create every day - 福野泰介の一日一創

鯖江市地域活性化プランコンテスト10周年記念!来年メジャーバージョンアップへ!

2017/11/11 23:55:00
#sabae #sabaepc 

2008年に始まった「鯖江市地域活性化プランコンテスト」は、第10回も大成功。
10周年をお祝いするイベントに、第1回から歴代参加者と運営メンバーが集う、大イベント開催でした。


福井高専に眼鏡工学科を!第2回おとな版のプランは不滅です!


10周年、おめでとう!


参加者から、メンター・主催側へ!長年活躍し続けていただき大感謝です!市長からメガネ技術の感謝状!


鯖江市役所から創始者竹部さんへ、サプライズ感謝状!


鯖江プラコンパネル!


活性化プランコンテスト参加者のお腹と心を満たしてきた鯖江おかみさん会達のおいしいごはん。
懇親タイムも盛り上がりました!


鯖江プラコン大喜利!


鯖江を2割増でアピールしてくださいの答が秀逸、見事優勝!


鯖江プラコン大喜利スタイルで即席プラコン「鯖江が2〜3分で活性化するプランを教えてください」


審査員全員が笑った札を上げると、加藤社長のドリームカムズトゥルー動画と共に1ポイント!


なんと、優勝賞品は鯖江プラコンの優勝賞品同様「梵 - 夢は正夢」


大喜利特別賞、IchigoJamセットを3分で活性化する案として、光るカセットテープを提案した宮本くんに贈呈!


光るカセットテープはここでも人気!プログラミングと合わせて、やってみたくなった人、多数!


ということで、光るカセットテープも3代目。
表面のシールは剥がさなくてもキレイに光りました。しかも、カセットらしさアップ!


今回は配線を外に回さず、VCC/GND/OUT1へ接続するピンヘッダを左のリール部分から出してみました。
光るカセットテープのつくりかたのプログラム、25行を削除でOK!)


ケースにも収まります!


福井、東京、新潟でワークショップ!?

老若女男も地域も越えて、メジャーバージョンアップした姿が楽しみです!
鯖江市地域活性化プランコンテスト

links
- 鯖江市地域活性化プランコンテストの10周年記念イベントでした|『さばえ.jp』百さんのブログです

自分達をターゲットにする企画の強さ / 第10回鯖江市地域活性化プランコンテスト決勝!

2017/09/11 23:55:00
#sabae #opendata #doc #sabaepc 

「市長をやりませんか?」
今年で10回目を迎えた鯖江市地域活性化プランコンテスト!審査員歴も10年に!
今回は鯖江市議会日程と重なったため、予選&決勝パターン。

24人の学生市長&学生団体With!

決勝3チームを見て思う、作り手(企画者)=使い手(参加者、顧客)の圧倒的強さ。

ものづくりでも、自分がほしいものをとことん作った強さがあるように、学生達自身の手で作り上げた鯖江市地域活性化プランコンテストは、学生参加者にとって楽しいに違いない。

運営の学生団体With!連日の疲れを全く見せない、みんないい笑顔!


配信を担当した、福井高専メディア研究会


チームハッシュドビーフ「やんしきxテクノ」
概要:鯖江市全員をやんしきで踊り狂わせたい!(特に若者)
課題:やんしきの行き詰まり(若者参加低迷)
現状:太鼓と鐘を加え、ビートを刻むアレンジ、小学校へのPRなども目立った効果はでず、芯は残してアレンジは自由にしてOK(鯖江市やんしき保存協会)
解決案:やんしきxテクノ、めがね工場音のサンプルを使ったアレンジも
裏付け:テクノ動員数増加(ULTRAJAPAN)、浴衣を着たい若者に渋谷盆踊り盛り上がる

やんしき保存会のコメントは大きく、何より、提案者自らが実施したい感が良かった。
福井市のお寺「照恩寺」のテクノ法要も人気。

元DJの住職、『テクノ法要』に挑戦!老人にも受け入れられた理由とは – grape [グレイプ]

無形文化財やんしきの調子、メロディー、太鼓音などの素材をCC BY オープンデータ化して、曲コンテストもおもしろそう。(ナオリュウさんの楽曲オープンデータの事例あり)
めがね工場の音など、鯖江ならではの音オープンデータの収集で、協力企業もつのれそう。

かっこよすぎる…町工場の金属加工音がスタイリッシュな楽曲に!
なんと、審査員Forbes JAPAN 副編集長の従兄弟さんだとか!
歌い手が次々と変わるやんしきスタイル、DJが変わるテクノイベントにも通じるものがあるのかも。
小中学生が町内の運動会で、やんしきを踊る輪に加わる姿はよく見る鯖江、やんしき回帰への道は遠くない!


