コンピューターにまつわるセキュリティの問題。
人の及ばない速度と、量が扱えるコンピューターとその集合であるネットワークの力が増大するほどにそのリスクも高まります。

多くの大学生が参加した、日本政府によるセキュリティ技術者を育てる企画「セキュリティキャンプ」のミニ版が北陸初開催となり、講演に呼んでいただきました。


個人的に気になる三大リスク、オープンデータとIoTという武器、きっと楽しくセキュリティを学べるゲームの提案。

個人的に気になる三大リスク
- スマホパンデミック(スマホ同士で空気感染しコミュニケーションと社会機能が麻痺する)
- 野生化したドローン(所有者不明の自己電力調達が可能となり野良WiFiをめぐり出すドローンがカラスのように増える)
- 自己増殖するロボット(ロボット三原則に追加したい「自分で増えてはいけない」現実というメモリがオーバーフローする)

オープンデータとIoT
- 21世紀最大のインフラとなるオープンデータ
- オープンデータ=自由に使えるWeb上のデータ(CC BY / Public Domain)
- 次世代Web = the next Web = セマンティックWeb、技術的には確立済み(SPARQL)
- 地元のオープンデータや、5つ星オープンデータで遊んでみよう!

遊んで学ぶセキュリティ
- 不正アクセス防止法があるので実サービスの実験は問題あり
- だったら、不正アクセス歓迎マークをつくって自分でつくったサービスには貼っておこう
- チート前提のゲームで戦う、プレイヤーと運営の攻防が熱い!


(不正アクセス歓迎マークの例)

今回のスライド


ご紹介ありがとうございました!

それにしても、会場、プログラミングが好きな人、少なすぎ!
プログラミングとコンピューターの基本中の基本を楽しく学べるIchigoJamを2つプレゼント

百聞は一見に如かず(聞くだけ見るだけより実体験)
百見は一創に如かず(インプットよりアウトプット+シェア!)

100分見るより、1分創る!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS