将来、HTML5がベースとなるウェブの世界においてePUBという電子書籍のフォーマットは必要なくなるでしょう。ただ、その移行期においてePUBはウェブにおけるコンテンツの多様性を増やすという、重要な役割を果たします。つまり、ePUBは新しいウェブの世界の先取りなのです。

電子書籍ウェブ書籍
速さ(読書)×
速さ(入手)×
お金払う×
市場×

電子書籍の良さは2点、速さと本と同じ価値観です。

まず速さとは、電子書籍はまとまった知恵をすばやく共有できることです。iPadで読む本は、まさに普通の本をめくる以上にストレスなく読み進めることができ、本が届くのを待つ必要がありません。現在主流のウェブは、1ページ毎にサーバーから取得するため、連続して長文を読むのに適していません。

次に、価値観とは、書店で本を1冊1,500円などで購入するように、その文章そのものに多くの人が価値を感じ、対価を支払うという習慣ができあがっており、音楽がダウンロードで売れたように、書籍もオンラインで売れるであろうという認識があります。有料会員制のウェブは昔からありますが、このページは30円ですなど、本を買うようにウェブを見る習慣はありません。

つまり、電子書籍によって、いままでオンラインで得られなかった価値が、得られるようになります。Kindleや、iPadなど電子書籍に向いた端末と、HTMLとCSSというウェブの技術を使った世界標準の電子書籍フォーマットePUBの登場によって、その動きが本格化しようとしています。

端末の普及度合い、既存の出版とのバランス、優れた課金方法の欠如など、電子書籍にまつわる課題はありますが、電子書籍への流れは不可逆なものです。出版の敷居が一気に下がる電子出版は、まさに21世紀型の活版です。だれもが対等に情報発信ができる世界中にひとつの舞台「One Web」を活用していきましょう。

jig.jpからの国内向け初のスマートフォンサービス「ツイパブ(β)」は、HTML5によるウェブアプリケーションによって電子書籍ePUBコンテンツをすばやく閲覧し、その売り場へのスムーズな誘導をTwitterによって促すサービスです。Dropboxとの連携によって出版も簡単なので、ぜひみなさんの知恵、ご共有ください!


http://twepub.jp/

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS