福野泰介の一日一創 - create every day

こどもに自分専用のパソコンを持ってもらいたい!

家庭用テレビと、よくあるスマホ用USB電源、ちょっと古いPS/2キーボードがあれば、1,500円でプログラミングの学習をスタートできるコンピューターIchigoJam(イチゴジャム)。 夏休み、たくさんのこどもがプログラミングを始め、ゲームや、新しい工作をしてくれました。

OSを書き換えられるIchigoJam、次のバージョンでは、工作の幅をぐっと広げるサーボモーター対応と併せて、学校やパソコンがある環境でのサポート機能を拡充を予定しています。 現状でも画面への出力と同時にシリアル出力、キーボード入力と併せてシリアルでの入力を受け付けるなど、限定的に使うことはできましたが、簡単なゲームであればシリアル通信経由でパソコンから行えるように改良中です。

シリアル通信のテストを兼ねて、手軽なシリアル通信の開発環境を探していたところ、Chromeのシリアル通信ライブラリ「chrome.serial」を発見。ひとまず基本的な通信実験ができたので、シリアルモニターアプリ「IchigoConsole」と名付け、ChromeAppに登録、公開してみました。


IchigoConsole - Chrome Web Store」

受信は止まりますが、切断しない状態で別途ファーム書き換えができるのでIchigoJam開発に便利でした。 ブラウザだけでシリアル通信ができる、chrome.serial、IchigoJamのバージョンアップするツールも作れるかも? mbed以上にお手軽な組み込み環境にもできそうな予感!

開発中のバージョン、Facebookグループ「IchigoJam-FAN」からお試しください!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像