 ただ、$5ラズパイなど超低価格な高性能パソコンが出まわる中、特定の用途専用で使う場合は、ベアメタルでつくってしまったほうが、セキュリティリスクも低く、起動も高速かつ、性能をフルに引き出せるので注目されています。

開発中の IchigoJam BASIC on Raspberry Pi の起動時間、現在は5秒。
チューニング次第でもっと早くできるはず!

余ったラズパイをIchigoJamに!? IchigoJam for Raspberry Pi αバージョン

2015/11/30 23:55:00
#IchigoJam #rasppi #maker 

旧ラズパイをIchigoJam風にしてみました。

LED1くらいは対応しようとしましたが、まだ光りません。
プログラムもまだできませんが、USBキーボードでがちゃがちゃ打てます。


ラズパイには電源スイッチがないので、コネクターにつけてみました。
SDカードを抜き差ししてデバッグするのには、microSDじゃない大きなSDカード版が便利かも。

全世界700万台を超えるRaspberry Pi、IchigoJamにしてリサイクル!?

- IchigoJam

旧Raspberry Pi用コネクタをユニバーサル基板でつくる

2015/11/29 23:55:00
#maker #rasppi 

なんと$5バージョン登場、ラズパイことRaspberry Pi。
古い Raspberry Pi、ピンヘッダを外部とアクセスしやすいピンソケットに変換します。


IchigoJam用のユニバーサル基板(aitendo 120円)ものがちょうどいい感じ。
あと、手元のピンソケット(aitendo 14ピン/35円)を4つを使って、はんだづけ!


古いラズパイは13ピンx2、2ピンは余り。


この図、上側、左から 5V, 5V, GND, TXD0, RXD0 ... と並んでいるのでつないでシリアル通信できます。
下側、左から、3.3V, I2C(SDA1), I2C(SCL), GPIO4, GND, GPIO17 ... を使ってI2C通信も使えそう。
詳しいピン配置はこちらなど。
ピン配置、ピンソケットに貼れるシールを作ると便利そうです。

IchigoJamではじめる電子工作 / Arduino、Raspberry Piとの比較

2015/05/17 23:55:00
#maker #IoT #rasppi 

ワンボードマイコンという、1枚基板でシンプルな電子工作用のコンピューターが数千円で購入できるようになり、あらゆるモノがインターネットにつながろうとする現代、電子工作とプログラミングはものづくり好きには必須スキル。

とはいえ、モノに組み込むために作られたコンピューターチップ、マイコンの開発環境を準備するのはちょっと大変でした。その敷居をぐっと低くしてくれたのが Arduino。また、低価格スマホの副産物として登場した超低価格PC Raspberry Pi によって、PC向けの資産を活かした開発もできるようになり、電子工作の自由度がぐっと広がりました。

そんな楽しい「インターネット電子工作ものづくり」への敷居を更に下げる IchigoJam(イチゴジャム)。電子工作界のハローワールド、エルチカ(LEDをチカチカさせる)を紹介します。


LEDを用意して、短い方をGND、長い方をOUT1に入るように挿し込みます。(レジンでつくったオリジナルLED


このようなシンプルなプログラムを書いて、RUN で差し込んだLEDが点滅!
ESCで止めて、WAITのあとの数を小さくすれば速く、大きくすればゆっくりになります。

OUTコマンドはピン番号と1か0でONかOFFをコントロール。
WAITコマンドは"待て"の意味で、1/60単位で指定します。
GOTOコマンドで次に実行する手順番号(行番号と呼ぶ)を指定することでくりかえします。

今回はLEDにつないだ電気信号、モーター制御につなげば車やロボットのコントロール、ディスプレイにつなげば映像に、スピーカーにつなげば音になります。


チカチカさせるLEDの他、家庭用のテレビ、ビデオケーブル、PS/2キーボード、microUSB電源だけご用意ください。


IchigoJam, Arduino, Raspberry Pi の比較
開発に初心者用プログラミング言語BASICを採用し、難易度がぐっと低く、パソコンが不要なのが特徴です。自分で組み立てることから始めると愛着も沸くのでおすすめ!ネットワークはありませんが、konashiへの接続や、外付のボードをつなげばOK!