チームロコモコ「メガネxメイク」
課題:鯖江のメガネ、かっこいいメガネはかわいいメガネは少ない
めがね会館販売員談:購入者の7割は男性
解決策:30第以下女性のメガネに対する意識を変え、新たな自分に出会うムービメントを巻き起こす
キーワード:鯖江Megane美人化計画、メガネxメイク、Ms.メガネブ、Dieyes、#メガチェン

鯖江のメガネデザイナーの女性比率はどのくらいだろう?
化粧品売り場の販売員さんが勧めやすい女性デザイナーによるメガネとそのメイク合わせ例の提供がいいかも。
かつて資生堂x鯖江のメガネ「EYE TALK SHISEIDO【眼鏡(めがね)フレーム】 | 鯖江のヴィンテージメガネフレーム専門店 SABAE VINTAGE
結構昔の取り組みのようなので、再度コラボの可能性探ってみてもいいのかも!?
作り手、もっともっと増やしましょう〜


チームシフォンケーキ「世界に一つだけのブラスバンド」
現状:吹奏楽にも強い鯖江(小学校に吹奏楽部、中学校の吹奏楽が全て全国クラス)
もっと強みを伸ばす案:鯖江のメガネを着け、漆をふきかけた楽器を使い、鯖江の繊維を使ったファッションをまとい、鯖江の歌を演奏する

強さの秘訣(教え方、練習法、練習曲など)をオープンデータ化したり、共同練習合宿を誘致して、高めあい日本クラスから世界クラスを目指せる形につなげたい。


最優秀賞の副賞、ボストンクラブのメガネ!


最優秀賞の3人に、のトロフィー「夢は正夢」!


オーディエンス賞を受賞した、メガネxメイクプランのチームロコモコへ、どこかにサイン付きIchigoJamセット!(袋はオタマート)


市長から来年の第11回もよろしく宣言!


実行委員帳、伊東さんからありがとうメッセージ


10回目を迎えた鯖江市地域活性化プランコンテスト、WiFi使える誠照寺
可能性無限大のフィールド「鯖江」いつでも遊びに来てね!

links
- 第10回 鯖江市地域活性化プランコンテスト - Togetterまとめ
- 第10回鯖江市地域活性化プランコンテスト 録画:予選
- 第10回鯖江市地域活性化プランコンテスト 録画:決勝
- 第10回鯖江市地域活性化プランコンテスト 録画:閉会式

鯖江市地域活性化プランコンテスト10年の記録
- 第10回 自分達がターゲットの企画の強さ
- 第9回 プランづくり3つのポイント
- 第8回 鯖江×都会の学生=未来の日本!
- 第7回 まちの活力三要素を取り入れる仕組み
- 第6回 地域活性化の要
- 第5回 Facbookアルバム
- 第4回 ~まとめ~|きらきら星のつぶやき☆
- 第3回 まとめ|きらきら星のつぶやき☆
- 第2回 学生が活躍できるまち鯖江鯖江週末写真家)
- 第1回 参加学生によるもみじまつり出店

プランづくり3つのポイント - 第9回 鯖江市地域活性化プランコンテスト

2016/09/12 23:55:00
#sabae #sabaepc 

市長に立候補し、選抜された24名の大学生が全国から鯖江に集結、2泊3日で立案する「鯖江市地域活性化プランコンテスト」は、地方創生アイデアソン。 ご本山の愛称で親しまれる誠照寺の本堂にてプレゼンされた鯖江の未来につながるエキサイティングな8プラン!


参加市長のみなさん、ステキなプランをありがとう!!

交流会で聞いた悔しいという声、どうすれば勝てましたかという質問に応えてみたいと思います。
ポイントは、共感、驚き、納得の3つ(そうそう!そうきたか!できちゃいそう!)

共感
課題に共感が得られるか?
長年住んでいると見えないモノ、他県や他国とのギャップを見つけよう。
オープンデータ含む、客観的なデータの活用に、現地で収集する生の声を加えるとなおよし。
自分自身のバックグラウンドと共に、素直に感じた疑問をきっかけとするのもあり。
誰から見た(視点)と何か(着眼点)、点でのユニークは難しくても、ユニークな線分はまだまだある。

驚き
課題に対する解決方法(プラン)が新しいか?
一番のポイント。ここで印象を残せるかどうかが非常に大きい。
プレゼンテーションタイトルはここまで引っ張って出すのも手。
このプランに名前をいろいろつけてみて、検索し、新しいかどうかをチェックすると自信が持てる。
キーワードを「鯖江プラコン検索」で検索して、類似をチェック。
過去1年以内に発表されたもの使えば、単純に新しいプランができる。
今、自分たちのまわりで流行っていることは、地域違い、世代違いのギャップとして使える。
意外なキーワードと身近で共感できる課題の組み合わせの飛躍=インパクトとなる。
まだ誰もやってない、世界初、海外にあって日本にない、日本初は効く。

納得
プラン実現への道筋が見えるか?
一見突飛すぎるくらいのアイデアをどう実現可能なプランに落とし込めるかが腕の見せどころ。
お金がかかるプランの場合は予算の集め方、特殊な条件の場合はそのステップが必要。
また、学生含む市民、市役所、各種企業の人など、関係者と相談できるほどに説得力は増す。
興味持った観覧者に、具体的に協力してほしいポイントが伝わると実現性は一気に高まる。

8プランを振り返ってみます。


チーム ハニートースト:LPS PROJECT レッサーパンダを商店街へ移転
共感:レッサーパンダは鯖江の宝、寂しい商店街
驚き:レッサーパンダ舎を鯖江商店街に移転、LESSER PANDA STREET
納得:飼育はそんなに難しくなく、移転費用は2,000万円!?
今回プランで一番の飛躍。でも、その大変さに釣り合う利用者メリットの説明が足りなかったかも。 レッサーパンダがいるカフェはステキなので、レッサーパンダ舎をステキカフェにしたり、商店街に360度カメラとAR/VRでレッサーパンダを登場させたり、段階踏みつつ、いずれは鯖江市中心街全体が動物と共存する街に!とかもっと突き抜けちゃうのもありかも。 「福井県鯖江市>新レッサーパンダ舎「レッサーパンダのいえ」一般公開について

チーム むらさきいも:鯖江大学
共感:若者が住みたい街に楽しいが足りない、若者が地域行事の主催に関わっていない
驚き:中学生から20代未満が世代を超えてつながる鯖江大学
納得:イベント企画しませんか?をきっかけに中学生に集まってもらって誠市に出店からスタート
地域のお祭、開催するにはもちろん全くお金がかからないわけではなく、設営、材料、PRなど、実は結構な予算がかかっていたりする。 中高生が祭にこない理由は、主催側にその視点がないから。中学生から大学生まで、若者コミュニティーに任せよう。 決められた企画で乗ってくれるのは小学生まで。中学生以降はまず自主性を尊重し、思い切って任せる勇気が大事。大学が無いのを売りにする鯖江、鯖江大学という名前がちょっと伝わりづらかったかも。
akinds開催チラシ2104.0723OL3 | さばえ夢かたち物語


チーム 七草粥:ナイトメイヤー (優秀賞)
共感:鯖江の商店街がさみしい
驚き:日本初のナイトメイヤー(夜の市長)が新しい突破口に
納得:海外で活躍するナイトメイヤー、渋谷にナイトアンバサダーあり
初めて聞いたナイトメイヤー、響きも楽しい。対立ではなく、市役所側にも立ってうまく規制緩和することで、活性化につなげる役割。 中高生が補導されない日を提案して、夜の西山公園運動会や、商店街夜フェス、野外ゲーム大会などに、つつじバスの送迎営業とか。 鯖江大学と組み合わせて、中学生からJK課、大学生までで主催する自分たちだけのイベントができれば、素敵な地元での思い出になるに違いない!
東京の「夜文化」は日本経済活性化のカギだ | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


チーム イベリコ豚:IT教育 (優秀賞)
共感:教育日本一、鯖江のPRが足りない
驚き:IT起業家輩出数No.1を目指した大人のサポートHyper Hana道場、更に教育移住を誘致
納得:2020年の小学校プログラミング必修化、すでに導入されているIchigoJamプログラミングクラブとHana道場
小学校低学年からプログラミング授業を導入。書道もお絵かきもプログラミングも、みんなそれぞれ好きなことを選択できる「創造」の時間があるといい。 プログラミングのきっかけを与えるHana道場の役目を小学校に引き継いだら、Hana道場はものづくりのプロが集い、こどもをサポートするHyper Hana道場へ。 オープンデータ先進地、鯖江自体がスタートアップ、学力体力ナンバーワンの強みをもっとアピールすべき。 目にする機会が増えたシンガポールへの教育移住。公教育が充実し、高専もある鯖江、グローバルな子供同士の連携を絡めて、国内教育移住の誘致先進地を目指そう。
シンガポールへ教育移住!幼児期からのグローバル教育とは?

チーム にがうり:スポーツメガネで金メダル
共感:体操大国、鯖江(世界体操開催、2018年に国体)
驚き:スポーツ x IT、VRやウェアラブルで勝てる選手を育成
納得:指導者も関心高かった(実際に会ってきていて、発表者も研究中)
オリンピックでの金メダル、可能性と夢がある。加速度センサーによるもっとコンパクトで安価に始められる定量化と分析もきっとおもしろい。飛躍がちょっと薄かったかも。 鯖江市に協力してくれているSAPジャパンの存在は大きい。
サッカー・ワールドカップ優勝の影にSAPあり:EnterpriseZine(エンタープライズジン)


チーム ミルフィーユ:メガリンピック
共感:鯖江のメガネをもっとアピール
驚き:斬新なメガネ競技(メガネ投げ、メガネ騎馬戦、眼鏡走/がんきょうそう、眼鏡泳/がんきょうえい、眼鏡カーリング)
納得:10/01 メガネの日、やります!宣言
具体種目がおもしろい。鯖江大学プランの一企画として小中高校生にもそれぞれ企画してもらうと楽しそう。メガリンピック自体はすでにやっているので発展拡大させたい。 中学生プログラマーMASAHARU、イチオシのプラン!
めがね供養にメガリンピック!? “メガネ”イベントメガ盛りのフェス - エキサイトニュース(1/3)