FOR/NEXT、パターンジェネレーター、マシン語I2Cなど、強力になったIchigoJam BASIC ver1.0.0、まもなくリリースです!(開発版ベータはすでに公開中です)
- IchigoJam

IchigoJam vs Raspberry Pi / 手軽さで勝負!

2014/05/18 23:55:00
#IchigoJam #rasppi 

すべてのこどもにプログラミングするきっかけを!

IchigoJam、いい感じの仕様に落ち着いてきました。IchigoJam-FANの方々のご協力もあり、ver0.7.5の公開を本日迎えました(最新BASICリファレンスはこちら)。

LPC1114のDIPパッケージという、ピン間隔が広いマイコンを使っているため、ブレッドボード上で組み立てたり、ハンダ付けすることも簡単です。秋月電子や、マルツパーツ館など、入手性も良いので、プログラミングからロボット制御へのステップアップにも使ってもらえそうです。

ここで一旦、ライバルRaspberry Piとの比較をしてみます。


左)IchigoJam 右)Raspberry Pi Model B (こども用として有名)

IchigoJamRaspberry Pi Model BIchigoJamコメント
価格$15$35より安く!
キーボードPS/2USB市販キーボードでok
映像出力ビデオ
テキスト出力のみ
288x216px (36x27文字)
ビデオ/HDMI
1920x1080px
リビングで使えます
音声出力-ステレオ/HDMI対応検討中
汎用入出力UART, IN x 4, OUT x 4UART, GPIO x 8, I2C, SPI簡単なロボット制御できます
SDカード不要必要買ってすぐに使えます!
ネットワーク-LANポートつながらないので安心!
消費電力最大1W3.5W省エネです
電源5V(microUSB)5V(microUSB)手頃なスマホ用の充電ケーブルでok
OSIchigoJam BASICDebian / Fedora / Arch Linuxなど(設定必要)設定用のパソコンも不要で、電源入れるだけで即使えます
メモリ4KB512MB13万分の1しかありませんが動きます
周波数48MHz700MHz15分の1しかありませんが動きます
プログラミングBASIC
リファレンス
Scratch / Python etc...選択肢は少ないほうが迷いなく始められる?
教材少ない多い一番の課題!充実させていく予定

※2015.3.30追記、当時の解像度 296x216px(37x27文字)を現行に合わせ修正

ブレッドボード版(1,500円+送料)に加え、上記写真にあるようなハンダ付けしたバージョン(2,500円+送料)の提供も開始しました。数に限りがありますので、ほしい方はお早めに!

提供 IchigoJam
- ブレッドボード版 - コンピューターのかんたん組み立て実験
- ハンダ付け版 - 角丸基板にコンパクトに実装したもの

追加情報
- IchigoJam-FAN - 気になる方向け、Facebook公開グループです
- ichigojam.net - IchigoJam公式サイト
※ブレッドボード版は、現在PCNなどにて販売しています(ブレッドボード版IchigoJam

ものづくり魂に火をつけろ!鯖江ものづくり博2013

2013/10/20 23:15:00
#maker #rasppi #lpc1114 

さばえものづくり博覧会に行ってきました。村田製作所やタイヨー電子の最先端技術から、福井高専の自然エネルギー発電や電気自動車などのチャレンジ、漆器・木工・繊維・越前和紙など伝統技術、エンツォフェラーリなどデザインした奥山清行氏によるメガネ、梵やよしむらおかきなど、多様な"ものづくり"に一気に触れることができました。


(Facebookアルバムへ)

いろいろ見ると、つくりたくなりますね!ということで、昨日の続きとして、赤外線リモコン信号を解析するデバイスをマイコンLPC1114でつくって、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)につないでみました。時間にシビアでリアルタイム処理が必要かつ軽い処理は、マイコンが便利です。シリアルで信号を出力するようにしたので、Raspberry Piだけでなく、USB経由でPC/Mac/Android、konashi経由でiPhone/iPadとも接続できます。

ものづくり博を見てきたばかりなので、ケースは木にするかプラスチックか、漆器で蒔絵、服に埋め込むなんてものもありかなぁと、想像もより具体的に考えられて楽しいです。こういうイベントなどを機に、子供からシニアの方まで、ものづくり魂に火がついちゃうといいかも!鯖江は宝の山です。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image