チーム ゴルゴンゾーラ:アニメ x メガネ = Animegane (最優秀賞、オーディエンス賞)
共感:2次元の世界では鯖江の眼鏡はまだまだ
驚き:ヒットする前からコラボ!
納得:少量多品種の強みが活きる、オタクを巻き込む、世界に売れる
アニメのメガネキャラでも鯖江を謳っているキャラは少ない。ヒット前だからこその相乗効果を狙う!jig.jp提供、鯖江産オタク向けフリマアプリ、オタマートもあるよ!
【「オタマート」アンケート結果発表】チョコをあげたい男子No.1は一松!3次元では神谷浩史さん : おそ松さん情報局
これを付けて「恐怖」を克服ッ!? 『花京院のサングラス』がSABAEブランドで商品化ッ!! | @JOJO アットマーク・ジョジョ ~ジョジョの奇妙なニュース~


チーム シーザーサラダ:メガネボーイズ
共感:メガネをもっとアピール
驚き:目の健康リスクが高い野球部にスポーツサングラスを提供
納得:全国大会でも活躍する鯖江ボーイズと共にPR
瞼裂斑(けんれつはん)という紫外線による目の病気リスクが野球部は屋内部活の倍高いという。 目の日焼けはコンタクトでは防げないとのことで、目の健康のためのメガネというPRはまだまだ余地がありそう。 こどもが憧れるプロスポーツのスポーツサングラス。 禁止されてしまった野球の大会でサングラス使用、鯖江市を上げて許可と流行、定着にもっていくチャンスかも。 強い、鯖江ボーイズ、もっとPRするといい。
鯖江ボーイズが日本少年野球大会での優勝報告に!|『さばえ.jp』百さんのブログです

どんなすばらしいプランも最後は伝え方次第ですが、どのチームのプレゼンも楽しく元気で、良かったです!


地域活性化プランコンテスト発明者・NPOエル・コミュニティ代表の竹部さん、審査員に来ていただいたレノボ・ジャパン代表の留目さん、最優秀賞のトロフィー「夢は正夢」など梵スポンサーの加藤吉平商店President & CEOの加藤さん、そして、みんな大好き鯖江市長!


すばらしい運営、学生団体WITHのみなさん!来年は10回目の「鯖江市長をやりませんか?」記念大会。OB/OG/関係者、みんな集まる楽しい企画が始まった様子でいまからわくわくですね。

鯖江のコンテストはまだあります!電脳メガネコンテストでのリベンジ(または二冠)もお待ちしてます!

電脳メガネコンテスト2016」では、未来のメガネを募集中!
決勝プレゼンは、第三回目となる2016.11.12開催、電脳メガネサミットにて!

参考リンク
- 鯖江市地域活性化プランコンテスト
- 第9回公開プレゼンテーション UST録画1
- 第9回公開プレゼンテーション UST録画2
- Twitter ハッシュタグ #sabaepc まとめ
- 福野ブログ内 #sabaepc

Sabae Smart-Green City - アフリカ留学生版「市長やりませんか?」鯖江市地域活性化プラン発表会

2016/08/29 23:55:00
#sabae #africa #sabaepc 

日本各地の大学生が鯖江市に集まり、市長になったつもりでプランをつくる「鯖江市地域活性化プランコンテスト」
そのアフリカ留学生版が開催されました!(キックオフプログラミング体験&視察

「SABAE SMART-GREEN CITY」 ITを活用したECOで賢いまち
Hana道場の拡大進化版、IT産業が産まれる拠点「Global Innovation Park」に若者や、若者を支える多様な市民が集い、創る新しい町。鯖江市には、まだまだ多様化する余地があると指摘。オープンデータではじまるe-governmentの推進で利便性、税制の優遇、電気バスなど次世代の生活空間の整備で、魅力アップ!


鯖江市3Dオープンデータに、電気バスを加えたプレゼンテーション。未来のイメージは、人を動かす力になる。


要となるのは未来を担う、若者(=YOUTH)民間、市民、学校、行政の連携が支える。


ミッションを同じくする都市と姉妹都市し、比較、連携、お互いの強みを活かす


良いところ、悪いところからの現状分析。地元の魅力を知らずに去ってしまう若者達はもったいない!


行政、民間、市民、それぞれの役割の整理。社長率ナンバーワンの鯖江市は、起業家育成にアドバンテージあり!


鯖江でしかできない技が活きそうなリサイクルメガネ、おもしろい!


アフリカ9カ国からの留学生!(アルジェリア、エジプト、エチオピア、コートジボワール、タンザニア、プルキナファソ、モーリタニア、モザンビーク、モロッコ)


ステキなプラン、ありがとうございます!アフリカ-鯖江の交流、第一歩が踏み出せました。


電脳メガネにも興味津津!


大人版につづき、アフリカ留学生版へと派生した、鯖江市地域活性化プランコンテスト。
第9回目となる本戦の決勝プレゼンは、9/12(月)!
鯖江市地域活性化プランコンテスト | 市長をやりませんか?」ネット中継あり!

ようこそヨソモノ!第3回おとな版鯖江市地域活性化プランコンテスト

2016/01/24 23:55:00
#opendata #sabae #sabaepc 

大学生が鯖江に集まる鯖江市地域活性化プランコンテストの参加学生が大人になり、 鯖江好きが昇華し生まれたスピンオフ企画、「おとな版鯖江市地域活性化プランコンテスト」の第3回が開催! 暖冬と思われた矢先の大雪でも大丈夫、USTで見られます!


第3回おとな版鯖江市地域活性化プランコンテスト UST(録画もあり!)


挨拶する、実行委員で、NPO法人イドバタの稲着さんも、鯖江プラコンの卒業生!
鯖江市役所JK課眼鏡工学科を産んだこのコンテストですが、何よりこうして鯖江に来てくれることがすごい!


コメンテーターとして、福井県庁からも福井県オープンデータビジネス利活用委員会でも一緒な松尾課長!
毎日ひとり地域活性化プランコンテストしているとのこと!


オーディエンス賞を獲得したのはメガネランド構想の「チームめがね」
トロフィーに、世界を飛び回る鯖江の「」の高級酒「日本の翼」が授けられました。
なんと一人一本!


梵で乾杯の懇親会、大雪による電車遅延のため参加できなかった方、残念!


運営の学生団体withのみなさん、ありがとう!
コメンテーターで「Hana道場」スポンサーであるSAPジャパンから吉越さんによる一本締め。
そういえば、前回プランのU/Iターン支援、古民家に蔵部、創造的教育、実現しちゃってるかも?
眼鏡工学科も、国へ設置、要請中とのこと!


JK課がきっかけで生まれた、鯖江の新企画「ゆるい移住」もバンキシャに採り上げられ、また一つ知名度を上げたようです。

夢叶うまち鯖江!

関連ブログ
- おとな版地域活性化プランコンテストでした。|『さばえ.jp』百さんのブログです
- 1月24日 おとな版鯖江市地域活性化プランコンテスト:日記|F県S市のゆるいアレ。
- 第3回おとな版開催。地元民の熱さと参加者の刺激と知恵|きらきら星のつぶやき☆

鯖江×都会の学生=未来の日本! 第8回鯖江市地域活性化プランコンテスト

2015/09/14 23:55:00
#sabae #sabaepc 

第8回、8年目を迎えた「市長をやりませんか?」鯖江市地域活性化プランコンテスト
今年は全国から大学生市長23名が鯖江に集結!2泊3日の合宿を経て、迎えた発表日!
普段住んでいない土地だからこそ持つ着眼点と切り口、そして、何より若さ溢れるパワーがいい!


本当の鯖江市長を囲む、発表会後の23名学生市長!
鯖江に来てくれてありがとう!


メガネの帰る町さばえ by チームいなりずし UST 1:46:30
メガネのスペシャリストが数多くいる鯖江だからこそ、使わなくなったメガネを修繕しての提供もありえそう。
メガネ売るなら「メガネ王」的サービスはおもしろいかも!?
記念碑に引っ張られてしまった印象。


古民家いじりたおしプロジェクト by チームにまめ UST 7:00
地域活性化とは「古今東西 老若男女、つながりが築け、維持できること」
鯖江駅から20分と近いにも関わらず、河和田の田舎っぽさは若者にも人気!
空き家の修繕を地域の人と一緒に関わりたいと発表者自ら魅力を紹介。
河和田の大きなお家、河和田好きな若者のホームステイなんかもいい?


あなただけのファーストメガネプロジェクト by チームミートボール UST 45:40
メガネザルなど不名誉な(?)あだ名がつくなど、メガネが原因でのいじめは今もあるようです。
少子高齢化の中、一人のこどもにかける金額も高額になっていく中、ランドセルのように素敵なメガネを子供に贈る習慣ができても良さそう。
コンシェルジュとして、子供の容姿だけでなく、性格や、クラス内のポジションを踏まえてのメガネコンシェルジュのノウハウは、全国の子供を救うことになるかもしれない。
質疑応答の中、市長から鯖江市内では子供向けのメガネを作っていないとのことだったので、新市場開拓のチャンスも大いにあるのでは!?
jig.jp賞、最優秀賞


ネクタイがメガネになる日 by チームシチュー UST 33:12
視力矯正のメガネではなくダテメガネの提案。
メガネのデザインをオープンデータ化して、メガネを選ぶのが面倒というマイナスを、かけて変身できる楽しさに転換できるといい!
メガネは度数とフィティングが必要な点が気軽にプレゼントできない難点は、度数をおいておけば若干のテクニックの習得で彼氏用に合わせてあげられるようになるくらいはいけるかも?


鯖江朝食フェスティバル by チーム五平餅 UST 1:33:40
レストランなど外食産業における漆器風の器、業務用漆器で80%のシェアを持つ鯖江。ただ苦戦中の本物、越前漆器。
漆器のすばらしさを味わってもらうための朝食イベントの開催提案。
鯖江在住の若者や、旅行者とのちょっとステキな朝食を楽しむ朝活あたりからはじめてみるといいかも。
鯖江シティーホテルの最上階、西山公園の眺めも最高!
入り口でランダムに決まる指定席による、朝コンっていうイベントもあり!?
ベストwith賞


うるしをぬるし by チームロールパン UST 20:05
その土地々々の文化が表れるというトイレ。全面漆塗りのトイレはインパクトありそう!
鯖江発の漆塗り高級トイレは、国内外の観光客には受けそうな予感。
メインブランドをしっかり確立しつつ、生活の隅々まで徹底した漆塗りで驚かせたい。
漆の里会館の漆塗りトイレは人気だとか。
スプレー式の簡易漆塗りキットの販売もおもしろいかも?
オーディエンス賞、jig.jp賞、優秀賞。


SABAE2.0 視力日本一の鯖江 by チームナタデココ UST 1:10:00
2.0は視力の2.0というのが新しい
体力、学力ともに上位の鯖江市、視力においてもナンバーワンになれば、目のスペシャリストとしての鯖江ブランドに貢献しそう。
子供の遠視の早期発見に取り組む鯖江市のNPO「みるみえる」など、メガネのまちだからこそ取り組む動きに着目。
統計的に視力を市町単位で見られるデータはないのであれば、子供の総合的な視力を計測するアプリを鯖江から広めるチャンスかも?
jig.jp賞、優秀賞。


鯖江に新たな観光産業をつくる - 鯖江で親孝行って? by パンナコッタ by チームナタデココ UST 1:20:47
熟年夫婦とその子供をターゲットに、まったりした田舎と伝統工芸によってステキな銀婚式を演出する。
親孝行に、母の日や、父の日のような決まったスタイルがないことに着目、日本らしさをいち早く打ち出せるとおもしろいかも?
都市部の元気な高齢者が、田舎に移住し、第二の人生を進めるにあたっての伝統工芸士に弟子入りしたり、創った作品を販売したりもトライしたい。


優勝は「あなただけのファーストメガネプロジェクト」のチームミートボール!
加藤吉平商店、11代当主、加藤さんからトロフィーとして「梵、夢は正夢 / BORN: Dreams come true -」が贈呈!
勝利の美酒を味わってください!


今回は鯖江市議会と日程が重なった関係で、3チームの決勝プレゼンのみの審査でした。
決勝進出賞として、こどもパソコンIchigoJamをプレゼント!


23市長&学生団体withのみなさん、ステキなイベントありがとう!
今年は高専生、高専生OB/OGの活躍も目立ったのも個人的に嬉しかったところです。
参加学生からも高専生と話す機会が貴重だという意見、来年はもっと高専色を高めてみたい!

ちょうど、日本政府による「地方創生☆政策アイデアコンテスト2015」がスタートしたようです。
鯖江での経験、活かしちゃってください!(地方創生の実現へ 政策コンテストを実施 NHKニュース

参考リンク
- 「鯖江市地域活性化プランコンテスト|市長をやりませんか?
- 「予選 UST 録画
- 「決勝 UST 録画
- 「学生団体with

ウェアラブル福井県、実証実験に100万円! カマコンバレーx鯖江によるアイデアノート

2014/09/16 23:55:00
#kamacon #sabaepc 

かつて部屋だったコンピューターは棚になり、机の上、膝の上と小さくなって、現在の主流はポケットの中。取り出す手間や、収納場所の圧迫という機能性からも、ファッション性からもウェアラブルへと進むことは間違いない。技術要件は揃いつつある今、ウェアラブルにおける着メロ、キラーアプリ探し競争が始まっている。

2018年の国体をウェアラブル国体にと意気込む福井県。ウェアラブル特区の申請や、ウェアラブル企業の誘致に加え、ウェアラブル実証実験に対する支援プログラムを発表。ウェアラブル実証に50万円、国体に関連していれば100万円を県が負担するとのこと。産業が構造から変化する現在、一歩踏み出すきっかけとしたい。

今年始まった鎌倉市・カマコンバレーとの縁、電脳メガネアイデアソンに続き、鯖江市地域活性化プランコンテストでの最優秀プランが示したペット用ウェアラブルの未来にも絡めた、ミニアイデアソンを実施。そのアイデアノートを公開します。ぜひ実際の実証実験へと膨らませる材料にしてください。


観光(福井県立恐竜博物館世界三大恐竜博物館のひとつ! by 福井県
- 収蔵品オープンデータ(写真と解説、音声もいい)とiBeaconで恐竜ウォッチ
- 誕生恐竜(誕生石みたいな)や、恐竜占いで決まった恐竜バッジをつけて、関連ある展示前で鼓動する
- 博物館内の音声ガイドをスマホアプリ化、BluetoothヘッドセットとiBeaconで解説が聞ける
- 恐竜メガネをかけると骨格模型に肉体がつき、解説が浮かび上がる
- 恐竜3Dモデルをオープンデータ化し、ヘッドマウントディスプレイOculusを使った恐竜コンテンツコンテストを開催、体験コーナーを設ける


観光(永平寺、禅、曹洞宗大本山)
- 雑念を誘うが浮かび上がるOculusコンテンツを見ながら座禅し、精神強度を測る
- ARで浮かび上がるバーチャル修行僧
- どこでも永平寺(Oculusで永平寺体験、四季折々バージョン)


婚活(地方の人口減少への対策として地方行政の重要課題)
- おたがいの鼓動を感じるペアデバイス
- Oculusコン、顔の部分はFacebookのアイコンとして見える(鯖江市地域活性化プランコンテスト2014、仮面舞踏会企画より)
- 共通項が分かる名刺交換サービスのウェアラブル化(jig.jp高専インターン2014より)


スポーツ(国体関連)
- 心拍数が上がりすぎてはいけない徒競走
- 観客の心拍数合計値が特典になるダンス大会
- お気に入りの選手の鼓動を共有できるデバイス
- ひとりオリンピック、ひとり国体、選手と混じって自分もバーチャル参加して選手のすごさを体感する
- 選手ビーコンを使って選手データを可視化し観戦
- ARで出現するフクイラプトルから逃げるサバイバルスポーツ

福井県の実証実験募集のお知らせ
県外IT企業の誘致やウェアラブル端末実証実験への支援についてのお知らせ | 福井県ホームページ

まちの活力三要素を取り入れる仕組み 鯖江市地域活性化プランコンテスト

2014/09/15 23:55:00
#sabae #sabaepc 

よそもの・わかもの・ばかもの、まちの活力三要素。第7回目を迎えた鯖江市地域活性化プランコンテスト、今年も全国から24名の熱い市長がやってきました。2泊3日、お寺で合宿して練り上げたプランの決勝プレゼン。審査と交流、今回もたくさんのわくわくを受け取りました。


決勝プレゼン会、終了直後の24市長記念撮影。鯖江への熱いプレゼントをありがとう!


舞台となった真宗誠照寺派、本山、誠照寺の本堂。見事、最優秀賞とオーディエンス賞と獲得した「鯖江発◯◯向け眼鏡ブランド「ぐらすこ」」プレゼンの様子。全発表はUSTで中継され、録画もこちら(前半後半表彰式)から見られます。ハッシュタグ#sabaepcのツイートまとめも合わせてどうぞ!


このコンテストの運営の中心となるのはピンクのTシャツ、福井地元の学生団体withの学生達。2泊3日の市長を支え、励まし、一緒に笑った経験は永遠の思い出。代々受け継がれて7年目、安心して、楽しむことに集中できるパーフェクトな会場運営は、県外からの観覧者の方からも好評でしたよ!大会初となる高専生チームの参加もうれしかった!


眼鏡プランでの久々の優勝、やっぱりしっかり鯖江の眼鏡屋さん田中眼鏡、田中さんにヒアリングに行ってました。


最後に講評いただいた加藤さん(左)と馬場さん(右)。鯖江プラコンの優勝トロフィーは1等賞の証、鯖江の日本酒、梵の「夢は正夢」、加藤社長自ら手渡します。おいしいお酒による交流会ブースト、今年もしっかり効いてました。鯖江市役所JK課企画やデータシティ鯖江をバックアップしてくれているSAPジャパン、馬場さんによるグローバルな視点からの講評が、鯖江の地に染みました。ドイツから鯖江への直行、ありがとうございます!


プランニングはコンテストだけで終わらせず、実行に向けて動き出しちゃうのが鯖江の魅力。世界一柔軟な市長、牧野百男市長から全プランやります宣言を受け、ますます熱い鯖江です。

鯖江市長による最速のブログはこちら

- 「鯖江市地域活性化プランコンテスト|市長をやりませんか?

おもしろい論文が書けるまち、Labo!!さばえ 第6回鯖江市地域活性化プランコンテストレビュー チーム肉じゃが

2013/09/27 23:10:00
#sabaepc 

先日開催された第6回鯖江市地域活性化プランコンテスト、予選プレゼンを1つずレビュー。3つ目は、チーム肉じゃがによる大学生と鯖江人を結ぶ、卒論+鯖江人=鯖縁人、というプラン。(UST録画

鯖江の財産の中でも、一番として選んでくれたのが人、おもてなしの心、ホスピタリティあふれる鯖江に住む人を、鯖江人の定義。

大学生にとって、鯖江が持つ、IT、市民活動、眼鏡・漆器・繊維の地場産業、治水、雪害といった、人口7万人弱の小さいながらひと通りの機能が揃ったこの町は、論文の素材として魅力的らしいです。

そんな鯖江に興味を持った大学生や、卒論テーマに困った大学生が、鯖江に来て、古民家など、鯖江人の近くで滞在し、フィールドワークすることで、また鯖江に来たいと思う、鯖縁人(さばエンジン)になり、さらに鯖江が伝播していくことになる。

平成の大合併に際し、2回の住民投票とリコールに市長選、鯖江市民が選択したのは鯖江市単独という道でした。選ばれた牧野鯖江市長と市民による厚い信頼関係と、その現れである「市民主役条例」によって、年間何十もの事業が実際委託されるなど協働はスローガンではなく、現実のものとなっています。社長輩出率ナンバーワンの福井県、その中の更にトップの鯖江市、モノ言う人がたくさんいるというのも人が際立つポイントかもしれません。今年発刊された「福井人」にも多くの鯖江人が掲載されています。

「まち全体があなたの研究室」と、大学生目線で、卒論というテーマを持ってきたのはおもしろく、多数のメディアで活躍する社会学者西田亮介さんゼミの学生を連れて鯖江に来てくれたことを鑑みると、何か惹きつけるものがあるのでしょう。私は鯖江市を、すべてがプログラミング可能なまちを目指す、データシティ鯖江として、エンジニアに魅力を感じてもらおうと思っていましたが・・・、さすが感度の高いプラコン参加学生です!

鯖江人、鯖縁人という強い言葉が良かったのですが、昨年の優勝プラン、サバオとサバコと近いなぁと感じさせてしまったかもしれません。論文を書く大学生にフォーカスし、熱い鯖江への思いとは別に、客観的に鯖江で論文を書くと高評価につながる可能性が高いことを示してもらえるとうれしいところです。また効果に関して、論文を通じて鯖江が伝えられ、質の高い論文として他の論文などへ引用されることになれば非常に大きな価値となる点は見逃せませんね!(論文の町論文が書ける町、共に該当結果0!)

何か盛り上がっている鯖江、来てくれた人には何かが伝わる鯖江、人や空気というシンプルだけど伝わりにくい魅力だけでなく、客観的な数値として示せる魅力づくりの重要さを指摘してくれたように思います。ぜひ、大学生の皆さん、誰も論文に書いていない今がチャンスです!ぜひいろんなものさしで鯖江を測ってみてください!

チーム肉じゃがのみなさん、ありがとうございました!

鯖江を戦場に!? SABAEでSABAGE 第6回鯖江市地域活性化プランコンテストレビュー チームはんぺん

2013/09/24 23:55:00
#sabaepc 

先日開催された第6回鯖江市地域活性化プランコンテスト、予選プレゼンを1つずレビュー。2つ目は、チームはんぺんによる電脳メガネを使ったプラン。(UST録画

毎日めがねを掛け替える、めがね大好きな発表者、めがね愛、伝わりました!
電脳メガネで最も有名な、Google Glass、電脳メガネ時代の到来、待ち遠しいですね。

大学生を対象にした体験型ゲーム「電脳サバゲー」
サバゲー(サバイバルゲーム)とAR(拡張現実)を使った新感覚アウトドアレクレーションを鯖江で実施し、若者あふれるまちにするというプラン。

鯖江商店街にある北陸唯一のサバゲーグッズ店舗「M☆CAT」さん、鯖江をサバゲーのまちにしたいとのこと。サバイバルゲームのおもしろさは"スリル"。BB弾でなくてもARでこのスリルを実現できるとサバゲーへの関心は高まるはず。

なぜ鯖江か?サバエだけにサバゲー、専門店まですでにある!また、ARといえば、電脳メガネ、メガネといえばサバエ。来て分かる、おもてなしのサバエ。質疑応答で他にありませんか?との質問がありましたが、追加で挙げるとすれば、スポーツのまちサバエ。M☆CATのマスターに、サバイバルゲームは、要素テクニックのひとつの射撃がオリンピックの競技へと通じる、スポーツだと聞いたことがあります。サバゲーが持つ戦争っぽさが平和な日本の空気に若干なじまないところがあるのかも。サバゲーも、雪合戦も、騎馬戦も、剣道も似たようなものです。

示された、実現へのロードマップ。まずは現実的なiPhoneを使ったAR鯖ゲーからスタートし、継続的に開催、2024年には電脳メガネを使った鯖ゲーの聖地に!とのこと。継続的な開催は大事ですね。パソコン上の戦争ゲームをeスポーツと呼びますが、電脳メガネやスマホなどのARを使った新しい時代のスポーツ、ARスポーツの聖地を目指し、ARスポーツ競技を募集して、実際やってみるのはおもしろそうです。先日開催された、県外学生による提案の実現である、鯖江で遊ぼ!という若者向けスポーツイベントや、昨年の電脳メガネサミットの優勝プランで、鯖江市地域活性化プランコンテスト運営の学生団体withによる提案の電脳おにごっこともつながりますね。

会場の反応が分かりませんが「鯖江を戦場にする」は刺激が強かったかもしれません。スポーツという切り口と、ARスポーツの競合調査があれば、より世界展開への実現性がより伝わったかもしれません。サバゲーが日本発祥のスポーツだったとは知りませんでしたし、オリンピック決定を予言していれば、優勝も狙えたかも!?

チームはんぺんのみなさん、ステキな発表ありがとう!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image